「人生飽きた」を解消する!放置して人生を後悔しないための解決策は?

Two men using laptop sitting on sofa
仕事の悩み・相談

例えば、朝起きて「今日も同じことの繰り返しか」と思う時、心の中で「人生飽きたな」と感じてしまうことはないでしょうか?

普通に生きていれば、ドラマのような刺激的なことが毎日起こるわけではありませんし、時々はそんな風に感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、「人生飽きた」と感じて何事にもやる気が出ない状態が続く場合には、自分が成長する機会を逃がしていることがあり、放置しておくと益々つまらない人生になっていく可能性があります。

この記事では、「人生飽きた」と感じる原因や具体的な解決策について解説します。

まずは、人はどんな時に「人生飽きた」と感じやすいのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

1.人生飽きたと思うのは自然なこと

「人生飽きた」なんて、贅沢な悩みだと思ってしまう人もいるようですが、10代・20代・30代の若い世代を中心に、似たようなことを考えている人は意外に多くいます。

Twitterでも、次のようなつぶやきをたくさん見ることができます。

なんかもう人生に飽きたわ
疲れた

引用:Twitter

私人生に飽きたので新しいことがしたいですー!

引用:Twitter

もうすでに人生に疲れを感じてきてる
もう飽きた

引用:Twitter

 

このように、ちょっと生活に疲れてしまっている時や、変化のない毎日をどうにかしたいと思った時に「人生飽きた」と感じることが多いようです。

長い人生のなかで疲れや退屈を感じる時があるのは仕方がないことで、「人生飽きた」と思うのは決して贅沢な悩みでもなければ、おかしなことでもありません。

2.人生飽きたと感じる原因は?

「人生飽きた」と感じてしまうのは、次の3つのことに気付けていないことが原因と考えられます。

  1. 自分や周囲の変化に気付けていない。
  2. 今ある幸せに気付けていない。
  3. 自分の依存心に気付けていない。

このような状態は、物事や世間に対する視野が狭くなっていたり、凝り固まった考え方をしていたりする状態の時に起きやすいと言えます。

ここからは、この3つの原因について詳しく解説していきます。

  • スポンサーリンク

  • ①自分や周囲の変化に気付けていない

    人生飽きたと感じる原因として、自分自身や周囲が変化していることに気付けていないことがあげられます。

    人は成長すれば次の段階にステップアップする必要がありますし、環境の変化に合わせて自分も変わらなければいけない時があります。

    変化の時期が来ているのに何もしないでいると、人生が上手くいかなくなったり、退屈だと感じたりするようになるのです。

    例えば、最近次のように思うことが多くなっていないでしょうか?

    • 仲の良い友達と遊んでいても、今までのように楽しくない。
    • 好きだった人や物、趣味などに興味が持てなくなってきた。
    • 仕事にやりがいを感じられなくなってきた。
    • いつも通りにしているのに、上手くいかないことが増えてきた。

    このように感じた時には、今までのやり方や環境を変えるべき時が来ている可能性があります。

    ②今ある幸せに気付けていない

    生活や健康状態などに深刻な問題がなくて平和な毎日が続いている場合にも、「人生飽きた」と感じることがあります。

    安全に暮らせること、食べ物に不自由しないこと、高い水準の教育が受けられることなど、日本人があたり前だと思っていることがあたり前でない国は世界にいくらでもあります。

    また、家族や友人のように、そばにいて自分を支えてくれる人が一人でもいることは、とても幸せなことだと言えます。

    このような幸せな状況があたり前になってしまうと、幸せを感じにくい心の状態になるので注意が必要です。

  • スポンサーリンク

  • ③自分の依存心に気付けていない

    依存心の強い人は、「人生飽きた」と思ってしまうことがあります。

    依存心があると、自分の人生を自分でコントロールすることを手放してしまうので、充実感が得られずに人生が退屈なものになってしまいます

    例えば、次にあげるようなことを思うことはないでしょうか?

