東京ガスの平均年収は?気になる実態や東京電力との年収比較も解説!

東京ガスの年収 平均年収

「東京ガス」の平均年収額は653万円です。

日本の都市ガスNo.1の規模を誇る「東京ガス」への就職に、興味のある方は多いのではないでしょうか。

しかし、「実際の年収額は1,000万円に到達する」といった意見もあり、本当の年収額が気になるところですよね。

当記事では、「東京ガス」の平均年収額やその給与体系についての実態を解説します。

また、「東京電力」「大阪ガス」との年収比較や、就職・口コミ情報などもまとめました。

ぜひ当記事にて、「東京ガス」の年収や企業実態をご覧ください。

スポンサーリンク

1.東京ガスの平均年収は約653万円

東京ガス 年収

「東京ガス」の平均年収額は約653万円です。

この数値は、同社で公開されている「有価証券報告書」記載の数値を元に算出しました。

過去5年間の平均年収額の推移は以下の通りです。

西暦(平成) 平均年収
2013年(25年) 680万8,285円
2014年(26年) 663万6,117円
2015年(27年) 649万2,160円
2016年(28年) 640万4,788円
2017年(29年) 636万4,374円

生活に欠かせないインフラ事業ということで、非常に安定した平均給与額を維持しています。

今後も事業業績含め、多大なトラブルは起き辛いと考えられます。

これからも長きにわたり、将来安泰の企業といえるでしょう。

総合職の場合は30代で1,000万円を超えることも

「東京ガス」の総合職の年収は、35歳前後までの勤務で年収1,000万円を超えます。

評価や昇格が早い人であれば、29~30歳で残業込みで1,000万円に達することもあるようです。

さらに高卒入社の場合であっても、40~50歳になれば1,000万円に到達します。

ただし、それ以上に年収を上げるためには、課長などの管理職・企業役員に就く必要があります。

役職に就かない限りは、給料やボーナス額は頭打ちとなるので注意しましょう。

  • スポンサーリンク

  • ボーナスには個人評価が反映されない

    「東京ガス」のボーナス額は個人成績・評価は反映されにくく、役職や年功序列によって額が決まります。

    他に考慮される点は「前年度の業績」であるため、個人ごとで賞与額に差は出にくいようです。

    平均的な支給額は給与5.5ヶ月~6ヶ月分であり、口コミ記載による額は100~170万円がボリューム層であるという結果でした。

    「東京ガス」では、賞与よりも、昇給や家族手当などの各種手当が高年収の要因となっています。

    年齢別平均年収

    「東京ガス」の年齢別平均年収額を、「VORKERS」や他サイトを参考に算出しました。

    あくまで推定値ですので、参考程度にご覧ください。

    年齢 平均年収
    20~24歳 308.3~323万円
    25~29歳 456.5~489.6万円
    30~34歳 502.1~595.3万円
    35~39歳 519.4~646.2万円
    40~44歳 581.5~713.5万円
    45~49歳 658~816.9万円
    50~54歳 715.4~845.8万円
    55~59歳 709~843.0万円
    60~65歳 491.1~592万円

    総合職入社は35歳で1,000万円に届きますが、高卒入社と合わせた額では上記の額が平均となります。

    高卒でも40歳前後で役職手当や昇給が見込まれることもあり、40歳からの平均年収の上がり幅は大きいです。

  • スポンサーリンク

  • 役職別平均年収

    「東京ガス」の役職別平均年収額を、「VORKERS」の口コミや他サイトを参考に算出しました。

    こちらもあくまで推定値ですので、参考程度にご覧ください。

    役職 平均年収
    一般職 300~600万円
    係長 800~1,000万円
    課長 1,000万円以上
    部長 1,200万円以上

    学歴別(高専・大卒・大学院卒)の初任給

    「東京ガス」の年収額は、入社した時点での学歴によって差が出ます。

    特に大学院卒業で入社した場合、30歳に到達する前に1,000万円を超えることも可能です。

    逆に高卒の製造現場の場合は、入社年数が大卒より上でも、給与面で劣ることが多いようです。

    2020年度採用における初任給は、以下の通りです。

    学歴 初任給
    高専卒(プロフェッショナル採用のみ) 18万4,420円
    大卒 20万2,250円
    修士了 22万6,7601円(理系)20万2,250円(文系・プロフェショナル採用)

    男性/現営業
    3~5年

    高校卒業入社と工業専門学校卒業入社と大学卒業入社と大学院卒業入社で昇給の仕方が異なることがある。

     

    (中略)

     

    入社形態によって昇格のスピートが異なるため、高校卒業入社の人は大学院卒業入社の人と比較をして不満を持つ人はいると感じる。

     

