打たれ弱い人の7つの特徴とは?克服方法もわかりやすく解説

仕事の悩み・相談
 

仕事で注意されてやる気がおきない…

仕事で上司に注意されると、「やる気が起きない」「会社に行きたくない」と思いますよね。

あなたが叱られるとひどく落ち込んでしまう人なら、あなたは「打たれ弱い人」かもしれません。

この記事では、あなたが「打たれ弱い人」かどうかをチェックすることができます。

もし「打たれ弱い人」に当てはまってしまったとしても、大丈夫。

打たれ弱い性格の克服方法まで、丁寧に解説します。

「打たれ弱い性格」を克服することで、仕事に対するストレスを軽減することができます。

ぜひ参考にして、仕事に対するストレスを軽減し、今より働きやすい環境を作ってください!

スポンサーリンク

1.打たれ弱いの意味とは?

「打たれ弱い」とは 「他人から叱られたり注意されたりした際、くじけたり傷ついたりしやすい様」という意味です。

ビジネスシーンでは、「仕事のミスを指摘するとすぐに傷ついてしまう人」に対して使われます。

実際、あなたも職場で上司指摘されて「辛いなぁ」と感じることがありますよね。

そうなんです、誰だって仕事で注意されてしまうと引きずったり凹んだりしてしまいます。

では打たれ弱い人とそうでない人の違いは何でしょうか?

それは 「物事を客観的に見る力」と「等身大の自分を受け入れる」ことです。

打たれ強い人は、客観的な立場で物事を見ることができます。

また、注意をされても「等身大の自分」を受け入れることができる人です。

ただ、「物事を客観的に見る力」と「等身大の自分を受け入れることができる」だけでは、あなたが打たれ弱い人かどうか分かりにくいですよね。

そこで次に説明するチェックリストで、「あなたの性格が打たれ弱い性格かどうか」を確認してみてください。

2.あなたは打たれ弱い?チェックリストで確認!

実際に、あなたは「打たれ弱い人」なのかチェックしていきましょう。

人の目が気になる
理想が高い
どちらかというとネガティブ思考だ
自分と同じ意見の人がいると安心する
人から指摘されることが嫌い
寂しがり屋だ
なんでも完璧にやらないと気が済まない

チェック項目が3つ以上ある人は、打たれ弱い性格の傾向があります。

3つ以上チェックがついた方は次の「打たれ弱い人の7つの特徴」を確認してください。

  • スポンサーリンク

  • 3.打たれ弱い人の7つの特徴

    打たれ弱い人の特徴は次の7つです。

    1. 叱られ慣れていない
    2. 自己評価が高い
    3. 真面目過ぎる
    4. 他人の目を気にしすぎている
    5. 言い訳ばかり考えている
    6. 自分の意見が言えない
    7. 感受性が強い

    それぞれ詳しく見ていきます。

    当てはまると思う項目を確認してください。

    叱られ慣れていない

    打たれ弱い人は、叱られ慣れていない人が多いです。

    叱られ慣れていないことで、「叱られる=自分が否定された」と感じてしまい、凹んでしまいます。

    あまり叱られずに歳を取ると、いざ叱られた時にその事実を素直に受け止めることができません。

    また、叱られ慣れていないことで、「叱られること」に対し過度なストレスを感じてしまいます。

    今まで、あまり叱られてこなかったという人は、 あなた自身を否定されているのではなく、あなたの仕事に対して注意されている、という意識をしっかり持つようにするといいでしょう。

