インテリア好きな人必見!インテリアコーディネーターの資格を取ろう

資格

インテリアコーディネーターは、インテリアと住まいのスペシャリストであることを証明する資格です。

資格を取得すると、インテリア好きな人がより一層インテリアのことを知り、お部屋をオシャレにしていくことができるのが魅力です。

でも、資格の取得方法がわからなかったり、「試験は難しいのかな?」という気持ちをお持ちではありませんか?

そんなあなたに、本記事ではインテリアコーディネーターという資格についてご紹介し、試験内容、難易度、勉強方法、インテリアコーディネーターの活躍の場について解説していきます。

インテリアコーディネーターは、とっても役に立つ資格ですので、ぜひ最後まで確認して、資格取得について検討してみてくださいね!

スポンサーリンク

1.インテリアコーディネーターとは

インテリアコーディネーター

  1. インテリア産業協会が認定する資格。
  2. 住まいのスペシャリスト。

インテリアコーディネーターは公益社団法人であるインテリア産業協会の認定資格で、 インテリア・住宅・商品についての幅広い知識と専門技術をもとに、家具やインテリアを総合的に企画提案する住まいの専門家です。

国家資格ではありませんが、インテリア産業協会は経済産業省が管轄省庁となっていて、インテリア業界では、認知度の高い資格といえます。

資格を取得することで、知識がつくだけでなく住まいとインテリアの専門家と認定してもらえるので、就職・転職に有利になりますよ!

ここからは、そんなインテリアコーディネーターの仕事を具体的に確認していきましょう。

1-1.住まいの専門家

インテリアインテリアコーディネーターは、 カーテン・照明・家具といったインテリアをトータルコーディネートし、住む人にとって快適な居住空間を提案する仕事です。

部屋を住む人の好みにあわせて快適に演出し、住みやすい居住空間にするためのプランを立てます。

具体的には、以下の流れでの仕事を行います。

<インテリアコーディネーターの仕事の流れ>

ヒアリング

住む人の好みの色や素材、家族構成とライフスタイル、趣味、予算などを総合的に聞き取る

プランニング

居住空間をイメージし全体の雰囲気、壁、床、天井、照明、家具などの色彩や素材を計画

 商品の選択

内装設備・照明・カーテン・家具・インテリアといった商品を

お客様の予算にあわせて選択し提案

発注とセッティング

契約成立後、商品を実際に発注しセッティング

チェックとアフターフォロー

最終的なチェックを行って納品を完了し、アフターフォローも行う

 

仕事の流れをみてもわかるように、インテリアコーディネーターは色彩や空間に対するセンスが問われるだけでなく、専門的で幅広い知識やお客さまとのコミュニュケーション能力が必要とされる総合的な資格です。

インテリア好きの方にとってとてもやりがいのある仕事ですね!