    引用:VORKERS

  • スポンサーリンク

  • 2.東京電力・大阪ガスとの年収比較

    東京ガス 年収 

    インフラ事業最大手のひとつである「東京ガス」ですが、他のインフラ企業の年収額はどのくらいなのでしょうか。

    ここでは、「東京ガス」と並んで有名な、以下2つの企業と比較を行います。

    では、順番にご説明します。

    東京電力の年収は約750万円

    有価証券報告書」によると、「東京電力」の平均年収額は約750万円です。

    「東京ガス」と比べると、約100万円ほど上回っています。

    過去5年間の平均給与の推移は以下の通りです。

    西暦(平成) 平均年収
    2013年(25年) 684万4,252円
    2014年(26年) 709万2,641円
    2015年(27年) 733万408円
    2016年(28年) 822万1,552円
    2017年(29年) 802万850円

    一時期は、東日本大震災の影響で、761万円(2010年度)から653万円(2011年度)、更には619万円(2012年度)と数値は落ち込みました。

    しかし、2013年度より回復に兆しを見せ、2016年度以降は800万円台に乗せています。

    今後も、「東京ガス」の平均年収額は700~800万の間で維持されると予想されます。

  • スポンサーリンク

  • 大阪ガスの年収は約658万円

    有価証券報告書」によると、「大阪ガス」の平均年収額は約658万円です。

    「東京ガス」と比べると、おおかた同じ年収額という結果でした。

    過去5年間の平均年収額の推移は以下の通りです。

    西暦(平成) 平均年収
    2013年(25年) 672万3,162円
    2014年(26年) 654万1,155円
    2015年(27年) 650万2,008円
    2016年(28年) 655万2,107円
    2017年(29年) 658万3,924円

    平均年収額が650万以上であり、過去5年間で安定した年収推移を見せています。

    「ガス」関係のインフラ事業は、今後も需要が途絶えない安泰の企業といえますね。

    3.【新卒・転職】東京ガスの採用情報

    東京ガス 年収 転職

    ここでは、「東京ガス」への就職応募方法について解説します。

    今回紹介するのは、以下2つのパターンです。

    それでは、順にご説明します。

  • スポンサーリンク

  • 新卒の場合

    新卒の場合は、「公式サイトの採用ページ」または「リクナビ」などのエージェントを利用し応募しましょう。

    新卒採用は、主に以下の職種を募集しています。

    1. 文系職(文系・理系専攻とちらでも)
      ⇒営業・原料調達・海外事業・コーポレートスタッフ
    2. 理系職(理系の専攻卒業のみ)
      ⇒営業・パイプライン技術・生産技術・設備技術と開発・電力事業計画・エンジニアリングなど
    3. プロフェッショナル職
      ⇒パイプラインメンテナンス・緊急保安・ガス設備設計と施工管理・生産オペレーター・メンテナンス

    理系専攻の大卒者はすべての職種に、文系専攻の大卒者は文系職とプロフェッショナル職に応募が可能です。

    高専卒者はプロフェッショナル職のみに応募ができます。

    また、2016年度より「プレゼンシート」を使用した「フリースタイル採用」も行っています。

    ただし、短大卒業生は、2019年現在は募集されていないため、注意してください。

    高卒の場合

    高卒で「東京ガス」へ就職する場合は、各高校の指定校推薦枠での入社が一般的です。

    ネット上で新卒採用は公開されていないため、高校の進路担当者に問い合わせる必要があります。

    また、関連会社である「東京ガスライフバル」の求人と勘違いしないよう、求人票をしっかりと確認しましょう。

    転職の場合は「JACリクルートメント」を利用しよう!

    転職の場合は、転職エージェントを利用して応募しましょう。

    東京ガスへの転職には、「JACリクルートメント」の利用をおすすめします。

    (引用JACリクルートメント 公式サイト

    JACリクルートメントは、ハイキャリアの転職支援に特化した転職エージェント。

    外資系・グローバル系転職だけではなく、国内大手で高年収の求人が充実しています。

    また、インフラ業界に精通しているコンサルタントからの書類添削や面接対策などが受けられるなど、効果的かつ親身の転職サポートが好評です。

    東京ガスへの転職を成功させたい人にこそ、ぴったりのサービスと言えます。

    登録・利用ともに無料ですので、まずは気軽に転職の相談から始めてみてはいかがでしょうか。

    子会社やグループ会社への転職

    「東京ライフバル」や「東京iネット」など、「東京ガス」の子会社・グループ会社であれば求人数は多いです。

    ただし、あくまでも子会社・グループ会社への就職であり、「東京ガス」への入社ではないため注意してください。

    採用条件や待遇も、各子会社やグループ会社の基準によります。

    親会社が安定しているという意味では安心ですが、転職の際は事前によく確認しておきましょう。

    4.東京ガスの評判・口コミ情報について

    東京ガス 年収 口コミ

    「東京ガス」の評判や社風の情報元として、「VORKERS」や「カイシャの評判」での口コミ情報を以下でまとめています。

    全体の傾向としては、「大企業特有の保守制度」「ワークライフバランスは改善されつつある」といった意見が多く見られました。

    ぜひ参考にしてください。

    悪い口コミ


    女性/元総務事務
    5~10年

    職制と良い社員にしか情報が入らない。

     

