「真摯」の意味とは?真摯を使った言葉や類義語をわかりやすく解説

真摯の意味とは ビジネス用語

「真摯(しんし)」とは「真面目でひたむきな様」という意味です。

謝罪会見などで「真摯に受け止める」という表現を耳にしたことがある人も多いでしょう。

真摯は「真摯な対応」「真摯な姿勢」「真摯に受け止める」と用います。

この記事では、「真摯」の正しい意味と使い方について解説します。

1.「真摯」の意味

まじめで熱心という意味

真摯

読み:しんし

  1. 真面目でひたむきな様
  2. 真面目で熱心なこと

 

真摯の「摯」は「真面目」という意味です。

「本当」という意味の「真」と合うことで「本当に真面目である様」を表します。

「真摯」は日常会話やメールではなく、主にビジネスシーンやかしこまった場で使用される言葉です。

使い方は、「真摯に○○(動詞)」「真摯な○○(名詞)」のように使用します。

  • スポンサーリンク

  • 2.「真摯」の使い方と例文

    真摯の使い方

    「真摯」の使い方と例文を見ていきましょう。

    ビジネスシーンでよく使用する言葉は次の3つです。

    真摯に受け止める

    「真摯に受け止める」は「真面目に受け止める、重く受け止める」という意味です。

    例:今回のミスを真摯に受け止め、再発防止に努めます

    この例文は「今回のミスを重く受け止め、再発防止に力を尽くす」という意味です。

    「真摯に受け止める」という表現は、主に指摘されたこと」「改善すべきこと」「至らなかったこと」に対して用います。

    真摯な姿勢

    「真摯な姿勢」は「真面目な姿勢、ひたむきな姿勢」という意味です。

    例:面接官は、応募者の真摯な姿勢を気に入った

    この例文は「面接官は、応募者の真面目でひたむきな姿勢を気に入った」という意味です。

    「真摯な姿勢」の「姿勢」は、 まじめでひたむきな態度やその心意気を意味します。

    真摯な対応

    「真摯な対応」は「真面目な対応、誠意がある対応」という意味です。

    例:お客のクレームには真摯に対応してください

    この例文は「お客様のクレームには誠意ある対応をしてください」という意味です。

    「真摯な対応」と「真摯な姿勢」は同じように見えますが、「真摯な対応」は「 相手の出方に対して真摯に対応する」という意味を表します。

    そのため「状況に応じて、相手の出方に対して」取り組む場合は「真摯な対応」を使用しましょう。

    【使い分け】誠実との違い

    「真摯」と「誠実」の違いは、対象が人か物事かという点です。

    「誠実」は「真面目で真心があること」という意味を表します。

    基本的に「自分や他人の人柄や性質」など「人」に対して使用する言葉です。

    その点「真摯」は「ある出来事に対する対応や態度」など「物事」に対して使用します。

    例文を見てみましょう。

    例1:彼は誠実な人間だ→「彼は真摯な人間だ」とは言わない

    例2:今回の不手際を真摯に受け止める→「今回の不手際を誠実に受け止める」とは言わない

    「ある物事に対する態度や対応を真面目に取り組む」場合は「真摯」を使用しましょう。

  • スポンサーリンク

  • 3.「真摯」の類語

    真摯の類語

    「真摯」の類語は次の2つです。

    真面目

    真面目は「本気であること、嘘や冗談ではないこと」という意味です。

    例:何事も真摯な姿勢で取り組む
    ⇔何事も真面目に取り組む

    この例文は「何事もひたむきな姿勢で取り組む」という意味を表します。

    「真面目」は誠実と同様に、「真面目な人・真面目な性格」など「人」に対しても使用できる言葉です。

    また「真摯」よりも柔らかい表現になります。

    日常会話で使用する場合は「真摯」ではなく「真面目」を使うといいでしょう。

    実直

    実直は「誠実で正直なこと・律儀」という意味です。

    例:彼はいつも実直に取り組んでいるので、上司からの信頼も厚い
    ⇔彼はいつも真摯な姿勢で取り組んでいるので、上司からの信頼も厚い

    この例文は「彼はいつも真面目に取り組んでいるから、上司からの信頼も厚い」という意味です。

    「実直」は「誰かに見られていようが、見られていまいが変わらず真面目」という意味を持っています。

    「実直に○○(動詞)」にすることで物事に対しても使用できますが、基本的に その人の人柄を表す時に用いる言葉です。

    「真面目な人、律儀な人」のように人柄を表す場合は「実直」を使用しましょう。

    4.「真摯」の対義語

    真摯の対義語

    「真摯」の対義語は次の2つです。

    不真面目

    不真面目は 「真面目さが欠ける様」という意味です。

    例:彼は真摯な対応に欠ける
    ⇔彼の対応は不真面目だ

    この例文は「彼の対応には真面目さが欠けている」という意味です。

    軽薄

    軽薄は 「態度や行動に慎重さがなく軽々しい様」という意味を表します。

    例:そんな真摯のかけらもない言葉では、誰も納得しないだろう
    ⇔そんな軽薄な言葉では、誰も納得しないだろう

    この例文は「そんな不真面目で薄っぺらい言葉では、誰も納得しない」という意味です。

    「不真面目」よりも言葉や態度が軽々しい時、薄っぺらい時に使用します。

  • スポンサーリンク

  • 5.「真摯」の英語表現

    真摯の英語表現

    英語表現は「sincerity(誠意・真摯)」

    例文を見てみましょう。

    例:I accept with sincerity the opinion of customer’s.(お客様の意見を真摯に受け止める)

    「accept~with sincerity」は「真摯に受け止める」という意味です。

    「with sincerity」は「真摯な態度で」という意味を表します。

    ビジネスメールやフォーマルな場面でも使える言葉なのでぜひ覚えておきましょう。

  • スポンサーリンク

  • まとめ

    「真摯」は 「真面目でひたむきな様」という意味です。

    「真摯な対応」「真摯に受け止める」など、ある物事に対する行動で用います。

    日常会話では使いませんが、かしこまった場やビジネスシーンなどでよく使われる言葉です。

    この機会にぜひ習得してくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事