土木仕事におすすめ資格をランキングで紹介!建築で役立つ資格も?

土木関連資格
Hand's engineer worker holding yellow safety helmet with building on site background.
資格

土木関連の資格はたくさんあるけど、どの資格を取れば役に立つんだろう?おすすめの土木の資格はどれなんだろうか?

土木関連の資格はたくさんあるので、どの資格を取ったら良いのかわかりにくいですよね。

そこで、本記事では 土木関連の資格でおすすめの資格ランキングTOP10を解説していきます。

さらには、土木関連仕事と関わりの深い「建築系」の資格も3つ紹介。

この記事を読んでいただければ、どの土木の資格を取るべきなのか目標が定まるので、資格取得のやる気が上がりますよ。

スポンサーリンク

1.土木関連の資格とは?

単に土木関連の仕事をするだけなら資格は必要ありませんが、資格を取ると役に立ちます。

そこで、ここからは土木関連の資格について、以下の3つを解説していきます。

それぞれ見てきましょう。

土木関連の資格は建設・工事の現場で必要

土木関連の資格とは、建設や工事の現場で仕事をする上で必要になります。

土木の工事現場や建設現場は、 一歩間違えると命に関わる危険が生じるため、資格保有者を配置するように法律に定められているからです。

土木の工事とは、例を挙げると道路や鉄道、橋梁、海岸、河川、ダム、側溝、砂防といったインフラに関わる工事があります。

これらの工事では危険な作業を伴う上に専門的知識も必要であるため、資格を持っている人が必要とされているのです。

  • スポンサーリンク

  • ただ土木作業員になるだけなら資格は不要

    単に土木作業員になるだけなら資格は不要です。

    しかし、資格を持っていないと重要なポストや責任のある役職に就くことはできません。

    資格を取ることで、現場の責任者になることができ、収入アップも期待できます。

    ずっと土木の現場で働き続けたいと考えているなら、資格を取得しましょう。

    働き始めて必要な資格を取っていく人も

    土木の資格は作業員として働きながら資格を取得する人も少なくありません。

    なぜなら、土木の資格の中には、現場での実務経験が必須であるものもあるからです。

    実務経験を証明するには、職場で実務経験証明書を発行してもらう必要があるので、働いていなければ取得できない資格もあります。

    そのため、資格の種類によっては、 土木作業員として働いて実務経験を積みながら、資格に挑戦する人も多いのです。

  • スポンサーリンク

  • 2.土木関連のおすすめ資格ランキングTOP10!

    土木資格 おすすめ

    ここからは土木関連のおすすめ資格ランキングとして、以下の1位から10位までを解説していきます。

    1位 技術士(建設部門)
    2位 一級土木施工管理技士
    3位 二級土木施工管理技士
    4位 技術士(総合技術部門)
    5位 RCCM
    6位 コンクリート診断士
    7位 測量士
    8位 労働安全コンサルタント
    9位 コンクリート技士
    10位  技術士補

    それぞれ見ていきましょう。

    【1位】技術士(建設部門)

    土木関連でおすすめの資格第1位は、技術士(建設部門)です。

    技術士(建設部門)がおすすめである理由として、 公共工事の入札で有利になることが挙げられます。

    公共工事の入札では、技術士が1人いるごとに評価点が5点加算されるので、 会社が工事を受注しやすくなるのです。

    技術士は全部で21部門に分かれており、その中でも建設部門は土木工事や建設工事に係る仕事を行います。

    具体的には、技術調査や設計、工事監理など土木工事に関する監理業務を担当するのが技術士の仕事です。

    受験資格
    • 第一次試験:なし
    • 第二次試験:7年の実務経験
    試験内容
    • 適正科目
    • 基礎科目
    • 専門科目
    合格率 12%
    難易度 ★★★★★
    公式URL 公益社団法人日本技術士会
  • スポンサーリンク

