美容師資格の取り方とは?受験資格や試験の難易度について解説

資格

お客さんの「理想の美」を叶えるお手伝いをする美容師。

「美容師になりたいけど、資格は必須?」「どうやって免許を取ればいいの?」と疑問に思っていませんか?

美容師になるには、国家資格である美容師免許を取得する必要があります

本記事では、美容師免許の詳細・取り方について詳しく解説します。

スポンサーリンク

1.資格なしでは美容師になれない

美容師は、資格なしでなれる職業ではありません。

ハサミの手入れや掃除などは資格なしでも行うことができますが、お客さんの髪をカットしたり施術を行ったりするためには必ず資格が必要です。

1‐1.国家資格である「美容師免許」が必須

美容師になるためには、「美容師免許」が必須です。

美容師免許は、 美容師法に基づき厚生労働大臣が認定する国家資格

美容師国家試験に合格後、免許の申請を行います。

美容師名簿に氏名等が登録された後、免許を受け取ってはじめて美容師として働くことができます。

正式名称は「美容師免許」

資格の正式名称は、そのまま「 美容師免許」です。

「履歴書になんてかけばいいの?」と悩んでしまう方も多いですが、以下のように記載すれば問題ありません。

  • 平成〇年〇月 美容師免許 取得
  • スポンサーリンク

  • 1‐2.美容師免許を活かせる仕事

    美容師免許はサロンや美容室のほか、以下のような場所で活かすことができます。

    • ヘアセット店
    • まつげエクステ店
    • ヘアカラー専門店
    • ウィッグ販売店
    • 美容学校

    美容師免許を取得すれば、 美容に関するさまざまな場所で働くことができますよ

    では、美容師免許はどうやって取得するのでしょうか?

    2.美容師免許の取り方

    ここでは、 美容師免許の取り方について詳しく解説します。

  • スポンサーリンク

  • 2‐1.受験資格

    美容師国家試験を受けるためには、以下の 受験資格を満たす必要があります

    • 理容師・美容師養成施設で右欄のいずれかの課程を修了した人

    ※平成10年4月1日以降にの入学者が対象

    1. 昼間課程:2年以上
    2. 夜間課程:2年以上
    3. 通信課程:3年以上
    • 理容師・美容師養成施設で右欄のいずれかの課程を修了後、1年以上の実地習練を経た人

    ※平成10年3月31日以前の入学者が対象

    (平成14年3月31日までに実地習練が終了していない場合、受験資格はありません)

    1. 昼間課程:1年以上
    2. 夜間課程:1年4ヶ月以上
    3. 通信課程:2年以上

    厚生労働省が指定する美容学校を修了、もしくは修了後に1年以上の実地修練を経てはじめて受験資格を得られます

    ただし、実地修練が受験資格になるのは平成10年3月31日までに養成施設に入学した人のみ。

    以降に入学した場合は「昼間課程:2年以上」「夜間課程:2年以上」「通信課程:3年以上」を修了しなければならないので、注意してください。

    また、昼間課程・夜間課程・通信課程、それぞれの特徴は以下の通りです。

      特徴 おすすめの人
    昼間課程
    • 基本的に平日の昼間に授業を行う
    • 比較的学費が高い
    • 平日の日中に学校に通える人
    • 時間をかけてしっかり学習したい人
    夜間過程
    • 夕方から夜間にかけて授業を行う
    • コースによって修了までにかかる年数が異なる
    • 働きながら美容師免許を取得したい人
    • 夜間に時間がある人
    通信課程
    • レポート提出とスクーリング等で過程を履修する
    • 比較的学費が安い
    • 働きながら美容師免許を取得したい人
    • 学費を抑えたい人

    昼間か夜間の美容学校を修了するのが最短ルート

    最短ルートで受験資格を得たい場合は、昼間か夜間の美容学校を修了しましょう。

    昼間・夜間の美容学校であれば2年で受験資格を得ることができます

    ただし、夜間の美容学校の場合、2年ではなく3年のカリキュラムとなっているケースもあるので注意が必要。

    3年のカリキュラムだった場合、受験資格を得るまでにかかる時間が「通信課程」と変わらなくなってしまいます。

    必ず「何年のカリキュラムなのか」を確認してくださいね。

    中卒からでも美容師を目指すことは可能

    美容学校の中には、中卒でも入学できる「高等専修学校」もあります。

    高等学校の課程と美容学校の課程を修了できるため、卒業と同時に受験資格を得ることができますよ。

    グルノーブル美容専門学校 高等課程

    2‐2.試験内容と難易度

    美容師国家試験の概要は以下の通りです。

    実技試験

    <基礎的技術試験>

    • カッティング
    • ワインディングまたはオールウェーブセッティング

    <衛生上の取扱試験>

    • 美容を行う場合の衛生上の取り扱い
    • 用具類の衛生状態及び衛生上の取り扱い
    筆記試験
    • 関係法規・制度
    • 公衆衛生・環境衛生
    • 感染症
    • 衛生管理技術
    • 人体の構造及び機能
    • 皮膚科学
    • 美容の物理・化学
    • 美容理論

    合格基準

    ※第38回試験の場合

    <実技試験>

    • カッティングの減点が30点以下
    • オールウェーブセッティングの減点が40点以下
    • 衛生上の取扱試験の減点が20点以下

    <筆記試験>

    • 正答率60%以上
    • すべての科目において無得点がないこと

    合格率

    60~80%

    美容師国家試験の合格率は年度等によってバラつきがありますが、 美容学校で学んだことをしっかり身につければ合格できます

    試験前には教科書での復習のほか、過去問を解いておくと良いでしょう。

    2019年版 徹底マスター 美容師国家試験過去問題集
    • 石井 至
    • 価格   ¥ 1,728
    • 販売者 Amazon.co.jp
    今すぐチェック

