小・中・高の教員の年収を解説!実は臨時職員の方が給料が高い!?

小中高の教員の年収 平均年収

教員は、未来を担う子供たちと関わる重要な仕事です。

小中高の公立の教員の年収は、680万円程度

時間外労働に対する残業代は、地方公務員法に基づき支給されないことになっています。

本記事では、公立および私立の教員の年収について解説します。

大学や短大、専門学校の教員の年収についてもチェックするので、ぜひ参考にしてください。

※後半では「自分の推定年収を測定できるサービス」も紹介しているので、教員の平均年収と自分の市場価値を比較するのにぜひお役立てくださいね。

スポンサーリンク

1.公立の教員の年収

公立の小・中・高の教員の給与は、「級」と「号」により定められています。

教頭や校長など役職が付くと「級」から「号」に分類が変わり、「号」は毎年1号ずつ上がっていきます。

1号上がると1万円昇給する仕組みになっているので、10年勤めれば、10万円月々の給与がアップすることになります。

小・中・高の教員の年収

【小・中学校教員】

  • 平均年齢:42.6歳
  • 平均月給:39万9,747円

出典:総務省「平成30年地方公務員給料実態調査結果等の概要

月給40万円、ボーナス180万円とすると、年収は約660万円となります。

【高校の教員】

  • 平均年齢:44.8歳
  • 平均月収:41万6,207円

出典:総務省「平成30年地方公務員給料実態調査結果等の概要

月給42万円、ボーナス187万円とすると、年収は約690万円となります。

※月収のなかに、扶養手当、地域手当、住居手当等の諸手当を約6万円含む

※ボーナスは年に2回 合計で4.45ヵ月分が支給される

実は、臨時職員の方が給料が高い!?

産休や育休で休んでいる教員の代替えなどで雇用される非正規採用の教員の平均年収は、上記よりも低くなります。

年収だけで比較すると差がありますが、臨時職員など非正規採用の教員には、残業はほぼありません。

翌年も採用されるかどうかは分からないという不安定さはありますが、時給で計算すれば臨時職員の給与の方が高いというデータもあります

残業代は出る?部活動の手当はいくら?

勤務時間は、効率の小中高ともに8:15〜16:45で、7時間45分の勤務、45分休憩が基本です。

時間外労働に対する残業代は、地方公務員法に基づき支給されないことになっています。

公立中学・高校の休日の部活動手当については、平成31年1月から1日4時間以上の指導で大体3,600円、2~4時間で1,800円に引き上げられています。

それ以前は、1日4時間以上で一律3,000円で、4時間未満の指導については手当がありませんでした。

部活動に対する手当は、改善されてきてはいるものの、いまだ低い水準であることは変わりありません。

教員の過酷な勤務状況を改善するため、文部科学省は、2018年8月から教員の働き方改革の一環として、部活動の指導にあたる部活動指導員を外部から採用する取り組みを始めました。

部活動指導員の設置により、教員の長時間労働の一因となっているともされる部活動指導の負担は、今後軽減されていくものと予想されます。

  • スポンサーリンク

  • 特別支援学校の教員の年収

    特別支援学校の教員の給与体系は、各都道府県の教育公務員の給与に準じています。

    教員としての基本給のほかに、 特別支援学級を担当すると義務教育等教員特別手当が1~2万円程度支給されるため、普通学級を担当する教員よりも年収はやや高めとなっています。

    特別支援学校の教員の仕事内容

    • 生徒1人ひとりに合わせた指導や生活の場面に応じた介助などの業務
    • 保護者や医療関係者との面談・打ち合わせ

    特別支援学校の教員になるには、教員免許のほかに「特別支援学校教員免許」が必要です。

    2.私立の教員の年収

    「私立の学校の給料は公立学校の給料に準ずること」という決まりがあるため、両者の年収に大きな違いはありません。

  • スポンサーリンク

  • 私立の場合は、残業代や部活代がもらえる

    公立の場合、残業をしても時間外手当は出ません。

    しかし私立学校の場合は、地方公務員法などの法律の定めがないため残業代を支払う義務があります。

    また、私立の教員が休日に部活動の指導をした際には、時間に応じた対価が支払われます。

    3.大学・短大・専門学校の教員の年収

    大学や短大の場合、教員といっても非常勤講師、准教授、教授とさまざまな階級に分かれており、その年収にはかなりの差があります。

  • スポンサーリンク

  • 国公立大の教員の年収

    • 国公立大「准教授」の平均年収…600万円
    • 国公立大「教授」の平均年収…900万円

    文部科学省発表の「独立行政法人、国立大学法人等及び特殊法人の役員の報酬等及び職員の給与の水準」によると、国立大学の教授の年収は800万円~1800万円と幅があります。

    私立大の教員の年収

    • 私立大「准教授」の平均年収…700万円
    • 私立大「教授」の平均年収…1,000万円

    私立大学の場合、国立大学よりも給与水準が高くなっています。

    大学の教員の仕事内容

    • 学生への教育
    • 専門分野の研究
    • 学校運営のための公務

    研究に注力したいのが大学教員の本音ですが、実際には学生の指導や校務に追われ、なかなか研究の時間がとれないというのが実情です。

    私立の場合、教員の評価については学生の教育よりも研究の成果を重視する大学が多く、年収も華々しい成果を上げた人ほど高くなる傾向にあります。

  • スポンサーリンク

  • 短大・専門学校の教員の年収

    • 短大「准教授」の平均年収…700万円
    • 短大「教授」の平均年収…800万円

    短大の教員の年収は、准教授、教授とも四年生大学よりも低めです。

    授業のほかに学生集めのための活動や学生の就職支援などの仕事もあり、研究に割ける時間がほとんどないのが多くの短大で働く教員の実情となっています。

    4.教員になる方法

    教員になるためには、次の2つのステップを踏む必要があります。

  • スポンサーリンク

  • ステップ1.教員免許を取得する

    教員免許を取得するには、以下の2つの方法があります。

    (1)大学で教職課程を履修し、教員免許を取得する

    (2)通信教育で教職課程を履修し、教員免許を取得する

    ステップ2.採用試験を受ける

    教員免許を取った後に、教員採用試験を受けます。

    • 公立学校の教員を目指す場合…各都道府県で実施される教員採用試験を受ける
    • 私立学校の教員を目指す場合…働きたい学校法人の採用試験を受ける

    5.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、教員の平均年収に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    \3分ほどで測定できます/

    ミイダスはアプリ版もある

    アプリをダウンロードしておけば、電車の待ち時間など、ちょっとした隙間時間を使って年収診断を行えます。

    忙しい人は、今のうちダウンロードだけでも済ませておくのがおすすめですよ。

    アプリのダウンロードはこちら!

    まとめ

    小中学校の教員の平均年収は、660万円

    高校の教員の平均年収は、690万円

    公立の教員の時間外労働に対する残業代は、地方公務員法に基づき支給されないことになっています。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%