  • 【2位】一級土木施工管理技士

    土木関連でおすすめの資格第2位は、一級土木施工管理技士です。

    一級土木施工管理技士の資格を取得すると、工事現場で「監理技術者」という責任者の仕事に就くことができます。

    監理技術者は現場の安全管理や品質管理、工程管理などを行うのが仕事です。

    また、外注総額4,000万円以上の規模の大きい工事では、現場ごとに監理技術者を配置しなければならないと法律に定められています。

    そのため、一級土木施工管理技士の資格を取得することで、 責任のある仕事に就くことができ、収入アップを見込めるのです。

    受験資格

    1年以上の指導監督的実務経験年数

    試験内容
    • 学科試験
    • 実地試験
    合格率
    • 学科試験:56%
    • 実地試験:34%
    難易度 ★★★★☆
    公式URL 一般財団法人全国建設研修センター

    【3位】二級土木施工管理士

    土木関連でおすすめの資格第3位は、二級土木施工管理士です。

    二級土木施工管理士の資格を取得することで、土木工事の現場で「主任技術者」という責任者の仕事に就くことができます。

    主任技術者は施工計画の作成や、工程管理、品質確保の体制整備などの指導監督業務を行うのが仕事です。

    この、「主任技術者」も、一級土木施工管理士と同じで外注総額4,000万円未満の小規模な工事では現場ごとに配置しなければならないと法律に定められています。

    二級土木施工管理士を取得することで一級も取得しやすくなるので、 まずは二級を取得してステップアップしましょう。

    受験資格
    • 大学の指定学科を卒業後、1年以上の実務経験
    • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業後、2年以上の実務経験
    • 高等学校の指定学科を卒業後、3年以上の実務経験
    試験内容
    • 学科試験
    • 実地試験
    合格率 58%
    難易度 ★★★☆☆
    公式URL  一般財団法人全国建設研修センター
  • スポンサーリンク

  • 【4位】技術士(総合技術管理部門)

    土木関連でおすすめの資格第4位は、技術士(総合技術管理部門)です。

    技術士(総合技術管理部門)は、プロジェクトに関する発注元や外注先、顧客など業務全体の管理業務を行うのが仕事ができるようになります。

    技術士(総合技術管理部門)の資格を取得することで、 会社のプロジェクトリーダーになることが可能なのです。

    そのため、1つの専門技術に特化するだけでなく、将来的にプロジェクト全体を管理する仕事をしたいならこの「技術士(総合技術管理部門)」の取得がおすすめです。

    受験資格
    • 第一次試験:なし
    • 第二次試験:10年の実務経験
    試験内容
    • 適正科目
    • 基礎科目
    • 専門科目
    合格率 20%
    難易度 ★★★★☆
    公式URL 公益社団法人日本技術士会

    【5位】RCCM

    土木関連でおすすめの資格第5位は、RCCMです。

    RCCMの資格を取得することで、建設コンサルタントとして登録することができます。

    建設コンサルタントは、基本的には技術士の資格を持っていないと登録できません。

    しかし、RCCMの資格を取得すると、 技術士資格を持っていなくても建設コンサルタントになれるのです。

    RCCMは建設コンサルタントとして、調査や設計、施工、維持管理などの助言を建設会社に行います。

    そのため、RCCMの資格を取得することでコンサルティング会社を立ち上げることができ、独立することも可能です。

    受験資格
    • 大学院卒(実務経験8年)
    • 大学卒(実務経験10年)
    • 短期大学・5年制高等専門学校卒(実務経験12年)
    • 高等学校卒(実務経験14年)
    • 中学校卒(実務経験17年)
    試験内容

    筆記試験のみ

    合格率 41%
    難易度 ★★★☆☆
    公式URL 一般社団法人建設コンサルタンツ協会
  • スポンサーリンク

  • 【6位】コンクリート診断士

    土木関連でおすすめの資格第6位は、コンクリート診断士です。

    コンクリート診断士がおすすめである理由として、 コンクリートはほとんどの公共工事で使われるため、資格保有者の需要が高いことが挙げられます。

    コンクリート診断士の仕事は、コンクリートの補強や補修、取壊しなどの判断を行うことです。

    そのため、コンクリート・セメント会社をはじめとして、設計事務所や診断補修会社など、土木や建設に関わる幅広い会社から需要があります。

    受験資格
    • 大学卒:コンクリートに関して4年以上の実務経験
    • 高等専門学校(専攻科)卒:コンクリートに関して4年以上の実務経験
    • 短期大学卒:コンクリートに関して6年以上の実務経験
    • 高等専門学校卒:コンクリートに関して6年以上の実務経験
    • 高等学校卒:コンクリートに関して8年以上の実務経験
    試験内容