     

    美容師国家試験についてさらに詳しくチェックしたい方は、以下のサイトをご覧ください。

    公益財団法人 理容師美容師試験研修センター

  • スポンサーリンク

  • 3.美容師に関する資格の種類

    美容師免許のほか、 以下の資格を取得すると仕事に活用できます

    それぞれの資格について、詳しくチェックしていきましょう。

    3‐1.管理美容師

    管理美容師は、美容所の衛生管理などを行うための資格。

    美容室に2人以上の従業員がいる場合、必ず1人以上の管理美容師が必要です。

    管理美容師の資格は、3年以上の業務経験があれば講習を修了するだけで取得できます。

    将来的に独立を考えている場合、取得して損はありませんよ。

    受講資格
    • 理容師の免許または美容師の免許を受けた後、3年以上理容・美容の業務に従事した人
    おもな講習内容
    • 公衆衛生
    • 理容・美容所の衛生管理など

    公式サイト

    財団法人理容師美容師試験研修センター

  • スポンサーリンク

  • 3‐2.福祉美容師・訪問美容師

    福祉美容師は、高齢者や障がいがある方に安全に施術を行うための資格。

    出張して施術を行うケースも多いことから「訪問美容師」とも呼ばれています。

    身体の不自由な方へ施術を行うため、 美容の技術だけでなく介助などの知識が求められます

    民間の資格ではありますが、高齢化社会の日本においてとても重宝される資格です。

    また、資格は講習を修了するだけで取得できます。

    受講資格
    • 理容師・美容師の資格を持つ人
    おもな講習内容
    • 介助の基礎知識
    • 訪問理美容技術など

    公式サイト

    NPO法人 日本理美容福祉協会

    3‐3.ヘッドスパ資格

    ヘッドスパ資格は、美容室等で行うヘッドスパの技術を磨くための資格。

    基本であるシャンプーはもちろん、 マッサージや頭皮ケアの技術も学びます

    美容師としてのスキルを高めたい方にぴったりですよ。

    学科と実技の講習を受けた後、それぞれの試験に合格することで資格を得られます。

    対象

    <3級>

    • 理美容専門学校生

    ※認定校のみで実施

    <2級>

    • 理容・美容師国家資格取得者

    <1級>

    • ヘッドスパ検定2級資格取得者、かつ認定スパリスト会員
    おもな講習内容

    <3級>

    • ヘッドスパの必要性と基本的技術理論
    • 基本的なマッサージ技術

    <2級>

    • 顧客を満足させることができる技術が学べる実技
    • 皮膚科学や解剖学、生理学などの理論
    • スタンディングで行なう技術

    <1級>

    • ストレスの髪や頭皮への影響
    • 高度なマッサージテクニックの習得
    • ストレス状況の判断とそれに対応する技術
    • リクライニングで行なう技術

    公式サイト

    一般社団法人日本ヘッドスパ協会

    紹介した3つの資格はすべて民間の資格・検定ですが、美容師として働く上で活用できるものです。

    美容師免許を取った後は、ぜひ新たな資格取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

  • スポンサーリンク

  • 4.資格取得のためのおすすめ通信講座3選

    仕事や、家事・育児をしながら資格を取得するのに欠かせないのが通信講座です。

    ここでは、 キャリアピックスおすすめの通信講座を3つご紹介します

    それぞれの通信講座の特徴を、順にご紹介します。

    ①事務系・美容や健康など女性向け資格なら「たのまな(ヒューマンアカデミー)」

    資格難易度 たのまな 資格難易度 たのまな

    たのまな」は、ヒューマンアカデミーが運営する通信講座です。

    『たのしい未来へ導く、学びサポーター』 というコンセプトから、「たのまな」という名前が付けられています。

    事務系はもちろん、女性ならではの美容系やフード系の講座も充実しています。

    「たのまな」の講座は、基本的にテキストとDVDが中心です。

    ただし、学習教材や学習方法は講座によって異なるため、まずは希望の講座ホームページを確認しましょう。

    また、同じ資格取得を目指す者同士のコミュニティがあったり、最寄の校舎でサポートを受けることの出来るコースがあるのも嬉しいポイントです。

    質問無制限、受講延長制度などのサポートも利用者からの評価が高い通信講座です。

     

    ②財務・法律系の国家試験に強い「クレアール」

    資格難易度 クレアール
     
    クレアール」は、1998年設立の資格教育機関です。
     
    公認会計士、税理士、司法書士といった財務・法律系に特に力を入れています。
     
    「クレアール」は、Webに特化した通信学習の専門スクールのため、忙しい方でも時間を効率的に使うことができます。
     
    また、独自の学習法である「非常識合格法」は、勉強時間を圧倒的に減らせるという点で注目されています。
     
    合格に必要な学習範囲だけを徹底的に習得することで、勉強時間は圧倒的に減らすことが可能になるのです。
     

    教員など公務員資格に強い「東京アカデミー」

    資格難易度 東京アカデミー 資格難易度 東京アカデミー

    東京アカデミー」は、全国に75拠点あり、25万人以上が受講している通学・通信講座最大手です。

    「東京アカデミー」では、公務員をはじめ、教員や看護師の採用・資格試験対策の講座を中心に行っています。

    DVDやWEB講義中心の通信講座が多い中、「生」講義にこだわっていることが大きな特徴のひとつです。

    大手ならではのノウハウと、資格に応じた対策と指導ができることが「東京アカデミー」の強味と言えるでしょう。

    まとめ

    美容師になるためには、美容師国家試験に合格する必要があります。

    受験資格を得る方法は複数ありますが、 美容学校へ入学することが最短ルートです。

    たくさんの学校があるので、各学校の特色を比較しながら検討してくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件




  • スポンサーリンク