25歳ニートから正社員へ就職は可能?就職方法やポイントを紹介

Pretty young woman enjoys long sleep on her weekend at home. Cute lady lying relaxed with closed eyes, luxuriates in soft and comfortable bed with white sheets at early morning, resting with pleasure
仕事の悩み・相談

同級生は就職して働いているのに、自分は家で引きこもっている状態では危機感ばかり募りますよね?

ニートになってしまった理由は人それぞれですが、できればニートを脱出したいと思っている方は多いでしょう。

25歳で職歴がなくても、正社員として働くことは不可能ではありません。

この記事では、25歳ニートが正社員になるために、就職方法やポイントなどを紹介します。

スポンサーリンク

1.25歳ニートでも就職は可能

「25歳ニートでは正社員になるのはもう不可能ではないか…?」と不安を感じていますね?

25歳という年齢は学校を卒業してから、大卒であれば3年、高卒なら7年も経過しているので、その不安は当然です。

結論からいうと、25歳ニートでも就職は可能です。

25歳ニートでも就職が可能な理由としては、以下の3つが挙げられます。

〈25歳ニートでも就職できる理由〉

  1. 25歳はまだ若く企業は採用したい年齢だから
  2. 第二新卒など未経験可の求人も多数だから
  3. 日本は人手不足なので働き口を見つけやすいから

まず、労働者としてみた時に、25歳はまだ若く企業は採用したいと思う年齢です。

25歳の採用では、経験よりもやる気や仕事に対する姿勢を重要視する企業が多いため、ニートでも熱意や成長性を見せれば、就職は十分可能です。

参考までに、リクナビNEXTが実施した、フリーターの採用に関するアンケート結果をご覧ください。

フリーターを正社員として採用する場合、何歳くらいまでの方を対象と考えるか?
年齢 回答割合(%)
23歳 15%
24歳 30%
25歳 30%
27歳 5%
28歳 10%
29歳 5%
35歳 5%

(参考:「リクナビNEXT フリーター、派遣社員を正社員採用する理由」)

