「人生なんとかなる」不安の正体を退治して軽やかに生きる10の習慣

Man with rucksack sitting on rock at sunset on background of volcano Etna mountain in Sicily
仕事の悩み・相談

どんな人でも、仕事、お金、人間関係などで上手くいかないことがあると、将来まで悲観的に考えてしまうことが多いものです。

 「人生なんとかなる」と前向きに考えたいと思っていても、気持ちを切り替えるのが難しいと悩んでいる人もいるでしょう。

この記事では、日ごろの習慣と考え方を変えて前向きになれる方法や、元気を与えてくれるポジティブな名言などを紹介します。

辛いことがあっても、考え方の習慣を変えるだけであっさりと解決することも多いです。

ポジティブに生きられる習慣を身につけて、少しでも幸せな毎日に変えていきましょう。

スポンサーリンク

いま行動しないと後悔するかも…

仕事の悩みは悪化する前に相談する事が重要です。

限界がくる前に、キャリアアドバイザーに無料相談しましょう。

先月の登録者数782人!

1.悲観的な考えから解放されたい!

人生が上手くいかないと感じている時、悲観的な考え方がしつこく頭から離れず、深く悩んでしまう人がいます。

悲観的な考えがやめられない原因は、生まれ持った性格のほかに、自分が何に不安を感じているのかが明確になっていないことがあげられます

この章では、ネガティブ思考になりやすい人の共通点や、心をモヤモヤさせる不安の正体は何なのかについて解説します。

1‐1.ネガティブ思考の人の共通点

世の中には、同じ状況であっても「なんとかなる」と気楽に考えられる人とそうでない人がいますが、その違いはどこにあるのでしょうか?

一般的に、物事を悲観的に考えやすい人には、次のような傾向があります。

  1. 物事の悪い面ばかり探してしまう。
  2. 考えすぎてしまい、すぐに行動に移せない。
  3. 自分が人からどう思われているのかが気になる。

①と②のような人は、 心配症だったり用心深い性格で、必要以上に物事を悲観的に捉えやすい傾向があります。

③のように、 周囲の評価が気になる人は自分と他人を比べてしまったり、何でも「世間並」でないと自分は人より劣ると考えてしまいがちです。

人と比べてばかりでは、何でもないことまで大きな失敗や敗北だと思い込む傾向があり、悲観的な考えになりやすいです。

このような傾向に当てはまる人は、心配しすぎる考え方のクセを直すようにしたり、他人の目を気にしないようにすることを心がける必要があります。

  • スポンサーリンク

  • 1‐2.「将来が不安」の正体とは?

    将来が不安でモヤモヤする場合には、次の2つのことが明確になっていない可能性があります。

    1. 自分は何に不安を感じているのか。
    2. 自分が今するべきことは何か。

    ①は、 何が不安なのかが明確になっていないために解決策が見つからず、漠然とした不安に心が占領されている状態です。

    ②は、状況を良くするために何かしなければいけないと思うけれど、具体的にどうしたらいいのかが分からなくて焦りを感じている状態です。

    どちらの場合も、不安要素を書き出すなどして、一度頭のなかを整理してみるのがおすすめです。

    良い解決策が見つかったり、そもそもそれほど悩むほどのことではないと気付けることがあります。

    ちょっとしたことで落ち込みやすいという人には、こちらの記事もおすすめです。

    2.「人生なんとかなる」と思うための10の習慣

    心配事が多かったり、不安な気持ちになりやすい人は、気付かないうちに身についてしまった考え方のクセや習慣が原因になっていることがあります。

     ネガティブな考え方になりやすい人でも、物事に対する考え方や習慣を変えることで、ポジティブな考え方ができるようになります。

    ここからは、そんな「人生なんとかなる」と思えるようになるための10の習慣を紹介します。

    【「人生なんとかなる」と思うための10の習慣】

    1. 考えすぎない
    2. 今に集中する
    3. 人の評価を気にしない
    4. 完璧を目指さない
    5. 自分の嫌な面も受け入れる
    6. 執着を捨てる
    7. 孤独を恐れない
    8. 自分を哀れまない
    9. 生きているだけで良いと思う
    10. 健康的な生活を送る

