打たれ弱い人の7つの特徴とは?克服方法もわかりやすく解説

仕事の悩み・相談

仕事で叱られると、ネガティブな気持ちになってしまいますよね。

ミスをした時に、落ち込んでしまうのは当然のこと。

しかし「いつまでも立ち直れない」のであれば、あなたは打たれ弱い人かもしれません。

この記事では、自分が「打たれ弱い人」かどうかをチェックできるので、確認してみてください。

もし当てはまってしまったとしても、心配は無用!

この記事では、打たれ弱い性格の克服方法を詳しく解説します。

強いメンタルを手に入れて、イキイキと働きましょう。

スポンサーリンク

一人で悩む前に…

仕事の悩みや将来への不安を、ずるずる伸ばしてはいないでしょうか?

限界がくる前に、キャリアアドバイザーに無料相談しましょう。

先月の登録者数782人!

1.打たれ弱いの意味とは?

「打たれ弱い」とは 「他人から叱られたり注意されたりした際、くじけたり傷ついたりしやすい様」という意味です。

仕事でミスをした時にすぐ傷ついてしまう人に対して、よく使われる言葉です。

あなたも職場で上司にミスを指摘され「辛いなぁ」と感じることはあるでしょう。

しかし、仕事で注意され引きずったり凹んだりしてしまうのは誰にでもあることです。

では、打たれ弱い人とそうでない人の違いは何でしょうか?

  物事に対する見方 自分に対する見方
打たれ強い人 物事を客観的に見ている 等身大の自分を受け入れている
打たれ弱い人 物事を主観的に見ている 自分を過大評価している

両者の違いを簡単に言えば、「物事や自分を冷静かつありのままに認識できているかどうか」です。

打たれ強い人は客観的な立場で物事を考えられるため、叱られたときも「相手が自分のことを思って叱ってくれていること」と理解します。

また、何かに失敗したときも「自分の能力では出来なくても仕方がない」と失敗を受け入れることができます。


打たれ強い人

あの人は私の人格ではなく、仕事内容に関して叱ってくれている。今回は自分の力不足だったから、至らなかったところを反省して次に活かそう。

反対に、打たれ弱い人は上記のような考え方を持っていません。

主観的な考え方をする癖がある上、自分自身への理想が高いため、なかなか逆境を乗り越えることができないのです。


打たれ弱い人

また叱られた…俺は本当に駄目なやつだ。どうしてうまくできないんだろう。本当はもっと効率よく完璧にできるはずなのに。

この記事では、打たれ弱い人の特徴をさらに詳しく解説するので、自分に当てはまるものがないかチェックしてみてくださいね。

2.あなたは打たれ弱い?チェックリストで確認!

あなたは打たれ弱い?チェックリストで確認!

まずはあなたは「打たれ弱い人」なのか以下のチェックリストを活用し確認していきましょう。

人の目が気になる
理想が高い
どちらかというとネガティブ思考だ
自分と同じ意見の人がいると安心する
人から指摘されることが嫌い
寂しがり屋だ
なんでも完璧にやらないと気が済まない

チェック項目が3つ以上ある人は、性格的に打たれ弱い傾向があります。

さらに打たれ弱い人にはいくつかの共通する特徴を持ちます。

次の見出しで見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 3.打たれ弱い人の7つの特徴

    打たれ弱い人の7つの特徴

    打たれ弱い人の特徴としては、以下7つの要素が挙げられます。

    それぞれ詳しく見ていきます。

    あなたが当てはまると思う項目を確認してください。

    叱られ慣れていない

    打たれ弱い人は、叱られ慣れていない人が多いです。

    〈叱られ慣れていない人の特徴〉

    • 叱られた時に、その事実を素直に受け止めることができない
    • 叱られることに対し、過度なストレスを感じてしまう

    叱られると「自分が否定されている」と勘違いすることも多いですが、これは大きな間違いです。

    相手が叱っているのは、あくまでも「仕事上での行動」や「ミス」に対してです。

    あなたの人格自体を否定しているわけではないので、「自分はダメなんだ…」とネガティブになる必要はありません。

    自分自身が否定されていないという意識を持つことで、叱られることに対するストレスを減らすことができますよ。

  • スポンサーリンク

  • 自己評価が高い

    打たれ弱い人は、自己評価が高い傾向があります。

    指摘をうけたことでプライドが傷ついてしまい、立ち直るのに時間がかかってしまいます。

    例えば、学生時代はエリート街道を走っていた人が、社会に出て怒られたり注意されたことで、それまでの自信が打ち砕かれるというケースは少なくありません。

    失敗や挫折に対する耐性がないため、打たれ弱くなってしまうのです。

    もし仕事でミスをしてしまった時は、「そういう時もある」と開き直ることが重要です。

    ミスを認めることで、気持ちを素早く切り替えられますよ。

    真面目過ぎる

    真面目過ぎるというのも、打たれ弱い人の特徴のひとつです。

    真面目過ぎる人は、失敗や注意を重く受け止めすぎてしまう傾向があります。

    失敗や注意を重く受け止めすぎると、気持ちの切り替えが上手くいかなくなってしまいます。

    仕事に対するモチベーションを保つためには、気持ちの切り替えも重要です。


    打たれ強い人

    次は同じミスをしないように気を付けよう!

    上記のように考えることで、気持ちに区切りをつけることができますよ。

    誰もがミスをするのですから、過剰に自分を責めないようにしてくださいね。

  • スポンサーリンク

  • 他人の目を気にしすぎている

    打たれ弱い人は、他人の目を気にしすぎる傾向があります。

    「自分の評価を落としたくない」という気持ちが強いため、周りの視線が気になってしまうのです。

    そのため、他人の目を気にしすぎている人は、注意そのものよりも「注意された自分を他の人に見られている」ことにストレスを感じます。


    打たれ弱い人

    皆の前で注意された。また「できないやつ」だと思われてしまう。恥ずかしい…。

    あなたも「失敗したらどうしよう……」と不安になることが多いのではないでしょうか?

    ミスした自分を見られることに不安を感じるかもしれませんが、たった一度の失敗が自分の評価に直結するわけではありません。


    打たれ強い人

    失敗なんてよくあること。そもそも、たった一度の失敗では、自分の評価は変わらない。

    上記のような考えを心に留め、自信を無くさないようにしましょう。

    言い訳ばかり考えている

    打たれ弱い人は、失敗した時の保険として、言い訳ばかり考えている傾向があります。

    このタイプは失敗を極端に恐れており、「その場を切り抜ける方法」として言い訳を考えています。

    そのため、言い訳が通用しない出来事に直面したとき「もうダメだ……」と、すぐに心が折れてしまうケースが多いです。

    そもそも言い訳ばかりの人は「自分の保身しか考えていない」「反省できない」と思われることも多いです。

    失敗した時は、素直に謝罪できるようになりましょう。


    打たれ強い人

    申し訳ございませんでした!

    次は必ず事前に意見の擦り合せを行い、チーム内で正しく共有します。


    上司

    わかった。次は気をつけるようにな。

    (きちんと反省しているようだな…勉強も兼ねて、次も彼に任せてみるか)

