ファナックの年収は?年齢・役職別年収や転職する上での注意点も解説

ファナックの平均年収 平均年収

ファナックの平均年収は1,347万円だと言われています。

ファナックは日本の上場企業の中でもトップクラスの年収ですが、年収は年齢や役職、学歴によって異なります。

そこで、本記事ではファナックの平均年収について、年齢別、役職別の平均年収や、学歴別の初任給を解説していきます。

この記事を読んでいただければ、ファナックの年収について知ることで転職のモチベーションが上がりますよ。

ぜひ、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

1.ファナックの平均年収は1,347万円

ファナックの平均年収は1,347万円だと言われています。

平均月収は約87万円で、ボーナスは平均約300万円。

ファナックは電機業界の最大手企業であり、全上場企業の中でもトップクラスの年収です。

電機業界304社中第2位の平均年収

ファナックの平均年収は1,347万円だと言われており、電機業界304社中第2位の平均年収です。

ちなみに、電機業界1位はキーエンスの2,088万円となっており、ファナックと大きく差が開いています。

実は、キーエンスは電機業界だけでなく、全上場企業中1位の平均年収なのです。

ただ、ファナックは全上場企業中20位なので、トップクラスの年収であるのが間違いありません。

そのため、ファナックはキーエンスと大きく差はありますが、キーエンスが特別年収が高いだけなのだと言えます。

  • スポンサーリンク

  • 産業用ロボット・工作機械用CNCで世界首位の会社

    ファナックは 産業用ロボットと工作機械用CNCで世界首位の会社です。

    産業用ロボットは、溶接などに用いられる「垂直多関節ロボット」に強いとされています。

    工作機械用CNCとは、コンピューター数値の制御装置のことです。

    世界シェアも圧倒的で、 産業用ロボットでは世界シェア2割、工作機械用CNCでは世界シェア5割となっています。

    そのため、ファナックは日本のロボット産業を支える会社であり、平均年収が高いのも納得できますね。

    生涯賃金は6億円以上とも言われる

    ファナックの生涯賃金は6億円以上とも言われています。

    ちなみに、一般企業のサラリーマンの生涯賃金は平均3億円です。

    一般企業と比較すると、ファナックの生涯賃金は2倍以上もあるので、収入面でとても恵まれているのがわかります。

  • スポンサーリンク

  • 山梨県で1位を誇る平均年収

    ファナックは 、山梨県にある企業で、山梨県内での平均年収が1位となっています。

    2位の企業であるトリケミカル研究所が、平均年収758万円です。

    1位のファナックは前述通り、平均年収が1,347万円なので、約2倍の平均年収。

    2位のトリケミカル研究所も良い年収ではありますが、ファナックと比べると高い差があることがわかりますね。

    2.ファナックの年齢別平均年収

    ここからはファナックの年齢別平均年収について、以下の通り20代から60代までの年収を解説していきます。

    それぞれ見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 20代:290万円〜900万円

    ファナックの20代の平均年収は20代前半が290万円、20代後半が900万円です。

    一般企業の20代の平均年収は、20代前半が240万円、20代後半が340万円。

    そのため、20代前半では一般企業とそれほど変わりませんが、20代後半になると一気に差が開くのがわかりますね。

    30代:940万円〜1,070万円

    ファナックの 30代の平均年収は940万円〜1,070万円です。

    一般企業の30代の平均年収は450万円なので、ファナックの方が2倍以上高いのがわかります。

    30代で係長クラスの役職に就くことができれば、年収1,000万円台を稼ぐことも可能です。

  • スポンサーリンク

  • 40代:1,090万円〜1,350万円

    ファナックの 40代の平均年収は1,090万円〜1,350万円です。

    一般企業の40代の平均年収は500万円なので、30代と同じくファナックの方が2倍以上高いのがわかりますね。

    40代で課長クラスの役職に就ければ年収も1,300万円近くになりますが、課長まで出世できる人は多くありません。

    50代:1,320万円〜1,450万円

    ファナックの 50代の平均年収は1,320万円〜1,450万円です。

    一般企業の50代の平均年収は550万円なので、人によっては一般企業の3倍近く稼ぐこともできます。

    50代で部長クラスの役職に就くと年収1,500万円近く稼ぐことができますが、部長まで出世できる人はごくわずかです。

  • スポンサーリンク

  • 60代:880万円〜1,440万円

    ファナックの 60代の平均年収は880万円〜1,440万円です。

    一般企業の60代の平均年収は400万円なので、ファナックの方が2〜3倍高いことがわかります。

    60代になると、出世した人は1,500万円近い年収を維持できますが、出世しなかった人は1,000万円未満の年収になってしまうのです。

    4.ファナックの役職別平均年収

    ここからはファナックの、以下3つの役職の平均年収を解説していきます。

    それぞれ見ていきましょう。

    係長:1,400万円

    ファナックの 係長の平均年収は1,400万円です。

    係長には早くて30歳前後、平均的には35〜40歳くらいの年齢でなることができます。

    ちなみに、一般企業の係長の年収は600〜800万円です。