  • スポンサーリンク

  • 1-2.インテリアコーディネーター資格の難易度

    インテリアコーディネータ資格の難易度は、国家資格のように高いものではありません。

    しかし、 一次試験、二次試験とあり、学習内容も幅広いためにきちんとした学習が必要な資格です。

    仕事をしながらだと学習に必要な期間は8カ月から1年です。

    受験者数は年々減少傾向にあり、平成29年では8,200人を超える受験者数となっています。

    合格率は近年では21%から26%の間で推移しており、平成29年では22.5%となっています。

    1-3.カラーコーディネーターとの違い

    カラーコーディネーター

    1. 東京商工会議所が主催する検定試験で1級から3級まである。
    2. 色彩アドバイスに関するプロ。

    インテリアコーディネーターがインテリアや住まいの専門家であるのに対し、カラーコーディネーターは色彩の専門家です。

    インテリアコーディネーターとしての仕事をしていくうえで、色彩感覚は重要なものです。

    インテリアコーディネーターは、カラーコーディネーターの資格があると仕事をしていくうえで役に立つでしょう。

    カラーコーディネーターは3級から順に資格を取っていけるので、インテリアコーディネーターの取得後に仕事をしながら目指してみるのもいいですね。

  • スポンサーリンク

  • 2.インテリアコーディネーター資格をとるには

    インテリアコーディネーターの資格は、ンテリア好きでインテリアについての知識やセンスを生かしたい人がぜひとも取得したい資格です。

    ただ、資格を取得するには、認定試験を受けなければなりません。

    では、認定試験はどのようにとるのか、そして資格取得後はどのように資格を生かして働いていくのかを具体的に確認していきます。

    2-1.認定試験を受ける

    インテリアインテリアコーディネーター資格を取得するには、 年に一回実施されるインテリア産業協会の認定試験を受ける必要があります。

    受験申込期間:7月中旬から8月の中旬頃

    申し込み方法:インターネット・郵便局

    一次試験試験日:10月初旬

    一次試験試験日:12月初旬

    具体的な受験申込期間、申し込み方法、試験日、受験地はインテリアコーディネーター公式サイトで確認してください。

    インテリアコーディネータ試験の公式サイトはコチラ!

  • スポンサーリンク

  • 2-2.インテリアコーディネーターとして登録

    試験に合格すると、インテリアコーディネーターとして登録することができます

    資格試験に合格すると、二次試験合否通知が届きますが、そこに資格登録についての案内が記載してあります。

    これにしたがって資格登録申請手続きを行うことで「インテリアコーディネーター」の称号が与えられ協会に登録されます。

    登録手続きが完了すると、協会から「インテリアコーディネーター証」が交付されます。

    この登録がないと、インテリアコーディネーターを名乗って仕事をすることができません。

    2-3.登録後の資格更新

    インテリアコーディネーター資格は、 5年ごとに資格の更新手続きが必要です。

    更新手続きを行わない場合には、資格放棄とみなされて登録を抹消されます。

    更新をするためには、申請書などの更新手続きをするための資料が、資格有効期限前年の11月下旬から12月頃に送付されますので、それにしたがって手続きを行います。

    続いて、インテリアコーディネーターの資格の試験内容や勉強方法を具体的に解説していきます。

  • スポンサーリンク

  • 3.インテリアコーディネーター資格の試験内容

    インテリアコーディネーター資格の試験内容は、居住空間についてのアドバイスを行うために、 インテリアに関する歴史、仕事の知識、インテリアの構造、インテリア関連法律などの幅広い知識が問われます。

    試験は、一次試験と二次試験があります。

    一次試験はマークシートによる択一式の試験で、一次試験を合格した後に二次試験に進むことができます。

    二次試験は、論文・プレゼンテーション試験です。

    <試験の流れ>

    一次試験

    1. 誰でも受験可能
    2. マークシートによる択一式

    二次試験

    1. 過去3年以内に一次試験に合格している人が受験可能
    2. プレゼンテーションと論文の記述式

    3-1.一次試験

    一次試験は マークシートによる択一式です。

    広い範囲からンテリアに関する歴史、仕事内容、インテリア自体の知識、関連した法律などさまざまな問題が出題されます。

    具体的な内容は以下の通りとなります。

    <インテリアコーディネーターの資格の一次試験の内容>

    1. インテリアコーディネーターの誕生とその背景
    2. インテリアコーディネーターの役割、仕事の手順など仕事の基礎知識
    3. インテリアの歴史
    4. インテリアコーディネーションの計画で検討すべき事項などの基礎知識
    5. インテリアとその品質などの基礎知識
    6. インテリアの構造や構法などの基礎知識
    7. 住宅環境や設備についての基礎知識
    8. インテリアコーディネーショの設計やプレゼンテーションについての表現の基礎知識
    9. インテリア関連の法律、規格、制度についての基礎知識
  • スポンサーリンク

  • 3-2.二次試験

    二次試験は、論文試験とプレゼンテーション試験が行われます。

    論文試験では、インテリアコーディネーターとしてインテリアについて与えられた課題を理解判断して、 文章で的確に表現できるかどうかが問われます。

    プレゼンテーション試験では、自分の持っているインテリアの基礎知識をもとに、インテリアコーディネーターとして お客様にプレゼンテーションできるかどうかが問われます。