    素直に謝罪し、反省した姿勢を見せる方が、相手に与える印象は良くなります。

  • スポンサーリンク

  • 自分の意見が言えない

    打たれ弱い人は、自分の意見が言えない人が多いです。

    打たれ弱い人は「意見を反対されると自分がストレスを感じる」ことを知っているので、意見が言えません。

    「相手から反対される」ことで、傷つきストレスを感じてしまいます。

    しかし「誰からも反対されない正しい意見」というのは存在せず、あなたの意見もあくまで「意見の一つ」に過ぎません。

    「誰からも反対されない意見を言わなければ」と考えてしまうと本音が言えなくなるので、「自分の意見はあくまで意見の一つ」という認識を持ちましょう。

    また、自分の意見に反対する意見も、考え方の一つと認識することで、相手から反対されるストレスを減らすことができますよ。

    感受性が強い

    打たれ弱い人は、感受性が強い傾向にあります。

    感受性が強い人は、周りの変化や感情にも敏感なので、ストレスや不安や心配などを感じやすいです。

    そのため、仕事中も簡単なことで傷ついてしまいます。


    感受性が強い人

    先輩に間違えてメールを送ってしまった…気にしなくてもいいて言われたけど、落ち込む。

    それに今日は上司の機嫌が悪いなぁ…職場のみんなも気を使ってるし、私まで気分が沈んじゃうよ。

    しかし、「感受性が強い=悪いこと」ではありません。

    感受性が強い人は、相手の気持ちを汲み取り、繊細な気遣いができる方が多いです。

    感受性が強いと感じる場合は無理に自分を変えるのではなく、「打たれ弱い自分」を認めるようにしましょう。

    ありのままの自分を認めることで、過度に傷つくことを防ぐことができますよ。

  • スポンサーリンク

  • 4.打たれ弱いと仕事にどんな影響がある?

    打たれ弱いと仕事にどんな影響がある?