    全ていっぺんに身につけようとせずに、「これが自分に足りてない!」と思うものから身につけていってくださいね。

  • スポンサーリンク

  • 習慣1.考えすぎない

    ネガティブな人の共通点として、考えすぎてなかなか行動に移せないというものがあります。

    行動をせずに考えてばかりいると、大抵の場合は物事の悪い面ばかり思いついてしまい、不安が増してしまいます。

    予想がつくリスクもありますが、 未来のことは分からないことの方が多いのがあたり前ですから、考えるのをやめてまずは行動してみる習慣をつけましょう。

    少しでも前に進むことができれば充実感や安心感を得ることができますし、自然に前向きな気持ちになることができます。

    習慣2.今に集中する

    将来に不安を感じるのは、今の時点で何も行動していないことへの焦りがひとつの原因と言えます。

    ネガティブな考えから抜け出したい人は、今できることに集中する習慣をつけましょう。

    例えば、無職で将来が不安な人は、就職できるように就活を頑張ったり、有利になる資格を取ったりするのが今やるべきことのはずです。

    やるべきことができていれば心が安定しますし、今に集中することでネガティブな考えを頭から追い払うことができます。

  • スポンサーリンク

  • 習慣3.人の評価を気にしない

    他人の評価を気にして自分らしく生きられない人は、ネガティブ思考になりやすい傾向があります。

    世間の目や常識を人生の選択の基準にしてしまうと、人生の目標を見失いやすく、何をしていても満足を得ることが難しくなります。

    また、人からの評価を気にする人は、他人の良い面だけを見て自分と比べてしまい、自分は人より劣ると思い込んでしまう傾向があります。

    収入や社会的な地位など、世の中には人を計る物差しがたくさんありますが、 自分が満足と思えるのであれば、他人の評価は気にしないという考え方を持つようにしてみてください。

