花王の年収は821万円!研究職など職種別年収・業界ランクを解説!

花王の年収 平均年収

花王株式会社の平均年収は約821万円です。

日用化粧品として多くの人に親しまれ、知られている有名企業です。

同じ化粧品メーカー・薬剤メーカーで勤務する人ならば、一度は転職を夢みたことがあるのではないでしょうか。

そんな大手化粧品メーカー・花王株式会社の平均年収を年代・男女・職種・子会社別にまとめて解説。

花王への転職を成功させるのに役立つ『転職エージェント』の情報もご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

※後半では「自分の推定年収を測定できるサービス」も紹介しているので、花王の平均年収と自分の市場価値を比較するのにぜひお役立てくださいね。

スポンサーリンク

1. 花王の平均年収は約821万円

花王株式会社(以下、花王)の平均年収は約821万円です(「四季報ONLINE」)。

平成29年の国の平均年収は「民間給与実態統計調査結果」によると、432万円と報告されています。

比較すると、花王の平均年収は国の平均年収よりも2倍近く高いことが分かります。

花王の近年の平均年収推移

花王が公表している「有価証券報告書」をもとに、2013~18年の平均年収推移をまとめてみました。

右列には「平成30年賃金構造基本統計調査 結果の概況 賃金の推移」より、同年の国の平均年収も記入しています。

年度 平均年収 国平均
2018年 821.9万円 429万円
2017年 780.4万円 426万円
2016年 798.4万円 426万円
2015年 811.0万円 426万円
2014年 833.8万円 414万円
2013年 758.0万円 414万円

2016~17年に少し落ち込んだ平均年収ですが、 18年には再び800万円台に上がってきていますね。

多少の変動はあれど、国の平均年収と比べると2倍弱も高く、高年収が期待できる会社だといえます。

  • スポンサーリンク

  • 化粧品業界内ランキングでは第2位

    花王は化粧品業界の会社です。

    化粧品業界の企業別平均年収ランキングを以下にまとめてみました。

    順位 会社名 平均年収
    1位 マンダム 838万円
    2位 花王 821万円
    3位 ポーラ・オルビスHD 754万円
    4位 資生堂 731万円
    5位 ミルボン 684万円

    企業情報データベースを掲載している「Baseconnect」で検索すると、化粧品業界の会社は国内に全980社あります(上場15社・非上場965社)。

    花王は数ある企業をおさえ、2位にランクインしています。

    この結果から、化粧品業界で高年収を狙うなら花王は最適な選択肢といえるのではないでしょうか。

    2. 花王の年代別の平均年収は?

    「平均年収が高いのはわかったけど、若いうちはどれくらい貰えるの?」

    全体の平均だけでなく、年代別の平均年収も気になりますよね。

    年代 平均年収 平均月収 平均賞与額
    20〜24歳 約390万円 約25万円 約100万円
    25〜29歳 約623万円 約40万円 約160万円
    30〜34歳 約710万円 約46万円 約185万円
    35〜39歳 約753万円 約49万円  約196万円 
    40〜44歳 約820万円 約53万円 約214万円
    45〜49歳 約912万円 約59万円 約237万円
    50〜54歳 約977万円 約63万円 約253万円
    55〜59歳 約940万円 約60万円 約244万円
    60〜64歳 約690万円 約40万円
    約161万円

    上記は年代別に花王の平均年収・月収・賞与額をまとめた表です。

  • スポンサーリンク

  • 20代の平均年収は約507万円

    花王の20代の平均年収は約507万円・平均月収は約33万円・平均賞与額は約130万円です。

    花王の採用ページによると、新卒初任給は以下の通りとなっています(2018年4月実績)。

    最終学歴 初任給

    院卒(博士)

    261,000円

    院卒(修士)

    240,000円

    大卒

    220,000円

    高専卒

    190,000円

    短大・専門学校(3年制)

    183,500円

    短大・専門学校卒(2年制)

