34歳フリーターの正社員就職を成功させるには?悲惨な末路を今すぐ回避!

34歳フリーターの正社員就職を成功させるには?悲惨な末路を今すぐ回避! 仕事の悩み・相談

フリーターの働き方は不安定です。

フリーターに出世はありませんし、不況だとすぐに首を切られることから、30代40代と続けるにはリスクが伴います。

正直なところ34歳の今、フリーターから正社員を目指すのは簡単なことではありません。

ただ、全く可能性がないわけではなく方法はあります。

そこで、34歳フリーターを脱出し正社員になるための最善の方法について詳しくご紹介します。

もし正社員を目指しているのなら、ぜひ当記事で「あなたの就職に必要な情報や方法」を手に入れ就職を実現させてくださいね。

スポンサーリンク

1.フリーターの生き方はリスクありすぎ?悲惨な未来が待っている

就職に失敗した、またフリーターの方が気楽に働けるといった理由からフリーターを続けてきたという人は多いのではないでしょうか。

フリーターは正社員と違い、「好きなときに働ける」「休みが自由に取れる」「責任を負わなくていい」といった気楽さがあります。

ただ、フリーターとしての人生はリスクの方が大きいのです。

【フリーターを待ち受ける未来】

働き口が減る 20代の若い世代に仕事を取られてしまい仕事がなくなっていく
給与が変わらない 責任がない分給与にも反映されない
クビになる可能性 企業の業績が悪くなった場合にリストラ対象になる
ライフプランが立てられない 社会的信用がないためマイホームやマイカー購入・結婚は難しい
正社員になる可能性が少なくなる 年齢が上がるほど企業は「即戦力」のある人材を求める

たとえば、将来結婚したいと考える相手ができたときに、あなたが相手の親の立場だったら「フリーターの彼氏・彼女」に自分の子供を任せられるでしょうか?

このように気楽に見えるフリーターは一般的には「信用できない」「安定していない」と見られてしまいます。

それに加え、30代でまだフリーターだと、20代と違い正社員になることも難しくなってきます。

その現実について、詳しく見ていきましょう。

フリーターの先に待つ「老後破産」

社会的にも問題になっている「老後破産」とは、さまざまな事情から退職金も貯金も使い果たし破産に追い込まれる高齢者のことです。

その「老後破産」の可能性が最も高いのが、フリーターという生き方を選んでいる人たちです。

フリーターには安定した給与はなく、年金をもらえるとしても正社員とは違い支給額は少なくなります。

貯金もなく退職金もないフリーターを待っているのは、厳しい現実です。

もし「生活保護がある!」と思ったとしても、申請には厳しい条件をクリアする必要があり、金額も家賃・光熱費が賄えるギリギリ程度です。

申請が通らず、路上生活を強いられる人がいることも忘れてはいけません。

  • スポンサーリンク

  • 40代になると仕事を選べなくなる

    20代では色々な仕事を選べます。

    それが30代になると求人自体が減り、40代になると仕事を選べなくなります。

    30代にもなると、正社員から正社員への転職すら難易度が上がるのが現状。

    職歴のないフリーターにとって、就職が年齢と共に困難になることはお分かりいただけるかと思います。

    40代になってしまったら、「ブラックでも働けるだけでもマシ」という状況になってしまう可能性もあるのです。

    「35歳限界説は古い」もフリーターに適用は厳しい

    就職や転職時によく言われる「35歳限界説」。

    最近では「そういった考えはもう古い」といった意見も多くあります。

    ただし、「35歳限界説が古い」に当てはまるのは「今働いている職場(業種)から転職したい」と考えている人たちです。

    売り手市場で求人が増えているのは事実ですが、35歳で転職する場合も簡単ではありません。

    【企業が求める35歳の人材】

    • マネージャーや管理職など職場で実績を積んでいる
    • 技術者として熟練した腕を持っている
    • 常に新しいことに挑戦する前向きな気持ちを持っている

