日本通運(日通)の平均年収は610万円!激務という噂や昇進についても解説

日本通運の平均年収 平均年収

日本通運の平均年収は、610万円です。

物流大手の日本通運は、高年収なだけではなく、さまざまな職種を募集しているため、仕事を見つけやすい会社です。

この記事では、そんな日本通運の学歴・職種・年齢別の年収などをまとめました。

物流業界内での日本通運の年収の位置づけや、気になる転職事情なども解説します。

当ページを読めば、日本通運の年収詳細や企業実態などを把握でき、転職をスムーズに進められる可能性が高まりますよ。

後半では「自分の推定年収を測定できるサービス」も紹介しているので、自分の市場価値と日本通運の年収比較にぜひお役立てください。

スポンサーリンク

1.日本通運(日通)の平均年収

日本通運の2019年3月期の平均年収は、約610万円です。(参考:有価証券報告書

この章では、この日本通運の平均年収について、さまざま角度から解説します。

年収の推移

日本通運の平均年収は、ここ数年、大きく変動していません。

日本通運年収推移
2014年度 約603万円
2015年度 約607万円
2016年度 約608万円
2017年度 約606万円
2018年度 約610万円

(参考:有価証券報告書

過去5年間、600万円台をずっとキープし、安定した年収推移となっています。

また日本通運はここ数年、次のように売り上げ・営業利益を着実に成長させている会社です。

(引用元:連結財務ハイライト

そのため、突然大幅に年収が落ちる可能性は低いと言えるでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 職業別

    日本通運の平均年収は、職業によって200万円以上異なります。

    日本通運の職種別年収
    専門サービス系 617万円
    営業系 481万円
    その他 474万円
    運輸・物流・設備系 454万円
    販売・サービス系 450万円
    企画・事務・管理系 449万円
    建築・土木系エンジニア 370万円

    (参考:カイシャの評判

    専門サービス系の職種は、具体的に明記されていませんが、専門的な知識・スキルが求められるからこそ、高年収と言えるでしょう。

    建築・土木系エンジニア以外は、日本の平均年収である「423万円」よりも高く、低年収とは言えません。

    また、日本通運のドライバー職の平均年収は、口コミをまとめると、300~600万円程度と言えます。

    しかもドライバーでも、精密機械など運ぶ物によっては700万円をオーバーすることもあります。

    学歴別

    学歴別の平均年収は、新卒の初任給を参考にします。

    ■モデル月給例(東京23区勤務社員の場合)
    ・大卒:225,400円
    ・院卒:228,200円

    引用元:「リクナビ2020

    産労総合研究所の調査によると、2019年度の初任給の平均水準は大卒で208,826円でしたので、日本通運の大卒の初任給は、高いと言えるでしょう。
    (参考:2019年度 決定初任給調査の結果