    打たれ弱いと、仕事に様々な悪影響を与えます。

    仕事では、メンタルの強さも重要な要素なのです。

    この章では「打たれ弱いことが具体的に仕事にどのような影響を与えるか」を見ていきましょう。

    仕事に対するモチベーションが下がる

    打たれ弱い人は、失敗から立ち直ることができず、仕事に対するモチベーションが下がってしまうことが多いです。

    打たれ強い人であればミスをしても「取り返してやろう」と仕事の頑張りにつなげますが、打たれ弱い人はただただ落ち込んでしまいます。

    また、気持ちの切り替えができないことで仕事が雑になり、新たなミスをしてしまう可能性もあります。

    モチベーションの低下は、仕事のクオリティ低下にもつながるので注意が必要です。

    モチベーションが下がった時は、自分へご褒美をあげるのが良いでしょう。

    「この仕事を片付けたら休憩にしよう」「仕事が終わったらケーキを買おう」というように、頑張った自分に褒美を与えることでモチベーションを保つことができます。

    新しい仕事にチャレンジできない

    打たれ弱い人は、なかなか新しい仕事にチャレンジすることができません。

    ミスして怒られた経験が頭に残っているため、新しいことを始めても「またミスしてしまうかもしれない…」とネガティブに捉えてしまうためです。

    しかし、ミスが起こるかどうかは、実際にチャレンジしてみなければわかりません。

    ミスなく仕事が大成功する可能性もあります。

    ミスがトラウマになり、次の一歩が踏み出せない場合は「失敗は過去のこと。今は今」と割り切ることが大切です。

    失敗を恐れて前に進めないままでは、成長することもありませんよ。

    劣等感を感じてしまう

    打たれ弱い人は成功体験より失敗体験が記憶に強く残るため、劣等感を感じやすく仕事にも悪影響を及ぼします。


    打たれ弱い人

    なにやっても失敗するし、どうせチャレンジしてもまた怒られてしまう…。

    上記のような思考回路に陥り、自分に自信が無くなってしまいます。

    さらにミスがしやすくなったり、職場の人とコミュニケーションが取りづらくなったりと負のループに嵌るかもしれません。

    もしあなたが劣等感を感じやすい場合は、小さな目標を設定しそれを達成する」を繰り返すことをおすすめします。

    小さな成功体験を積み重ね、少しずつ自己肯定感を取り戻していきましょう。

    5.打たれ弱い性格を克服する4つの方法

    打たれ弱い性格を克服する4つの方法

    これまで述べてきたように、打たれ弱いことは仕事にも大きな影響を及ぼします。

    打たれ弱い性格のせいで仕事に悪影響が生じていると感じる人は、打たれ弱い性格を克服することが重要です。

    ここでは、「打たれ弱い性格を克服する4つの方法」を解説します。

    周りの目を気にしすぎない

    打たれ弱い性格を克服するためには、周りの目を気にしすぎないようにしましょう。

    周りの目が気にならないようになると、外部からの余計なストレスが減り、注意された内容と向き合うことができるからです。

    重要なのは「注意された自分を恥じる」のではなく、「注意された内容をしっかりと受け止めて再発しないようにする」ことです。

    「自分は自分、他人は他人」と割り切れば、周りの目があまり気にならなくなります。

    「他人は出来ているから自分も出来て当たり前」と無理をする必要はありませんよ。

    物事を客観的に見る

    打たれ弱い性格を克服するためには、物事を感情的にとらえず客観的に見るようにしましょう。

    物事を客観的に見ることで、ネガティブ思考を排除できたり、相手の意図を冷静に判断したりすることができるからです。

    物事を客観的に見る事で、「そこまでネガティブに考える必要がない」と気づくことができます。

    また、「どうして注意をされたのか」「何がいけなかったのか」など、相手の考えを冷静に判断することができます。

    自分や物事を客観的に見るには「紙に書いてみること」がおすすめ

    自分が注意された内容や普段感じていることを客観的に見るには、一度紙に書いてみることがおすすめです

    紙に書くと、「思考という主観的なもの」を「文字という客観的なもの」に変化させることができます。

    こうすることで「論理的に破綻していないか」「抜け落ちている情報は無いか」ということが分かります。

    冷静に考えることができるので、第三者の視点から物事を見たい時は、一度頭で考えたことを紙に書き出してみましょう。

    等身大の自分を受け入れる

    打たれ弱い性格を克服するためには、自分の弱さや認識を理解し、等身大の自分を受け入れることが大切です。

    自分を過大評価しすぎると、理想と現実のギャップに心が折れてしまいます。

    等身大の自分を受け入れるための方法は下記の通りです。

    〈等身大の自分を受け入れるための方法〉

    • 人と比べないこと
    • できないことや実行していないことを「できる」と思わないこと
    • できない自分を恥ずかしいと思わないこと

    人と比べず、あるがままでいることで気持ちが楽になります。

    また、等身大の自分を受け入れ自分の能力を把握することで、キャパオーバーとなった時に仲間を頼ることができます。

    自分を必要以上に大きく見せず、欠点や短所を笑い飛ばせるようになれば、打たれ強くなることが可能ですよ。

    聞き流せるようになる 

    打たれ弱い性格を克服するためには、叱責や上司の小言の聞き流し方を覚えましょう。

    聞き流せるようになることで、ストレスを軽減できます。

    聞き流す力を身に付けるために大切なのは「言われたことを脳内で繰り返さない」ことです。

    例えば上司から注意をされてしまうと、嫌な気持ちになったり落ち込んでしまいますよね。

    しかし上司の注意が終わった後にも、注意をされたことやその内容を思い出してしまうと、なかなか立ち直ることはできません。

    ミスを引きずらないためにも、注意をされた場合はその場で反省し、言われたことを繰り返し思い出さないようにしましょう。

    6.【要注意】仕事がうまくいかない原因は自分以外にあることも

    仕事がうまくいかない原因は自分以外にあることも

    ここまで仕事がうまくいかない原因が、打たれ弱いあなた自身にあることを前提にお話してきました。

    しかし仕事がうまくいかない原因が自分以外にあるケースも存在します。

    ここからはそういった「自分ではままならない状況」に直面した場合、どう対策すべきか見ていきましょう。

    働く環境に問題がある

    注意をする上司に問題があるケースが考えられます。

    例えば、異常なまでのきつい説教や注意をする上司や、仕事に直接関係のないあなたの人格まで否定するような上司の下に配属されてしまったケースです。

    このような状況でも、打たれ弱い人は自分が悪いと思う傾向にあります。

    社内での役職といった立場や年齢により自分が悪いと感じてしまうのです。

    しかし、上司に問題がある職場環境では、いくら克服方法を実践しても状況は好転しません。

    なぜなら、注意している側の論点が間違っているからです。

    異常な人間関係にある会社に在籍して悩んでいる方は、なるべく早めに職場環境を変えた方が良いでしょう。

    退職が難しい場合は「退職代行サービス」の利用を検討しよう

    社内では日常のようにハラスメントが起きていて、退職できないという声も聞きます。

    そういった人のために退職代行というサービスがあるのはご存知でしょうか?