あくまでもフリーターの調査結果ですが、25歳なら採用してもいいと考える企業の割合は全体の30%にものぼります。

25歳以降も採用を検討する企業も一定数いるようですが、25歳に比べると格段にその数が少なくなることも見て取れますね。

また、25歳は第二新卒の最後の年齢だとも言われています。

25歳であれば未経験可の求人は多数ありますが、25歳をすぎると求人の数がグッと減ってしまうのです。

〈第二新卒とは?〉

高校、専門学校、大学などの学校を卒業してから3年以内で、転職または就職を志す若年層

第二新卒を積極的に採用したいと考えている企業は多いので、第二新卒に該当する25歳の年齢であれば、採用に有利に働きます。

さらに、2019年8月現在、日本は就職しやすい環境になっていることも大きいです。

有効求人倍率(求職者1人あたりの求人件数)は毎年、右肩上がりとなっており、求職者の数以上の仕事があふれかえっています。

人手不足に陥っており、ニートでもいいから働いてほしいと考えている企業は少なくありません。

2020年に行われる東京オリンピックの影響もあり、特に都心部を中心に人材採用の動きが活発です。

2.25歳でニートを続けるリスク

ここでは、25歳でこのまま働かず、ニートを続けた場合のリスクについて解説します。

  • スポンサーリンク

  • ニート脱出が難しくなる

    25歳で就職しないと、ニート脱出が難しくなってしまいますよ。

    20代後半に突入すると求人量が少なくなり、さらに就職はしづらくなります。

    そのまま30代に突入してしまうと、正直なところ、給与がいい企業や条件がいい企業に就職するのはかなり厳しいです。

    30代職歴無しというのは相当印象が悪いので、面接でも過去のことばかり掘り下げられます。

    能力以前に、人としてどうなのかという基本的なところに疑問を持たれてしまうのです。

    ですから、ニートを脱出するなら今のうちです。

    今、就職しないと一生ニートという悲惨な未来を迎える確率がグッと高まります。

    生涯年収に大きな差が出る

    ニートを続けると、生涯年収に大きな差が出てしまいます。

    一般的には、正社員として働いた場合、生涯年収は2億円~3億円、フリーターの場合、生涯年収は600万円~900万円の間だと言われています。

    もし、定年までニートでいた場合、上記の金額がそのまま年収差となるのです。

    また、25歳なら正社員では平均的に300万円~400万円の年収となるので、1年ニートを続けるだけでもこれだけの金額の差が生まれます。

    ニートでいる間、金銭的にどれだけ損しているかが分かりますよね。

    お金のためにも、一刻も早くニートを脱出することをおすすめします。

    サラリーマンの生涯年収は2億円!?平均値と中央値の違いも解説

  • スポンサーリンク

  • メンタルに支障をきたす恐れがある

    ニートを続けると、うつ病などの精神疾患を発症するリスクが上がります。

    同級生は社会人として一生懸命働いているのに、自分はニートという状況に劣等感を感じ、自信を無くしてしまうのです。

    また、ニートという社会的評価が低い立場だと、世間からの目が厳しくなります。

    ご近所さんの視線が気になり外出もしづらいでしょうし、親からも「早く働け」とせかされることでしょう。

    このような状況に耐えられなくなり、メンタルを病んでしまうケースが多いです。

    3.25歳ニートがまずすべきこと

    ニートがいきなりバリバリ働きだすのは難しいです。

    まず社会に出る前に準備運動をしましょう。

    ニートは生活習慣がボロボロになっているケースも多いので、まずそこから直していくべきです。

    この章では、25歳ニートがまずすべきことをステップごとに紹介しています。

  • スポンサーリンク

  • STEP1.ネットから距離を置く

    まずは、ネットに依存した生活を止めることからはじめましょう。

    暇な時間が多いニートは、ネットで時間をつぶしているうちに、ネットなしでは生活できない”ネット依存症”に陥ってしまうケースが多いです。

    ネットではさまざまな情報を得られますが、ただネットを見るだけで行動しないままだと、何も得られません。

    そんな非生産的な活動に時間を費やすのは非常に良くないので、直ちにネット依存を直すべきです。

    いきなりネットを経つのは難しいでしょうから、まずは「今日は一日パソコンを使わない」「ネットを見るのは1日1時間だけにする」など、達成しやすいルールを設けてみましょう。