    そうすることで、叱られることに対するストレスを減らすことができますよ。

  • スポンサーリンク

  • 自己評価が高い

    打たれ弱い人は、自己評価が高い人が多いという特徴があります。

    仕事で注意をされてしまうとプライドが傷ついてしまい、立ち直るのに時間がかかってしまうからです。

    しかし、ミスをしない完璧な人間などいません。

    仕事でミスをしてしまった時は、「そういう時もある」と開き直ることも重要です。

    そうすることで、気持ちを素早く切り替えることができますよ。

    真面目過ぎる

    打たれ弱い人は、真面目過ぎるという特徴があります。

    真面目過ぎることで、失敗や注意を重く受け止めすぎてしまうからです。

    失敗や注意を重く受け止めすぎることで、気持ちの切り替えが上手くいかなくなってしまいます。

    仕事に対するモチベーションを保つためには、気持ちの切り替えも重要です。

    失敗や注意をあまり重大に受け止めすぎず、 「次は同じミスをしないように気を付けよう」と考えることで、気持ちに区切りをつけることができますよ。

  • スポンサーリンク

  • 他人の目を気にしすぎている

    打たれ弱い人は、他人の目を気にしすぎているという特徴があります。

    常に他人の目を気にしすぎることで、ストレスを感じてしまうからです。

    仮に注意をされても、 注意をされた内容よりも、注意をされている自分を見られることにストレスを感じてしまいます。

    「自分に対する周りの評価を落としたくない」と思うことで、今まで以上に失敗を恐れるようになってしまうでしょう。

    しかし、ミスや失敗は誰にでも起こりうることなので、失敗したからといって急に自分の評価が下がることはありません。

    失敗が自分への失望に直結するわけではないので、失敗をしたからといって、他人の目を必要以上に気にしすぎないようにしましょう。

    他人の目が気になる人は、他人の失敗に対してどのくらい覚えていますでしょうか?

    おそらく、他人の失敗はほとんど記憶に残っていないと思います。

    つまり、みんなあなたの失敗も時間が経てば覚えていないのです。

    仕事で失敗をしても、周りはそれほど気にしていない事が多く、自信を無くさないようにしましょう。

    言い訳ばかり考えている

    打たれ弱い人は、言い訳ばかり考えている特徴があります。

    言い訳ばかり考えている人は、「失敗」を極端に恐れているので、失敗して注意されてしまうとすぐに立ち直ることはできません。

    そのため、言い訳が通用しない時には、強いストレスを感じてしまいます。

    しかし、仕事で失敗や注意をされた時に言い訳ばかりしていると、自分の保身しか考えていないと思われてしまうでしょう。

    素直に謝罪し、反省した姿勢を見せる方が、相手に与える印象は良くなります。

    そのため失敗した時は、素直に謝罪できるようになりましょう。

    また素直に謝罪することで、仕事で失敗した場合でも言い訳を言わなくなります。

    「失敗した時の言い訳」を考えることを辞めることで、失敗を必要以上に恐れる気持ちを減らすことができますよ。

  • スポンサーリンク

  • 自分の意見が言えない

    打たれ弱い人は、自分の意見が言えないという特徴があります。

    打たれ弱い人は、意見を反対されることで自分がストレスを感じることを知っているので、意見が言えません。

    自分の意見が言えない人には、「シャイで発言ができない人」だけでなく「相手から反対されるのが怖くて発言できない人」がいます。

    打たれ弱い人は後者です。

    「相手から反対される」ことで、傷つきストレスを感じてしまいます。

    しかし「誰からも反対されない正しい意見」というのは存在せず、あなたの意見もあくまで「意見の一つ」に過ぎません。

    「誰からも反対されない意見を言わなければ」と考えてしまう意見が言えないので、「自分の意見はあくまで意見の一つ」という認識を持ちましょう。

    また、意見を言う場では何かしらの目的があるはずです。

    大事なのは、目的を達成するための意見であって、同意されるか反対されるかは目的とは関係なく個人的な私情なのです。

    反対される事で議論が前に進む事もあるので、あなたの意見は価値ある意見という事にもなります。

    自分の意見に反対する意見も、考え方の一つと認識することで、相手から反対されるストレスを減らすことができます。

    感受性が強い

    打たれ弱い人は、感受性が強いという特徴があります。

    感受性が強い人は、周りの変化や感情にも敏感なので、ストレスを感じやすいです。

    そのため、仕事中も簡単なことで傷ついてしまいます。

    また、感受性が強いと不安や心配、ストレスを抱えがちです。

    しかし、感受性が強いことは、相手の反応に敏感で繊細な気遣いができる場合も多いので、決して悪いことではありません。

    そのため、感受性が強いと感じる場合は「打たれ弱い自分」を認めるようにしましょう。

    その上で感情的ではなく、論理的に考えるようにしましょう。

    ありのままの自分を認めることで、過度に傷つくことを防ぐことができますよ。

  • スポンサーリンク

  • 4.打たれ弱いと仕事にどんな影響がある?

    打たれ弱いと、仕事にはどんな影響があるのでしょうか?

