25歳フリーターから正社員は遅くない!口コミや就職しやすい職種紹介

asian man barista holding tablet for checking order from customer on coffee cafe.
仕事の悩み・相談

「一度正社員として働いたがすぐ辞めてしまった」「やりたい仕事の下積みでバイトをしている」

このような理由などから、25歳でフリーターをしている人の数は少なくありません。

しかし、フリーターは正社員と比べ、給料が低かったり社会的信用が低かったりとデメリットが多いです。

そのため、「早くフリーターを脱出したい」と考えている方もいらっしゃいますよね?

この記事では、25歳フリーターで正社員を目指す方向けに、就職成功のポイントを説明しています。

スポンサーリンク

1.25歳フリーターは不安がたくさん

25歳でフリーターだと不安がいっぱいです。

まずは、25歳フリーターが直面する不安について説明していきます。

将来はどうなる?

このままフリーターのまま年を重ねていくと、将来はどうなるのか?という不安を抱く方は多いです。

正直申し上げると、フリーターのまま30代に突入すると、フリーターから抜け出すことは難しいといえます。

その証拠に、既卒者向けの人材紹介会社や転職サイトのサービスは30歳を過ぎると利用できなくなるところが多いです。

さらに、30代後半にさしかかると、高年収だったり福利厚生が充実していたりする条件の良い企業への就職は難しくなります。

このような理由から、フリーターは20代のうちに就職を決めることが大切です。

現在、25歳でフリーターの方は危機感を持って早めに就職活動を開始しましょう。

  • スポンサーリンク

  • 25歳で就職するのは遅い?

    多くの同級生がすでに働いていることから「25歳で就職するのは遅いのでは?」と考える方が多いですが、25歳で就職するのは決して遅くありません。

    大学で一浪して大学院にまで進んでいれば、2年間の院を卒業した時点ですでに25歳。

    25歳から働き始めるのはよくあるケースなのです。

    反対に「25歳で就職するのは遅いのでは?」と心配になり、就職活動をしないことのほうが問題です

    25歳ならまだ十分間に合います。

    できる限り、早急に就職活動をはじめてください。

    2.25歳フリーターの就職成功&失敗談

    ここでは、25歳で就職活動を経験した先輩の声に耳を傾けてみましょう。

    25歳フリーターの就職成功&失敗談を紹介します。

    成功談

    https://twitter.com/aiueokaki0074/status/1163129217384501250?s=20

    成功例を2つ紹介しました。

    25歳であれば、フリーターからでも就職できているケースが多いですね。

    口コミでは、飲食業界が転職しやすいようです。

    失敗談

    引き続き、25歳フリーターのネガティブな声をご紹介します。

    上記2つは、25歳フリーターの方のツイートです。

    内容を見て頂ければお分かりかと思いますが、心がすさんでいることが伺えます。

    やはり、25歳でフリーターは精神的にかなりきついようです。

    また、最後のツイートからは、25歳フリーターに対する世間の目の厳しさが見て取れますね。

  • スポンサーリンク

  • 3.25歳フリーターから正社員になるには

    上記の成功例&失敗例から分かることは「25歳フリーターが正社員になるのは可能ですが、25歳を過ぎてもフリーターのままだと悲惨な末路が待っている」ということです。

    将来後悔しないためには、25歳の今、就職を決めることが大切です。

    この記事では、25歳フリーターが正社員になるために気を付けるポイントや方法をご紹介します。

    焦ってはいけない

    25歳フリーターの就職において大切なのは、焦ってはいけないということです。

    「早く正社員にならないと!」と焦って就職先を決めてしまうのが、就職が失敗する原因で一番多いです。

    就職を焦ると、以下のような事態が起こりやすいと言われています。

    〈25歳フリーターが就職を焦ると…〉

    • 採用が出たところへ何となくで就職を決めてしまう
    • 自分のやりたいことができない
    • 条件のいい企業に入れない
    • 満足が得られずすぐ辞めたくなる

    辞めてもまた次を探せばよいのではと思うかもしれませんが、短期で正社員を辞めてしまうと次の就職先を探すのが各段と難しくなります。

    嫌なことがあるとすぐ逃げる忍耐力の無い人材だと判断される可能性が高いためです。

    また、25歳でフリーターの時点で追い詰められた状況なのに、せっかく就職した会社をすぐに辞めるなんて「あまりにも社会を知らなすぎる」と思われてしまいます。

    せっかく就職した会社をすぐ辞めないためにも、焦らずじっくり就職先を決めましょう。

  • スポンサーリンク

  • 自分に向いている仕事を選ぶ

    これから長年勤めることになる企業なのですから、自分に向いている仕事を選ぶようにしましょう。

    人には向き・不向きがあり、向いていない仕事についてしまうと辛くなり、すぐ辞めたくなってしまいます。

    自分に向いている仕事を選ぶために「自分はどんなことが得意・不得意なのか」「自分が好きなこと・嫌いなことは何なのか」「やってみたいこと・やりたくないことは何なのか」など、自己分析をしっかり行うのが大切ですよ。