    4.インテリアコーディネーター資格の勉強方法

    インテリアコーディネーターの資格試験は、教材さえしっかりとそろっていれば、働きながら独学でも勉強しやすい資格です。

    試験の傾向や対策を行い模擬試験で試験の演習を行うことができる スクールや通信教育で勉強すると、効率的に合格を目指すことができます

    インテリアコーディネーターを合格するために必要な勉強期間は、8か月から1年といわれています。

    自分にあった勉強方法で、短期合格を目指しましょう!

    4-1.スクールに通う

    インテリアコーディネーター資格を取得するためには、専門の受験教育を行うスクールがあります。

    通学可能な環境にあるのであれば、 講師から直接指導を受けられ、受験生同士の交流でモチベーションアップを図ることができるので、スクールに通学して勉強するのが短期合格の早道です。

    インテリア産業協会では、インテリアコーディネーター資格取得のための講座があるスクールを紹介しています。

    スクール一覧はコチラ!

    4-2.通信教育を受ける

    仕事でスクールに通う時間がない方や、スクールから遠い地域にお住まいの方は、通信教育で勉強することが効率的です。

    スクールの中には通信教育講座を設けているところもあり、 スクール通学と同じように講師が採点やフォローをしてくれます

    通信講座を検討している方は最後の章におすすめの通信講座について説明していますので、最後の章をチェックしてみてください。

    4-3.独学で勉強する

    インテリアコーディネーター資格の試験は、独学で勉強して合格を目指すことのできる資格です。

    独学で勉強したい方のために、インテリアコーディネーター受験用の本が市販されています。

    独学で合格を目指すには、 市販の本で一通り学習して知識をつけ、予想問題や過去問題を解答することができるようになることがポイントです。

    インテリアコーディネーター1次試験合格教本

    「インテリアコーディネーター1次試験合格教本」は、インテリアコーディネーターの資格を取得するための 幅広い学習範囲を一通り学習するのに最適な本です。

    インテリアコーディネーター1次試験 過去問題徹底研究

    「インテリアコーディネーター1次試験 過去問題徹底研究」は、過去問題と解答が掲載されていますので、 一通り解答できるようになることで試験傾向をつかむことができ、合格への近道となるでしょう。

    5.インテリアコーディネーター資格を役立てる方法

    インテリアコーディネーターは、住まいの専門家として幅広い分野で活躍しています。

    具体的にどのような場面で、インテリアコーディネーターを生かすことができるのかをご紹介します。

    5-1.就職・転職に生かす

    インテリアコーディデーターは、住まいに関する幅広い分野で活躍できる資格なので、住宅メーカーなど住まいに関係する仕事で資格を生かすことができます。

    就職や転職のときにも、 履歴書にインテリアコーディネーターの資格が記載することで、インテリア業界での働く意欲や専門知識をPRすることができ、有利に働きます。

    実際に働くときにも、インテリアコーディネーターの知識を生かしてお客様の期待にそう提案をすることができますよ!

    インテリアコーディネーターが必要とされる業界

    最近では、リフォームの需要が多くなってきています。

    特に住宅を2世帯や3世帯住宅に改装するケースが多く、 改装の提案をするためのインテリアコーディネーターが必要とされています

    具体的に活躍の期待できる分野としては、次の業界があります。

    <インテリアコーディネーターの資格を生かせる業界>

    • 建築設計
    • デザイン事務所
    • リフォーム業界
    • 住宅メーカー
    • 建設会社
    • 照明や家財メーカー
    • 家具やインテリアの販売
    • 不動産業者など

    インテリアコーディネーターの中には、独立してフリーで企業に依頼されて仕事をしている方もいらっしゃいますよ!