    • 恋人がいたら、週末も楽しく過ごせるのに。
    • もっと良い上司に恵まれたら、仕事も楽しくやれるのに。
    • お金の余裕がないから、旅行に行きたくても行けない。
    • もっとお金持ちの家に生まれれば、良い教育を受けられたのに。

    このように、現状への不満ややりたいことができない理由を「○○のせい」と思ってしまう人は、依存心の強い傾向があります。

    3.「人生飽きた」解決のカギは自分自身

    「人生飽きた」の原因を解消するためには、自分の視野を広げたり、柔軟な考え方をしたりする必要があります

    つまり、人生を楽しいものにするには、自分自身がどのくらい変われるかが重要になってくるのです。

    具体的には、次の3つの解決策が考えられます。

    1. 人生の変化を見逃さない。
    2. 物事の良い面を探す習慣をつける。
    3. 自分で楽しくすると考える。

    この章では、この3つの解決策について詳しく解説していきます。

  • スポンサーリンク

  • 解決法1:人生の変化を見逃さない

    「人生飽きた」と思うのは、自分自身や周囲の変化に気付かずに、そのまま生活を続けようとしていることが原因のひとつです。

    変わらないように見えるなかでも人は日々成長していますし、自分の年齢や時代の変化に伴って環境も少しずつ変化しています。

    人生を充実したものにするには、そのような変化を見逃さずに、自分のやり方や環境を変えていく柔軟さが必要です。

    5年先の未来を想像する

    どんな仕事をしているか、結婚して家族はいるかなど、5年先くらいの自分の姿が想像できるでしょうか?

    変化すべき時がきているのに対応できないのは、夢や希望といった人生の目標がないことが原因のひとつです。

    「特にやりたいことも夢もない」という人は、まずは5年先の未来に自分がどうなっていたいかを考えてみましょう。

    これくらいの近い将来なら具体的な想像がしやすいですし、今より楽しい人生にするための目標が決めやすくなります。

    必要なら環境を変える

    自分が成長して周囲と合わなくなっている場合には、環境を変えることも選択肢のひとつです。

    例えば、自分の能力を十分に発揮できない仕事をしていれば、退屈に感じるのも当然と言えます。

    そのような場合には、部署替えなどで新たな仕事をさせてもらえるようにしたり、他の企業や職種に転職したりといった解決策が考えられます。

    しかし、転職するのもめんどくさいと考える人も多いと思います。

    転職が少しでも頭に浮かんでいる人は、転職サイトや転職エージェントに登録する事をおすすめします。

    どちらも完全無料で使え、転職サイトでは求人を見るだけでも一歩と言えるでしょう。

    転職エージェントの場合は、キャリアコンサルタントがつきますが、相談から承っている所もあります。

    そんな状況の方におすすめが以下になります。

    転職サイト:リクナビNEXT

    転職エージェント:リクルートエージェント

    ※完全に無料で3分ほどで登録完了です。

    どちらのサービスも大手のリクルートが運営しており、膨大な求人数を掲載しているので、見る程度でも十分だと言えます。

    また、仕事を変える場合には、自分が今より成長できる仕事や企業であることを条件にして行動しましょう。

    プライベートが退屈と感じる時には、引っ越しをして環境を変えたり、新たな趣味や友達を作るといった行動を起こしてるのが良いでしょう。

    解決法2:良い面を探す習慣をつける

    「人生飽きた」を解消するには、今ある小さな幸せに気付くことが大切です。

    日常のなかであたり前だと思っていることでも、視点や考え方を変えてみると、とても恵まれていて幸せなことだと気付くことができます。

    また、性格的にネガティブに考えやすい傾向がある人でも、考え方の習慣づけをすることで、ポジティブに変えていける可能性があります。

    ネガティブは習慣で変えられる

    ネガティブな考えがすぐに浮かんでしまう人は、ネガティブなことを探しやすい脳のクセができてしまっていると考えられます。

    そのような人は、ネガティブな考えが思い浮かんでもかまわないので、その後に意識してポジティブな面を探すようにしてみてください。

    例えば、パートナーがいなくて寂しいと思っても、「でも、時間やお金を自分のためだけに使える」と考えたり、「これから素敵な出会いがある」と考えたりすることができるはずです。