    また、高卒・高専・短大卒の推定年収も400万円以上なので、学歴問わず、高年収と予想できます。

  • スポンサーリンク

  • 年齢別

    日本通運の平均年収は、年齢によっても大きく変わります。

    20代 300~400万円程度
    30代 500~600万円程度
    40代 600~700万円程度
    50代 700万円以上

    1,000万円を超えることはありませんが、50代以上であれば、700万円に到達します。

    また30代であっても、500~600万円程度と日本の平均年収である「423万円」よりも高いです。

    役職別

    日本通運の推定年収は、役職によっても300万円以上違います。

    係長 670万円程度
    課長 900万円程度
    部長 1,120万円程度

    部長クラスになれば、年収1,000万円以上になることが期待される会社です。

    係長であっても、670万円程度と予想できるため、日本通運の平均年収よりも高いです。

  • スポンサーリンク

  • ボーナスについて

    日本通運のボーナス・賞与は、他の多くの会社のように年2回支給されます。

    金額はだいたい100〜200万円前後です。

    2019年の大手企業の冬の平均ボーナスの金額は96万4,543円なので、それと比べても見劣りしない金額が期待できるでしょう。
    (参考:経団連

    「同一労働同一賃金」の先行導入を発表

    日本経済新聞」によると、日本通運は2020年4月から適用される「同一労働同一賃金」を先行して導入すると発表しました。

    「同一労働同一賃金」とは、正社員と非正規社員の賃金体系を同一に切り替える働き方改革関連法です。

    「非正規社員として働きたいけれど、正社員と給料に差があるのは嫌だ」という人にとっては嬉しい働き方ですね。

  • スポンサーリンク

  • グループ会社・日通商事の年収

    グループ会社の日通商事の年収は、「カイシャの評判」によれば、平均年収509万円程度です。

    また、次のように初任給も平均水準を上回っています。

    【総合職】
    ・大卒:217,700円
    ・院卒:220,700円
    ※2019年4月/東京勤務実績
    ※勤務地・入社時年齢により異なります

    引用元:「採用情報

    今後も日本通運のように、成長を見込める企業だからこそ、急に年収が低くなる可能性は高くありません。

    業界最大手である日本通運のグループ企業でもある私たちは、1964年に創業。以来、50年以上にわたり安定成長を続けており、現在ではグループ連結売上高の約2割を占める中核商社としてのポジションを築いています。

    引用元:「企業特徴

    「安定成長」×「大手企業の中核グループ会社」という事実は、長期的に考えれば、給与アップを期待できるでしょう。

    2.日本通運(日通)を含めた航空・鉄道・輸送業界の年収ランキング

    日本通運の年収がどれぐらいの高さなのか知るために、航空・鉄道・輸送業界のランキングを紹介します。

    航空・鉄道・輸送業界の平均年収ランキング
    東京汽船 980万円
    日本郵船 958万円
    共栄タンカー 957万円
    ヤマトホールディングス 956万円
    飯野海運 935万円
    アルプス物流 634万円
    丸全昭和運輸 619万円
    日本石油輸送 616万円
    東海運 614万円
    日本通運 610万円

    航空・鉄道・輸送業界の年収ランキングにおいて、日本通運はトップクラスではありません。

    上位の会社は、日本通運よりも従業員当たりの売上が高い傾向にあります。

    そのため、年収が上位になっていると予想されます。

  • スポンサーリンク

  • 3.日本通運(日通)の転職事情

    日本通運への転職をスムーズに進めたい人は、転職事情をチェックしておきたいですよね。

    そこでこの章では、日本通運の採用情報を詳しく解説します。

    就職・転職難易度は?

    日本通運の就職・転職難易度は、それほど高くないと言われています。

    なぜなら、平均年収610万円は、上場企業の中でもトップクラスではなく、雇用形態・職種によっては入りやすいからです。

    とはいえ、新卒の採用実績校は、次のように有名大学も含まれています。

    • 大阪大学
    • お茶の水女子大学
    • 関西学院大学
    • 関西大学
    • 九州大学
    • 京都大学
    • 国際基督教大学
    • 上智大学
    • 中央大学
    • 東京工業大学
    • 東京大学
    • 東北大学
    • 名古屋大学
    • 一橋大学
    • 北海道大学
    • 明治大学
    • 横浜国立大学
    • 立命館大学
    • 龍谷大学
    • 早稲田大学 など

    引用元:「リクナビ2020

    どんなキャリアを望んでいるのかによって、入りやすい・入りにくいは変わると認識しておきましょう。

    求める人材

    日本通運の経験者採用ページでは、次のように求める人材を提示しています。

    わたしたちがこれまで持たない、新しい価値観を持った皆さんの応募を歓迎します。

    引用元:「経験者採用

    また新卒採用ページでは、より具体的に求める人物像を掲載しています。

    日頃から主体的に物事に取り組み、自らの判断と責任のもとで最大限の成果を得るために、効率よく仕事を進めていことが必要です。

    引用元:「採用メッセージ

    お互いに信頼関係を築きながらチームの中心となって仕事を進めていく、そんなリーダーシップが不可欠です。

    引用元:「採用メッセージ

    現状に満足することなく、いろいろなところへ好奇心のアンテナを張ること、変化を恐れず新しいことへの挑戦を自らの成長の糧とできること。このようなチャレンジ精神が、物流の新たな価値を生み出します。