    30代になると、企業が求めるのはあくまでも「即戦力となる実力を持っている人材」。

    つまり職歴がない34歳フリーターには当てはまらないのです。

    さらに「未経験可の求人」でも35歳が上限となっていることがほとんど。

    求人において年齢制限を設けることは法律では禁止されています。

    ただし、未経験可で「入社してからキャリア形成をしていく」ことを目的とした採用の場合、若年層を対象とすることから「35歳未満」といった条件をつけることは可能です。

    「35歳限界説」が古い考え方という意見があっても、会社内の意見や上司の考え方で「35歳未満しか採用しない」としているところは少なくありません。

    そのため、34歳フリーターにとって正社員になることは他の求職者と比べかなり厳しい現実となっているのです。

  • スポンサーリンク

  • 2.34歳から正社員は厳しい!でも不可能ではない理由

    34歳から正社員は厳しい!でも不可能ではない理由

    34歳フリーターから正社員になるには、厳しい現実があるということをご紹介しました。

    ただし、35歳から求人が0になるわけではありません。

    したい仕事を選べなくなる40代に突入する前に、今ならまだ正社員になれる可能性は十分にあります。

    そこで34歳フリーターでも正社員になることが不可能ではない理由について、詳しく見ていきましょう。

    好景気・売り手市場の今がチャンス

    不景気の間雇用を控えていた企業が多かったため、今企業内では人手不足が深刻な問題です。

    そのため新卒の幅を広げ、20代だけでなく30代も含めた未経験者を獲得する動きが強まっています。

    ただ、この好景気や売り手市場はいつまで続くかは分かりません。

    未経験可で正社員になることができるチャンスは「今」しかないことを頭に入れた上で就職活動をする必要があります。

  • スポンサーリンク

  • 人手不足の業界は年齢を問わない

    好景気の影響で、求人はあらゆる業界で増えています。

    その一方で、人手不足に悩む業界は不景気好景気に関わらず人材を求めています。

    人手不足の業界では、「経験やスキルがなくても入社してから育成する」ことを考え、年齢を問わず求人をしています。

    でもそれって人手不足でブラックな働き方をさせる会社なのでは?

    そう不安になるかもしれませんが、キャリアコンサルタントへの相談・口コミサイトでの確認などで企業を研究すれば、ブラック企業への応募を防ぐことができます。

    フリーターなら経験不足をカバーできる

    34歳フリーターにとって、「職歴がない」ことは他の求職者と比べると不利な条件です。

    ただし、フリーターの経験でもしっかりと分析すれば、書類選考・面接時のアピールポイントになります。

    【フリーターでもアピールできる強み】

    • 働いた経験があるという強みを活かせる
    • 新人の指導やシフト管理といった未経験者にはない経験がある
    • リーダーとして働いた経験があれば仕事で活かせる
    • フリーターだったからこそ「正社員になりたい!」という強い情熱が伝えられる

    職歴がなくても、フリーターとして身につけたことが一つでもあればそれを活かすことができます。

    「フリーターとしての経験があること」で、不利な状況をひっくり返すことも十分に可能です。

  • スポンサーリンク

  • 3.34歳フリーターが正社員になるために利用したい支援

    34歳フリーターが正社員になるために利用したい支援

    34歳フリーターから正社員を目指すには、正攻法で求人を探して応募するだけでは困難です。

    確実に内定を勝ち取るためにも、まずは34歳で利用可能な公的な支援サービスを利用することを考えましょう。

    そこでぜひ利用したい就職支援サービスについて、詳しくご紹介します。

    就活のアドバイスが受けられる公的支援サービス

    フリーターを長期間続けていた場合、就職活動をどうすればいいのか、また何から手を付けていいのか分からないといったことも出てきますよね。

    そこでおすすめしたいのが公的な就職支援サービスです。

    利用できるものとして、以下のサービスがあります。

    【国や自治体による就職支援】

    ハローワーク(国が運営) ・就活の仕方など基本的なアドバイスがもらえる
    ・職業訓練校の斡旋をおこなっている
    ・個別支援をしてくれる「わかものハローワーク」がある
    ジョブカフェ
    若者サポートステーション
    就職支援プログラム
    (いずれも自治体が運営)
    ・気楽に入りやすく相談しやすいスペース
    ・提出書類の作成や面接の相談に乗ってくれる
    ・就職セミナーの案内や紹介をしてもらえる
    ・就職支援プログラムでは企業と提携し正社員を前提として仮入社可能な仕事を紹介してもらえる