    周りからは、打たれ弱いことで「扱いづらい」と思われてしまうかもしれません。

    また打たれ弱い人自身も、打たれ弱いことが原因で仕事に対するモチベーションが下がってしまいます。

    仕事に対するモチベーションが下がる

    「打たれ弱い人」は、 失敗や注意からなかなか立ち直ることができず、気持ちの切り替えが上手くいかない為、仕事に対するモチベーションが下がってしまいます。

    また気持ちの切り替えができないことで作業がおろそかになり、新たにミスをしてしまう可能性も。

    そのため「自分は打たれ弱い」と感じている人は、打たれ弱い性格を克服することが重要です。

    次は「打たれ弱い性格を克服する方法」を解説します。

    チェックリストで「打たれ弱い」という診断結果が出た人は、ぜひ参考にしてください。

    5.打たれ弱い性格を克服する4つの方法

    「打たれ弱い性格」を克服する方法は次の4つです。

    • 周りの目を気にしすぎない
    • 物事を客観的に見る
    • 等身大の自分を受け入れる
    • 聞き流せるようになる

    どれも「そんな事は分かっている」と思う方もいると思いますが、具体的に説明しているので詳しく見ていきましょう。

    周りの目を気にしすぎない

    打たれ弱い性格を克服するためには、周りの目を気にしすぎないようにしましょう。

    周りの目を気にしすぎないようにすることで、ストレスを減らし、注意された内容と向き合うことができるからです。

    確かに「注意されている自分」を見られることはストレスに感じるでしょう。

    しかし、そのことで周りに対するあなたの評価が下がるわけではありません。

    重要なのは、注意された内容をしっかりと受け止めて再発しないようにすることです。

    「自分は自分、他人は他人」と割り切ることで、周りの目を必要以上に気にしすぎないようにすることができます。

    「他人は出来ているから自分も出来て当たり前」という事はありません。

    仕事で注意された時は、割り切れるようになりましょう。

    物事を客観的に見る

    打たれ弱い性格を克服するためには、物事を感情的にとらえず客観的に見るようにしましょう。

    物事を客観的に見ることで、ネガティブ思考を排除できたり、相手の意図を冷静に判断したりすることができるからです。

    物事を客観的に見る事で、「そこまでネガティブに考える必要がない」という事に気づくことができます。

    また、「どうして注意をされたのか」「何がいけなかったのか」など、相手の考えを冷静に判断することができます。

    物事を客観的に見る方法は、「自分の感情を意識し、どうしてそう思ったのかを考える」ようにすることです。

    例えば「仕事で失敗して凹んでいる」という場合は、どうして仕事を失敗したことで凹んでいるのかを考えましょう。

    「上司が自分に失望したかもしれないと思って凹んだ」「自分の実力不足を痛感して凹んだ」など、失敗をしたことで色んな感情が生まれます。

    なぜ凹んでしまったのかを考えることで、自分を客観的に見ることができるようになりますよ。

    等身大の自分を受け入れる

    打たれ弱い性格を克服するためには、等身大の自分を受け入れましょう。

    等身大の自分を受け入れることで、自分の能力や弱さを認識することができるからです。

    自分を過大評価しすぎていると、注意された時や失敗をしてしまった時にうまく対処ができません。

    なぜなら、「自分はそんな失敗をするはずがない」と考えてしまうからです。

    等身大の自分を受け入れる方法は、「人と比べないこと」と「できないこと、または実行していないことはできると言わない」ということです。

    素直でいる事で気持ちがラクになる事もあるでしょう。

    人と比べてしまうことで劣等感が生まれ、できないことをできると言ってしまうことがあります。

    また他人と比べることが積み重なってしまうことで、本来の自分の能力や弱さを見失ってしまう人も少なくありません。

    しかし、等身大の自分を受け入れ自分の能力を把握することで、自分だけでは手に負えないと思った事でも仲間に頼ることができるようになります。

    また、注意されてしまった時も「何がいけなかったのか」をしっかり考えることができますよ。

    聞き流せるようになる 

    打たれ弱い性格を克服するためには、叱責や上司の小言の聞き流し方を覚えましょう。

    聞き流せるようになることで、ストレスを軽減することができるからです。

    聞き流す力は、「言われたことを脳内で繰り返さない」ことで身につきます。

    例えば上司から注意をされてしまうと、嫌な気持ちになったり凹んだりしてしまいますよね。

    しかし上司の注意が終わった後にも、注意をされたことやその内容を思い出してしまうと、なかなか立ち直ることはできません。

    ミスを引きずらないためにも、注意をされた場合はその場で反省し、言われたことを繰り返し思い出さないようにしましょう。

    上司と言えども人間なので、言うこと全てが正しいと言うわけではありません。

    また、人によっては口調がきつい人もいるでしょう。

    そのため、注意されたことを脳内で繰り返し思い出してしまうと、精神的に追い詰められてしまいます。

    打たれ弱い性格を克服するためには、感情的にとらえず、ある程度聞き流せるようになりましょう

    6.【要注意】打たれ弱い原因はあなたではない場合も

    ここまで上司の注意が大きく間違っていない事を前提に説明していきましたが、例外もあります。

    それは上司が異常な場合です。

    打たれ弱い人は自分が悪いと思う傾向にあり、異常なまでの説教や注意をする上司や、仕事に直接関係のないあなたの人格まで否定するような上司だとしても、社内での役職といった立場や年齢により自分が悪いと感じてしまう事があります。

    そういった職場の場合は、いくら克服方法を実践しても打たれ弱さは治りません。

    なぜなら、注意している側の論点が間違っているからです。

    異常な人間関係にある会社に在籍して悩んでいる方はなるべく早めに職場環境を変えた方が良いでしょう。

    退職したくても退職できないという声も

    社内では日常のようにハラスメントが起きていて、退職できないという声も聞きます。

    そういった人のために退職代行サービスというサービスがあるのはご存知でしょうか?

    退職代行とは、あなたの代わりに退職手続きを代行してくれるサービスです。

    心機一転、転職し新しい環境で仕事をすれば、前上手くいかなかったのがウソのように生き生きと働けるかもしれませんよ。

    自力で退職の意思を職場に伝えるのが難しい方は、退職代行EXITを利用してみましょう。

    電話、メール、LINEで相談を受け付けており、正社員の場合、利用料金は5万円です。

    会社との連絡は全てやってくれますので、上司ともう話す必要はありません。

    まとめ

    「打たれ弱い」とは「他人から非難や反対の言動が上がった際、くじけたり傷ついたりしやすい様」という意味です。

    仕事で注意されたり失敗したりすると、誰だって落ち込んでしまいますよね。

    しかし、落ち込んだままでいるとストレスを抱えるだけでなく、仕事に対するモチベーションも下がってしまいます。

    そうならないためにも、打たれ弱い性格を克服して、今より働きやすい環境を作ってくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%