「微力ながら」は使えると一流の社会人!意味と正しい使い方を解説!

微力ながらの意味とは ビジネス用語

取引先の社員に対し、上司が「微力ながらお力添えさせていただきます」と言っているのを聞いたことはありませんか?

「微力ながら」とは「少しの力しかないけれど、足しにもならないが」と意味を持ち、ビジネスシーンでも取引先や目上の人に良く使う言葉です。

この言葉は、相手を立てることができるため、使いこなせると外部や上司との関係性を円満にすることができます。

今回はそんな「微力ながら」の意味と使い方、類語について詳しく解説します。

1.「微力ながら」の意味は

「少しの力しかないけれど、足しにもならないが」

微力ながら

読み:びりょくながら

意味:少しの力しかないけれど、足しにもならないが

「微力ながら」の「微力」には「力の乏しい、力が及ばない」という意味が含まれています。

そのため 「微力ながら」という言葉は、「依頼を受けた仕事に対する能力は乏しいけれども」という意味合いで使われているのです。

ただし、「微力ながら」を使うときは、実際に能力に乏しいかどうかはあまり関係ありません。

「微力ながら」という言葉自体が、自分をへりくだって相手に敬意を表す言葉であるため、実力があるかどうかは問われていないのです。

相手を敬うわけですから、当然上司や取引先の相手に使う言葉になります。

  • スポンサーリンク

  • 2.「微力ながら」のビジネス上の使い方と例文

    「微力ながら」という言葉には、「微力ながら○○させていただきます」のように様々な使い方が可能です。

    「微力ながら」の使い方は4つあり、以下です。

    1. 微力ながら尽力
    2. 微力ながら精一杯
    3. 微力ながら応援
    4. 微力ながらお役に立てれば

    それぞれ詳しく見ていきましょう。

    ビジネス上の使い方①「微力ながら尽力」

    尽力という言葉の意味は以下の通りです。

    尽力

    読み:じんりょく

    意味: 相手のために力をつくすこと

    「尽力」には「相手のために力をつくす」という意味があり、同時に相手への敬意も表します。

    そのため、上司や取引先に使うには、最も適した言い回しと言えるでしょう。

    以下が「微力ながら尽力」を使った例文です。

    <例文>

    • 部長、我々も微力ながら尽力いたします
    • 微力ながら尽力いたす所存です、共に頑張りましょう
  • スポンサーリンク

  • ビジネス上の使い方②「微力ながら精一杯」

    「精一杯」の意味は以下の通りです。

    精一杯

    読み:せいいっぱい

    意味:力のある限りを出す様子、可能なぎりぎりのところ

    「微力ながらも精一杯」も「微力ながら尽力」と同様に、相手への敬意を表しつつ全力で対応するという意味です。

    「精一杯」をつけることで相手にやる気の度合いを見せることができるため、こちらもビジネスシーンで使える言い回しといえるでしょう。

    「微力ながら精一杯」を使った例文は以下です。

    <例文>

    • 微力ながら精一杯協力させていただきます
    • 微力ながら精一杯やったのですが…力及ばずで申し訳ありません

    ビジネス上の使い方③「微力ながら応援」

    「応援」には以下のような意味があります。

    応援

    読み:おうえん

    意味:力を添えて助けること、加勢、拍手をし声をかけて、味方やひいきの選手をはげますこと

    「応援」には「拍手をし、声をかけ励ますこと」と「力を添えて助けること、加勢」の2つの意味があります。

    ビジネス上で使われる「応援」は、「力を添えて助ける」という意味で使われ、直接手を出して助けることになるのです。

    「微力ながら応援」を使った例文は以下です。

    <例文>

    • 微力ながら応援参りました
    • 微力ながら応援に向かおうと思っております、必要なものなどはありますでしょうか
  • スポンサーリンク

  • ビジネス上の使い方④「微力ながらお役にたてれば」

    「お役に」の「役」には以下のような意味があります。

    読み:やく

    意味:わりあてられた任務、つとめ

    「お役に」の「役」は「わりあてられた任務、つとめ」という意味があり、ビジネス上では「仕事上のつとめ」に言い換えることができます。

    つまり 「微力ながらお役にたてれば」とは「足しにもなりませんが、あなたの仕事上のつとめの足しになることができれば」と解釈できるのです。

    「微力ながらお役にたてれば」は以下の例文のように使われます。

    <例文>

    • 微力ながらお役にたてれば幸いです
    • 微力ながらお役にたちたいと思っております

    2-1.「微力ながら」を使うときの注意点

    「微力ながら」を使うときには2点ほど注意点があります。

    以下が注意するべき2点です。

    • 「微力ながら」は頼りないイメージを持たれやすい
    • 「微力ながら」を嫌味と感じる人もいる

    それでは、詳細を見てみましょう。

    「微力ながら」は頼りないイメージを持たれやすい

    「微力ながら」は使うシーンによっては相手に「頼りないかも…」と思われてしまいます。

    この言葉には、自分をへりくだって敬意を表すとともに、自分の力量のなさに保険をかける言葉でもあります。

    依頼する仕事がもし実力が必要な場合、「微力ながら」を使ってしまうと「じゃあ結構です」と断られてしまうかもしれません。

    「微力ながら」はあくまで自分をへりくだって使う言葉であるため、自己アピールの場や実力が試される場での使用は控えるようにしましょう。

    「微力ながら」を嫌味と感じる人もいる

    「微力ながら」は時に嫌味に聞こえてしまうことがあります。

    本当は実力があるのに、自分のことをへりくだりすぎてしまうのは注意が必要です。

    相手によっては「本当は自信満々のくせに生意気だ」などと思われてしまうかもしれません。

    本当に自信のある仕事の場合や、相手より実力が上だとわかる場合は「微力ながら」を使うべきではありません。

  • スポンサーリンク

  • 3.「微力ながら」の類語

    「微力ながら」にはいくつか類語があります。ここでは3つの類語を紹介します。

    1. 僭越ながら(せんえつながら)
    2. 憚りながら(はばかりながら)
    3. 及ばずながら(およばずながら)

    それぞれ詳しく見ていきましょう。

    類語①「僭越ながら」

    「僭越ながら」は「微力ながら」類語として扱われており、意味は以下です。

    僭越ながら

    読み:せんえつながら

    意味:身分を超えて出しゃばりですが、自分のようなものが行うのは恐縮ですが、身の程を弁えず申し訳ありませんが

    「僭越ながら」の「僭越」には「身分を越えて差し出がましいことをすること」という意味があります。

    結婚式やパーティー会場などでも、司会進行役の人がよく使いますよね。

    それは「こんな私が大事な司会進行役をやるなんて、差し出がましいことですが」という解釈になります。

    「微力ながら」の「力不足」と、「僭越ながら」の「差し出がましい」がどちらも自分をへりくだった使い方をしているため類語として扱うことができます。

    他にも「僭越ながら」を使った例文があるので、参考にしてください。

    <例文>

    • 僭越ながら、わたくしが司会進行役をさせていただきます
    • 社長直々にご指名をいただきました。僭越ながら乾杯の音頭をとらせていただきます。
    • 僭越ではございますが、乾杯の挨拶を始めさせていただければと思います。
  • スポンサーリンク

  • 類語②「憚りながら」

    「憚りながら」も「微力ながら」と似た言葉で、意味は以下の通りです。

    憚かりながら

    読み:はばかりながら

    意味:恐れ入りますが、恐縮ですが、生意気な言い分ですが

    憚る」とは「遠慮する、恐れつつしむ」という意味で使われます。

    「微力ながら」も本当は充分できる能力はあるけれども謙遜し、遠慮じみたニュアンスで伝えますよね。

    以上のようなニュアンスが「憚りながら」の「恐縮ですが」と似ているため類語と無して扱われるのです。

    「憚りながら」は以下の例文のように使われます。

    <例文>

    • 憚りながら自分もこの会社の一社員です
    • 憚りながらご注意申し上げます
    • 憚りながら私はこれでも作家のはしくれです

    類語③「及ばずながら」

    「及ばずながら」も「微力ながら」の類語であり、意味は以下の通りです

    及ばずながら

    読み:およばずながら

    意味:手助けする際などに、力は決して十分ではないがと謙遜していう表現のこと

    「及ばずながら」は「ある物事において、自分の力は十分に及んでいないが」という解釈で使われることが多いです。

    「微力ながら」も実力の有無に関係なく「力不足ですが」という解釈で用いますよね。

    そのため、「微力ながら」と「及ばずながら」は類語として扱われます。

    「及ばずながら」を使った例文は以下です。

    <例文>

    • 及ばずながらご助力いたします
    • 及ばずながら全力を尽くします
    • こんな窮地ではありますが、及ばずながら助太刀いたします

    4.「微力ながら」の英語は「I will put the most efforts

    微力ながらの英語表現は2つあります。それが以下です。

    1. I will put the most efforts (最大限努力します)
    2. I don’t have many skills, but(あまり技術はないのですが)

    ビジネスシーンでは1つ目の「I will put the most efforts 」を使う方が適しています。

    以上の2点の違いは、ネガティブな表現かポジティブな表現かといえるでしょう。

    1つ目の「I will put the most efforts 」には「力が及ぶかどうかわかりませんが、精一杯努力します」という言い回しになり、相手にもポジティブな印象を与えます。

    2つ目の「I don’t have many skills, but」には自信のなさが伺えてしまい、相手に「本当に頼んで平気なのか」という疑問を残してしまいかねません。

    相手が困っていることに対して手を差し伸べるわけですから、言葉だけでもポジティブな印象を与えたほうが良いですよね。

    ビジネスシーンで使うのであれば「I will put the most efforts 」を使いましょう。

    I will put the most efforts 」は以下のような例文を参考にしてください。

    <例文>

    • I will put the most efforts for a director.(部長のために最大限努力します。)
    • I will put the most efforts for our company(会社のために最大限努力します。)

    まとめ

    「微力ながら」は「少しの力しかないけれど、足しにもならないが」などの意味を持ちます。

    自分の力量をへりくだるときの言葉で、日常生活よりもビジネスシーンでよく使われる言葉です。

    取引先とのやり取りで使うと、社会人としてのマナーが身についていると受け取れる言葉なので、しっかりと使えるように理解しましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%