    5-2.現在の職場で生かす

    インテリアに関係のある職場で働いている場合には、ンテリアコーディネーターの資格を取得することで、キャリアアップを目指すことができます。

    インテリアにあまり関係のない職場でも、インテリアコーディネーターの知識を生かして、現在自分が働いている職場の環境改善の提案ができます!

    5-3.趣味に生かす

    インテリアが好きな方は、インテリアを見たり購入したりするほかにも、 インテリアコーディネーターの知識を生かしてインテリア制作にもチャレンジできるようになります。

    趣味が仕事へと発展し、自分でインテリアを制作して販売する方や、インテリアや小物を売るお店をはじめた方もいます。

    インテリアコーディネーターの資格を取得した人の中には、家族や友人のリフォームにアイデアを提供して喜ばれたという方もいらっしゃいます。

    6.資格取得のためのおすすめ通信講座3選

    仕事や、家事・育児をしながら資格を取得するのに欠かせないのが通信講座です。

    ここでは、 キャリアピックスおすすめの通信講座を3つご紹介します

    それぞれの通信講座の特徴を、順にご紹介します。

    ①財務・法律系の国家試験に強い「クレアール」

    資格難易度 クレアール
     
    クレアール」は、1998年設立の資格教育機関です。
     
    公認会計士、税理士、司法書士といった財務・法律系に特に力を入れています。
     
    「クレアール」は、Webに特化した通信学習の専門スクールのため、忙しい方でも時間を効率的に使うことができます。
     
    また、独自の学習法である「非常識合格法」は、勉強時間を圧倒的に減らせるという点で注目されています。
     
    合格に必要な学習範囲だけを徹底的に習得することで、勉強時間は圧倒的に減らすことが可能になるのです。
     

    ②事務系・美容や健康など女性向け資格なら「たのまな(ヒューマンアカデミー)」

    資格難易度 たのまな 資格難易度 たのまな

    たのまな」は、ヒューマンアカデミーが運営する通信講座です。

    『たのしい未来へ導く、学びサポーター』 というコンセプトから、「たのまな」という名前が付けられています。

    事務系はもちろん、女性ならではの美容系やフード系の講座も充実しています。

    「たのまな」の講座は、基本的にテキストとDVDが中心です。

    ただし、学習教材や学習方法は講座によって異なるため、まずは希望の講座ホームページを確認しましょう。

    また、同じ資格取得を目指す者同士のコミュニティがあったり、最寄の校舎でサポートを受けることの出来るコースがあるのも嬉しいポイントです。

    質問無制限、受講延長制度などのサポートも利用者からの評価が高い通信講座です。

    ③教員など公務員資格に強い「東京アカデミー」

    資格難易度 東京アカデミー 資格難易度 東京アカデミー

    東京アカデミー」は、全国に75拠点あり、25万人以上が受講している通学・通信講座最大手です。

    「東京アカデミー」では、公務員をはじめ、教員や看護師の採用・資格試験対策の講座を中心に行っています。

    DVDやWEB講義中心の通信講座が多い中、「生」講義にこだわっていることが大きな特徴のひとつです。

    大手ならではのノウハウと、資格に応じた対策と指導ができることが「東京アカデミー」の強味と言えるでしょう。

    まとめ

    インテリア好きな方やインテリア業界でキャリアアップをしたい方はもちろん、住まいを快適にすることに興味がある方は、ぜひ、住まいの専門家であるインテリアコーディネーターを目指してみてはいかがでしょうか。

    インテリアコーディネーターの資格は、決して簡単にとれるものではありませんが、ちんと学習をすることで短期間で取得が可能な資格です。

    おすすめはスクール通学や通信教育での学習ですが、やる気があれば独学でも取得可能です。

    幅広いインテリアの知識をつけることができるので、インテリアに興味のある方は楽しく学習を進めることができます。

    インテリアコーディネーターの資格について、公式サイトには資格や試験の日程などの詳細も記載されていますので、受験を検討されている方は、チェックしてみてください。

    インテリアコーディネーターの資格の公式サイトはコチラ!

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%