「せっかく」はビジネスシーンでも使ってOK?意味や使い方を徹底解説

せっかくの意味とは ビジネス用語
 

せっかく準備をしてくださったのに…。

取引先の会社の人がこのように話しているのを見たことがあるでしょう。

しかし、「『せっかく』にはネガティブなニュアンスがあるし、その使い方は間違っているのでは?」と疑問に思っているのではないでしょうか。

実は、「せっかく」という言葉はビジネスシーンでも問題なく使うことがきます。

今回は、この「せっかく」という表現の正しい使い方について徹底的に解説します。

記事を読み終わるころには、「せっかく」の意味や使い方、類語、英語表現までを完璧に理解できますよ。

1.「せっかく」の意味:努力・好意が無駄になることを残念がる意味で使う語

せっかく

意味:努力・好意が無駄になることを残念がる意味で使われる言葉。

「せっかく」とは、 努力・好意が無駄になることを残念がる」という意味で使われる言葉です。

1-1.「せっかく」の漢字表記は「折角」

「せっかく」を漢字で表記をする場合には、「折角」と書きます。

「折角」は故事成語の1つです。

その元となったエピソードとしては複数の説が挙げられています。

内、1つは『漢書』朱雲伝に載っています。

その昔、朱雲という人が五鹿に住む充宗という人と激論を交わして打ち勝ちました。

それを聞いた当時の人々は、洒落を込めて「朱雲よく鹿の角を折る」と評したそうです。

この故事から、 「力を尽くして困難を成し遂げる」という意味で「折角」という言葉が使われるようになったと言われています。

また、もう1つの説として『後漢書』郭泰伝が挙げられることもあります。

郭泰という人がかぶっていた頭巾が、雨で濡れてたまたま折れ曲がっていました。

それを見た郭泰を慕う人々は、わざわざ頭巾を曲げてかぶるようになったそうです。

この故事から、「わざわざ」という意味で「折角」という言葉が使われるようになったとも言われています。

  • スポンサーリンク

  • 2.「せっかく」の使い方・例文

    ここでは、「せっかく」という言葉は具体的にどのようなときに使われるのかを詳しく見ていきましょう。

    2-1.「せっかく」のよくある使い方

    「せっかく」という言葉は、自分の努力や相手の厚意が無駄になってしまったときに多用されます。

    また、チャンスなどの貴重なものを手に入れ損ねてしまったときにも使うことのできる言葉です。

    よくある使い方としては、以下の3つが挙げられます。

    • せっかく○○したのに…
    • せっかく○○のに…
    • せっかく○○してもらったのに…

    それでは、1つずつ詳しく解説していきます。

    せっかく〇〇したのに…

    「せっかく○○したのに…」という表現は、自分がした苦労や努力が水の泡になってしまったときによく使われます。

    自責の念を込めた独り言として使う場合には特に問題ありません。

    しかし、 「あなたのためにせっかく自分が○○してあげたのに…」というような使い方をすると、相手に不快感を与えてしまうので注意しましょう。

    せっかくの〇〇なのに…

    「せっかくの○○なのに…」は、チャンスなどの貴重なもの手に入れ損ねてしまったときによく使われる表現です。

    「せっかくのお花見なのに、天気が良くありませんね」などのように、 期待していたことと異なることが起こって非常に残念な気持ちであることを表します。

    せっかく〇〇してもらったのに…

    「せっかく〇〇してもらったのに…」という表現は、 相手の厚意を無駄にしてしまったことを申し訳なく思うときに用いられます。

    多くの場合、その後に謝罪の言葉が続きます。

    この表現は、「せっかく○○していただいたのに」と丁寧な表現を使うことで、ビジネスシーンでも使うことができるので覚えておきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 2-2.ビジネスシーンで「せっかく」を使う場面と例文

    次に、ビジネスシーンで「せっかく」を使う場面を確認していきましょう。

    場面1.相手の好意を無駄にしてしまったことを謝罪するとき

     

    せっかくご足労いただきましたのに、長時間お待たせしてしまい申し訳ございませんでした。

    「せっかく」という言葉は、相手の厚意を無駄にしてしまったことを謝罪するときに多く用いられます。

    相手への謝罪の気持ちをより一層強く表すことができるので、相手への誠意を示したい場合にはうってつけの表現です。

    場面2.相手の好意を受け取りつつ、相手の申し入れを断るとき

     

    せっかくのお誘いですが、本日は先約があるので…。

    ビジネスシーンにおいて、「せっかく」という言葉は相手の好意を受け取りつつも、相手の申し入れを断りたいときにも使うことができます。

    「せっかく」を使えば、相手がしてくれたことに感謝を示すことができるので、相手の申し入れを断っても、相手に不快感を抱かせずに済みますよ。

    場面3.相手の好意を受け取るようにすすめるとき

     

