「立て込む」の意味は?ビジネスで使える例文や類語の使い分けを解説

立て込むの意味とは ビジネス用語

「立て込む」は、多くの用事が一気に重なる・一箇所に多くの人が集中することを意味します。

ビジネスの場面では、忙しくて手が回らないという意味で使われる言葉です。

「〇〇が立て込んでおりまして…」というフレーズを聞いたことがあるのではないでしょうか。

ここでは、そんな「立て込む」の意味や使い方、例文、類語、英語表現などを解説していきます。

この記事を読めば、「立て込む」を使いこなせるようになるはずです。

1.「立て込む」の意味:多くの用事が一気に重なること

立て込む

読み方:たてこむ

  1. 多くの用事が一気に重なること
  2. 一箇所に多くの人が集中すること

「立つ」は「ある場所にまっすぐになって、いる」、「込む」は「詰まって入り込む」という意味です。

そのため「立て込む」は、人に限らず物事が集中して詰まっていることを表現する言葉として使います。

2.「立て込む」は「忙しい」の敬語表現

「忙しい」の敬語表現が「立て込む」です。

かしこまった場ではそのまま使うことができます。

上司や目上の人に対して「忙しい」を使うのはやや失礼ですので「立て込む」に言い換えた方が丁寧です。

前に「お」を付けると不自然な二重敬語になりますので、「立て込む」のままで問題ないです。

  • スポンサーリンク

  • 2-1.「立て込む」と「忙しい」の違いは、受動的に忙しいかどうか

    相手の誘いを断る理由を述べる時には「忙しい」ではなく「立て込む」を使うことで、やんわり断ることができます。

    「立て込む」には「受動的に忙しい=自分のせいではなく仕事のせいで忙しい」というニュアンスがあるからです。

    「立て込む」と「忙しい」のニュアンスの違いを見ていきましょう。

    1. 【立て込む】
      仕事のせいで私は忙しい⇒受動的に忙しい状態
    2. 【忙しい】
      私は仕事で忙しい⇒やや能動的に忙しい状態

    次に、例文で確認していきます。

    1. 【立て込む】
      本日は立て込んでおりますので、ご連絡は明日でよろしいでしょうか
      (仕事が忙しいせいで連絡は明日になってしまう
    2. 【忙しい】
      本日は忙しいので、ご連絡は明日でよろしいでしょうか。
      (仕事が忙しいので連絡は明日になる)

    3.「立て込む」の使い方と例文

    ビジネスシーンでは、主にお誘いを断る時に予定が詰まっている意味で「立て込む」を使います。

    目上の人に「立て込んでいる」を使うと失礼に感じるんだけど大丈夫かな?、と心配されている方もいるでしょう。

    そんな時は、「立て込んでいる」をより丁寧にした「立て込んでおります」を使いましょう。

    ここでは、目上の人に使える状況別の例文をご紹介します。

    1. メールの返信が遅れてしまった場合
    2. イベントのお誘いを断る場合
    3. 仕事を別の日に対応することを伝える場合
    4. 会議などの日程を変更してもらいたい場合
    5. 電話対応の場合

    1つずつ見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 3-1.メールの返信が遅れてしまった場合

    自分の都合で返信が遅れたということなので、謝罪の言葉を添えましょう。

    <例文>

    • 大変申し訳ございません。仕事が立て込んでおりまして返事が遅れてしまいました。
    • 朝から仕事が立て込んでおり、返信が遅れてしまいました。お詫びいたします。
    • 申し訳ございません。終日立て込んでいたため、今メールを拝見いたしました。

    3-2.イベントのお誘いを断る場合

    <例文>

    • せっかくのお誘いなのですが、本日は仕事が立て込んでいるため欠席させていただきます
    • 申し訳ございませんが、本日は仕事が立て込んでおり参加することができません。
    • せっかくのお誘いなのですが、その日は立て込んでおります。また別の機会にお誘いをいただいてもよろしいでしょうか。
  • スポンサーリンク

  • 3-3.仕事を別の日に対応することを伝える場合

    <例文>

    3-4.会議などの日程を変更してもらいたい場合

    <例文>

    • 申し訳ございませんが、その日は立て込んでおり参加することはできません。日程を変更していただくことは可能でしょうか。
    • 申し訳ございませんが、その日は立て込んでおります。次の金曜日はいかがでしょうか。
  • スポンサーリンク

  • 3-5.電話対応の場合

     相手

    △△部の〇〇さんをお願いします。

    自分

    申し訳ございません。
    〇〇は只今立て込んでおりますので、折り返しのご連絡でもよろしいでしょうか。

    4.「立て込む」の類語と例文

    「立て込む」の類語・例文を3つご紹介します。

    • 追われる(今やるべきことがあり忙しい)
    • 明け暮れる(その事ばかりして毎日が過ぎる)
    • 満員になる(乗り物や会場が人でいっぱいになる)