    STEP2.生活習慣を見直す

    社会に出る一歩として、規則正しい生活習慣を送ることが必要です。

    ニートだと朝早く起きる必要が無いので昼過ぎまで寝ていたり、深夜までゲームをやってしまったりと生活習慣が乱れやすいです。

    社会復帰し正社員として働くとなれば、多くの仕事は日中働くことになります。

    そういった社会生活のサイクルに慣らすためにも、生活習慣を見直しましょう。

  • スポンサーリンク

  • STEP3.外見を整える

    ニートは普段人と合わないため、身だしなみに無頓着になりやすいです。

    髪を切る、ヒゲをきれいに剃るなどして外見を整えましょう。

    外見を整えるだけでも気持ちは前向きになりますし、他人からの印象も良くなります。

    身だしなみは社会人の基本的なマナーですから、清潔感ある外見を心がけましょう。

    STEP4.人と話す機会を設ける

    外見を整えたら、他人と話す機会を設けましょう。

    人と話すと感情の動きが生まれますし、表情筋も使うので表情が豊かになります。

    話したいことを話せるので、ストレス発散にもつながります。

    久しぶりに外出して、昔の友人とでも会話してみましょう。

  • スポンサーリンク

  • STEP5.アルバイトをする

    いきなり正社員になるのが不安な方は、アルバイトで働いてみるのもいいでしょう。

    アルバイトは正社員より労働時間が短いことが多く融通も利くので体と心を慣らすにはちょうど良いです。

    アルバイトで問題なく働ければ、正社員を目指す自信につながりますよ。

    4.25歳ニートが正社員になるためのポイント

    正社員を目指す準備ができたら、実際に就職活動をスタートしてみましょう。

    この章では、25歳ニートが正社員になるためのポイントを紹介しています。

    応募書類の作成や面接ではマナーを意識する

    企業は、25歳ニートを採用するにあたって、基本的なビジネスマナーは備わっているかという点を重視しています。

    経験が無いのは問題ありませんが、基本的なビジネスマナーが無いと入社してから教育する必要があるので、企業も採用を躊躇してしまうのです。

    履歴書の書き方、面接での立ち振る舞い、入退室時のマナーなどを事前に身に着けておきましょう。

    これらのマナーはネットでも学べますし、少し練習すれば誰でも覚えられる簡単なものです。

    ここがしっかりしていないと常識がない人だと判断され、「一緒に働くのは嫌だな」と思われてしまうので注意してくださいね。

    25歳までニートだった理由を明確に話す

    企業が気になるのは「なぜ25歳まで働いていなかったのか」という点ですので、ニートだった理由を明確に話せるようにしておきましょう。

    一般的に、空白期間の理由として許容されることが多いのは、以下のようなものです。

    〈25歳ニートの空白期間の理由〉

    • 資格取得の勉強をしていた
    • 家族の介護
    • 留学
    • 〇〇を目指していた

    このような理由なら、面接で答えても、ニートの理由として納得いく回答です。

    ただ、なかには「何となくニートをしていた」という明確な理由が無い方もいるでしょう。

    ニート期間の明確な理由を説明するのが難しい方でも、面接官が納得いくようなストーリーがあれば大丈夫ですよ。

    もし、うまくストーリーが立てられないということであれば、就職エージェントの力を借りましょう。

    就職のプロであるキャリアアドバイザーが、あなたの状況を考慮して納得のいくストーリーを作成してくれますよ。

    就職エージェントの利用がおすすめ

    25歳ニートの就職活動には、就職エージェントの利用がおすすめです。

    就職エージェントを使えば、面接対策、企業との条件交渉、応募書類添削など就職活動における様々なサポートが受けられます。

    3分ほどで登録でき、利用料も無料ですので、気軽に利用できますよ。

    次章では、25歳ニートの就職におすすめのエージェントをご紹介します。

    5.25歳ニートにおすすめの就職エージェントを紹介

    25歳ニートにおすすめの就職エージェントは、以下の3つです。

    自分にマッチする企業を見つけたいなら「DYM就職」

    DYM就職は、株式会社DYMが運営する未経験からの就職に強いエージェント。

    書類選考なしで面接に進むことも可能なので、効率良く就職活動を進められますよ。

    また、大手優良企業から中小ベンチャー企業まで幅広い求人があるので、自分にマッチする企業が見つかりやすいです。

    しっかりとサポートを受けられるので、転職成功率を高めることができるでしょう。

    経歴に不安があるなら「就職shop」

    就職shopは、人材紹介大手のリクルート系列のエージェント。

    学歴不問・人物重視の求人を多数紹介しているので、経歴に不安があるニートの方におすすめです。

    「就職成功者の4人に3人が正社員未経験から内定を獲得している」というデータもあるので、安心感も抜群。

    実績を重視したい方にもぴったりですよ。

    就職ショップの評判を詳しく知りたい方は「就職shop」は本当に使うべき?特徴・評判と利用前に確認したい注意点」をご覧ください。

    面接対策に不安があるなら「ハタラクティブ」

    ハタラクティブは、20代に特化している就職・転職エージェント。

    支援実績は約15万人以上、内定率は80.4%と豊富な実績があります。

    面接対策に力を入れているので、面接に不安を持っているニートの方におすすめです。

    親身にカウンセリングをしてもらえるので、まずは気軽に相談してみてくださいね。

    ハタラクティブの評判を詳しく知りたい方は「ハタラクティブって実際どうなの?特徴や評判と利用前の全注意点」をご覧ください。

    6.25歳ニートから正社員になった人の体験談

    ここでは、25歳ニートから正社員になった人の体験談をいくつか紹介します。

    このように、25歳ニートからでも就職を成功した例はたくさんあります。

    ですから「自分には無理だ」などと卑屈にならず、自信を持って就職活動に挑みましょう。

    7.25歳ニートが就職で失敗しないために

    25歳ニートが就職で失敗しないためのポイントをご紹介します。

    自分に向いている仕事を選ぶ

    入社してすぐ辞めないために、自分に向いている仕事を選ぶことが大切です。

    自分に向いている仕事を選ぶためには、自己分析をしっかり行う必要があります。

    自分がどんな性格なのか、自分がどんな仕事に興味があるのか、自分は5年後や10年後どのようになりたいのかなど、色々な角度から分析し、自分の特徴をきちんと把握してください。

    働きやすい環境を選ぶ

    ニートからの就職に限ったことではありませんが、長く働くためには働きやすい環境の職場が良いです。

    働きやすい職場とは、例えば「人間関係が良好」「残業が少ない」「休みが取りやすい」などです。

    入社前に、職場の先輩の声や口コミサイトなどを通じて、労働環境の把握に努めましょう。

    8.25歳ニートが抱きがちな3つの疑問にお答えします

    最後に、25歳ニートが抱きがちな3つの疑問に対してお答えします。

    25歳ニートが就職するのは遅い?

    25歳ニートが就職するのは遅くありません。

    周りの25歳の多くは働いていますが、25歳の時点ではそこまで気にするような差ではありません。

    25歳で就職できず、ずるずるニートの期間が長引く方が問題ですので、遅いかどうかなど気にするくらいなら、今すぐ就職活動を始めた方が良いです。

    25歳ニートからの就職は大卒でないと厳しい?

    採用時に学歴を重視しない企業も多くなってきているので、高卒や中卒の25歳ニートでも就職は可能です。

    中卒や高卒のニートが就職を成功させるためには、やる気や成長性をアピールすることです。

    これからの成長性や自主性を期待し、「今の時点では学歴やスキルが無くても構わない」と考える企業も少なくありません。

    25歳のニートとフリーターでは就職難易度は異なる?

    正直に申し上げると、ニートに比べ、若干フリーターが有利です。

    企業によっては、アルバイト経験も評価対象とするところもあるためです。

    ただし、単発や短期のアルバイトでは評価対象にならないケースが多いので、注意してください。

    まとめ

    この記事のまとめは、以下の通りです。

    〈まとめ〉

    • 25歳ニートでも就職は可能だが、行動するなら今すぐ
    • 25歳でニートを脱出しないと悲惨な未来が待っている可能性が高くなる
    • 25歳ニートがまずすべきなのはネットをやめること
    • 転職活動では、25歳までニートだった理由を明確にすること
    • 転職先を見つけるには、転職エージェントの利用がおすすめ
    • 成功の大きなポイントは、自分に向いている仕事を見つけること

    25歳ニートでも就職は可能ですが、今すぐ行動をおこしてください。

    25歳であればニートでも就職できる可能性が高いためです。

    就職活動では、就職エージェントを利用しましょう。

    この記事で紹介した「DYM就職」「就職shop」「ハタラクティブ」を使い、就職を成功させてくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%