「ご参考までに」は正しい表現?ビジネスで使える例文も分かりやすく解説

ご参考までにの意味とは ビジネス用語

メールやビジネス文書など、色々なシーンで「ご参考までに」という表現で終わっている文章を見かけますよね。

何となく意味は分かるけれど「文法的に正しいのか?」「目上の人に使ってもいいのか?」など疑問に思ってはいませんか?

「ご参考までに」とは、話題に直接関係しない内容について「よければ参考にして下さい」と情報を提供する際に使われます。

文法的にも正しく、目上の人に対しても使うことが可能です。

この記事では「ご参考までに」の意味や使い方、例文や英語表現について説明します。

1.「ご参考までに」の意味

ご参考までに

読み方:ごさんこうまでに

意味:よければ参考にしてください

何かを提案し、さらにプラスαの情報を提供する際によく使われる表現です。

「ご参考までに」と言われた場合、参考にすることを強制するものではありません。

その情報をきちんと確認して参考とするか否かは、自分で判断して大丈夫です

1-1.「ご参考までに」は目上の人にも使える敬語表現

「ご参考までに」は「参考までに」に丁寧語の接頭詩「ご」をつけた敬語表現です。

「参考までに」は、以下の場合に用いられます。

  • 考える材料程度に情報を提供する場合
  • 話題に直接関係しない場合や、結論を大きく左右しない場合

文末で「ご参考までに」と結ぶ場合、「目を通しておいてください」「確認しておいてください」といった意味の文章が省略されています。

あえて言わずとも、空気を読むのが得意な日本人だからこそ伝わる表現です。

しかし、使う相手や状況によっては失礼にあたる場合もあるので注意しましょう。

詳しくは『2.「ご参考までに」の使い方と例文』で説明します。

  • スポンサーリンク

  • 1-2.ビジネスシーンの「ご参考までに」は注意が必要

    ビジネスシーンで「ご参考までに」と言われた場合は、聞き流さずにしっかり確認するようにしましょう。

    なぜなら、ビジネスシーンでの「ご参考までに」には、以下のニュアンスが含まれているからです。

    • 認識しておいてください
    • 参照してください
    • 目を通しておいた方が業務がスムーズに運びます

    ビジネスシーンで「ご参考までに」と言われた場合は、聞き流さずにきちんと確認しましょう。

    事前に参照すべき資料を確認していなかったがために、会議で話についていけなかったり、取引先に迷惑をかけてしまったりする可能性があります。

    ただし、「ご参考までに」がプライベートで使われた場合は、確認を強制する意味合いはありません。

    【補足】「参考」と「参照」の違い

    「参考」と「参照」にはどちらも「何かを決めたりする時に、何かにあたって調べること」という意味があります。

    しかし、「参考」と「参照」では対象とするものの範囲が異なるため、実際に使う場合には注意が必要です。

    「参照」は、目に見える文書やデータ化されたもののみを対象としており、「参考」の方が対象が広範囲に渡ります

    「参考」:資料や意見を手掛かりにすること

    「参照」:資料を照らし合わせること

    具体的に説明すると、「参考」は「人の意見や、資料、事例」などを手掛かりにすること、一方「参照」は「文書や図などの資料」を照らし合わせることです。

  • スポンサーリンク

  • 2.「ご参考までに」の使い方と例文

    「ご参考までに」の使い方には、「ご参考までに。」のように文末に使う場合と、「ご参考までに~。」のように文中に使う場合の2種類があります。

    ここでは、「ご参考までに」を使う際に気をつけるべきポイントと「ご参考までに」を使った例文を紹介します。

    2-1.文末で使う「ご参考までに」

    「ご参考までに」の使い方でよく目にするのは文末の結びとして使うものです。

    先に書いた文章に対して使うこともありますし、添付した資料について使うこともあります。

    どちらも後ろに続く文章を省略した言い方です。

    例文:「以上、ご参考までに。」(先に書いた文章に対して)

       「取り急ぎご参考までに。」(先に書いた文章に対して)

       「昨年のデータがございますので、ご参考までに。」(添付した資料に対して)

    ただし、省略した表現を不快に思う人もいるため、丁寧な表現が求められる場面では使わない方が無難です。

  • スポンサーリンク

  • 2-2.「ご参考までに」に続く言葉の主語は誰?

    「ご参考にまでに」を使う上で、後に続く言葉の主語が誰なのかは、注意すべきポイントです。

    続く言葉が相手の行動に関する場合は、「ご参考までに」の後は尊敬語を使った文章に、自分の行動に関する場合は、謙譲語を使った文章というように使い分けが必要です。

    「ご参考までに」に続く言葉が、相手の行動に関するものの場合→尊敬語を使う

    「ご参考までに」に続く言葉が、自分の行動に関するものの場合→謙譲語を使う

    例文:(相手の行動の場合:尊敬語)「ご参考までに過去の資料もご覧になりますか。

                     「ご参考までにお手元の資料をご覧ください

    例文:(自分の行動の場合:謙譲語)「ご参考までに資料を添付いたします。

                     「ご参考までに次回のイベントの日程を掲載させていただきました。

    敬語を正しく使えることは、できる社会人の必須ポイントです。

    「ご参考までに資料を拝見してください」のように、尊敬語と謙譲語を間違えないよう注意しましょう。

    【補足】「ご参考までに」の注意点

    メールや文書で「ご参考までに」を使う場合、その内容はもしかしたら相手に確認してもらえないかもしれない可能性があります。

    「ご参考までに」の重要度は人によって異なるため、「参考程度でいいなら見なくてもいいか」とスルーする人もいるからです。

    きちんと目を通してもらいたい大切な内容については「ご確認ください」「ご参照ください」「お目通しください」といった言葉で確認を促すようにしましょう。

  • スポンサーリンク

  • 3.「ご参考までに」の英語表現

    「ご参考までに」の英語表現には次の2つがあります。

    • For Your Information
    • For Your Reference

    どちらも”FYI”や”FYR”と略して表記することが可能です。

    例文:For Your Information, I’ve attached an interesting link of the news.(ご参考までに興味深いニュースのリンクを添付いたします。)

    例文:FYR, please see the attached PDF file.(ご参考までに添付のPDFファイルをご覧ください。)

    まとめ

    「ご参考までに」は補佐的な情報を提示する際によく使われる表現です。

    しかし、「ご参考までに」の情報をどの程度重要と捉えるのかは人によって異なります。

    そのため、ビジネスシーンでは「ご参考までに」とされた場合でもきちんと確認しておくようにしましょう。

    また、相手に確実に確認してほしい内容については「ご参考までに」とは書かないほうが無難です。

    「ご参考までに」を上手に使うことができれば、あなたの社会人としての評価もアップすることでしょう。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら