「ご参考ください」はNG!正しく使う方法や言い換え表現を徹底解説

ご参考くださいの正しい使い方 ビジネス用語

「ご参考ください」は、相手に資料を渡したり、依頼のメールを送ったりする時などによく使われる言葉です。

実はこの「ご参考ください」は、日本語として間違った使い方だということを知っていましたか?

「ご参考ください」を日本語として正しく使うためには、 「ご参考にしてください」というように、間に「に」を入れなければなりません

このように、「ご参考ください」は、間違った使われ方をされることが多いので、今回は「ご参考ください」の正しい意味や使い方を詳しく解説していきます。

ぜひ、チェックしてみてください。

1. 「ご参考ください」は敬語として誤り?

ビジネスの世界でよく耳にする「ご参考ください」という言葉ですが、 実は日本語の辞書を引いても「参考する」という動詞はありません

正しくは「参考にする」です。

そのため、「ご参考ください」は一見すると敬語表現のようですが、「参考する」という言葉自体がないため、日本語の使い方として誤っていることになります。

1−1. そもそも「ご参考ください」ってどういう意味?

「参考」の意味は、考えをまとめたり、物事を決める際の手がかりや助けとなる材料のことです。

ビジネスシーンにおける「ご参考ください」は、会議などで補足資料を配布するときによく使用されています

「会議資料の補足として、手がかりとして見てください」という意味で使われているようです。

しかし、繰り返しになりますが、 「ご参考ください」という表現は間違った日本語表現です

では、正しく「ご参考ください」を使うには、どこを直せば良いのでしょうか。

  • スポンサーリンク

  • 2. 「ご参考ください」の正しい使い方

    「ご参考ください」をただし日本語で表すならば、「参考にしてください」を使うのが良いでしょう。

    では、その使い方をシーン別に見ていきましょう。

     2−1.  会議の場などで直接言いたい

    会議の場などでは、以下の例文を使うと良いでしょう。

    例文:「よろしければ、ご参考にどうぞ」

    こちらは柔らかい印象を与える敬語表現です。参考にするかどうかの決定権はあくまでも相手に委ね、相手に敬意を払いながらも、参考資料をすすめることができます。

  • スポンサーリンク

  •  2−2. メールで書きたい

    「参考にしてください」をメールなどの文章で使うならば、以下の表現が好ましいです。

    例文:「ご参考になりましたら幸いです

    こちらも柔らかい印象を与える敬語表現です。

    参考にするかどうかの決定権を相手に委ねていますので、負担に感じさせずに参考資料を添付して送ることができます。

     2−3. 「参考にしてください」をさらに丁寧に言いたい

    「参考にしてください」をさらに丁寧に言いたい場合は、以下の表現が使えます。

    例文:「ご参考になさってください」が正しい敬語表現です。

    「〜ください」という表現にまだ違和感を感じられる方もいらっしゃるかもしれませんので、ここではより丁寧な表現をご紹介します。

  • スポンサーリンク

  •  2−4. 「ご参考ください」英語で言いたい

    こ参考くださいを英語でいうならば、以下の例文が使えます。

    例文:「Please refer to 〜」(〜 を参考にしてください)

    この表現は、ビジネス英語では決まり文句として使われています。

    このように目上の方や親しくない方に送る際には、「Please refer to 〜」を使うのがいいでしょう。

    <海外の人とのメールで見る「FIY」ってなに?>
    海外の人とメールをすると「FYI」という表記を目にすることがあります。これは「For your Information(参考までに)」の頭文字をとったものなので、覚えておくと良いでしょう。

    3. 「ご参考ください」を言い換えた表現

    「参考にしてください」を別の言い回しをしたいという場合は、下記の言い換え表現を活用ください。

    • 「ご参照ください」
    • 「ご一読ください」
    • 「ご覧ください」

    では、それぞれの使い方を詳しく見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 3−1. 「ご参照ください」

    「参照」とは、照らし合わせて見る、2つ以上の資料やものを同時に見て参考にする、という意味です

    「参照する」という言葉がありますので、「ご参照ください」は正しい日本語表現となります

    より丁寧な表現にしたい場合、「ご参照いただけますと幸いです」という表現を使うことができます。

    3−2. 「ご一読ください」

    「ご一読」とは、「読む」「目を通す」の敬語表現です。 確認してほしい資料を上司やクライアントに渡す際などによく使われます

    より丁寧な表現にする場合、「ご一読いただけますと幸いです」という表現もできます。

  • スポンサーリンク

  • 3−3. 「ご覧ください」

    「ご覧になる」とは、「見る」の尊敬語にあたります。

    見てほしい資料を目上に渡す際などによく使われます。

    4. 目上の人に「参考にさせていただきます」は要注意

    上司から仕事に関するノウハウを教えてもらった際に「参考にさせていただきます」とは言いません。

    理由は、「失礼だ」と感じる方がいらっしゃるからです。

    繰り返しになりますが、「参考」は、補足や助けとなるものという意味で使われますので、 受け取る相手によっては「せっかく親身にアドバイスをしたのに補足としか思ってくれていない」と怒ってしまう方もいます

    そのため、「大変勉強になりました」や「また困った時には相談させてください」という言葉遣いをされることをオススメします。

    5. まとめ

    日本語を正しく使うことは難しい、と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

    しかし、難しいからこそ、きちんと使いこなしている方はビジネスパーソンとして社内外からの信頼を積み重ねることができます。

    正しい言葉遣いは、一流のビジネスパーソンとして身につけておきたいビジネススキルです

    学びは実践してこそ、力になります。当記事が「ご参考になりましたら幸いです」。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%