    180,000円

    「2018年度 新入社員の初任給調査」で発表されている大卒新入社員の初任給は211,039円ですから、およそ平均並みの水準といえます。

    30代の平均年収は約732万円

    花王の30代の平均年収は約732万円・平均月収は約48万円・平均賞与額は約191万円です。

    一見、30代から高年収のようですが、30代前半までは思った以上にもらえないとの声もあります。

    「転職会議」の口コミによると、役職に就くのは30代後半になってからのようです。

    社員

    完全に年功序列なので30代前半までは、数千~数万円単位でしか上がっていきません。役職に就くのは30代後半になってからで、役職に就いてから年収の上がり幅が大きくなる印象です。

    ※参考元:転職会議

  • スポンサーリンク

  • 40代の平均年収は約866万円

    花王の40代の平均年収は約866万円・平均月収は約56万円・平均賞与額は約226万円です。

    40代に入ると、多くの社員が管理職に昇進します。

    人事異動は部門長や経営層の判断によって決定するとのこと。

    年齢に応じて年収は上がっていく側面が強いので、長く在籍すると高年収が期待できそうです。

    社員

    年齢とともに年収は着実に上がっていきます。40代で年収1,000万円も夢ではなく、業績によってはさらに上も目指していくことができるでしょう。

    ※参考元:転職会議

    50代の平均年収は約959万円

    花王の50代の平均年収は約959万円・平均月収は約62万円・平均賞与額は約249万円です。

    50代では、順調にキャリアパスを歩んできた人であれば、部長に昇進する可能性が高いです。

    部長になると、年収は1,000万円近くになり非常に高年収となります。

    なかには海外子会社への出向もあるようで、多様な経験を踏むことができます。

  • スポンサーリンク

  • 花王の推定生涯年収:約3億5,303万円

    花王の推定生涯年収は、仮に22~65歳まで継続して勤務したとすると 約3億5,303万円「821×43=35,303」になります(退職金は除く)。

    「平成29年賃金構造基本統計調査の概況」によると、大卒社員の推定生涯年収は2億1,000万円ですので、国の平均より1億4,300万円ほど多くもらえることになります。

    3. 花王の男女別の平均年収は?

    女性の社会進出が叫ばれる昨今ですが、男女別の平均年収にはどんな差があるのでしょうか。

    性別 平均年収 平均月収
    男性 約884万円 約56万円
    女性 約667万円 約42万円

    上記は花王の平均年収を男女別に分けた表です。

  • スポンサーリンク

  • 男性は約884万円・女性は約667万円

    花王の男性の平均年収は約884万円・平均月収は約56万円です。

    女性の平均年収は約667万円・平均月収は約42万円です。

    「平成29年賃金構造基本統計調査の概況」によると、男女の賃金差は「男性100に対し女性73.4」と報告されています。

    花王の場合、男性100(884万円)に対し女性は75.4(667万円)ですので、 平均より男女の賃金差は少ない会社といえます。

    花王は女性管理職の比率が高い会社

    花王は管理職の女性比率が高い会社です。

    以下は東洋経済新報社「CSR企業総覧2019(2018年10月時点)」のデータをまとめた「ブンナビ!×読売新聞」をもとに、女性管理職の人数と割合をまとめた表です。

    役職 全社員数 女性社員数 女性比率
    管理職

    2,453名

    381名

    16%

    部長職以上

    435名

    33名

    8%

    役員

    35名

    3名

    9%

    内閣府男女共同参画局のHPによると、2012~18年の国内上場企業の女性役員率は4.1%と報告されています。

    よって、花王は平均よりも女性役員率が高い会社であることがわかります。

    また、2017年度の女性の育児休業取得率は99%。女性が出産・育児といったライフステージの変化のなかで働きやすい会社といえるのではないでしょうか。

    4. 職種別で平均年収に違いはあるのか?

