「勘案」の意味と使い方、例文、敬語として使えるか、「考慮・検討・鑑みる」との違い

勘案の意味とは ビジネス用語

「勘案」の意味をお調べですね。

「勘案」とは、「いろいろと考え合わせること」を意味する言葉です。

「総合的に勘案しました」というように、複数の事情を踏まえて総合的に答えを出した時に使われるのが一般的です。

日常会話で使うことは少ないですが、ビジネスシーンや公的な文章では使われることが多いので、社会人なら身につけておきたい言葉ですね。

そこで今回は、「勘案」の詳しい意味や正しい使い方を、例文を見ながら分かりやすく解説していきます。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

1.「勘案」の読み方と意味

 

「勘案」は『かんあん』と読み、『いろいろと考え合わせること』という意味があります。

複数の要素を比べて、深く考え合わせる、といったニュアンスになります。

それぞれの漢字の意味も、1つずつ見ていきましょう。

  • 「勘」:深く考える。比べて考える。取り調べる
  • 「案」:考える。調べる。考えた内容。文書。予想や計画

「勘案」を構成する漢字には、上記の意味があります。

そのため、「勘案」は「深く考える、比べて考える、調べる」と汲み取ることができ、「いろいろと考え合わせること」を表す言葉となります

2.「勘案」の使い方と例文

意味を確認したところで、「勘案」の使い方と例文を見ていきましょう。

「勘案」は、「諸事情を勘案する」など、複数の要素を踏まえて総合的に判断するという意味を伝えたいときに使います。

官公庁や企業が発表する公的文書や、ニュースや新聞などで使われることが多く、いわゆる「お役所言葉」です。
ビジネス以外の日常会話では、ほとんど使いません。

「勘案する」「勘案して」「勘案の上」「勘案した上で」「総合的に勘案する」などといった形を取ることが多いです。

それでは、「勘案」を使った例文を紹介します。

  • 調査やヒアリングなどを実施した場合には、それらの結果を勘案する
  • システム復旧の重要性と緊急性を勘案して、緊急時対応計画を立案する。
  • 諸事情を勘案の上、今後の対応を検討する。
  • 双方の事情を勘案した上で、最適な方針を決定する必要がある。
  • 経済状況等を総合的に勘案しながら、今月中に判断する予定だ。

複数の要素を考え合わせる、という意味がイメージできたでしょうか。

スポンサーリンク

3.「勘案」は敬語として使える?

「勘案」は、敬語表現として目上の人に使うことができます。

まず、敬語には、尊敬語・謙譲語・丁寧語があります。

  • 尊敬語:目上の人に使う
  • 謙譲語:自分に対して使い、自分がへりくだる(下げる)ことで相対的に相手を立てる
  • 丁寧語:「です」「ます」をつけ、相手を問わずに使える

「勘案」を尊敬語として使う場合、接頭語の「ご」を付けることで尊敬を表し 「ご勘案」とします。

「勘案」を尊敬語でいう場合

  • 「ご勘案ください」
  • 「ご勘案いただき〜」

「勘案」を謙譲語として使う場合、 「〜いたします」「〜させていただきます」という言い回しを使います。

◆「勘案」を謙譲語で言う場合

  • 「勘案いたします」
  • 「勘案させていただきます」

このように、目上の人に「勘案」を使う場合は、敬語表現をうまく使うと失礼がありません。

続いては、「勘案」の類義語を確認していきましょう。

4.「勘案」の類義語

勘案の類語

「勘案」は公的な文章などに使われる言葉なので、日常会話で使われることはほとんどありません。

では、「勘案」を類語で言い換えて使う場合は、どのような言葉が当てはまるのでしょうか。

「勘案」の類義語には、以下のようなものがあります。

  • 考慮(こうりょ)
    ⇒判断・行動の前に、いろいろな要素を考え合わせること。思いめぐらすこと。考え。
  • 検討(けんとう)
    ⇒物事を詳しく調べ考えること。よいかどうかを調べ考えること。
  • 鑑みる(かんがみる)
    ⇒先例や規範に照らし合わせる。他を参考にして考える。
  • 熟考(じゅっこう)
    ⇒じっくりとよく考えること。熟慮。
  • 配慮(はいりょ)
    ⇒心をくばること。他人や他の事のために気をつかうこと。
  • 斟酌(しんしゃく)
    ⇒1)相手の事情・心情などをくみとること。
     2)手加減すること。手ごころ。
     3)条件などを考え合わせて、適当に取捨選択すること。
     4)遠慮すること。ためらい。
  • 忖度(そんたく)
    ⇒他人の気持ちをおしはかること。推察。

どの言葉も、「勘案」と同じように、「じっくり物事を考えて答えを出す」という意味合いを持っています。

ただ、「勘案」と少しだけニュアンスが異なる類語がありますので、使い分けの方法を解説します。

「勘案」と「考慮」の違いは?

「勘案」と「考慮」の意味は、それぞれ以下の通りです。

  • 勘案:いろいろと考え合わせること
  • 考慮:判断・行動の前に、いろいろな要素を考え合わせること。思いめぐらすこと

「考慮」は「勘案」とほぼ同じ意味で使われます。

ですが、「勘案」が複数の要素に対して使うのに対し、「考慮」には「判断・行動の前に、いろいろな要素を考え合わせること」の他に「思いめぐらすこと」という意味もあるため、 要素が1つでも複数でも使えます

一般的には、「考慮」の方がよく使われる言葉です。

スポンサーリンク

「勘案」と「検討」の違いは?

「勘案」と「検討」の意味は、それぞれ以下の通りです。

  • 勘案:いろいろと考え合わせること
  • 検討:物事を詳しく調べ考えること。よいかどうかを調べ考えること

「検討」の方が、 「物事を詳しく調べる」「よいかどうかを調べて判断する」という意味合いが強くなります。

一般的には、「検討」の方がよく使われる言葉です。

「勘案」と「鑑みる」の違いは?

「勘案」と「鑑みる」の意味は、それぞれ以下の通りです。

  • 勘案:いろいろと考え合わせること
  • 鑑みる:先例や規範に照らし合わせる。他を参考にして考える

「鑑みる」には、 「何か基準となるものに照らし合わせて考える」という意味があり、「勘案」とは少し意味が異なってきます。

例えば、「前例を勘案する」は「複数の前例を考え合わせる」という意味ですが、「前例を鑑みる」は「前例(1つでもよい)に照らし合わせて考える」という意味になります。

何か基準となるものを参考にして考える場合は、「鑑みる」を使いましょう。

まとめ

ここまでの解説をまとめます。

  • 「勘案」の意味は「いろいろと考え合わせること」
  • 公的文書などで使われることが多いお役所言葉
  • 尊敬語では「ご勘案ください」、謙譲語では「勘案いたします」などの形で使う
  • 類義語は「考慮」「検討」「鑑みる」など

類義語との違いを踏まえて、ビジネス文書などの中で「勘案」を使ってみてください。

  • スポンサーリンク