    始めはたくさん思いつけなくても、心から信じられなくてもかまいません。

    ポジティブな面を探す習慣づけをしていくうちに、自然に物事の良い面が思い浮かぶようになってきます

    本や映画で知識や視野を広げる

    今ある幸せがなかなか実感できないという人は、本を読んだり映画を観たりしてみるのもいいでしょう。

    様々な人の考え方や境遇を知ることで知識や視野が広がり、自分があたり前と思っている幸せに気付くことができます

    また、大変な境遇のなかで頑張っている人の体験談は、「自分もがんばろう」という元気や勇気を与えてくれます。

    深刻な話が苦手な人や読書に慣れない人には、次の本が読みやすくておすすめです。

    小さな幸せに気づく 24の物語
    • 中山和義
    • 価格   ¥ 1,080
    • 販売者 Amazon.co.jp
    今すぐチェック
    魔法のコンパス 道なき道の歩き方
    • 西野 亮廣
    • 価格   ¥ 1,500
    • 販売者 Amazon.co.jp
    今すぐチェック
  • スポンサーリンク

  • 解決法3:自分で楽しくすると考える

    あなたの人生はあなただけのものですから、結局は人生を楽しくするのも退屈にするのもあなた次第と言えます。

    自分次第で楽しいものにできるのだと考え、境遇や運を言い訳にしてしまう傾向がある人は改めるようにしていきましょう。

    人生に刺激が少ないと思う場合には、今までにしてこなかったことに挑戦してみるのもおすすめです。

    他人や運をあてにしない

    お金があったら、素敵なパートナーがいたら…とういように、「○○だったら楽しいのに」と考える人は、望まない状況から抜け出すための考え方ができにくくなります。

    このような考え方は、他人や運によって人生が変わるのを待っている人に多い考えで、自分の人生を自分でコントロールしていくことを手放してしまっている状態と言えます。

    お金がなくてもシングルでも幸せな人はたくさんいますし、人生を楽しむことはできるはずです。

    望まない状況を自分で変えていこうと努力することで、毎日を充実させることができるようになり、「人生飽きた」状態から抜け出せるようになっていきます。

    「自分らしくない」ことをする

    毎日が退屈なのは、守りに入り過ぎて新しいことへの挑戦を避けていたり、自分が成長して新たな段階に進むべき時だということに気付けていなかったりすることが原因だとも言えます。

    代わり映えのない毎日で「人生飽きた」と思っている人は、今までの自分ならやらなかったことや、自分らしくないと思うことをあえてやってみることをおすすめします。

    「自分らしくない」ことに挑戦すると今までになかった人達とのつながりができたり、新しい自分の可能性を発見することができたりして人生への良い刺激になります

    新たに挑戦したことが上手くいかなくても、失敗の経験自体が刺激になりますし、「やっぱりこれが好き」といった価値観を再認識するのにも役立ちます。

    4.「人生飽きた」まま生きるデメリット


    大きな悩みはないし、人生飽きたままだって良いんじゃないの?

    もしかしたら、こんな風に考えている人もいるかもしれません。

    しかし、そんな状態でなんとなく生きていると、いずれは次のような問題が起きてきます。

    1. 自分が成長できない。
    2. 毎日が不満ばかりになる。
    3. 自分らしい人生を送れなくなる。

    「人生飽きた」まま放置して生きていくのは、人生をより良くする努力を投げ出してしまっているということです。

    それでは 楽しいことなど起こるわけがありませんし、成長することも、自立した人生を歩んでいくこともできません

    歳を取って人生の終盤に差し掛かった時、「何も成し遂げず、つまらない人生だった」と後悔しないためにも、今から解決する行動を起こしていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • まとめ

    人生に飽きたと感じてしまうのは、生活に疲れや退屈を感じているからで、その原因は自分自身にあると言えます。

    具体的には、変化の時に気付けていない、今ある幸せに鈍感になっている、自分の依存心に気付けていないなどが原因としてあげられます。

    解決のためには、今の幸せに気付けるようになったり、人生は自分で楽しくするものだと考えたりして行動を起こすことが大切です。

    人生飽きたまま放置していると、自分が成長する機会を逃してしまい、齢をとってから「つまらない人生だった」と後悔する可能性があるので注意してください。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%