スバルの年収は平均約670万円!初任給や働きやすさをチェック

スバルの年収 平均年収

自動車・重工業メーカーであるスバル。

「スバルの年収はどのくらいなんだろう?」と疑問に思っていませんか?

スバルの年収は、平均670万円程度

他自動車メーカーと比較すると低めではありますが、TOP5にランクインしています。

本記事では、スバルの年収や給与形態について解説します。

採用ステップなどもあわせてチェックするので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

1.スバルの年収は低い?

スバルは、国内の自動車・重工業メーカー。

以前は「富士重工業株式会社」という商号を使用していましたが、2017年にブランド名である「SUBARU」に社名を変更しました。

この章では、 スバルの年収について解説します。

平均すると670万円程度

有価証券報告書によると、2018年3月31日時点のスバルの平均年収は、669万8,733円であることがわかりました。

日本の平均年収は420万円ほどであるため、 スバルの年収は平均より高いといえます。

また、ボーナスを年間180万程度と仮定すると、月収は約41万円。

社会保険や税金を引いた手取りは、31~33万円程度です。

スポンサーリンク

生涯年収は2億円以上

平均年収をベースに、スバルに勤める社員の生涯年収を推測してみましょう。

ここでは、22歳で働き始め、60歳で退職したと仮定します。

670万円(年収)×38年(勤続年数)=2億5,460万円

日本のサラリーマンの生涯年収は、2~2.5億円。

スバルの推測生涯年収は、 平均よりやや高めとなっています。

ただし、2億5,460万円という数字は、単純に平均年収と勤続年数をかけた値。

役職によっては、3億円近い生涯年収を稼ぐ社員もいると考えられます。

2.年代別・役職別の年収をチェック

この章では、 スバルの年代別・役職別の年収を推測していきます。

あくまでも推測値であるため、ひとつの目安として参考にしてください。

年代別推測年収

スバルの 年代別推測年収は、以下の通りです。

20代 290~490万円
30代 490~600万円
40代 500~780万円
50代 700~800万円
60代 500~800万円

※平均年収など公表情報から推測

役職につく割合が多くなるのは、40~50代。

役職についている人が多くなるに応じて、平均年収も高くなると推測できます

スポンサーリンク

役職別推測年収

スバルの 役職別推測年収は、以下の通りです。

主任 600~700万円
課長 700~900万円
部長 900~1,100万円

※平均年収など公表情報から推測

大企業の課長の年収は、700~800万円ほどといわれています。

スバルの課長の年収は、平均~平均より高めと判断できますね。

また、部長以上になると、年収1,000万円を超える人も少なくないようです。

3.スバルの給与形態

この章では、 スバルの給与形態について解説します。

初任給は職種や学歴によって異なる

スバルの総合職の新卒初任給は、20~23万円程度。

学歴によって初任給が異なります。

修士了:総合職月給 23万500円

大学卒:総合職月給 20万8,500円

出典:きわだつ、に挑む。株式会社SUBARU | RECRUITMENT 採用データ

 

大卒の初任給の平均は20万円程度なので、スバルの初任給は平均的です。

スポンサーリンク

賞与は年2回

賞与(ボーナス)の支給は、大多数の企業と同じく年に2回。

夏季は7月、冬季は12月に支給されます

賞与の回数はごく一般的です。

昇給は年1回

昇給は、年に1回。

毎年4月に昇給の機会が設けられています

実績や能力に応じてしっかりと評価されるので、モチベーションを維持できるでしょう。

試用期間も本採用と同条件

スバルでは試用期間も、本採用と同じ条件で働くことができます。

試用期間は2ヶ月ですが、その間の給与の条件等は本採用と同様。

金銭的に不安なく、働くことが可能です。

スポンサーリンク

4.スバルの労働環境

この章では、 スバルの労働環境について解説します。

フレックスタイム制度あり

スバルでは、労働者が 自由に始業時間や就業時間を決められるフレックス勤務制度が設けられています

勤務しなければならない時間帯である「コアタイム」以外は、就業時間を調整できるので、ライフスタイルに合わせて働くことができますよ。

スバルが設けているコアタイムと、月総労働時間は以下の通りです。

  • コアタイム:13:00~15:00
  • 月総労働時間:1日8時間 × その月の稼働日数

出典:きわだつ、に挑む。株式会社SUBARU | RECRUITMENT 採用データ

完全週休2日制

週休2日制とは異なり、 必ず週に2回の休暇があります

毎週土日に休日が設けられています。

また、週休のほか「年末年始」「夏季」などの休暇も設けられているため、しっかりオン・オフを切り替えることができるでしょう。

スポンサーリンク

有給取得率が高い

スバルの有給休暇取得率は、86.2%。(2017年度実績)