    今まで就活をしたことがない人に対し、基本的なことをしっかりアドバイスしてもらえるのが公共の支援サービスの強み。

    一方、すぐに正社員になりたいと考えている人には、企業情報が少ないなど物足りなさを感じることもあります。

    「自己流の就活で失敗した」「地元に密着した会社で働きたい」と考えているなら、利用することをおすすめします。

  • スポンサーリンク

  • 職歴がないなら職業訓練校でスキルも身につける

    職歴がない場合には「職業訓練校」を受講するのがおすすめです。

    職業訓練校は、失業保険を受け取っている人向けの「公共職業訓練」と失業保険を受けられない(受けていない)人向けの「求職者支援訓練」の2つがあります。

    【職業訓練校を受講するメリットデメリット】

    メリット ・職歴として履歴書に書くことができる
    ・仕事に役立つスキルを身につけることが可能
    ・一部テキスト代などを除き基本的に無料で受講できる
    デメリット ・希望するプログラムを受講できるとは限らない
    ・開講の時期が決まっているため待たなければならないことがある

    職業訓練校は、「働きたいという意志があり求職している」人なら誰でも受講でき、失業保険の受給資格があるなら給付金の受け取りや給付期間延長も可能です。

    ただ、失業保険を受給できない(雇用保険に未加入、もしくは就職したことがない)人は勉強している間は無収入ですよね。

    そういった人を国が支援する「職業訓練受講給付金」がありますので、ぜひ利用しましょう。

    【職業訓練受講給付金の対象となる人】

    • ハローワークで求職の申し込みをしている
    • 雇用保険に加入していない、また受給対象ではない
    • 働きたい意志と能力を持っている
    • 職業訓練等支援が必要であるとハローワークが認定している

    手当ては月に10万円、さらに訓練校に通うために必要となる交通費が支給されます。

    訓練校では就職支援だけでなく企業紹介も行っていますので、訓練終了後就職することも可能です。

    すぐに仕事をしたいなら就職エージェントが一番

    「職歴やスキルのために訓練校に通う時間が惜しい」「すぐに正社員になりたい」と考えている場合は、支援を受けるより積極的に求人に応募したいですよね。

    すぐに仕事をしたいと考えているなら、就職エージェントを利用するのがおすすめです。

    就職エージェントの強み

    【就職エージェントとは?】

    • 面談をして自分の能力やスキル希望に合った求人を紹介してくれる
    • 提出書類の添削や面接対策のアドバイスがもらえる
    • 無料で利用できる
    • キャリアアドバイザーが個別対応してくれる