    せっかくのご厚意なのだから、受け取らないとかえって失礼だよ。

    ビジネスシーンにおいて、「せっかく」という言葉は他人の好意に対する敬意を払うときにも使われます。

    取引先の人の好意に恐縮しきっている後輩などに、好意を受け取るよう促すときに使われることが多いです。

    3.「せっかく」を使うときの注意点

    「せっかく」という言葉をビジネスシーンで使うことに、問題はありません。

    しかし、 使い方によっては相手に失礼になってしまうことがあります。

    「せっかく」を使うときには、次のことに注意しましょう。

  • スポンサーリンク

  • 3-1.「せっかくだから」は相手によって失礼になる

    「せっかく」の使い方として、「せっかくだから」という表現があります。

    部下に対してこのような言い方をすることには特に問題はないのですが、 上司などの目上の人に対して使うのはNGです。

    「せっかくだから」と目上の人に対して言うことは、 目上の人に好意を押し付けることになってしまいます。

    「せっかくだから」という言葉を使うときには、相手と自分の関係性に注意しましょう。

    3-2.「せっかく」を使った敬語表現

    もちろん、「せっかく」を使った敬語表現もあります。

    それは、「せっかくお越しくださったのに、何のお構いもできず申し訳ございません。」などのように、「せっかく」が相手の行為にかかる表現です。

    敬語として使う場合には、 相手の行為を尊重した言い回しで使うということに注意しましょう。

  • スポンサーリンク

  • 4.「せっかく」の類語・言い換え表現

    「せっかく」の類語・言い換え表現は以下の3つです。

    1. わざわざ
    2. お手間をかけさせて
    3. はるばる

    では、1つずつ見ていきましょう。

    類語1.わざわざ

    わざわざ

    1. 他のことのついでではなく、特別にそのことをするさま。
    2. しなくても良いことを故意にするさま。

    「わざわざ」は、基本的には「せっかく」と同様、相手の好意を尊重したいときに使えます。

    しかし、「わざわざ来なくても良かったのに…」などの使い方をすると、 相手の行為への批難として捉えられることがあるので注意が必要です。

    「わざわざ」は、 相手への深い感謝の気持ちを伝えるときに使いましょう。

    <例文>

    わざわざお土産までご用意してくださいまして、ありがとうございます。

  • スポンサーリンク

  • 類語2.お手間をかけさせて

    お手間をかけさせて

    読み:おてまをかけさせて

    意味:相手に面倒や苦労をかけたことを謝罪するときなどに使われる言葉。

    「お手間をかけさせて」という表現は、「せっかく」よりも丁寧で、謝罪向きの言葉です。

    相手に面倒や苦労をかけさせたことについて、より深い謝罪の気持ちを伝えたいときには、「お手間をかけさせて」という言い回しを使いましょう。

    <例文>

    お手間をかけさせて申し訳ございませんでした。

    類語3.はるばる

    はるばる

    1. 遠く離れているさま。
    2. 時間が隔たっているさま。
    3. 程度がかけ離れているさま。

    「せっかく」が様々な努力や苦労をねぎらう意味で用いられるのに対し、「はるばる」は、遠くから来てくれたことをねぎらう際に用いられる言葉です。

    ビジネスシーンでは、相手が自分の会社に遠い距離を時間をかけて訪れてくれたことに対する感謝の気持ちなどを述べる際によく用いられます。

    <例文>

    遠路はるばるお越しくださいまして、ありがとうございます。

    5.「せっかく」の英語表現

    「せっかく」には、ピタリと当てはまる英語表現がありません。

    しかし、「せっかく」を使ったよくある言い回しに対応する英語表現は存在します。

    <例文>

    • How kind of you to ask me, I’d like to come.

    せっかくご招待いただいたので、喜んで伺わせていただきます。)

    • Thank you very much, but I’m afraid I can’t come with you this time.

    せっかくのお誘いですが、今回はご一緒できません。)

    • You had come all the way to see me, but unfortunately I was out.

    せっかく訪ねて来てくださったのに、残念なのことに私は出かけていました。)

    「せっかく」に関する様々な英語表現を覚えてビジネスシーンで役立てましょう。

    まとめ

    「せっかく」は、努力・好意が無駄になることを残念がる意味で使われる言葉です。

    「せっかく」は相手の好意が無駄になることに対して謝罪を述べるときに使うのであれば、ビジネスシーンで用いても問題ありません。

    しかし、「せっかくだから」と目上の人に対して言うことは、 目上の人に好意を押し付けることになってしまうので注意しましょう。

    また、「せっかく」には「わざわざ」「お手間をかけさせて」「はるばる」など多くの類義語があります。

    皆さんも「せっかく」やその類義語、英語表現をマスターしてビジネスシーンで役立ててくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%