    習慣4.完璧を目指さない

    完璧主義の人は、理想通りにできない自分に「ダメなやつ」というネガティブな烙印を押してしまいがちです。

    理想に向けて努力するのは良いことですが、完璧を目指しすぎると少しの失敗でも挫折しやすかったり、必要以上に自分を責めてしまったりすることがあります。

    あれもこれもできなかったと自分を責めるのはやめて、できたことに目を向ける習慣をつけるようにしてみてください。

    例えば、夜寝る前に、今日頑張れたことがいくつあったか数えてみるというのもおすすめです。

    初めは多く見つけられないかもしれませんが、慣れてくると自分がたくさん頑張れていることに気付けるようになります。

  • スポンサーリンク

  • 習慣5.自分の嫌な面も受け入れる

    嫌な面が受け入れられず、自分を嫌いだと感じている人は、無意識のうちに自分を価値の無い者としてないがしろにしていることが多いものです。

    やるべきと分かっていることでも素直に行動に移せなかったりして、知らず知らずのうちに自分で自分を窮地に追い込んでしまうことがあります。

    ポジティブ思考になるには、ありのままの自分の価値を信じ、自分の嫌な面も受け入れて、自分を大切にできるようにすることが必要です。

    自分で自分の価値が認められない人は、自信を持つことができずに、挫折や失敗から立ち直るのに時間がかかる傾向にあります。

    習慣6.執着を捨てる

    夢や目標を持つのは良いことですが、望みに執着しすぎると、それ以外で恵まれていることに気付けなくなるので注意が必要です。

    1つのことに執着すると視野が狭くなってしまうので、「それがなければ幸せになれない」と思い込むことが多くなります。

    例えば、お金に執着しすぎると、自分が健康や家族の愛情に恵まれていることを忘れ、お金がない不満ばかりに目が行ってしまうということが起こります。

    幸せになるための方法は1つではないことを理解し、執着を捨てて心を軽くする努力をすることが大切です。

  • スポンサーリンク

  • 習慣7.孤独を恐れない

    恋人や家族がいなかったり、友人が少ないという人は、このまま将来も孤独に過ごすのかと不安になる人もいるでしょう。

    しかし、一方では人間関係が原因で悩む人が多いのも事実で、孤独な人はそのような人間関係の悩みに煩わされなくて済むと考えることができます。

    独りでいることの良い面はたくさんあり、独身であれば時間やお金を自分のためだけに使うことができますし、友人が少ない人は付き合いのために時間を浪費しないで済みます。

    孤独を恐れず、独りでいることはマイナス面ばかりではないと考え方を変えることが大切です。

    習慣8.自分を哀れまない

    自分を哀れむということは、悪い出来事を他人や不運のせいにして、被害者意識の殻に閉じこもっている状態と言えます。

    そのような態度では、失敗から学んで成長することはできませんし、人生に対して前向きに考えられるようにもなれません。

    挫折や失敗をした時に必要なのは、自分を哀れむことではなく、どうしてこうなったかを分析して真摯に反省する姿勢です。

    何かあると「運が悪い」と愚痴をこぼす人は、自分は被害者だという考えに浸りやすい傾向があるので注意してください。

    習慣9.生きているだけで良いと思う

    どのような悪い状況に陥っても、よほどのことがない限り、命まで取られるようなことはありません。

    「生きてさえいればなんとかなる」と開き直る図太さも、人生をポジティブに生きるためには必要です。

    お金がなくても、病気にかかっても、孤独でも、生きていれば再び良いことが巡って来る可能性が残っています。

    人生が終わってしまえばやり直すこともできず、悩むことすらできないことを考えれば、生きているだけで幸せなんだと思うことができるでしょう。

    習慣10.健康的な生活を送る

    2chなどを覗いて夜更かしをし、ジャンクフードでお腹を満たすような生活では、ポジティブな考え方を持つのは難しいと言えます。

    逆境に負けないで ポジティブな考え方ができるようになるには、睡眠・食事・運動に注意した健康的な生活を送ることが大切です。

    寝不足や疲労が溜まった状態では良い考えは浮かびませんし、困難に立ち向かう気力も湧きません。

    ビタミンやミネラルには精神の安定に必要なものがあり、バランスの良い食事は体だけでなく、心を元気にするためにも必要です。

    また、運動にはうつ病のリスクを減らす効果があることが知られていて、心を前向きに保つのに役立つことが分かっています。

    3.「人生なんとかなる」と思えるポジティブ名言集

    「人生なんとかなる」と前向きな気持ちになりたい時には、偉人の名言を読むのもおすすめです。

    読むだけで元気と勇気をもらえる、実業家やアスリートの名言を紹介します。

    【実業家の名言】

    • アップル社に解雇されたことは私の人生で起こった最良の出来事だったと後に分かった。成功者であることの重さが、再び創始者になることの身軽さに置き換わったのだ。
      (スティーブ・ジョブズ)
    • 心機一転、やり直せばよいのである。長い人生の中で、そのための一年や二年の遅れは、モノの数ではない。
      (本田宗一郎)
    • 自分のことをこの世の誰とも比べてはいけない。それは自分自身を侮辱する行為だ。
      (ビル・ゲイツ)

    【アスリートの名言】

    • 決してギブアップしないヤツを打ち負かすことだけはできない。
      (ベーブ・ルース)
    • 負けを知ったとき、初めて勝つことができる。
      (北島康介)
    • 運命よ、そこをどけ。俺が通る。
      (マイケル・ジョーダン)

    【聖職者の名言】

    • 神様は私たちに成功して欲しいなんて思っていません。ただ、挑戦することを望んでいるのです。
      (マザーテレサ)
    • 長い階段をのぼる時、その階段の全てが見えてなくても良いのです。大事なのは目の前にある一段をのぼることです。
      (キング牧師)