    1つずつ見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 類語1.「(仕事に)追われる」

    追われる

    読み方:おわれる

    意味:今やるべきことがあり忙しい

    やることが多すぎて、バタバタしている時に「作業に追われている」や「家事に追われている」と表現します。

    「立て込む」よりもフランクな日常会話で使われる言葉です。

    上司などの目上の人には使わない方がよいでしょう。

    <例文>

    • 大家族のお母さんはいつも家事に追われている
    • 直属の上司はタスクが多すぎていつも時間に追われている

    類語2.「(仕事に)明け暮れる」

    明け暮れる

    読み方:あけくれる

    意味:その事ばかりして毎日が過ぎる

    日が明けてから暮れるまでその事ばかりして過ごしているという意味の言葉です。

    忙しい時だけでなく、趣味に没頭している時にも使われる表現です。

    目上の人には、謙譲語表現の「明け暮れておりました」を使いましょう。

    <例文>

    • 週末は趣味のDIYに明け暮れる
    • 先月末は経費精算の業務に明け暮れておりました

    類語3.「満員になる」

    満員になる

    読み方:まんいんになる

    意味:乗り物や会場が人でいっぱいになる

    「立て込む」は、一箇所に多くの人が集中することを表しますが、「満員になる」は、おおよそ定員が決まっている乗り物や会場が人でいっぱいになっていることを表します。

    <例文>

    • 大人気アーティストのライブ会場は開始1時間前に満員になる
    • 出勤ラッシュ時は東京行きの新幹線が満員になる

    続いて、「取り込む」「建て込む」との意味の違いについてご紹介します。

    5.「取り込む」「建て込む」との違い

    「立て込む」に似ている言葉として「取り込む」「建て込む」が挙げられます。

    「取り込む」は思いがけない出来事でごたごたすること、「建て込む」は建物が密集して建っていることを意味します。

    5-1.「取り込む」は思いがけない出来事でごたごたすること

    「取り込む」は、冠婚葬祭や急なトラブルなど思いがけない出来事でごたごたすることを意味します。

    したがって、相手があきらかに急用でバタバタしている時や、自分に急用ができた時に使うことができます。

    <例文>

    • (急なトラブルに対応している上司に向けて)お取り込み中失礼いたします。急ぎのご連絡です。
    • 実家の諸用で取り込んでおりますので、本日はこれにて失礼いたします。

    5-2.「建て込む」は建物が密集して建っていること

    「建て込む」は建物が密集して建っていることを意味します。

    「建つ」+「込む」で構成されている言葉で、「建つ」は「建物がつくられる」、「込む」は「詰まって入り込む」という意味です。

    <例文>

    • 東京都23区内はビルが建て込んでいる
    • 地下鉄の主要駅周辺にはマンションが建て込んでいる

    6.「立て込む」の英語表現

    英語1.場所が立て込む:「be crowded」

    ある場所が混雑していることを意味する場合は「be crowded」を使います。

    「crowded」は、混雑している・密集しているという意味の単語です。

    <例文>

    That amusement park is always crowded.(あの遊園地はいつも混雑している。)

    英語2.仕事が立て込む:「be pressed」

    仕事や作業が立て込むことは英語で「be pressed」です。

    「press」は「物を圧迫する」「作業が時間を圧迫して忙しい」という意味です。

    物体に対する圧迫を意味する場合には、日本語でもプレスという言葉を使うことがあるかと思います。

    <例文>

    • I am pressed by some problems now.(私は今いくつかの問題が立て込んでいます。)
    • She likes to make pressed flowers.(彼女は押し花を作るのが好きです。)

    7.古文の「立て込む」意味:閉じ込める・閉め切る

    「立て込む」は古文でも使われる言葉です。

    マ行下二段活用の他動詞で、閉じ込める・閉め切るという意味です。

    閉て込む・立て籠む・閉て籠むというように、別の漢字で表現する場合もあります。

    <例文>

    • 立て籠めたる所の戸、すなはちただ開きに開きぬ。(閉じ込めておいた所の戸が、即座にすべて開いてしまった。)【竹取物語】
    • 己も入りて、たてこめて(自分も中にはいって、戸を閉め切って)【徒然草】 

    まとめ

    「立て込む」は、「多くの用事が一気に重なる」「一箇所に多くの人が集中する」という意味です。

    ビジネスの場面では、忙しいことを表現する丁寧な言葉として使われます。

    上司や取引先からのお願いを断る時には「作業が立て込んでおりまして…」というように丁寧に断ることで、申し訳ない気持ちを相手に伝えることができます。

    「立て込む」を上手に使って円滑なコミュニケーションを取りましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%