JR東日本の平均年収は714万円!年齢別・職種別で詳しく解説!

JR東日本(東日本旅客鉄道)の年収 平均年収

JR東日本の平均年収は714万円です。

この記事では、JR東日本社員の平均的な年収・月収・賞与を年齢別・職種別で解説しています。

また、細かく分類されている職種についても詳しく解説しています。

就職や転職を検討中の方は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.JR東日本の平均年収は714万

JR東日本の平均年収は、714万円です。

正式名称は「東日本旅客鉄道」と言い、1987年に国鉄(日本国有鉄道)から分割民営化された鉄道会社です。

近年の年収推移

有価証券報告書」による 過去5年の平均年収は以下の通りです。

JR東日本の平均年収の詳細な金額は以下の通りです。(参考:「有価証券報告書」)

年度 平均年収詳細金額
2018 7,140,186円
2017 7,108,700円
2016 7,101,470円
2015 7,048,607円
2014 7,026,756円
  • スポンサーリンク

  • 業種別ランキング(陸運業):13位

    JR東日本は運輸業に分類されており、64社中13位にランクインしています。

    運輸業の平均年収は584万円なので、JR東日本は約130万円高い平均年収となります。

    順位 社名 平均年収
    1位 ヤマトホールディングス 939万円
    2位 阪急阪神ホールディングス 919万円
    3位 京阪ホールディングス 838万円
    ・・・ ・・・ ・・・
    10位 小田急電鉄 755万円
    11位 京王電鉄 733万円
    12位 東海旅客鉄道(JR東海) 730万円
    13位 東日本旅客鉄道(JR東日本) 714万円

    ボーナスは年間6ヶ月分支給

    驚きの事実として、 JR東日本のボーナス支給額は、夏と冬の2回で合計6ヶ月分支給という点です。

    たとえ基本給が低く設定されていても、年2回のボーナス時にはモチベーションアップに繋がります。

    JR東日本現社員の口コミ

    30代男性現社員
    (正社員)運輸・物流・設備系

    基本給はかなり安いが、ボーナスは6ヶ月分ほどと、かなり出る。また乗務員は手当がたくさんつくのでそれなりの待遇になる。手当とボーナスで年収の半分近くになる。

    引用:「カイシャの評判

    20代女性
    現社員(正社員)販売・サービス系

    残業代はした分だけ必ず出るし、住宅手当も充実しているため。また、ボーナスも6ヶ月分がきちんと支給される。年功序列で、会社に長く籍を置いているだけで給料が増えていくシステムなので、何もしなくても昇給する。

    引用:「カイシャの評判

  • スポンサーリンク

  • 2.JR東日本の年代別【平均年収・平均月収・平均賞与】推移

    JR東日本の年齢別、平均年収・月収・賞与の推移と、新卒者の初任給について解説します。

    年齢別【平均年収・平均月収・平均賞与】推移

    それでは JR東日本の年代別ごとの年収、月収、賞与を見ていきましょう。

    厚生労働省「賃金構造基本統計調査」のデータを元に独自でシュミレーションした結果となっています。(小数点第一位を四捨五入)

    年齢 平均年収 平均月収  平均賞与
    20~24歳 427万円 28万円 88万円
    25~29歳 621万円 40万円 128万円
    30~34歳 706万円 47万円 146万円
    35~39歳 760万円 50万円 157万円
    40~44歳 781万円 52万円 162万円
    45~49歳 838万円 55万円 173万円
    50~54歳 875万円 58万円 181万円
    55~59歳 837万円 55万円 173万円

    この表から計算すると、20代の平均年収は約524万円、30代は733万円、40代は810万円、50代は856万円です。

  • スポンサーリンク

  • 新卒者の初任給

    JR東日本公式ホームページ内にある新卒者向けの「採用情報」によると、新卒者の初任給は以下の通りになります。

      総合職 エリア職
    修士卒 244,375円 220,340円
    大学卒 224,135円 212,290円
    短大卒・専門卒・高専卒 206,655円 204,355円

    ※2018年実績

    毎年定期昇給があり、年功序列のため、確実に毎年給与が上がっていく見込みです。

    また福利厚生の中でも、住宅手当(上限3万円)や乗車証が発行される点などはかなり充実しているでしょう。

    乗務員は、諸手当による賃金への計上が多いので、手取り額が多くなります。

    3.JR東日本の職種別【平均年収・平均月収・平均賞与】

    JR東日本では、「事務職」と「技術職」の2つの採用職種枠が設けられています

    さらに「事務職」には2つ、「技術職」には5つの仕事内容があり、職種の選択肢が多いことが特徴です。

  • スポンサーリンク

  • 事務職の平均年収は520万円

    JR東日本の事務職の平均年収は、520万円です。

    平成29年の日本人の平均年収が約430万円なので、JR東日本事務職の平均年収はやや上回っています。

    次に「事務職(事務)」と「事務職(IT)」について、それぞれ詳しく紹介していきます。

    事務職(事務)の仕事内容

    事務職(事務)の仕事内容は、下記の通りです。

    【事務職(事務)の主な仕事内容】

    • みどりの窓口での切符販売
    • 改札での精算・案内
    • 車掌・運転士業務
    • 列車の運行管理を担う駅・乗務員(司令員)
    • 観光開発・宣伝・サービス向上施策
    • 生活サービス

