「自責の念」の意味は?正しい使い方や類語・英文を徹底解説

自責の念の意味とは ビジネス用語

ニュースや新聞記事などでよくみかける「自責の念」、おおよその意味はつかんでいるものの、正確な意味はあやふやな方が多いと思います。

「自責の念」とはまさに分」を「める」「(気持ち)」です。後悔して、自分を責める気持ちをいいます。

ここでは「自責の念」という言葉の正確な意味をさらに深く解説し、具体的な使い方や言い換え表現についても紹介していきます。

完璧に使いこなせるように、ぜひ確認しておいてください。

1.「自責の念」の意味

1-1.後悔して自分を責める気持ち

自責の念

読み:じせきのねん

意味:後悔して自分を責める気持ち

「自責」とは、自分で自分の過ちをとがめること、あるいは自分に責任があると感じることです。

「自分」を「責める」わけですから、ある失敗事例などがあった場合、自分を相当追い込んでいる心理状態となります

「念」は厳密にはいくつかの意味がありますが、「自責の念」の場合には 思い、 気持ちがあてはまります。

つまり「自責の念」とは、自分で自分の過ちをとがめる思い、気持ちのことをいいます。

  • スポンサーリンク

  • 2.「自責の念」の使い方

    自責の念の使い方

    「自責の念」は以下のような使い方をされることが多いです。

    それぞれ詳しい使い方を、具体的な例文を参考にしながら確認していきましょう。

    2-1.自責の念に駆られる

    <例文>

    夏休みのキャンプで、バーベキュー中に子どもに軽い火傷をさせてしまったことに、お父さんは自責の念に駆られている。

    「自責の念に駆られる」は慣用句の一つで、ニュースや新聞、週刊誌などの記事に良く使われるフレーズです。

    「駆られる」は、ある激しい感情に自分の気持ち、思いが動かされるという意味です。

    つまり「自責の念に駆られる」は、自責」という激しい感情により、自分の気持ち思いが動かされている状態を表します。

    2-2.自責の念を込めて

    <例文> 

    目標未達成の要因は私にもあり、自責の念を込めて次のターゲット必達を部下に指示した。

    「自責の念を込めて」は、「自分にも責任がある」という意味を込めた形で、アドバイスや忠告などを行うときに使われます。

    ともにビジネスを進めている部下などに対し、自らも何かを達成できていない場合、「自責の念を込めて」というフレーズを入れて指示するケースです。

    2-3.自責の念を感じる

    <例文>

    イベント会場がダブルブッキングしてしまい、相手に大変な迷惑をかけ、自責の念を感じている。

    「自責の念を感じる」は、相手に対してすまないと思う気持を持つことです。

    そして、その要因が明白に自分にあり、相手に迷惑をかけてしまった場合に持つ感情、心理状態を示すフレーズです。

    3. 「自責の念」の類語

    自責の念の類語

    「自責の念」の類語にはどんなものがあるでしょうか?

    「自責の念」の類語表現としては、主に次の3つに分類できます。

    3-1.「恥と思い悔いること」の場合

    「恥と思い悔いること」の表現には、以下があります。

    • 恥じ入る
    • 忸怩(じくじ)たる思い
    • 自己嫌悪に陥る

    「自責の念」を一歩進めて、さらに恥とおもったり、悔んだり、嫌悪感を持つところまでの意味をもっています。

    <例文>
     
    この法案が成立しなかったことを、忸怩たる思いでみていた。

    3-2.「悪いことを犯したと思い、後悔の念を持つこと」の場合

    「悪いことを犯したと思い、後悔の念を持つこと」の表現には、以下があります。

    • 罪の意識にさいなまれる
    • 罪の意識に悩まされる

    こちらも「自責の念」をさらに「罪」と感じてしまうほど、突き詰めている意味を表します。

    <例文>
     
    禁煙場所ということを知らずに、煙草に火をつけてしまい、罪の意識にさいなまれた

    3-3.「重大な出来事に関して真剣に臨み、責任感を持つこと」の場合

    「重大な出来事に関して真剣に臨み、責任感を持つこと」の表現には、以下があります。

    • 責任感を覚える
    • 事態を重く受け止める
    • 重大なこととして認識する

    表現的には「自責の念」に近いですが、自分自身を責める、という意味では少し薄めの表現です。

    <例文>

    A氏は自ら発案したプロジェクトの中途挫折について、事態を重く受け止めていた

  • スポンサーリンク

  • 4.「自責の念」の英語表現

    自責の念の英語表現

    4-1.「remorse」「guilt-ridden」「condemnation」を使う

    「自責の念」のニュアンスを直訳できる英語はありません。

    そこで、英語では、「後悔」「罪」「非難」といった意味の言葉を当てはめることで「自責の念」という意味を表現します。

    ここでは、以下のような3つの言葉を紹介していきます。

    remorse

    「remorse」は、「激しい後悔」を意味する言葉です。

    「feeling of remorse」と表現し、「自責の念」を表すことが出来ます。

    また、「without remorse」は、直訳すると「後悔することなく」つまり「容赦なく」を意味する表現です。

    guilt-ridden

    「guilt-ridden」は文字通り「罪に乗られて動かされている」という意味であり、「自責の念(罪の意識)に駆られる」ことを表現しています。

    「guilt-ridden people 」とは「自責の念に駆られた人々」を表します。

    condemnation

    condemnation」は、「激しい非難」という意味の名詞です。

    言葉の頭に「自身」を表す「self」をつけ、「a feeling of self-condemnation」とすることで、「自らを非難する」つまり「自責感」を表すことが出来ます。

  • スポンサーリンク

  • 5.【補足】「自責の念」が強い人はうつ病が多い!?

    「自責の念」が強い人はうつ病が多い、ということを耳にします。

    逆に言うと、うつ病症状の特徴的なものの一つに、「自責の念」があるのです。

    あまりにも「自責の念」が強すぎると、事あるごとに「すべて私が悪い」と自分の責任ではないことまで自分を責め続けてしまいます。

    こうなってくると、何もかもがいやになり、やる気の低下、出来ない自分への怒り、もどかしさといったマイナス思考に陥ってしまう恐れがあります。

    問題が起きた時に、その責任をすべて自分で背負い込んでしまうのは、精神的にもよくありません。

    「自責の念」は大事なことですが、自分を責めすぎて心を病んでしまうことにならないよう、気をつけなければいけませんね。

    まとめ

    「自責の念」という言葉を正しく理解し、使いこなすことができれば、ニュース、記事、メディア情報などの読解力も上がります。

    その裏に隠された真意なども読み取れるようになります。

    また、自身の作成する文章に使えば、それを読んだ方のイメージも「なかなか深みのある文章を書くのでは?」とアップします。

    「自責の念」をぜひ使いこなしていきましょう!

    ▼こんな記事もよく読まれています▼

    比較してわかった!おすすめの転職エージェントと120%使い倒す活用術

    2019.04.13
  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事