違和感のある「お体に気をつけて」意味・使い方を解説!

お体に気をつけての正しい意味と使い方 ビジネス用語

「お体に気をつけて」という言葉は、仕事だけでなく、あらゆる場での別れ際や、手紙・メールの締めの言葉としてよく使われています。

相手を気遣う言葉であり、丁寧語にあたる「お体に気をつけて」という表現は、日本語として正しいです。

しかし、目上の方に対して「お体に気をつけて」を単体で使おうとして、なんだか違和感を感じたことはありませんか。

正しい言葉ではありますが、さらに一言添えることでグッと丁寧な印象を相手に与えることができます

今回は「お体に気をつけて」の正しい意味や使い方について、例文を混じえて詳しく解説していきます。ぜひチェックしてみてください。

1.「お体に気をつけて」の意味と使い方

「お体に気をつけて」は「健康に注意して、健やかにお過ごしください」という意味を込めて、相手の体や健康を気遣うための言葉です。

日本語として正しい表現ですが、念のため「お体に気をつけて」を分解してみますと、

接頭語「お」+名詞「体」+助詞「に」+動詞「気をつける」+助詞の「て」 という構造になっています。

「気をつける」の意味は、注意する、留意する、用心する、などが挙げられます。

直訳すると「お体に注意して」「お体に用心して」となってしまうため、 日本語として違和感を感じてしまう人もいるようですが、正しい日本語ですのでご安心ください。

1-1.「お体に気をつけて」の使い方

口頭であれば別れ際や送別会などの挨拶として、文章(メール、手紙、年賀状、お見舞い状など)であれば文末の結びの挨拶として使われています

家族や友人との別れ際に「元気でね」という言葉をかけられる方は多いと思います。

そのビジネス版が、「お体に気をつけて」だと考えていただけるといいでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 1-2.「お体」と「お身体」どちらを使う?

    結論から言いまして、どちらを使っても間違いではありません。

    ただし、心身ともに健康でいてほしいという思いから、文章で書くときには「お身体」を使う人が多いようです。

    理由は、「体」は頭から足の先までの体のことを表し、「身体」は体に加えて心を表すとされているからです。 特に、改まった場であるビジネスシーンでは「お身体」が使われることが多いです。

    1-3.「お体に気をつけて」と「ご体調に気をつけて」の使い分け

    「ご体調に気をつけて」と「お体に気をつけて」は、同じ意味で使うことができます。

    「体調」とは、体の調子やコンディションという意味ですので、「お体」と「体調」という言葉に大きな違いはありません。

    ただし、「体調」を丁寧に言う場合、「ご体調」となり、「ご体調に気をつけて」は発音しにくいことから、耳にすることは少ないかもしれません。

  • スポンサーリンク

  • 2. 「お体に気をつけて」は目上の人に使うことができる 

    「お体に気をつけて」を丁寧な表現にすると「お体にお気をつけください」です。

    相手を気遣う言葉として、目上の人にも使うことができます。 ただし、 「〜ください」は尊敬語の命令形であることから、 より丁寧な言い方が存在します。

    3.「お体に気をつけて」の例文 

  • スポンサーリンク

  • 3-1.口頭で伝える場合

    • (出張の多い上司に対して)「お忙しいとは思いますが、どうぞお体にお気をつけください」
    • (取引先訪問時の帰り際に)「季節の変わり目ですので、どうかお体にお気をつけください」

    「どうぞ」の他にも「どうか」「くれぐれも」を前につけると柔らかい印象になります。

    3-2.メール、手紙、年賀状で伝える場合

    • (取引先への手紙の結びに)「今年も厳しい暑さが続いております。どうぞお身体に気を付けてお過ごしください」
    • 「時節柄くれぐれもお身体にお気をつけくださいませ」  

    文章では「お身体に気をつけて」をアレンジしたり、類語「ご自愛ください」「お体を大切になさってください」を使うことが多いです。

  • スポンサーリンク

  • 4.「お体に気をつけて」の類語 

    お体に気をつけての類語

    「お体に気をつけて」には、下記のような言い換え表現があります。

    どの言葉も相手の健康を気遣う言葉です。ただし、使う場面によっては言い換え表現の方がより適していることもありますので、覚えておくと良いでしょう。

    4-1.「ご自愛ください」

    「あなたご自身のこと(心・体・体調すべて)を大切してください」という意味を持ち、相手の健康を気遣う敬語表現です。

    「自愛」は、自分を大切にするという意味です。 「ご自愛くださいませ」と 最後に「〜ませ」をつけるとより丁寧な印象になります。

    また、手紙やメールなどの最後、結びの言葉としてよく使われます。あわせて使いこなせるようになりますととても便利です。

    4-2.「お体を大切になさってください」

    文字の通り、「あなたの体を大切してください」という意味を持ち、相手の健康を気遣う敬語表現です。

    4-3.「お大事になさってください」

    「病気や怪我が早く治るように、あなたの体を大切してください」「病気や怪我が早く治るように、回復をお祈りしています」という2つの意味を持ち、体調を崩している相手の健康を気遣う敬語表現です。

    上記の類似表現と似ていますが、 使う相手が「病気もしくは怪我をされている方」に限られますので注意が必要です。

    4-4.「お体に気をつけて」と言われた時の答え方

    お気遣いありがとうございます」と答えるのが一般的です。

    「お体に気をつけて」は、相手の健康を気遣うための言葉です。

    そのため、もし声が出ないなど「お大事になさってください」と言われるような状況であれば会釈だけでも良いとされています。

    大切なのは気遣ってくれた相手に対する感謝の気持ちを示すことです。

  • スポンサーリンク

  • まとめ

    日本語を正しく使うことは難しい、と思われたかもしれません。

    しかし、 難しいからこそきちんと使いこなすことで、社内外の方からの信頼を積み重ねることができます

    特に、相手を気遣う言葉がとっさに出てくるということは、一流のビジネスパーソンであれば必須のスキルです。

    学びは実践してこそ力になります。お身体に気をつけて、今日も元気に頑張りましょう!