    筆記試験(四肢択一、記述式)

    合格率 15%
    難易度 ★★★★☆
    公式URL 公益社団法人日本コンクリート工学会

    【7位】測量士

    土木関連でおすすめの資格第7位は、測量士です。

    測量士がおすすめなのは、測量士事務所だけに限らず、 不動産会社や建設会社など他の業界の需要もあることが挙げられます。

    測量士は工事の際に建築物や土地の測量を行うのが仕事で、測量業務は測量士の資格を持っていないと行うことができません。

    そのため、測量士は「業務独占資格」であり、継続的な需要があるので将来性も安定しています。

    受験資格

    なし

    試験内容

    筆記試験(択一式、記述式)

    合格率 11%
    難易度 ★★★★★
    公式URL 公益社団法人日本測量士協会

    【8位】労働安全コンサルタント

    土木関連でおすすめの資格第8位は、労働安全コンサルタントです。

    労働安全コンサルタントの資格を持っていると、 建設会社や土木会社専属のコンサルタントとして継続的に仕事受けることができます。

    労働安全コンサルタントは労災防止のため、労働者の安全管理のための助言を行うのが仕事です。

    特に土木や建設では労働者が危険な作業に従事することが多いため、土木業界からの労働安全コンサルタントの需要は高くなっています。

    受験資格
    • 大学・専門学校で理科系等の科目を正規の課程を修めて卒業した者で、その後5年以上安全の実務に従事した経験を有するもの
    • 技術士試験合格者
    • 第1種電気主任技術者
    • 一級建築士試験合格者
    試験内容

    筆記試験(択一式、記述式、口述試験)

    合格率 23%
    難易度 ★★★★☆
    公式URL 公益財団法人安全衛生技術試験協会

    【9位】コンクリート技士

    土木関連でおすすめの資格第9位は、コンクリート技士です。

    コンクリート技士の資格を取得すると、土木関連の資格で需要が高い「コンクリート診断士」の資格を取得することができます。

    コンクリート技士は「 コンクリート構造物の建設」に関わる仕事です。

    それに対して、コンクリート診断士は「 コンリート構造物の維持管理」を行うという違いがあります。

    コンクリート技士はコンクリート診断士の受験資格の1つであるため、より上位の資格を目指してステップアップをしていきましょう。

    受験資格
    • コンクリートの技術関係業務や実務経験が3年以上
    • 大学や短期大学、高等専門学校(専攻科)、高等専門学校、高等学校で、コンクリート技術に関する科目修了および卒業しており、2年以上の実務経験
    試験内容

    筆記試験のみ

    合格率 30%
    難易度 ★★★☆☆
    公式URL 公益社団法人日本コンクリート工学会

    【10位】技術士補

    土木関連でおすすめの資格第10位は、技術士補です。

    技術士補として4年間、技術士を補助する業務に就くことで、「技術士」の二次試験の受験資格を得られます。

    技術士補は技術士の補助を担当するのが仕事です。

    技術士の二次試験を受けるには、技術士補資格がないと7年の実務経験が必要ですが、 技術士補資格があると実務経験を4年に短縮できます。

    そのため、技術士補資格を取得することが技術士になるための最短ルートなのです。

    受験資格

    なし

    試験内容
    • 適正科目
    • 基礎科目
    • 専門科目
    合格率 49%
    難易度 ★★☆☆☆
    公式URL 公益社団法人日本技術士会

    3.建築系でもおすすめの資格

    建築系オススメ資格

    ここからは建設系でもおすすめの資格について、以下の3つを紹介していきます。

    それぞれ見てきましょう。

    一級建築士

    建築系のおすすめ資格として第1にご紹介するのは、一級建築士です。

    一級建築士は建築物の設計や工事監理に関する 業務独占資格なので、安定した需要があります。

    一級建築士の資格を持っていると、大規模な建築物の設計をすることが可能です。

    そのため、一級建築士の資格を持っていると一般の住宅だけでなく公共工事の設計を行うこともできます。

    受験資格
    • 大学卒業後2年以上の実務経験
    • 短期大学卒業後2年以上の実務経験
    • 二級建築士として2年以上の実務経験
    試験内容
    • 学科試験
    • 設計製図試験
    合格率 18%
    難易度 ★★★★☆
    公式URL 公益財団法人建築技術教育普及センター