    ファナックなら一般企業の係長の2倍近い年収をもらえることがわかりますね。

    課長:1,840万円

    ファナックの 課長の平均年収は1,840万円です。

    課長になる年齢は、早くて30代後半から40歳ですが、平均的には45〜50歳でなることができます。

    ちなみに、一般企業の課長の年収は600〜1,000万円です。

    ただ、課長で年収1,000万円を稼げるのはほとんどが外資系企業で、日本企業だと難しいとされています。

    部長:2,360万円

    ファナックの 部長の平均年収は2,360万円です。

    部長になる年齢は50歳以上ですが、ほとんどの人は部長まで昇進できません。

    一般企業の部長の年収はと800〜1,000万円ですが、大企業だと1,500万円以上稼ぐことも可能です。

    4.ファナックの学歴別初任給

    ここからはファナックの学歴別平均年収について解説していきます。

    ファナックはメーカーであるため、採用は事務系よりも技術系が多いです。

    そのため、ここでは修士了、学部卒、高専卒の、技術系の総合職の初任給について紹介します。

    修士了・学部卒・高専卒

    修士了、学部卒、高専卒のそれぞれの初任給は以下の通りです。

    修士卒 234,500万円
    学部卒 210,500万円
    高専卒 185,500万円

    ファナックは技術系がメインの会社なので、 専門性が高いほど評価されます。

    そのため、学歴が上がれば上がるほど初任給も高くなるのがわかりますね。

    5.ファナックに転職する上知っておいてほしい3つの魅力

    ここからはファナックに転職する上で知っておいてほしい魅力について、以下の3つを解説していきます。

    それぞれ見ていきましょう。

    工作用ロボットの世界一

    ファナックは、工作用ロボットの世界一の企業と言われています。

    シェア率は4割を超えていて、日本だけではなく世界からも注目される企業なのです。

    そのため、仕事のやりがいはたくさんあります。

    厳しい世界という評価を受けることもあるファナックですが、世界が相手の取引なためその分達成した時の充足感が半端ないのです。

    このように、 ファナックは工作用ロボットの世界一の企業であり、そんな世界で働けることは年収よりもさらなる魅力があると言えるのです。

    業績が良いので、安心して働けるのも魅力的ですね。

    社内の雰囲気が良い

    ファナックは会社の雰囲気はとても良いです。

    前述したように、ファナックは高い技術力を求められるため、厳しい世界ではあります。

    ただ、その分技術を育てる力があるということ。

    先輩や上司からの丁寧な指導のもと、自分の技術も伸ばすことができます。

    また、社内の雰囲気が良いと言うのは人だけではなく、厳しい会社にも関わらず「緩さ」も存在するからです。

    例えば、勤務時間内にも寝ている人がいたり、トレーニングルームを利用したりできます。

    こうしたファナックの社内の雰囲気の良さも、年収以上の魅力を持っているのです。

    女性も働きやすい

    ファナックは、女性が働きやすい環境を整えているもの魅力的です。

    50歳を超えた女性が割と勤務しているのも、働きやすさの証明でしょう。

    ただ、ファナックの女性社員は、研究職より事務職の方が多いです。

    ちなみに、育児休暇や時短勤務も取れるため、出産後の復職も可能。

    昔は、「女性が働きにくい会社」と言われていましたが、時代に合わせて改善しつつあるのです。

    ファナックは、女性が働きやすい会社でもあるのです。

    ファナックに転職するなら「JACリクルートメント」の利用がおすすめ!

    外資系企業を考えている人向け|JACリクルートメント

    (引用JACリクルートメント 公式サイト

    ファナックへの転職をお考えならば、転職エージェントの「JACリクルートメント」の利用がおすすめです。

    JACリクルートメントはハイキャリア・高年収領域の転職支援に特化した転職エージェント。

    日本企業の中でも高年収であるファナックへの転職であっても、的確かつ手厚いサポートをしてくれますよ。

    また、職種ごとに専門知識を持ったコンサルタントが在籍しており、ファナックの総合職・製造職など、どの職種への転職ノウハウも豊富です。

    それにJACリクルートメントが持つ非公開求人であれば、一般ではお目にかかれない高案件の求人に出会えます。

    登録・利用ともに無料のため、まずはコンサルタントへの相談だけでも一度利用してはいかがでしょうか。

    6.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、ファイナックの平均年収1,347万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    \3分ほどで測定できます/

    ミイダスはアプリ版もある

    アプリをダウンロードしておけば、電車の待ち時間など、ちょっとした隙間時間を使って年収診断を行えます。

    忙しい人は、今のうちダウンロードだけでも済ませておくのがおすすめですよ。

    アプリのダウンロードはこちら!

    まとめ

    ファナックは日本の上場企業の中でもトップの年収を誇っている企業です。

    産業用ロボットや工作機械用CNCの分野では世界でもトップの企業であり、今後の成長も期待できます。

    年収も高く将来性もある企業で働きたいなら、ファナックに転職してみてはいかがでしょうか。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%