    退職代行とは、あなたの代わりに退職手続きを代行してくれるサービスです。

    心機一転、転職し新しい環境で仕事をすれば、前上手くいかなかったのがウソのように生き生きと働けるかもしれませんよ。

    自力で退職の意思を職場に伝えるのが難しい方は、退職代行EXITを利用してみましょう。

    電話、メール、LINEで相談を受け付けており、正社員の場合、利用料金は5万円です。

    会社との連絡は全てやってくれますので、上司ともう話す必要はありません。

    仕事内容が自分に合っていない

    上司に問題があるわけではなく、上述した打たれ弱いことへの対策法を行っても状況が改善しない場合、仕事内容が自分に合っていないことも考えられます。

    業務内容が自分に合っていないから、何度もミスを繰り返してしまうのかもしれません。

    「仕事が合わない」と感じる場合は、転職を検討するのもひとつの手段です。

    転職活動を行うときは転職エージェントを利用してミスマッチを防ごう

    転職活動を行う際は、転職エージェントの利用がおすすめです。

    転職エージェントは、応募書類の添削、面接対策、企業との条件交渉といった転職活動に関するさまざまなサポートを行うサービス。

    また、「また合わない仕事にあたったらどうしよう…」といった転職に関する悩みや疑問について、転職のプロからアドバイスをもらえます。

    利用は無料のため、気軽に利用することができますよ。

    7.【番外編】打たれ弱い人への接し方

    打たれ弱い人への接し方

    なかには、部下や同僚など自分の周りの打たれ弱い人に困っているという方もいらっしゃるでしょう。

    打たれ弱い人は、ちょっとした注意ですぐに落ち込んでしまうため「扱いづらい」と感じることも多いですよね。

    ここでは番外編として、打たれ弱い人への接し方をまとめてみたのでご覧ください。

    最後まで話をきく

    打たれ弱い人の意見には、最後まで耳を傾けましょう。

    打たれ弱い人は自分に自信が無いことが多く、自分から意見を発信できなかったり周りの意見に流されたりする傾向があります。

    また、自分の意見を言うこと自体に慣れていない可能性も高いです。

    しかし、自分の意見を主張し他人に受け入れてもらう経験をしなければ、いつまでたっても自分に自信が持てません。

    打たれ弱い人の意見は、きちんと最後まで聞いてあげるよう努めましょう。

    褒めて伸ばす

    打たれ弱い人の指導や教育は、褒めて伸ばすことが有効な対処法です。

    褒めてあげることで自己肯定感が高まり、自信をつけることができます。

    打たれ弱い人は良くも悪くも他人の意見に影響されやすいため、プラスの意見を与えれば前向きになってくれる可能性も高いです。

    まずは小さなことからでもいいので、積極的に褒めていきましょう。

    飴と鞭を使い分ける

    ミスをした時まで、褒めることはできませんよね。

    悪いところを改善する様子が見られなければ、ときには注意することも大切です。

    注意する際の注意点は、飴と鞭を使い分けることです。

    注意した後は褒めるようにすれば、指摘を受けた嫌な記憶がそこまで頭に残らなくなります。

    また、ミスをした時注意するだけでなく、ミスをした部下を受け入れる内容の発言も合わせて行うのも効果的です。

    例えば、下記のような伝え方が考えられます。


    上司

    〇〇さん、お疲れさま。△△のことでちょっといい?

    全体的には問題ないけど、細かいところがちょっとだけ気になるんだ。忙しいところ申し訳ないけど修正お願い。

    このように、プラスな部分やねぎらいの言葉など用いて伝え方を配慮し、指摘を受けた側の神経をあまり刺激しないようにしましょう。

    まとめ

    打たれ弱い人の特徴は、以下の通りです。

    〈打たれ弱い人の特徴〉

    • 叱られ慣れていない
    • 自己評価が高い
    • 真面目すぎる
    • 他人の目を気にし過ぎている
    • 言い訳ばかり考えている
    • 自分の意見が言えない
    • 感受性が強い

    打たれ弱い性格を克服する方法は以下の通りです。

    〈打たれ弱い性格を克服する方法〉

    • 周りの目を気にし過ぎない
    • 物事を客観的にみる
    • 等身大の自分を受け入れる
    • 聞き流せるようになる

    また、仕事が上手くいかないのは、働いている環境に問題がある可能性もあります。

    問題の原因は自分以外にある場合は、退職・転職も一つの手段として考えておきましょう。

    ぜひ当記事を「打たれ弱い自分」の克服の参考とし、新しいあなたに生まれ変わる一助としてくださいね。