生産技術への転職は未経験でもしやすい?有利な資格や志望動機などを解説

化学メーカーに転職するには 一般転職

ものづくりに携わる生産技術へ転職したいけれども、未経験で挑戦できる仕事なのか、わからなくて困ってはいませんか?

生産技術は、未経験歓迎の求人が豊富にあり、経験がなくても転職可能です。

当記事では、そんな生産技術に転職する方法について、さまざまな角度から紹介します。

転職が有利になる資格や志望動機の書き方、転職をスムーズに進められる転職エージェントなども取り上げます。

当記事に目を通すことで、生産技術という仕事や転職方法を理解できますので、ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

1.生産技術への転職は未経験だと難しいのか

生産技術は、未経験でもチャレンジできる仕事です。

しかも、生産技術を経験すれば、キャリアアップも夢ではありません。

ここでは、生産技術への転職は未経験だと難しいのか、詳しく解説します。

経験がなくても転職できる

生産技術の求人を探してみると、「未経験歓迎」の求人を多数見つけられます。

生産技術の求人情報

(参考:リクナビNEXT/2019年10月時点

生産技術の求人には何がある?

(参考:リクナビNEXT/2019年10月時点

経験がなくても転職できますが、生産技術の知識やスキルを持っていれば、さらに転職を成功しやすいです。

生産技術の経験がない人は、「経験不問」「未経験歓迎」などのワードのある求人を探してみましょう。

  • スポンサーリンク

  • キャリアアップも夢ではない

    生産技術は、生産現場や技術について幅広い知識を得られる仕事のため、キャリアを広げられる仕事です。

    次のような仕事は、生産技術の経験やスキルを活かせます。

    • 品質保証
    • 生産管理
    • 研究開発
    • 管理系職種
    • 生産拠点の責任者
    • 海外勤務 など

    生産技術へ転職した後も、スムーズにキャリアアップできるでしょう。

    生産管理に興味のある人は、「生産管理への転職は未経験でも大丈夫?求人・仕事内容や有利に進める方法」をご覧ください。

    2.転職前に知っておきたい生産技術の仕事内容など

    転職前に生産技術の仕事内容や年収、勤務時間などについて知っておきましょう。

    生産技術に向いている人や将来性についても知っておけば、転職すべきかどうかもわかります。

    この章では、転職前に知っておきたい生産技術の仕事内容などを紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 仕事内容について

    生産技術は、メーカーなどの商品・製品を製造する企業の生産体制を整える仕事です。

    具体的には、次のような業務を行います。

    • 生産設備の管理
    • 生産ラインの設計・改良
    • 新規設備の導入
    • 既存設備の改良
    • 生産技術の開発 など

    部品や製品を製造する際、生産体制が整っていなければ、効率的に量産できません。

    生産技術は、部品や製品を効率的に製造するために必要不可欠な職業です。

    平均年収はいくらなのか

    生産技術の平均年収は、483万円程度です。(参考:doda

    この金額は、一般的なビジネスパーソンと同じくらいです。

    経験値や会社規模によっては、年収500万円以上もらえる場合もあります。

    高年収を狙う人は、管理職になるか、生産技術の仕事を活かしたキャリアチェンジがおすすめです。

  • スポンサーリンク

  • 勤務時間・休日

    生産技術は工場勤務のため、8:00スタートで17:00頃に終業の勤務時間です。

    基本的には週休2日制ですが、休日出勤・夜勤のある会社もありますので、入社前に確認しておきましょう。

    残業も多い傾向にありますが、その分給与アップにつながりますので、ご安心ください。

    向いている人とは

    生産管理に向いているタイプの人は、次の通りです。

    • コツコツと仕事できる人
    • 人と接することが好きな人
    • ものづくりに興味のある人 など

    裏方でコツコツとものづくりに携わる業務のため、真面目な人に向いています。

    また、社内の他部門と連携する仕事でもあるので、コミュニケーション能力に自信がある場合もおすすめできます。

  • スポンサーリンク

  • 将来性はあるのか

    メーカーにとって生産体制を構築することは、非常に重要です。

    非効率な生産体制は、製造現場の流れを悪くし、会社を成長させられません。

    生産技術が活躍すれば、利益に大きく貢献するため、今後も必要とされる仕事と言えるでしょう。

    昨今では、海外に生産拠点を設ける会社も増えているため、語学力を磨いておくことをおすすめします。

    3.生産技術への転職に有利なスキルと資格

    生産技術への転職を有利にするためには、パソコンスキルと製造工程や現場に関する知識が必要です。

    有利になる資格もたくさんありますので、この章で詳しく解説します。

    パソコンのスキル

    工場で働く生産技術であっても、パソコンのスキルは必要です。

    生産技術は、専門ソフトだけではなく、WordやExcelなどもよく使用します。

    そのため、パソコンスキルがなければ、業務をスムーズに進められません。

    パソコンスキルに自信のない人は、書籍などを通して練習しておきましょう。

    Excelについてもっと詳しくなりたい人は、「【最新】エクセルの資格を網羅!様々な種類からおすすめまで解説」をご覧ください。

    製造工程や現場に関する知識

    生産技術の仕事領域は多岐に渡り、覚えることも多いです。

    生産設備の管理や新規設備の導入、生産技術の開発などが業務内容です。

    そのため、入社前から製造工程や現場に関する知識などを有していれば、転職しやすいです。

    未経験の場合は、こうした知識を身に付けておくと良いでしょう。

    有利な資格はたくさんある

    生産技術で活かせる資格は、以下のようなものが挙げられます。

    資格名 内容
    CADトレース技能審査
    • 設計に必要な「CAD」の能力を試す試験
    • 初級、中級、上級と分かれている
    CAD利用技術者試験
    • 「CAD」の知識を測る試験
    • 「2次元CAD利用技術者試験」「3次元CAD利用技術者試験」などと分かれている
    機械保全技能検定
    • 機械保全の技能を調べる試験
    • 特級、1級、2級、3級に分かれている