    以下のような、ポジティブになれる名言を集めた書籍を読むのもおすすめです。

    大切なことに気づく365日名言の旅(ライツ社)
    • WRITES PUBLISHING
    • 価格   ¥ 1,540
    • 販売者 ECJOY!ブックス
    今すぐチェック
    必ず出会える! 人生を変える言葉2000
    • 価格   ¥ 825
    • 販売者 Amazon.co.jp
    今すぐチェック

    4.ネガティブ=悪ではないと知っておこう

    心配事や不安が頭から離れないのは、そういったネガティブな感情は、生命を守るために重要だと脳が認識しているからです。

    危険を避けるためには、危険な目にあった時のことを忘れないでおくことが大事ですし、できるだけ悪い方に未来を予測しておいた方が、身の安全を守るのには役立ちます。

    つまり、 悲観的に考えるのは人間の本能として自然なことであって、むやみに嫌う必要はありません。

    そのうえで次の2つのポイントに注意しておくと、ネガティブな感情に振り回されないで済みます。

    1. 悲観的な考えが浮かぶのは自然なことなのだと受け入れる。
    2. 過剰な心配と必要な心配を冷静に見分ける。

    ネガティブな感情も生きるために必要だということを理解し、ポジティブと無鉄砲は違うのだということを覚えておいてください。

    5.【補足】診断ツールで自分を見つめ直してみよう

    人生に悩んでいる人に一度試してもらいたいのが、自己分析ツールで自分の性格をチェックしてみることです。

    自分のことは、自分が一番わかっているようで、案外わかっていないもの。

    客観的に自分の性格を知れる自己分析ツールなら、自分が何に不満を抱えているのか、今よりもっと明確に見えてくるはずです。

    ただ、わざわざ有料の自己分析ツールを使うのはちょっとハードルが高いと思います…。

    そんな時は、リクナビが用意している無料の診断ツール「グッドポイント診断」を使ってみてください。

    リクナビnextは「グッドポイント診断」が優秀

    「転職サイトの診断ツールなんて役に立たなそう…」と思うかもしれませんが、これが意外とバカにはできません。

    グッドポイント診断では30分間・293問の本格的な診断を行えるので、言語化できてない自分の性格をかなり明確にすることができるんです。

    リクナビnextのグッドポイント診断の様子

    18種類の中から自分の強み(性格)が判断できる

    診断を受けると、18種類の中からあなたの強みを知ることができ、人間関係の築き方や仕事をうまく進めるポイントが見えてきます。

    試してみれば「もっと自分はこうした方が生きやすくなるかも」という気づきが生まれ、今までの考え方を変えるきっかけにできるかもしれません。

    なお、グッドポイント診断を受けるには会員登録が必要なため、『①会員登録→②トップページから診断ボタンをクリック』の手順で診断を行う必要があります。

    会員登録と聞くと面倒に感じるかもしれませんが、診断後はトップページの「各種設定」から簡単に退会できるので、転職する予定がない人も安心して使ってみてくださいね。

    ちょっとだけ診断に時間がかかりますが、そのぶん自分のことを深く知る良い機会になると思います。

    あなたの抱えてるモヤモヤが、少しでも晴れるきっかけになればうれしいです。

    まとめ

    ネガティブな考えが頭から離れないのは、心配性といった性格的なものばかりではなく、不安の正体が明確でなかったり、すべきことが分からない焦りが原因のことがあります。

    また、ネガティブな感情は身を守るためには必要なことであり、むやみに恐れるよりも、過剰な心配と必要な心配を冷静に見分けて対処することが大切です。

    「人生なんとかなる」と ポジティブに考えられるようになるには、ネガティブな感情の正体をよく理解して、考え方のクセや習慣を変えてみることが必要です。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%