    就職エージェントは、紹介した求職者が内定した時点で紹介料を企業から受け取る仕組みのサービスです。

    求人が企業から送られてくるハローワークと違い、営業が直接求人を取るため企業内部の情報を詳しく教えてもらえるメリットがあります。

    企業が求める求職者を紹介するため、求職者側、企業側それぞれにミスマッチが少なく就職がスピーディに決まりやすいことも大きな強みです。

    4.34歳フリーターから正社員になるためのおすすめ就職エージェント3選

    一言に就職エージェントと言っても、運営会社によってさまざまな特徴・強みを持ちます。

    就職エージェントは利用する人によって合うサービスに違いがあるのです。

    また在籍しているキャリアアドバイザーとの相性もありますので、まずは信頼できる就職エージェントを選びましょう。

    そこで、ぜひ登録すべきおすすめの就職エージェントを3つご紹介します。

    未経験可の求人をみたいなら「ハタラクティブ」

    ハタラクティブ

    【ハタラクティブのおすすめポイント】

    • 未経験可の求人が2,000件以上常に用意されている
    • キャリアアドバイザーの質が高い
    • 書類選考の通過率は9割、内定率は8割の実績がある

    ハタラクティブは、主に20代のフリーター・既卒・第二新卒向けの転職支援に特化した転職エージェントです。

    求人の80%以上が「完全に未経験でも正社員として就職できる求人」であり、学歴・経歴に関係なく、誰でも気軽に転職支援を受けることが出来ます。

    実際に、ハタラクティブの40%以上の利用者は社会人経験が無く、また、50%以上の利用の最終学歴が大卒以下という調査結果も出ています。

    ハタラクティブの強みは、「短期間で自分に合った仕事に就けること」です。

    一人ひとりに合った職種や企業を紹介してくれますし、内定率80.4%と業界最高レベルを誇り、最短2週間で内定を獲得することも出来ます。

    ハタラクティブのサービスの流れは、以下の通りです。

    ご利用の流れ

    登録完了後には、アドバイザーとの面談をする日程を決めるために、0120-979-185から電話がかかってきます。

    番号を登録しておいたり、知らない番号を拒否しないように着信設定を確認し、必ず対応しましょう。

    また、登録後には面談があり、アドバイザーがあなたのこれまでの経験や希望を聞いた上で、求人の紹介をしてくれます。

    面談時には、履歴書や職務経歴書を一緒に作成することも出来ますし、あなたの作成した書類を添削してもらうことも可能です。

    聞かれた質問にどうやって答えたらいいのか不安な方もいらっしゃるかもしれませんが、事前に回答を準備しておくことなどは不要なため、安心して面談に臨んでくださいね。

    公開求人数 記載なし
    非公開求人数 常時2,300件以上
    対象地域 関東・関西・中部・九州
    面談可能なオフィス 全国9か所
    詳しくは「ハタラクティブの解説記事」をご確認ください

    書類選考なしの求人をみたいなら「DYM就職」

    DYM就職

    【DYM就職のおすすめポイント】

    • 書類選考なしで面接に進める
    • 優良企業のみを取り扱っており厳選した求人を紹介している
    • 就職内定率は96%

    DYM就職は、書類選考なしの求人を多数紹介している就職エージェントです。

    フリーターの場合、仕事先で身につけたことをアピールしたくても書類選考で落とされてしまうということが少なくありません。

    その点、DYM就職ではキャリアアドバイザーが企業との間を取り持ち、面接までセッティングしてくれます。

    企業が求める人材を紹介するため、離職率が3%と低いのもDYM就職の特徴です。

    面接対策もしっかりサポートしてもらえますので、キャリアアドバイザーを信頼し利用することをおすすめします。

    公開求人数 61件(2019年11月時点での求人数)
    非公開求人数 記載なし
    対象地域 全国
    面談可能なオフィス 全国14か所

    就職成功までサポートしてもらいたいなら「JAIC(ジェイック)」

    ジェイック

    【JAICのおすすめポイント】

    • 求人票では残業時間などリアルな情報を公開している
    • 一般的に有名でなくても安定した優良企業を厳選して紹介している
    • 実際に働いている人の声などを紹介していることで内定後の定着率が高い

    JAICは、就職カレッジという研修制度を導入している就職エージェントです。

    フリーターから就職したいけれど、「就職活動の方法やコツが分からない」「上手く提出書類を作成できない」と一人で悩んでしまい就活が上手くいかないという場合、サポートの手厚いJAICはおすすめです。

    就活の基本を教えてくれる5日間の研修を受けることで、企業の集団面接会に参加できるのもJAICの大きな強み。

    さらに入社後一年間アフターフォローを受けられるなど、安心して利用できる点でもおすすめです。

    公開求人数 記載なし
    非公開求人数 記載なし
    対象地域 全国
    面談可能なオフィス 全国8か所(不定期開催の出張所11か所もあり)