    上記にあげた仕事内容のどれか一つに就くと、その仕事を数年担当し、その後同じ事務職(事務)内で別の仕事へ移動になります。

    一言で「事務職」といっても仕事内容は多岐にわたるので、幅広い知識を得ることができるでしょう。

    事務職(IT)の仕事内容

    事務職(IT)の仕事内容は、下記の通りです。

    【事務職(IT)の主な仕事内容】

    • ITシステム開発・運用管理(列車運行管理システム・Suicaシステムなどの運営管理)
    • IT戦略策定(IT戦略の策定・ITに関わる社員の採用と育成)
    • 研究開発(新しいシステムの開発検討)
    • 国際事業(海外のIT企業への出向や海外のIT技術に関する動向調査)

    JR東日本公式ホームページ内の職種紹介では、「事務職(IT)」と「技術職(IT)」の仕事内容は同じだと明記されています。

    JR東日本事務職系社員の口コミ

    ◎良い口コミ

    30代男性
    社員(正社員)企画・事務・管理系

    ・有給休暇を毎月自由に計画的に取得でき、付与された有給休暇は100パーセント消化できる。
    ・残業はほぼ無く、残業した場合であっても100パーセント支給される。
    ・応募型研修が充実している。
    ・中堅社員が少ないため世代交代が進んでいる。

    引用:「カイシャの評判

    △気になる口コミ

    30代男性
    社員(正社員)企画・事務・管理系

    ・社員数が多く、自己アピールをたくさんやらないと昇進や昇格ができない。
    ・応募型研修は資格が必要であり、かつ選考されなければ受講できないため、個人差が大きくでてしまう。
    ・昇格しないと給料はほとんど上がらず、年功序列はまだ根強く残っている。

    引用:「カイシャの評判

    技術職の平均年収は520万円

    JR東日本の技術職の平均年収は、520万円です。

    平成29年の日本人の平均年収が約430万円なので、それよりも上回ってはいます。

    JR東日本は、年功序列型なので、年齢・勤務年数に応じてのベースアップは確実です。

    また首都圏エリア勤務であれば、都市手当が加算されるので、基本給が薄給でもそれなりの額になります。

    次に、技術職でも5つの職種に分かれているので、それぞれの仕事内容を紹介していきます。

    技術職(電気)

    【技術職(電気)の主な仕事内容】

    • 列車制御システム

     超高密度ダイヤを「安全」かつ「正確」に運行管理

    • エネルギー

     エネルギーを発電から消費までトータルで管理

    • 情報通信

     ICTで鉄道事業・関連事業を支援

    技術職(機械)

    【技術職(機械)の主な仕事内容】

    • 車両

     車両開発、製造、検査・修繕などを行う

    • 機械

     券売機などの出改札システム、Suicaシステム、エスカレーターやエレベーター、空調設備などの設計・施工管理・機器保守などを行う

    技術職(土木)

    【技術職(土木)の主な仕事内容】

    • 線路

     JR東日本が保有する約12,000kmにもおよぶ線路の維持管理

    • 土木

     JR東日本が保有する多種多様な土木構造物の維持管理

    • 建設

     経営基盤強化に資するプロジェクトの調査、計画、工事監理など

    • 生活サービス

     企画・計画、設計、工事監理、メンテナンス、プロジェクトマネジメント

    技術職(建築)

    【技術職(建築)の主な仕事内容】

    • 駅を中心とした様々な建物改良・開発事業の企画・設計・工事・維持管理など

    技術職(IT)

    【技術職(IT)の主な仕事内容】

    • ITシステム開発・運用管理(列車運行管理システム・Suicaシステムなどの運営管理)
    • IT戦略策定(IT戦略の策定・ITに関わる社員の採用と育成)
    • 研究開発(新しいシステムの開発検討)
    • 国際事業(海外のIT企業への出向や海外のIT技術に関する動向調査)

    JR東日本公式ホームページ内の職種紹介では、「事務職(IT)」と「技術職(IT)」の仕事内容は同じだと明記されています。

    JR東日本技術職系現社員の口コミ

    ◎良い口コミ

    20代男性社員(正社員)電子・電気・機械系エンジニア

    ボーナスが良いことです。入社してからあまり上がりはしないもののずっと6ヶ月程度の賞与がもらえています。

    引用:「カイシャの評判

     