    「花王グループ採用情報」によると、 花王では以下の職種が設けられているようです。

    • 研究職

    • 技術開発職

    • エンジニアリングオペレーター職

    • 検査・分析職

    • マーケティング職

    • ケミカル営業職

    • デザイナー職

    • コピーライター職

    • ロジスティクス職

    では、それぞれの職種で年収に違いはあるのでしょうか。

    職種による年収の違いはない

    花王が公表している情報や社員の口コミ情報によると、 職種による年収の違いは特に見られないようです。

    花王では「ビギナー」「ミドル」「管理職」というクラスに分けられ、職種に関わらず昇進とともに年収が上がる仕組みを採用しています。

    社員

    社員は「ビギナー」「ミドル」「管理職」の3つのクラスに分かれており、上に行くほどボーナス比率が高くなります。年収の内訳は「ビギナー」で給与67%・賞与33%、「ミドル」で給与64%・賞与36%、「管理職」で給与60%・賞与40%の比率です。賞与は業績評価によって決定します。

    ※参考元:カイシャの評判

    5. 花王のグループ会社の平均年収は?

    花王は「アジア」「オセアニア」「北米」「中南米」「ヨーロッパ」「アフリカ」と世界中にグループ会社を抱えています。

    ここでは、上記の国内主要グループ会社4社の平均年収を解説していきたいと思います。

    ニベア花王の平均年収は約420万円

    ニベア花王の平均年収は約420万円です。

    ニベア花王は花王株式会社と独・バイヤスドルフ社との合弁会社。

    社内では英語も飛び交うため、グローバルな雰囲気を感じられる会社のようです。

    社員

    日独の合弁会社なので、グローバルな経験が養われます。クロスカルチャーの企業文化があるので、日本企業だけでは出てこない発想や表現があります。自分の心がけ次第で、さまざまな経験やノウハウ、スキルを身につけられると思います。

    ※参考元:カイシャの評判

    花王グループカスタマーマーケティングの平均年収は約424万円

    花王グループカスタマーマーケティングの平均年収は約424万円です。

    同社は「消費者と顧客の立場にたった”よきモノづくり”を支える」を経営理念に、花王グループのマーケティング活動を担う子会社。

    商品陳列・売場演出・プロモーションをもとに企業ブランドの育成を行ないます。

    カネボウ化粧品の平均年収は約500~600万円前後

    カネボウ化粧品の平均年収は約500~600万円前後です。

    同社では国内外の市場に向けて、化粧品全般の開発・製造・販売を行なっている子会社です。

    職種は大きく「事務職」と「美容部員」に分けられ、社員には女性が多いのが特徴です。

    花王クエーカーの平均年収は約451万円

    花王クエーカーの平均年収は約451万円です。

    同社は鋳物(いもの)用薬剤の開発・製造を行なっている花王の子会社。

    中国・上海など海外にも関連会社を抱え、花王の製品開発を支えています。

    花王クエーカーの平均有給消化率は54%・平均残業時間(月)は26時間ほどと考えられます。

    6. 花王の女性に嬉しい福利厚生

    花王では「ダイバーシティから生まれる活力が事業の発展を支えている」という考えを大切にしています。

    女性が結婚・妊娠・出産とライフステージが変化しても働き続けられる仕組みが整っています。

    上記は同社が提供する柔軟な働き方を支援する制度(一部)です。

    それでは、各制度の概要を解説します。

    ※参考元:花王 ダイバーシティ&インクルージョン

    法定以上の育児休暇制度

    花王の育児休暇は、子どもが1歳4ヶ月を迎えるまで取得することが可能です。

    厚労省の「あなたも取れる!産休&育休」によると、法定育休期間は子どもが1歳になるまで(保育所が見つからない場合は最大2年まで延長可能)

    花王の育休制度は、法定期間より4ヶ月長く取ることが可能なのです。

    メリーズタイム(時短出勤制度)