月1回の取得が促進されているため、非常に取得率が高いです。

与えられた有給をきちんと消化できるのは、非常に嬉しいポイントですね。

自己啓発支援あり

スバルでは、人材教育にも力を入れています。

新卒研修や職種別・階層別教育プログラムのみならず、 社員自らが行う自己啓発も支援していることが特徴

通信教育や資格取得を支援してくれるため、日々スキルアップを図ることが可能です。

仕事と家庭の両立を支援している

スバルは、社員が仕事と家庭を両立できるよう手厚く支援していることも特徴のひとつ。

育児休暇制度や、育児の時短勤務制度など 「子育てと仕事が両立しやすい環境」が整っています

子育てをしながらでも、十分キャリアアップ・昇進を目指すことができるでしょう。

スポンサーリンク

5.スバルとその他自動車メーカーを比較

この章では、 スバルとその他自動車メーカーを比較していきます。

自動車メーカー年収ランキング

国産自動車メーカーの平均年収ランキングは、以下の通りです。

  1. トヨタ:約832万円
  2. 日産:約818万円
  3. ホンダ:約809万円
  4. マツダ:約680万円
  5. スバル:約670万円
  6. スズキ:約660万円

※各企業の有価証券報告書をもとに作成

スバルは国内TOP5

スバルは、平均年収ランキングでTOP5にランクインしました。

1~3位までは平均年収が800万円を超えているのに対し、4~6位の3社は平均年収が600万円台であるため「年収が低い」と感じてしまう方も多いようです。

しかし、 スバルの平均年収は、日本の平均年収である420万円をはるかに超えています

トヨタや日産などランキング上位の自動車メーカーと比較すると低めではあるものの、日本全体でみると「平均年収が高い企業」といえるでしょう。

スポンサーリンク

6.スバルの社員になる方法

この章では、 スバルの採用情報をチェックします。

新卒採用

まずは、 新卒の採用情報をチェックしていきましょう。

事務系の採用ステップ

事務系の採用ステップは、以下の通りとなっています。

  1. エントリー
  2. 会社説明会
  3. エントリーシート提出
  4. WEB試験
  5. 面接
  6. 最終面接
  7. 内定

出典:きわだつ、に挑む。株式会社SUBARU | RECRUITMENT 選考プロセスについて

会社説明会は必須ではないものの、スバルのことをさらに知るチャンス

企業研究や企業分析をするためにも、積極的な参加をおすすめします。

技術系の採用ステップ

自動車部門・航空宇宙カンパニーといった「技術系」の採用ステップは、以下の通りとなっています。

  1. エントリー
  2. 会社説明会
  3. 志望コース決定
  4. エントリーシート提出
  5. WEB試験
  6. 面接
  7. 最終面接
  8. 内定

出典:きわだつ、に挑む。株式会社SUBARU | RECRUITMENT 選考プロセスについて

基本的には、事務系の採用ステップと変わりません。

ただし、推薦応募では省略されるステップもあります

新卒採用について詳しくは、以下のサイトをご覧ください。

きわだつ、に挑む。株式会社SUBARU | Recruiting Site

キャリア採用も募集している

スバルでは、新卒のほかキャリア採用の募集も行っています。

「事務系総合職」「生産技術」「電子技術部」など、さまざまな職種カテゴリから募集されている職種を探すことが可能です。

キャリア採用の基本的な選考プロセスは以下の通りとなっています。

  1. 書類選考
  2. WEB適性試験
  3. 一次面接
  4. 最終面接
  5. 内定

出典:株式会社SUBARU | Engineer Carrer Recruiting Site

特殊な手順はなく、ほか一般企業のプロセスと大差はありません。

希望する職種の職務内容・登録資格などを確認の上、エントリーしてくださいね

キャリア採用について詳しくは、以下のサイトをご覧ください。

株式会社SUBARU | Engineer Carrer Recruiting Site

スポンサーリンク

まとめ

スバルの平均年収は、約670万円。

日本の平均年収と比較すると決して低いわけではなく、むしろ高めです。

「スバルで働きたい」「自動車や重工業の仕事に携わりたい」という方は、ぜひ採用情報の詳細をチェックしてみてはいかがでしょうか?

  • スポンサーリンク