    また、給料の高さや福利厚生の充実さなど、仕事以外の部分で就職先を決めるのはおすすめできません。

    待遇面で仕事をきめてしまうと、仕事が合わないとすぐ辞めてしまうリスクが高いからです。

    後悔のない就職をするためには「やりがいを感じられる」「仕事が楽しいと感じられる」など、自分に向いている仕事を選びましょう。

    応募書類や面接のマナーに気をつける

    25歳フリーターが就職活動を行うに当たって気を付けるべきなのは、書類選考や面接におけるマナーを知っておくことです。

    多くの方が就職活動ははじめてですから、基本的なビジネスマナーすら知らないことも多いでしょう。

    スムーズに就職活動を進めるためには、事前にしっかりとビジネスマナーについて勉強しておくことが大切です。

    若手の就職活動では、実績が無いため、ビジネスマナーや仕事への意欲といった点をよく見られます。

    特にマナーができていないと非常識な人間だという評価を受け、それだけで選考から除外されてしまうことも多いです。

    面接での身だしなみや入退室の左方、履歴書の書き方など基本的なビジネスマナーは、ネットからでも学べるので、確実に身に着けておきましょう。

  • スポンサーリンク

  • エージェントを利用する

    25歳フリーターの就職活動においては、就活・転職エージェントの利用をおすすめします。

    エージェントは3分ほどで無料で登録でき、応募書類の添削や面接対策などさまざまなサポートが受けられます。

    就職のプロであるキャリアアドバイザーが相談にのってくれるので、失敗のリスクがかなり低くなります。

    次章で、25歳フリーターの就職におすすめのエージェントを紹介していきますね。

    4.25歳フリーターの就活におすすめのエージェント

    25歳フリーターの就活におすすめのエージェントは、以下の3つです。

  • スポンサーリンク

  • 大手を狙いたいなら「DYM就職」

    DYM就職

    DYM就職は、株式会社DYMが運営する未経験からの就職に強いエージェント。

    書類選考無しで面接が受けられるので、空白期間があり書類選考に通らないというフリーターの方にはおすすめです。

    一部上場企業から中小ベンチャー企業まで数多くの優良企業の求人があるので、誰もが見たことあるような大手の求人が見つかる可能性は高いですよ。

    第二新卒や既卒におすすめ「第二新卒エージェントneo」

    第二新卒エージェントneoは、第二新卒や既卒フリーターなど20代の就職実績が豊富にあるエージェント。

    求職者ひとり一人に担当のキャリアアドバイザーがつき、求人紹介から内定にいたるまで、手厚いサポートが受けられます。

    離職率が高い企業などブラック企業とみられる求人は徹底的に排除しているので、労働環境が心配なフリーターの方におすすめです。

    キャリアが定まっていないなら「二卒・フリーター就職エージェント@キャリアスタート」

    キャリアスタート

    二卒・フリーター就職エージェント@キャリアスタートは、第二新卒やフリーターなど20代若手の就職・転職において国内トップクラスの実績を誇るエージェント。

    通常のエージェントのようにキャリアや希望のヒアリングからはじめるのではなく、適性を一緒に見つけてくれる「キャリア相談」からスタートするのが特徴です。

    キャリアアドバイザーも一緒になり、あなたの適性や希望の仕事を探してくれるので、まだキャリアが定まっていないフリーターの方におすすめです。

    5.25歳フリーターが就職しやすい職場

    「25歳フリーターは今すぐ就職活動すべき」ということが分かりましたね。

    では、25歳フリーターはどのような仕事であれば就職しやすいのでしょうか?

