「advertisement (ads)」の意味!使い方も解説!

advertisementの意味とは ビジネス用語

Did you see the new advertisement of the restaurant?
(あのレストランの新しい宣伝を見た?)

「advertisement」は、 「広告、宣伝」という意味を持ちます。

「広告、宣伝」という意味では、「ads」や「advertising」という単語もあるので、どの単語を使えばいいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は「advertisement」の意味、使い方、「advertising」との違い、「advertisement」の類語表現について詳しく解説していきます。

1-1.意味は広告、宣伝

advertisement

読み:アドバタイズメント

広告、宣伝

「advertisement」は名詞です。

母音(a,i,u,e,o)から始まる単語なので、「an advertisement」と表記します。

「advertisement」の動詞は「advertise」で、意味は以下の通りです。

【advertise】⇒広告する、宣伝する

動詞「advertise」は、以下の例文のように使います。

<例文>

  • Did you check the new bike advertised on TV?
    (テレビで広告されていた新しい自転車をチェックしたかい?)
  • We will advertise this new product from next week.
    (来週から、この新商品を宣伝します。)
  • スポンサーリンク

  • 1-2.「ad」とは

    「ad」は「advertisement」の省略形で、「広告、宣伝」という意味です。

    複数形では「ads」となります

    カジュアルな会話などでは「ads」が使われることがありますが、フォーマルな文章などでは省略せずに「advertisement」を使います。

    以下で、「ads」を用いた例文を見てみましょう。

    <例文>

    • I see ads to recruit in the train everyday.
      (毎日電車で、リクルート広告を見るよ。)
    • There are too many ads here. We have to figure out it.
      広告がありすぎるよ。どうにかしなくちゃ。)

    「advertisement」の省略では、小文字で「ads」と表記されます。

    大文字で「ADS」と表記されている場合は、以下の省略英語として使われる場合があります。

    【ADS】

    1. Accelerator-Driven System:加速器駆動システム
    2. Antibody Deficiency Syndrome:抗体欠乏症候群
    3. Anti-Diuretic Substance:抗利尿物質

    1-3.「advertisement」の語源

    「advertisement」の語源は、以下のように単語を分解すると分かりやすいです。

    • ad~:方向へ
    • vert:向きを変更する
    • ~ise:~する
    • ~ment:こと、結果

    つまり「advertisement」は、 「人の視線や興味を、自分の方向へ向けさせること」というニュアンスから、「広告、宣伝」という意味になりました。

  • スポンサーリンク

  • 「advertisement」は名詞なので、単数の場合は「an advertisement」、複数の場合は「advertisements」と表記します。

    2-1.「○○ advertisement」で◯◯広告

    以下のように 「○○ advertisement」と表記することで具体的な広告を表すことが可能です。

    • television advertisement:テレビ広告
    • newspaper advertisement:新聞広告
    • banner advertisement:バナー広告

    では「advertisement」を用いた例文を、以下で確認してみましょう。

    <例文>

    • I like seeing that colorful advertisement.
      (あのカラフルな広告を見るのが好きなんだ。)
    • This advertisement looks pussy.
      (この宣伝って、ちょっと押し付けがましいよね。)
    • My sister wants to go to the theater because she saw the movie advertisement.
      (映画広告を見て、姉が映画館に行きたがっている。)
    • They are looking for a job advertisement.
      (彼らは、求人広告を探している。)
    • We decided to go to the theme park because that was an attractive advertisement!
      (目を惹く広告だったから、あの遊園地に行くことになったよ!)
  • スポンサーリンク

  • 3.「advertisement」と「advertising」の違い

    「advertising」の意味は以下の通りです。

    【advertising】⇒広告(すること)、宣伝(すること)

    「advertising」は、動詞「advertise(広告する、宣伝する)」の現在進行形で、名詞として使います。

    3-1.「advertisement」は消費者、「advertising」は発信者側から見た広告・宣伝

    「宣伝、広告」という同じ意味を持つ「advertisement」と「advertising」ですが、以下のような違いがあるので覚えておきましょう。

      対象
    advertisement 消費者側から見た広告や宣伝
    advertising 発信者側から見た広告や宣伝

    「advertisement」の「~ment」は、「~の結果、こと」という意味です。

    そのため「広告された結果」誰かが目にするものとして、消費者側から見た広告や宣伝を指します。

    一方「advertising」の「~ing」は「~すること」という意味です。

    「広告を出すこと、出していること」というニュアンスから、発信者側の広告や宣伝が対象になります。

    「advertisement」と「advertising」は、それぞれ以下の例文のように使います。

    <例文>

    • I don’t like this advertisement. It makes me depressed.
      (この宣伝は、気分が落ち込むから好きじゃない。)
    • I saw the advertisement for furniture. Why don’t we visit there?
      (家具の広告を見たんだけど、行かない?)
    • We need some ideas to make an attractive advertising.
      (魅力的な広告を出すために、いくつかアイデアが欲しいな。)
    • I put a lot of efforts to make that advertising.
      (あの広告を作るのは、非常に苦労したよ。)
  • スポンサーリンク

  • 「advertisement」の類語には、以下のようなものがあります。

    類語1.commercial

    「commercial」は、日本語でも名詞「コマーシャル(広告放送)」として使われます。

    また 「商業の」という形容詞の役割もあるので、品詞の使い分けに注意しましょう。

    <例文>

    I don’t like watching any commercial between the TV program.
    (番組の合間に流れる広告放送が嫌いだ。)

  • スポンサーリンク

  • 類語2.publicity

    「publicity」は、形容詞「public(公共の)」の名詞形で「広告、宣伝」の「活動」自体を指す表現です。

    <例文>

    We need to decide who is in charge of publicity.
    (誰が広告担当をするかを、決定する必要があります。)

    類語3.flyer(flier)

    「flyer」は「flier」と表記されることもあります。

    「flyer(flier)」は、 テレビ放送などで目にする宣伝ではなく、新聞に挟まっているチラシのことを指します。

    <例文>

    My mom love collecting flyers every mornings.
    (母は、毎朝チラシを集めるのが大好きだ。) 

    まとめ

    「advertisement」は、 「広告、宣伝」という意味です

    日常会話の中では省略英語の「ad(s)」を使うこともありますが、フォーマルな場面では「advertisement」と省略せずに表記しましょう。

    「advertisement」と「advertising」は、どちらも同じ「広告、宣伝」という意味です。

    ただし「advertisement」は消費者側から見る広告を指している一方で、「advertising」は発信者側から見る広告という違いがあります。

    ニュアンスの違いをしっかり理解して、文脈に適した単語を使いましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%