    5.34歳フリーターから正社員になれた人の経験談

    34歳フリーターから正社員になれた人の経験談

    34歳から正社員になるなんて本当は無理なんじゃないか、と就活での失敗を繰り返しているとそう考えてしまいがちですよね。

    34歳男性

    35歳からだと就職は難しいといわれて求人を探しているけど…。

    「紹介できる求人がないんですよね」と就職エージェントの担当者にいわれてガッカリ。

    やっぱり20代のうちに就職しておくんだったと後悔しています。

    34歳女性

    独身だけど将来は結婚したいし、手堅く事務職かなと思って就活を始めました。

    でもフリーターしか経験がないと、「未経験だとちょっと…」「希望ばかり優先すると求人がない」とハローワークでいわれてやる気がなくなってしまいました。

    年齢が上がればそれだけ就活の難易度も上がります。

    それだけに「正社員になりたい!」と思う気持ちは強いのに、現実は厳しいと思う方は多いはず。

    でも、実際に34歳で正社員になる夢を叶えた人はいます。

    成功した人はどんな就活をしたのか、その体験談を見てみましょう。


    34歳男性

    職歴がないのにいきなり正社員はハードルが高い、と思って派遣社員を目指しました。

    すぐに採用してもらえたことに加え、評価されて採用から半年で正社員に登用されたのはラッキーでした。

    34歳男性

    付き合っている彼女と結婚するためには定職につかないとヤバいと思って就活を始めました。

    年齢が年齢だし、仕事や年収にこだわるより長く働ける仕事をしたい!と就職エージェントに登録。

    思ってもみなかった優良企業を紹介してもらえました。

    一人で就活をしていたら絶対巡り会えなかったと思います。

    就活に成功した人は、「不利であることを十分理解した」上で、「今できることをする」行動力があることが分かりますよね。

    「失敗するかも」と悩む前に、「自分が今できること」をすぐに行動に移すことが成功のカギなのです。

    6.34歳フリーターから正社員になるために今すべきこと

    34歳フリーターから正社員になるために今すべきこと

    34歳フリーターから正社員になることは簡単ではありません。

    そのため就活で一度失敗してしまうと「もうダメかも」とやる気をなくしてしまうこともあります。

    ここでは、就活に失敗しないために事前に準備しておきたいことをご紹介します

    フリーターになったきっかけについてまとめておく

    面接では必ず「なぜフリーターになったのか」を聞かれます。

    例えば、以下のような理由が考えられますよね。

    【フリーターになったきっかけの一例】

    • 就活に失敗した(就職難、自分の見通しが甘かったなど)
    • 就職したがやりたいことがあり退職した
    • やりたい仕事に就けなかったためアルバイトで経験を積もうと考えた

    納得できる理由があれば、そこをしっかり見てくれる面接官も存在します。

    「就職難の時期が重なった」等の理由を、面接でスムーズに答えられるようにしましょう。

    フリーターの経験で得たことをまとめておく

    フリーターとしての働き方が不利にならないとはいえ、「お金を稼ぐために働いていました」という人は他の求職者と比べると採用される確率は下がります。

    「目的意識を持って働いていた」ことをアピールすれば、「入社したらしっかり働いてくれそうだ」と思ってもらえます。

    その他にも、「上の人に信頼されて仕事を任されていた」「新人教育担当をしていた」など自分だけの経験をアピールするのもおすすめです。

    「何もない」と思わずに小さなことでも書き出してみましょう。

    生活習慣を変えておく

    正社員になると、フリーターのように不規則な生活では体力が持ちません。

    就活と同時に、毎日朝同じ時間に起きて夜も同じ時間に寝る、という習慣を始めましょう。

    正社員になれたものの、通勤と仕事で体力を使い果たし続かなかったという人もいます。

    生活リズムの見直しに加え、バランスの取れた食事をする・毎日続けられる運動をする習慣もあわせて始めてみましょう。

    身だしなみを整えておく

    面接の対策をどれだけ立てていても、第一印象が悪いと台無しです。

    就活用のスーツや靴、カバンは新調しておきましょう。

    「そんなお金がない」という場合は、両親など周りの人にお願いするのも一つの手です。

    正社員になり、きちんと給料をもらってから返済すればいいわけですから先行投資と考えればいいのです。

    身だしなみがきちんとしているだけで、ぐっと有利になりますよ。

    まとめ

    34歳フリーターが正社員になるためには、時間の猶予がない、求人が少ない、ということを前提にすぐに行動することが必要です。

    【34歳フリーターが正社員になるために利用すべき支援】

    • 就活のアドバイスが受けられる公的支援サービスを利用する
    • 職歴がないなら職業訓練校でスキルも身につける
    • すぐに仕事をしたいなら就職エージェントが一番

    就活を全くしたことがない、という場合にはハローワークなどの公的支援を利用する方法もありますが、34歳の時点で正社員になれる可能性はかなり厳しいのが現状。

    そのため、すぐに就職につながりやすい就職エージェントを利用することを考えましょう。

    職歴のないフリーターでも応募可能な未経験可の求人を多く持っている「ハタラクティブ」や、落とされやすい書類選考なしで面接可能な求人を紹介している「DYM就職」の利用がおすすめ。

    さらに「JAIC」では、5日間の研修と企業との面接会を行っていますので「すぐに正社員になりたい」が叶います。

    売り手市場の今がチャンスだと考え、就職エージェントを活用して正社員を目指しましょう。