「confident」の意味!confidentialとの違い!

confidentの意味とは ビジネス用語

「confident」は、 「自信のある」「確信した」という意味です。

よく似た単語に「confidential」や「confidence」というものがあり、これらは混同しやすい英語です。

そこで今回は「confident」の意味と使い方、「confidence」「confidential」との違い、「confident」の類語表現について詳しく解説していきます。

1.「confident」の意味

confident

読み:コンフィデント

  1. 自信のある
  2. 確信した

意味1.「自信のある」

「自信のある」という意味での「confident」は、以下の基本形を覚えておきましょう。

  1. be confident that S V:SがVということに自信がある
  2. be confident in~:~に自信を持っている

「自信のある」という意味の「confident」は、以下の例文のように使います。

例文

  • She was confident this time.
    (今回は、彼女には自信があった。)
  • I’m confident that our team wins.
    (自分のチームが勝つことに自信がある。)
  • My sister is always confident in herself.
    (姉はいつも自分に自信を持っている。)
  • スポンサーリンク

  • 意味2.「確信した」

    「確信した」という意味での「confident」は、以下の基本形を覚えておきましょう。

    1. be confident that S V:SがVであると確信している
    2. be confident of~:~に確信がある

    ②の「be confident of~」は、「be confident about~」に言い換えることも可能です。

    「確信した」という意味で用いる時は、何か根拠のあることに対して使うのが一般的です。

    例文

    • She was confident. That’s why she talked like that.
      (彼女は確信していただから、あのような話し方をしたんだ。)
    • I was confident that she was cheating on me.
      (彼女が浮気していると確信したよ。)
    • I am confident of my success about this project.
      (このプロジェクトの成功を確信している。)

    2.「confident」「confidence」「confidential」の違い

  • スポンサーリンク

  • 「confidence」:信用、自信、秘密

    confidence

    読み:コンフィデンス

    1. 信用
    2. 自信
    3. 秘密

    「confident」と「confidence」は、以下のような違いがあります。

      confident confidence
    意味 自信のある、確信した 信用、自信、秘密
    品詞 形容詞(名詞を修飾する語) 名詞

    「confident」は、形容詞なので名詞の前に置いたり、be動詞とセットで使います。

    一方「confidence」は不可算名詞(数えられない名詞)なので、単体で使うことが可能です。

    「confident」と「confidence」を用いた例文を、以下で確認してみましょう。

    例文

    • I am confident in your victory.
      (君の勝利を確信しているよ。)
    • I have confidence in her.
      (彼女を信頼している。)

    「confidential」:内緒の、機密の

    confidential

    読み:コンフィデンシャル

    意味:内緒の、機密の

    「confident」と「confidential」はどちらも形容詞ですが、以下のような違いがあります。

      confident confidential
    意味 自信のある、確信した 内緒の、機密の
    ニュアンス 自分を信用している 相手を信用している

    「confident」は自分自身を信用して、物事を確信するという意味合いです。

    一方「confidential」は相手を信用している、つまり「この人には、安心して内緒の話を共有できる」というニュアンスを強く持ちます。

    では「confident」と「confidential」を使った例文を、以下で紹介します。

    例文

    • She was confident that she would win.
      (彼女は、自分が勝つだろうと自信を持っていた。)
    • All customers phone numbers are confidential.
      (全ての顧客の電話番号は、機密のものです。)
  • スポンサーリンク

  • 3.「confident」の類語表現

    confidentの類語

    「confident」の類語表現には、以下のようなものがあります。

    類語1.sure:自信を持って

    sure

    読み:シュアー

    意味:自信を持って

    「sure」は「I’m sure that S V」で、「SがVであることに自信がある」という意味です。

    ただし「sure」は「confident」と比較すると、 自信が小さいニュアンスです。

    そのため「sure」は、「たぶんそうだと思うけれど、きっとそのはずだ」という意味合いで使われる場合もあります。

    例文

    • She was sure he was the one.
      (彼女は、彼が運命の人だと自信があった。)
    • I am sure that she will come tonight.
      きっと今夜、彼女は来てくれるよ。)
  • スポンサーリンク

  • 類語2.positive:明確な、疑いのない

    positive

    読み:ポジティブ

    意味:明確な、疑いのない

    「positive」は「confident」よりも明確さが強い表現で、 「これは確実に間違っていない」というニュアンスです。

    例えば「Are you sure?(本当だろうな?)」などと聞かれた時に、「I’m positive.(確実だよ=疑いがないよ)」のように答えます。

    また検査の結果などで、「確実に陽性」である際にも「positive」が使われます。

    例文

    • I am positive that it was not him.
      (彼じゃなかったことは明確だよ。)
    • I’m positive I am going to submit the assignment by 5.
      絶対5時までに、課題を提出します。)
    • How was the result?-Was positive.
      (結果はどうでしたか?-陽性でした。)

    まとめ

    「confident」は、 「自信のある」「確信した」という意味です。

    「confident」は形容詞なので、名詞の前やbe動詞とセットで使います。

    名詞「confidence」は「信用」「自信」「秘密」という意味があり、単独で用いることが可能です。

    また「confidential」は「confident」と同じ形容詞ですが、「内緒の、機密の」という意味です。

    それぞれの意味や使い方をしっかりマスターし、正しい単語を使い分けるようにしましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事