旭化成の年収は?年齢別・役職別年収や転職に必要な要素も解説

旭化成の平均年収 平均年収

旭化成の年収は870万円だと言われています。

しかし、年齢や役職などによって年収は大きく変わってきます。

そこで、本記事では旭化成の年収について、年齢、役職、グループ関連会社に分けて解説していきます。

この記事を読んでいただければ、旭化成の年収がわかるので、転職のモチベーションが上がりますよ。

ぜひ、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

1.旭化成の年収は870万円

旭化成の平均年収は870万円だと言われています。

参考:四季報オンライン

旭化成は日本最大手の化学メーカーとして知られており、サラリーマンの平均年収よりも高水準なのです。

平均月収48〜64万円・平均ボーナス230〜380万円

旭化成の 平均月収は48万円〜64万円、平均ボーナスは230万円〜380万円です。

ただし、平均月収は男女別で差があり、ボーナスも役職や職種で差があります。

平均月収は 男性だと64万円、女性だと48万円なので、約1.5倍の差があるのです。

また、ボーナスに関しては男女別で差はありませんが、役職ごとに以下のような差があります。

役職ごとの平均ボーナス
主任 233万円
係長 260万円
課長 340万円
部長 380万円

役職が上がれば上がるほどボーナスも増えていくのがわかりますね。

スポンサーリンク

新卒の月収は21〜28万円

旭化成の新卒の月収は21万円〜28万円ですが、学歴によって差があります。

学歴別の新卒の月収は以下の通りです。

学歴別の月収
大卒 213,140円
修士 245,780円
博士 287,780円

学歴が高ければ高いほど新卒の月収も高くなるのがわかりますね。

学歴の高さが重視されるのは、旭化成は化学メーカーであるため、化学についての専門性が重視されるからです。

国内最大手の化学メーカー

旭化成は 国内最大手の化学メーカーです。

化学メーカーとは、肥料や医薬品、調味料、合成繊維など、化学的な製品の開発を行う会社を指しています。

その中でも、旭化成は明治時代の旧財閥「日窒コンツェルン」を前身しており、日本最古の会社の1つです。

そのため、歴史は古く、年収が高いのはもちろん、倒産しにくい安定している企業でもあります。

旭化成の近年の平均年収推移

旭化成の近年の平均年収推移は以下の通りです。

年度 平均年収
平成23年 923万円
平成24年 892万円
平成25年 845万円
平成26年 902万円
平成27年 921万円
平成28年 770万円

参考:旭化成有価証券報告書

平成23年から平成28年度までの推移をみると、上がってから下がる年はあるものの、安定した平均年収であることがわかります。

 

スポンサーリンク

2.旭化成の年齢別年収

ここからは旭化成の年齢別年収について、以下の通り20代から60代までを解説していきます。

それぞれ見ていきましょう。

20代:310万円〜680万円

旭化成の20代の平均年収は、 20代前半が310万円、20代後半が680万円です。

一般企業の20代の平均年収は20代前半が240万円、20代後半が320万円となっています。

そのため、20代前半では一般企業の年収とそれほど差はありません。

しかし、20代後半になると、旭化成の方が2倍近く年収が高くなるのがわかります。

旭化成社員のクチコミ


20代 / 男性 / 電気・電子・機械系エンジニア

給与は他の同業種の会社の中でもトップクラスだと思う。1年目だが思った以上に多くもらえる。求人票に記載された基本給より多く、さらに手当もついた。賞与は年度にもよるが5~6ちょいヶ月分とかなりもらえる。

引用:カイシャの評判

30代:670万円〜800万円

旭化成の30代の平均年収は、30代前半が670万円、30代後半が800万円です。

一般企業の30代の平均年収は、30代前半が450万円、30代後半が480万円となっています。

一般企業では、30代前半から30代後半にかけてそれほど年収は変わりません。

一方、旭化成は30代前半から30代後半にかけて、100万円以上年収がアップしているのがわかります。

旭化成社員のクチコミ


30代 / 男性 / 営業系

年収はそこそこ。30代半ばだと850-900万円くらい。ボーナスも業績良ければ6ヶ月弱はもらえるのでそこそこよし。

引用:カイシャの評判

スポンサーリンク

40代:780万円〜1,010万円

旭化成の40代の平均年収は、 40代前半が780万円、40代後半が1,010万円です。

一般企業の40代の平均年収は、40代前半が520万円、40代後半が550万円となっています。

40代後半になると、順調に出世すれば1,000万円台の年収を稼ぐことも可能です。

旭化成社員のクチコミ


40代 / 男性 /  企画・事務・管理系

同業他社に比べても高いと思います。近年は業績も良くてボーナスも良い。社内交際費も基準が緩く、職場内の飲み会等でも気軽に使える(部署による)