    △気になる口コミ

    20代男性
    社員(正社員)電子・電気・機械系エンジニア

    基本給が少なく感じます。他の大企業と比較しても月収こそ同じですが、夜勤手当てがあり、月に半分も夜勤をしていることを考慮すると低すぎます。

    引用:「カイシャの評判

  • スポンサーリンク

  • 4.JR東日本の採用情報

    JR東日本の採用には、「プロフェッショナル採用」と「ポテンシャル採用」という2つの枠があります

    先ず2つの枠には、採用の範囲に違いがあります。

    詳しくは下記の表をご覧ください。

      応募資格 採用人数 初任給 勤務地
    プロフェッショナル採用 院卒・大卒・短大卒・高専卒・専修学卒、各種学校卒 1,100人程度 204,355円~220,340円

    ・首都圏エリア

    ・各支社エリア内

    ※転勤は同一エリア内が基本

    ポテンシャル採用 院卒・大卒・高専卒 100人程度 206,655円~244,375円 事業エリア内

    「プロフェッショナル採用」であれば、応募資格は広く、採用人数もかなり多いです。

    「ポテンシャル採用」は、応募資格から狭き門ですが、将来的には約束された採用枠です。

    それぞれの採用について、個々に説明していきます。

    「プロフェッショナル採用」とは現業職のこと

    入社後は、駅、乗務員(車掌・運転士)、情報通信、車両、機械など多岐にわたる現場第一線へ配属となります。

    転勤は同一エリア内が基本で、能力や意欲などに応じて、他支社エリアでの勤務やグループ会社などへ出向する場合もあります。

    • 首都圏エリア=東京・横浜・八王子・大宮・千葉の各支社
    • 各支社エリア=高崎、水戸、仙台、盛岡、秋田、新潟、長野の各支社

    将来的には、企画部門や現場の管理者などのマネジメント業務に携わるチャンスがあります

    「ポテンシャル採用」とは総合職のこと

    入社後は、先ず第一線の現場への配属となり、駅やメンテナンス部門などの業務に従事します。

    その後は、支社・本社の企画部門や、国内外のグループ会社などで幅広い活躍の場が待っています。

    将来的には、会社全体、または各部門のマネジメントを担うことができるエリートコースです。

    JR東日本に転職したいなら「JACリクルートメント」がおすすめ

    「JR東日本」への転職を希望する場合は、ハイキャリア・高年収領域の転職支援に特化した、「JACリクルートメント」の利用をおすすめします。

    外資系企業を考えている人向け|JACリクルートメント

    (引用JACリクルートメント 公式サイト

    JACリクルートメントに登録すれば、 専任のコンサルタントからカウンセリング・書類添削・面接対策など各種転職支援を、無料で受けられますよ。

    高年収のJR東日本への転職であっても、適切にサポートしてくれるでしょう。

    登録も3分ほどで終わるため、まずは相談だけでも利用してみてはいかがでしょうか。

    5.JRステーションサービスとは?

    JRステーションサービスとは、JR東日本が100%出資している完全子会社です。

    業務内容や従業員の平均年収に触れていきます。

    JR東日本の完全子会社である

    JRステーションサービスは、JR東日本が100%出資している、2013年に発足されたばかりの新しい会社です。

    正式名称は「株式会社 JRステーションサービス」で、略称は「JESS」、 駅業務を運営する専門会社になります。

    従業員数は、2019年1月1日時点で2,926名、直接雇用者の平均年齢は30.2歳なので、小規模で従業員は若い年齢層です。

    業務内容

    主な業務内容は以下の通りです。

    • みどりの窓口での応対
    • 改札口での案内
    • 身体の不自由なお客様のサポート
    • JR東日本全体の鉄道営業収入の確定業務

    従業員の平均年収:350万円

    JRステーションサービス従業員の平均年収は、350万円です。

    親会社であるJR東日本従業員の平均年収が714万円なので、半分以下の低い平均年収となります。

    基本給は、入社5年ごとの等級制度が設けられていて、等級が上がれば額が上がる仕組みになっています。

    2013年に発足された需要のある会社なので、これからの伸び率は期待できます。

    また、JR東日本の完全子会社なので安定性はあるでしょう。

    JRステーションサービス現社員の口コミ

    ◎良い口コミ

    30代男性
    現社員(正社員)営業系

    今は低いかもしれないが今後業務受託によってはかなりの伸びしろ可能性がある。その証拠に年間のボーナスがうなぎ上りとなっている。後は定期昇給があれば下手な中小企業よりは恵まれた福利厚生になってくるのでは無いかと思う。

    引用:「カイシャの評判

    △気になる口コミ


    40代男性
    現社員(正社員)運輸・物流・設備系

    安い方だと思う。ボーナスは2~2.5くらいで年二回。それを含めても貰えるのは税込み300万円台前半~半ばくらい。残業がほとんどないので収入のアップについては昇給を狙うしかないが、それも入社してから5年経たないとチャンスがない。

    引用:「カイシャの評判

    6.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、JR東日本の平均年収「714万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    \3分ほどで測定できます/

    まとめ

    JR東日本の平均年収は714万円です。

    口コミなどを見たところ、 基本給は平均的ではあるものの、賞与については高く、安定した収入を得られると評判です。

    転職を検討する場合は、企業の良い評判も、悪い評判も自分の耳に入れて確かめましょう。

    ▼あなたへのおすすめ▼

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件