    ここでは、25歳フリーターが就職しやすい職種や業種をご紹介します。

    営業

    営業職は未経験者を歓迎している企業が多く、フリーターから正社員を目指しやすい職種です。

    営業職は何かと敬遠されがちな職種ですが、それは抱いているイメージが極端なことが一因です。

    顧客に頭を下げたりノルマが達成できず上司に怒られたりと大変できついイメージを持つ方も多いですが、このような大変さは何も営業職に限ったものではありません。

    また、コミュニケーション力は必要となりますが、陽気であったり場を盛り上げられるという意味ではなく、安心して仕事を任せられるような人柄であれば大丈夫です。

    インセンティブが大きく、未経験でも実績次第で給与が高くなりやすいので「自分の力で高収入を目指したい」という方におすすめの職種です。

    飲食

    飲食はアルバイト経験が生かせることが多く、また未経験歓迎の求人も多いため、フリーターでも転職しやすい職種です。

    そのため、「バイトの経験を活かしたい」「とにかく正社員になりたい」という方におすすめの職種ですよ。

    飲食で働く際に注意して頂きたいのは、体力勝負の仕事になりやすいという点です。

    徹夜や連勤になることも多く、年齢を重ねるにつれ、体力が持たなくなりやすいでしょう。

    とはいっても、会社によっては週休二日で残業もほぼ無しというホワイト企業もあるので、応募時には会社の評判をきちんと調べておくことが大切です。

    介護

    介護は超高齢化社会を迎えた日本においては、慢性的な人手不足に陥っているため、フリーターでも就職しやすい職種です。

    「きつい・きたない・給料安い」の3Kのイメージから敬遠する方も多い職種ですが、働きだしたらやりがいを感じる方も多いです。

    また、介護はケアマネージャーなど仕事をしながら資格を取得できるので、キャリアアップにつながりやすい職種だともいえますよ。

    これからも仕事が無くなることはない安心感もあるので、安定して働きたいフリーターの方にはおすすめです。

    介護福祉士の給料・年収はどのくらい?地域別の平均と給料アップの方法を解説

    建築

    建設業界も慢性的な人手不足なので、フリーターから就職しやすい業界です。

    ただ体を使う仕事なので、体力に自信のある方でないと厳しいかもしれません。

    ですから、学生時代に運動していた方や日頃から運動しているという方にはおすすめです。

    また、建設業界では技術職が高齢を迎えていることが多く、ジェネレーションギャップにより、コミュニケーションが取りづらいという事態が起こりやすいです。

    そのため、年上とのコミュニケーションが得意な方には向いていると言えます。

    IT

    IT業界は仕事が大変なため早期退職者が多いので、人材不足に陥りがちな業界です。

    未経験でも就職は可能ですが、、プログラミングなどの知識はあったほうが好ましいです。

    実際に、学歴不問はですがプログラミングの実務経験は必須という企業は多いです。

    忙しい業界ですがその分収入は高くなりやすく、また将来性もあるので、プログラミングに関する知識や経験がある方はぜひ目指してみてくださいね。

    【最新版】未経験者におすすめのIT資格!情報、エンジニア、経営別

    6.25歳フリーターが知っておきたい豆知識

    最後に、25歳フリーターが正社員に就職する上で、知っておきたい豆知識をご紹介します。

    中卒や高卒だと就職しづらい?

    中卒や高卒のフリーターでも、就職することは可能ですので諦めないでください。

    採用時に学歴を重視しない企業も多くなってきており、若ければ十分就職は可能です。

    中卒や高卒のフリーターが就職する上で大切なのは、成長性と自主性をアピールすることです。

    企業は若い人材には、能力よりも、意欲があり成長できる人材を求めています。

    企業研究をしっかり行い、応募する企業に対して熱意をアピールしましょう。

    今から公務員になれる?

    公務員試験は年齢制限が設けられていますが、多くの自治体が30歳前後を年齢制限の上限としているので、25歳であれば国家を含め、ほとんどの自治体で受験できます。

    ただ筆記試験に通る必要があるので、勉強が必要にはなりますのでその点注意してください。

    公務員は近年、人物重視の採用となってきており、経歴にも寛容になっていますので、フリーターにはおすすめです。

    一人暮らしは可能?

    フリーターでも、節約すれば一人暮らしは可能だといえます。

    フリーターで稼げる年収は、一般的に200万円を越えた程度であると言われています。

    その場合、社会保険料などを差し引いても毎月15万円程度の手取りがあるので、何とか生活していくことは可能です。

    地方に住むことで家賃を抑えたり車を持たず公共交通機関を利用したりすれば、生活費の節約は可能です。

    就職に有利になる資格はある?

    25歳フリーターが就職する上で有利になる資格で、代表的なものは以下の2つです。

    〈25歳フリーターが就職する上で有利な資格〉

    • 日商簿記2級
    • 宅地建物取引主任者

    日商簿記2級は、会計事務で働きたいと考えている方に有利に働きます。

    簿記について何の知識が無い方でも、1年あれば取得可能な資格ですのでおすすめです。

    また、不動産業界を志すのであれば、宅地建物取引主任者の資格が有効です。

    不動産を取り扱うお店は、5人に1人の割合で宅地建物取引主任者を置く決まりになっているので、一定の需要が確実に存在します。

    その他の役立つ資格については、以下をご覧ください。

    2019年社会人におすすめ資格ランキング!難易度別に解説

    まとめ

    この記事のまとめは、以下の通りです。

    〈まとめ〉

    • 25歳フリーターでも就職は可能
    • フリーター歴が長くなるほど就職に不利となるので、行動するなら今すぐ
    • 就職を成功させるためには焦りは禁物
    • 就職の際はエージェントの利用がおすすめ
    • 「営業」や「介護」がおすすめの職場

    25歳フリーターという現状では「早く正社員にならないと!」と考えてしまいがちですが、焦りは禁物です。

    また、25歳フリーターの就職活動には、エージェントの利用がおすすめです。

    この記事で紹介した「DYM就職」、「第二新卒エージェントneo」、「二卒・フリーター就職エージェント@キャリアスタート」を使い、就職を成功させてください。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%