    「メリーズタイム」とは、子どもが小学校3年生修了まで1日あたり2時間の就労時間の短縮、または始業終業時間の変更が可能な制度です。

    不慮のケガや病気がいつ起きるかわからない子育て中のママにとっては、大変にうれしい制度です。

    時間単位休暇取得制度

    「時間単位休暇取得制度」とは、子どもや家族の看護休暇を1時間単位で取得できる制度のことです。

    年間5日間を上限に利用できます。

    花王では以前から「有給で半日休暇を申請しても、用事が数時間で済んでしまう」という声が寄せられていました。

    この社員の声を受けて導入されたといいます。

    コアタイムのないフレックス制度

    「コアタイムのないフレックス制度」とは、7時~20時までをフレキシブルタイムとする制度です。

    つまり、コアタイム(定時)の概念をなくしたということ。

    7~20時の間で始業・終業を自由に設定できます。

    海外赴任同行休職

    「海外赴任同行休職」とは、最短1年~最長2年まで配偶者の海外赴任に帯同して、休職を取ることができる制度です。

    旦那さんが海外赴任する場合、これまでは単身赴任か退職が必要でした。

    制度導入で夫婦離れることなく、かつ離職せず職場に復帰できるようになったのです。

    7.【補足】花王が求める人材・採用情報

    「平均年収が高く、女性が働きやすい花王に入社したい!」というあなた。

    花王ではどのような人材を求めているのか気になりますよね。

    そこで、「花王が求める人材」「中途採用情報」をご紹介したいと思います。

    求めるのは「次の世代にバトンをつないでいく意思をもった人財」

    花王では「こころ豊かな生活文化を提案する企業」として、共に成長し、次の世代へバトンをつないでいく意思をもった人財を求めています。

    花王HPの「求める人財について」には、以下の5つの人財像が記されています。

    花王の求める人財像

    1. チャレンジを続けられる人財
    2. 高い専門性を持った人財
    3. 国際感覚豊かな人財
    4. チームワークを大切にし協働で成果をあげる人財
    5. 高い倫理観を持った人財

    また、花王では企業文化・精神を集約させた「花王ウェイ」を社員の行動指針として大切にしています。

    花王への転職活動を行なう際には、ぜひ事前にチェックしておくようにしましょう。

    花王に転職するなら「JACリクルートメント」を利用しよう

    花王に転職するなら、転職エージェントの「JACリクルートメント」を使うのがおすすめです。

    JACリクルートメントには転職に詳しいキャリアアドバイザーが在籍していて、あなたにあった求人の紹介や年収交渉まで転職に関することを全てサポートしてくれます。

    外資系企業を考えている人向け|JACリクルートメント

    JACリクルートメントは外資系企業への転職支援が得意で、管理職や専門職向けの高年収求人の取り扱いが多いのが特徴です。

    企業と綿密なやり取りをしているため、求人票からではわからない内部情報も教えてもらえます。

    条件が良い非公開求人も10,000件以上保有しているので、より高年収で待遇のいい転職先を探したい方にもおすすめです。

    登録は3分くらいでサクッと終わるので、気軽に利用してみてくださいね。

    8.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、花王の平均年収「821万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    \3分ほどで測定できます/

    ミイダスはアプリ版もある

    アプリをダウンロードしておけば、電車の待ち時間など、ちょっとした隙間時間を使って年収診断を行えます。

    忙しい人は、今のうちダウンロードだけでも済ませておくのがおすすめですよ。

    アプリのダウンロードはこちら!

    まとめ

    花王株式会社の平均年収は約821万円です。

    同業である化粧品業界内の平均年収ランキングでは第2位に位置しています。

    22〜65歳まで継続して勤務したと仮定した場合、推定生涯年収は3億5,303万円になります。

    花王では、「共に成長し、次の世代へバトンをつないでいく意思をもった人材」を求めています。

    ▼あなたへのおすすめ▼

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%