引用:カイシャの評判

50代:960万円〜1,080万円

旭化成の50代の平均年収は、50代前半が960万円、50代後半が1,080万円です。

一般企業の50代の平均年収は、50代前半が630万円、50代後半が740万円となっています。

50代になると一般企業よりも300万円近く高い年収を稼ぐことが可能です。

60代:630万円〜1,070万円

旭化成の 60代の平均年収は、630万円〜1,070万円です。

一般企業の60代の平均年収は570万円となっています。

60代になると、出世した人であれば年収1,000万円台を維持することも可能です。

スポンサーリンク

3.旭化成の役職別年収

ここからは旭化成の役職年収について、以下の3つを解説していきます。

それぞれ見ていきましょう。

係長:840万円

旭化成の 係長の平均年収は840万円です。

一般企業の係長の平均年収は500〜600万円となっています。

旭化成では早くて30歳前後、平均的には35〜40歳くらいで係長になることが可能です。

課長:1,120万円

旭化成の 課長の平均年収は1,120万円です。

一般企業の課長の平均年収は700〜800万円となっています。

旭化成では早くて40際前後、平均的には45〜50歳くらいで課長になることが可能です。

スポンサーリンク

部長:1,410万円

旭化成の部長の平均年収は1,410万円です。

一般企業の部長の平均年収は800〜900万円となっています。

旭化成では50歳以上で部長になることができますが、そこまで出世できるのは同期でもごく一部です。

4.旭化成のグループ関係会社の年収

旭化成にはいくつものグループ関係会社があり、様々な事業を行なっています。

グループ会社にもそれぞれ独自の年収が設定されており、年収が異なるのです。

そこで、ここからは旭化成のグループ会社の年収について、以下の4つを解説していきます。

それぞれ見ていきましょう。

旭化成ホームズ:400万円〜900万円

旭化成ホームズの平均年収は400〜900万円です。

旭化成ホームズでは、戸建て住宅の建設業を行なっています。

世界20カ国で生産・使用されている「ヘーベルハウス」が主力商品です。

スポンサーリンク

旭化成ファーマ:500万円〜900万円

旭化成ファーマの平均年収は500万円〜900万円です。

旭化成ファーマでは、医療用医薬品の開発・販売を行なっています。

ちなみに、「ファーマ」とは「医薬」を意味する「Pharmaceutical(ファーマスーティカル)」が語源です。

旭化成メディカル:400万円〜1,100万円

旭化成メディカルの平均年収は400万円〜1,100万円です。

旭化成メディカルでは、医療機器の開発・販売を行なっています。

そのため、医薬品を扱っている旭化成ファーマとは、扱っている対象が異なるので注意しましょう。

旭化成アドバンス:370万円〜750万円

旭化成アドバンスの平均年収は370万円〜750万円です。

旭化成アドバンスでは、繊維、樹脂化学品、建材、AEDの4つの製品の開発・販売を行なっています。

これらの製品は、スポーツウェアや洗剤、断熱材の素材となるものです。

スポンサーリンク

5.旭化成に転職するために必要な3つの要素

ここからは旭化成に転職するために必要な3つの要素を紹介します。

それぞれ見ていきましょう。

要素1.ビジネスで使える高い英語力

旭化成のほとんどの求人では、ビジネスレベルの高い英語力が要求されます。

旭化成は海外に展開しているため、顧客も海外企業であることが多いからです。

そのため、転職活動に備えてTOEICやTOEFLなどを受験しておくことが重要となります

要素2.一定以上の学歴

旭化成は歴史の古い大企業であり、社風も保守的であるため、 一定以上の学歴が必要です。

最低でもMARCHクラス以上の学歴が必要だとされています。

また、一年以内の退職歴がないことも重要です。

スポンサーリンク

要素3.即戦力として活躍できる豊富な経歴

旭化成に転職するなら、 即戦力として活躍できる豊富な経歴も重要な要素です。

旭化成は新卒採用では未経験者を採用しますが、中途採用では即戦力して活躍できる人材を求めています。

そのため、前職も化学メーカーに勤務していたなどの経歴があると有利です。

旭化成に転職したいなら、転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントであれば専属の担当者がついてくれて、手厚いサポートを受けることも可能です。

6.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

少しだけ話がそれますが、あなたの「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

ミイダス(miidasu)」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来もらうべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

また、推定年収の測定が終わった後は、あなたの年収に見合った企業のオファーも受けることがあるので、どんな企業からオファーが届くかもチェック可能です。

せっかくなので、旭化成の平均年収は「870万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

▼3分でサクッと測定!▼

まとめ

旭化成は国内最大手の化学メーカーで、旧財閥「日窒コンツェルン」の一員でした。

そのため 歴史はとても古く、年収が高いだけでなく安定もしている大企業です。

高い年収と将来の安定が欲しい人は、旭化成に転職してみてはいかがでしょうか。

  • スポンサーリンク