    引用:VORKERS


    20代 / 男性 / 現社員(正社員) / 建築・土木系エンジニア

    ぬるいと感じる。

     

    やりがいは人それぞれなので、言及はしないが、たまになぜ働いているのか、なぜこの会社に入ったのかわかんなくなる。

     

    他の会社に入社した大学時代の友人はそれぞれ大変な話は聞くが、羨ましいと思うほど。

     

    引用:カイシャの評判


    男性/現エネルギー関係
    3~5年

    きちんと仕事を回せればプライベートを充実させることはできると思います。

     

    しかし、仕事人間的な人が高く評価される傾向にあるので、プライベート重視の出世はできないかもしれません。

     

    引用:VORKERS

    良い口コミ


    男性/現営業
    5~10年

    法令やコンプライアンスの遵守には意識が高い。

     

    勉強会、アンケートなど定期的に会社全体で意識付けが行われている。

     

    また人を大切にする文化があり、コミュニケーションの充実を重視している。

     

    そのため組合活動が活発であったり、飲み会が頻繁に行われている。

     

    言い方を変えると、昔ながらの旧態依然とした文化が残っている。

     

    そういった部分に疲れている人たちがいるのも事実。

     

    引用:VORKERS


    男性/現事務
    20年以上

    生活、モノづくりのためになくてはならないエネルギーを供給する社会的責任の重さを社員が認識しており、グループ一体となって今後のさらなる発展に向け、頑張る企業。

     

    人材育成にも注力し、帰属意識の高い企業文化。

     

    引用:VORKERS


    女性/元お客様センター
    3~5年

    若いうちからチャレンジさせてもらえるが、その責任をしっかりと上司がとってくれる。

     

    仕事は楽しく、難しい内容も多いが、それなりの報酬とワークライフバランスの良さのため、満足して充実した会社生活を送っている社員も多い。

     

    人事業化はよくある大企業評価。

     

    若いうちは年功序列、もしくは学歴序列。

     

    その後も大きな差は出ないが、仕事できるなぁと感心するスーパー社員はきっちりと出世していたので、それなりの評価といってもよいか。

     

    引用:VORKERS

    5.【補足】東京ガスグループ平均年収について

    東京ガス 年収

    ここでは、補足情報として、以下の「東京ガス」グループの子会社やグループ会社の年収額をお伝えします。

    それでは、順にご説明します。

    東京ガスiネットの年収は600万円

    「VORKERS」や「カイシャの評判」などでの調査結果では、「東京ガスiネット」の平均年収額は約600万円です。

    「情報処理技術者試験」などの資格を取得することで、別途資格手当がつきます。

    また、課長など管理職になることで、800万円以上の年収となるようです。


    男性/現管理職
    15~20年

    【40歳・年収800万円】

     

    情報処理試験合格祝い金あり。

     

    1試験当たり最高30万円

     

    引用:VORKERS

    東京ガスライフバルの年収は400万円前後

    「VORKERS」や「カイシャの評判」などでの調査結果では、「東京ガスライフバル」の平均年収額は約430万円です。

    「東京ガス」がサービスを提供している地域の「ガス機器メンテナンス・点検・修理対応」などが「東京ガスライフバル」の主な業務です。

    関東地区には、その窓口となる代理店が点在しています。


    20代 / 男性 / 現社員(正社員) / 営業系 / 東京ガスライフバル飯田株式会社

    お客様の生活の支えになる商品を多数扱っている。

     

    電気代の削減やリフォームでの快適な生活のご提供、生活の安心を守る保安商材。お客様のどんな悩みも解決できるようになっている。

     

    またその中で、同時に地域環境の保全にも繋がることが多く、多方面から社会への貢献ができる。

     

    引用:カイシャの評判

    6.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、東京ガスの平均年収「653万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    \3分ほどで測定できます/

    ミイダスはアプリ版もある

    アプリをダウンロードしておけば、電車の待ち時間など、ちょっとした隙間時間を使って年収診断を行えます。

    忙しい人は、今のうちダウンロードだけでも済ませておくのがおすすめですよ。

    アプリのダウンロードはこちら!

    まとめ

    「東京ガス」の年収額は653万円です。

    他の大手インフラ企業にも引けを取らない年収額であり、大卒の総合職であれば1,000万円以上も狙えます。

    過去5年間の平均給与も安定しているため、入社できれば安定した生活を望めるでしょう。

    ただし、採用には大学で理系を専攻していないと、応募職種に制限が出てしまいます。

    採用情報は、あらかじめ確認をしておきましょう。

    国を支えるやりがいある仕事に就きたいのであれば、「東京ガス」への就職・転職をぜひ検討してみてください。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事