    一級建築施工管理技師

    建築系のおすすめ資格として第2にご紹介するのは、一級建築施工管理技士です。

    一級建築施工管理技士の資格を持っていると、建築現場の責任者である「主任技術者」と「監理技術者」として仕事をすることができます。

    公共性のある7,000万円以上の建設工事を行う場合には「主任技術者」と「監理技術者」を配置する必要があり、大規模な工事での需要が高いです。

    受験資格
    • 大学卒業後2年以上の実務経験
    • 短期大学卒業後5年以上の実務経験
    • 高校卒業後10年以上の実務経験
    試験内容
    • 学科試験
    • 実地試験
    合格率 36%
    難易度 ★★★☆☆
    公式URL 一般財団法人建設業振興基金

    宅地建物取引士

    建築系のおすすめ資格として第3にご紹介するのは、宅地建物取引士です。

    宅地建物取引士がおすすめである理由として、 不動産業界での需要が高く、未経験でも就職できることが挙げられます。

    宅地建物取引士は不動産取引に関する説明を行うのが仕事で、これは資格を持っていないとできない「独占業務」です。

    そのため、宅地建物取引士が一定の人数以上いないと業務をすることができないので、不動産業界では最も需要の高い資格となっています。

    受験資格

    なし

    試験内容

    筆記試験のみ

    合格率 15%
    難易度 ★★★★☆
    公式URL 一般財団法人不動産適性取引推進機構

    4.資格取得のためのおすすめ通信講座3選

    仕事や、家事・育児をしながら資格を取得するのに欠かせないのが通信講座です。

    ここでは、 キャリアピックスおすすめの通信講座を3つご紹介します

    それぞれの通信講座の特徴を、順にご紹介します。

    ①財務・法律系の国家試験に強い「クレアール」

    資格難易度 クレアール
     
    クレアール」は、1998年設立の資格教育機関です。
     
    公認会計士、税理士、司法書士といった財務・法律系に特に力を入れています。
     
    「クレアール」は、Webに特化した通信学習の専門スクールのため、忙しい方でも時間を効率的に使うことができます。
     
    また、独自の学習法である「非常識合格法」は、勉強時間を圧倒的に減らせるという点で注目されています。
     
    合格に必要な学習範囲だけを徹底的に習得することで、勉強時間は圧倒的に減らすことが可能になるのです。
     

    ②事務系・美容や健康など女性向け資格なら「たのまな(ヒューマンアカデミー)」

    資格難易度 たのまな 資格難易度 たのまな

    たのまな」は、ヒューマンアカデミーが運営する通信講座です。

    『たのしい未来へ導く、学びサポーター』 というコンセプトから、「たのまな」という名前が付けられています。

    事務系はもちろん、女性ならではの美容系やフード系の講座も充実しています。

    「たのまな」の講座は、基本的にテキストとDVDが中心です。

    ただし、学習教材や学習方法は講座によって異なるため、まずは希望の講座ホームページを確認しましょう。

    また、同じ資格取得を目指す者同士のコミュニティがあったり、最寄の校舎でサポートを受けることの出来るコースがあるのも嬉しいポイントです。

    質問無制限、受講延長制度などのサポートも利用者からの評価が高い通信講座です。

    ③教員など公務員資格に強い「東京アカデミー」

    資格難易度 東京アカデミー 資格難易度 東京アカデミー

    東京アカデミー」は、全国に75拠点あり、25万人以上が受講している通学・通信講座最大手です。

    「東京アカデミー」では、公務員をはじめ、教員や看護師の採用・資格試験対策の講座を中心に行っています。

    DVDやWEB講義中心の通信講座が多い中、「生」講義にこだわっていることが大きな特徴のひとつです。

    大手ならではのノウハウと、資格に応じた対策と指導ができることが「東京アカデミー」の強味と言えるでしょう。

    まとめ

    土木関連の資格はたくさんありますが、どのような仕事に携わりたいのかを考えて選びましょう。

    土木関連の資格で役に立つおすすめの資格は 難易度が高いものが多いので、しっかり勉強して臨むことが大切です。

    資格を取得して、ぜひ土木業界で活躍してください!

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%