    引用元:「採用メッセージ

    チャレンジ精神だけではなく、リーダーシップや実行力・行動力も、日本通運は求めています。

    中途採用の募集職種

    経験者採用ページでは、幅広い職種を募集しています。

    • 国際航空・海運貨物輸送に関する営業・倉庫内オペレーション
    • グローバル顧客拡販のためのマーケティング・財務管理・営業活動
    • 海外進出企業支援業務
    • 産業別物流営業
    • 社内アプリケーションSE
    • 重量品輸送・重機建設部門のエンジニアリング など

    参考:「募集職種

    それぞれ経験者採用のため、経験・スキル・語学力などを求められますので、未経験者からの転職は難しいです。

    総合職・地域社員について

    日本通運では、新卒で総合職を募集しています。

    総合職は、次の職種を担う仕事です。

    • 営業
    • 企画・営業開発
    • オペレーション
    • 管理
    • 情報システム

    参考:「日通の職種

    地域社員は、「エリア職」を意味し、中途採用では地域社員以外なれません。

    本社採用の全国社員に比べると、地域採用の地域社員の年収は、低い傾向にあります。

    待遇・福利厚生

    日本通運の待遇・福利厚生は、他の大手企業並みに充実しています。

    休暇制度
    • 年次休暇
    • 夏季休暇
    • 結婚休暇
    • 出産休暇
    • 生理休暇
    • 服喪休暇
    • 褒賞休暇 など
    各種制度
    • 厚生資金貸付制度
    • 住宅積立金制度
    • 社員持株制度
    • 育児休業制度
    • 介護休業制度
    • 海外同行休業制度
    • 短時間勤務制度 など
    その他
    • 独身寮・社宅
    • 保養施設
    • 階級別教育研修
    • 海外引越プランナー研修
    • 倉庫管理基礎研修
    • 通信教育 など

    (参考:福利厚生人材育成

    物流に関連する研修が充実していることは、日本通運の特徴だと言えるでしょう。

    よくあるQ&A

    日本通運の転職事情についてもっと深く知りたい人に向けて、よくあるQ&Aを紹介します。

    本格的に転職を検討している人などは、参考にしてください。

    Q1.激務って噂は本当?

    A.「日本通運=激務」という噂もありますが、一定の残業時間以上をできないようになっています。

    また、「長時間労働の撲滅に向けた組織改善」として、「労働時間の管理」「長時間労働撲滅」「サテライトオフィスの活用」を掲げ、実行している会社です。

    Q2.昇進について

    A.日本通運は、「年功序列」の傾向が強く、昇進しやすいと言えるでしょう。

    長く勤めていれば、課長クラスになれることも珍しくありません。

    Q3.退職金はいくら?