    生産技術として働く場合、必ず「CAD」のスキルを求められるわけではありませんが、資格を取得しておけばキャリアを広げられます。

    もっとCADについて理解を深めたい人は、「CADオペレーターになるには?おすすめCAD資格8選と勉強方法を紹介!」をご覧ください。

    4.生産技術の転職を成功させる志望動機の書き方

    生産技術に転職する際、志望動機の書き方は難しいです。

    なぜなら、携わる業界や業種によって、業務内容やルールなどが異なり、書くのが難しいためです。

    ここでは、生産技術の転職を成功させる志望動機の書き方を紹介します。

    業界・企業に関する研究を行う

    転職活動を始める前に、業界や企業を研究することが一般的です。

    これらを知らなければ、志望動機だけではなく、面接も対策できません。

    企業を調べる際は、採用ホームページなどをチェックしましょう。

    転職情報を効率よく収集したい人は、「知らないと100%損!転職を成功に導くツールやサイトを厳選して紹介」も参考にしてください。

    志望理由をはっきりさせる

    「なぜこの会社・業界を選んだのか」をしっかりと考えることも重要です。

    生産技術は業界によって仕事内容が異なり、業界を選んだ理由が明確になっていなければ、転職の成功が遠のいてしまいます。

    会社を選んだ理由もはっきりさせないと、面接官に響く志望動機を作れないでしょう。

    「なぜこの会社・業界を選んだのか」を明確にして、スムーズに志望動機を作成し、転職を成功させてください。

    どのように貢献できるのか伝える

    自分の培ってきた経験・スキルがどのように活かせるのかも、アピールしましょう。

    「生産技術をやってみたいから」という安直な志望動機は、避けてください。

    未経験の人でも、マネジメントなどの経験があれば、しっかりと伝えるようにしましょう。

    【志望動機例】

    御社を志望した理由は、「世界中の「美」に貢献できる化粧品作り」という企業理念に共感したからです。チームリーダーとして製造スタッフのマネジメントを手がけた経験とスキルを活かして貢献したく思い、生産技術を志望いたしました。

    転職エージェントに支援してもらう

    上記で説明したことを1人で進めることが難しい場合、転職エージェントにサポートしてもらいましょう。

    転職エージェントは、書類添削や面接対策、企業研究の支援を利用できるサービスです。

    登録・利用も無料のため、活用しない手はありません。

    次の章では、生産技術への転職を成功させるためにおすすめの転職エージェントを見ていきましょう。

    5.生産技術になるためのおすすめ転職エージェント

    転職エージェントは、あなたにピッタリの求人も紹介してくれるサービスです。

    転職エージェントによって、特徴や強みが異なりますので、自分に合ったサービスを選ぶようにしましょう。

    この章では、生産技術になるためのおすすめ転職エージェントを紹介します。

    高年収を目指している人は「JACリクルートメント」

    JACリクルートメント」は「大手企業に入社したい」「外資系で働きたい」という人におすすめの転職エージェントです。

    年収600万円以上の求人を豊富に揃え、転職サポートに強みを持っています。

    マンツーマンのサポート体制によって、転職に欠かせない細かい情報も教えてもらえるでしょう。

    質の高い求人を探している人は「ビズリーチ」

    ビズリーチ

    ビズリーチ」も、高収入の求人案件を多数取り扱っている転職エージェントです。

    ヘッドハンターによる独自ルートで集めたスカウティングが魅力であり、他にはない質の高い案件に出会える可能性があります。

    プレミアムの審査に通過することで、さらにハイクラスな求人を探すこともできるサービスです。

    現職で忙しいけど転職したい人は「doda」

    doda

    doda」は、豊富な求人数を誇る国内最大級の転職エージェントです。

    企業から直接オファーを受け取れるスカウトサービスがあり、現職で忙しいけど転職したい人におすすめです。

    また、サポートに対する評価も高く、さらに転職サイトとしても利用できます。

    まとめ

    生産技術は未経験歓迎の求人もありますので、経験者ではなくても転職できます。

    生産技術への転職を有利にさせるポイントは、次の通りです。

    1. 資格を取得する
    2. 志望動機を練る
    3. 転職エージェントを活用する

    転職エージェントは、「JACリクルートメント」、「ビズリーチ」、「doda」がおすすめです。

    転職活動を始める前は、会社や企業についてしっかりと研究しておきましょう。

    生産技術への転職を成功させ、新しいキャリアをスタートさせませんか。

  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年齢は?

    3. 現在の年収は?

    4. 希望の転職サービスは?

    5. こだわりたい条件は?