    A.口コミサイトによると、退職金はそれほど多くもらえないようです。

    とはいえ、同一労働同一賃金だけではなく、退職金制度の適用拡大も社員制度改革の内容として発表しています。
    (参考:カーゴニュース

    Q4.転勤はあるのか

    A.日本通運は、国内外で事業を展開しているため、業務内容によっては転勤の可能性があります。

    海外業務研修員として外国でも働けるため、「グローバルで活躍したい」という人にも向いている会社です。

    転職には「JACリクルートメント」を利用しよう

    日本通運への転職をスムーズに進めたい人は、転職エージェントの「JACリクルートメント」を利用しましょう。

    転職エージェントには転職のプロであるアドバイザーが在籍しており、履歴書添削や求人紹介、年収交渉など、転職に関するさまざまなことを支援してくれます。

    外資系企業を考えている人向け|JACリクルートメント

    JACリクルートメントならば、一般公開していない求人を保有している可能性があり、公式サイトに掲載されている職種以外も見つかるかもしれません。

    非公開求人をチェックして転職を有利に進めたい人は、JACリクルートメントに相談してみてくださいね。

    JACリクルートメントに
    登録してみる【完全無料】

    4.日本通運(日通)の口コミ・評判

    日本通運に転職したい人は、社員の口コミ・評判もチェックしておきましょう。

    そうすれば、世の中に出ていない情報を把握でき、企業の内部事情を知ることが可能です。

    この章では、日本通運の良い・悪い口コミ・評判を紹介します。

    良い口コミ・評判


    50代男性/営業系

    部署により内容は大きく変わる。部署によっては会社の資金力を使って大きな案件を手掛ける事が出来る。スケールの大きな仕事をする事も夢ではない。

    引用元:「カイシャの評判


    50代男性/
    企画・事務・管理系

    物流界のリーディングカンパニーとしての自覚と責任感があるため、ダイバーシティ、育休や介護休暇等にも積極的に取り組む。環境にもいろいろ気をつけている。

    引用元:「カイシャの評判


    40代男性/運輸・物流・設備系

    月給制に変わったので決まった額の収入にはなる。ボーナス、退職金もあるので多少は収入が増えるかも。確定拠出年金もあるので運用次第では年金も増えることも

    引用元:「カイシャの評判

    「仕事にやりがいを感じられる」「徐々に働きやすい環境に変化している」といった良い口コミが散見されます。

    また、給与面に関しても、「ボーナスや退職金があるので嬉しい」などの声があります。

    悪い口コミ・評判


    20代男性/企画・事務・管理系

    女性の活躍は最近やっと増えてきた程度。海外勤務してる女性が数人。経営者が数人といったところ。やはり昔ながらの体育会系といった感じ

    引用元:「カイシャの評判


    30代男性/ 営業系

    時短勤務は会社自体は推奨していますが、人員不足の為なかなか難しいところです。具体的な策はあまり出さず、指示だけ出して改善は全くされていません。女性の働きやすについては、育児休暇などの制度はありますが、結婚したら女性社員は退職をされる方がほとんどです。

    引用元:「カイシャの評判


    20代女性/営業系 

    地域社員は都道府県の最低賃金からのスタートです。生活していく事が困難なレベルです。あとは組合費が異様に高い。月収に対して2~3万は引かれてしまうため、最初はとても驚きました。

    引用元:「カイシャの評判

    「女性が増えているもののまだ男性中心」「結婚や妊娠を機に退職する人も多い」といった悪い口コミが散見されます。

    給与面に関しては、働き始めは生活に影響が出るほど少ないケースもあるようです。

    5.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、あなたは自分自身の「推定年収」がいくらなのか気になりませんか?

    転職エージェント「doda」の年収査定サービスを利用すると、186万人の年収と転職実績データを元に、自身の推定年収を測定することができます。

    dodaは年収診断できる

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形で自分が本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いはずです。

    なお、推定年収の測定は、「doda」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。

    診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。

    dodaで年収診断を行う方法年収診断を行う流れ

    ちなみに、dodaではキャリアアドバイザーへの転職相談も行えます

    年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。

    キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。

    対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。

    転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。

    \3分ほどで年収測定できます/dodaに登録してみる【完全無料】

    【転職エージェント「doda」とは】

    doda」は、人材業界大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェントです。

    業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No.1」にも選ばれています。

    自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。

    まとめ

    日本通運の平均年収は「610万円」です。

    日本の企業の中でも高めの給与になっており、最近では、正社員と非正規社員の賃金を同じにする「同一労働同一賃金」を先行して導入すると発表しました。

    そんな日本通運の年収に関する特徴は、次の通りです。

    • 過去5年間で年収600万円台をずっとキープ
    • 50代以上であれば700万円に到達する可能性あり
    • 部長クラスになれば年収1,000万円以上を目指せる
    • グループ会社・日通商事の年収は509万円程度

    こうした給与形態になっている日本通運に転職したい人は、募集職種や求める人材、社員の口コミなどをチェックしておきましょう。

    転職を有利に進めるために「JACリクルートメント」を活用することもおすすめです。

    日本通運に転職して、高い年収と安定したキャリアを実現させませんか。

  • \3分で分かる/評判の良かった転職サービス診断

    転職エージェント・サイト一覧【2020年最新版】 50社の中から、あなたにピッタリの転職サイトを見つけよう!

    1. 現在の年収は?

    2. 現在の年齢は?

    3. こだわりたい条件は?

    4. 希望の勤務地は?

    5. 希望の転職サービスは?