社内ニートは最高?つらい?暇つぶしや転職前にできる事を紹介!

Portrait of young man sitting at the table in front of laptop, sleepy, tired, overworked or lazy to work. Attractive business man yawning in home office relaxing or bored after work on laptop computer
仕事の悩み・相談

社内ニートとは、 会社に行っても仕事が無く暇を持て余している人を指します。

厳密には労働者のためニートではないのですが、同じような存在という意味から社内ニートという言葉がうまれました。

一見、仕事をせずに、給料が貰えるので、最高な環境に見えますよね。

しかし、仕事も与えられずに、一日中デスクで過ごすのは、意外に過酷な状況です。

一日や二日なら暇つぶしも楽しめそうですが、社内ニートになると毎日、周りの目も気にしながら、暇つぶしをし続けなければいけないからです。

ここでは、そんな社内ニートの特徴や脱出方法などを解説します。

スポンサーリンク

1.社内ニートとは

「社内ニート」とは、 会社で仕事がなく暇を持て余している人のことです。

働かずに家事や家業の手伝いもしない「ニート」の会社版のことを指します。

ここでは、「社内ニートの特徴」と「社内ニートになる原因」を解説していきます。

社内ニートの5つの特徴

  1. 仕事が回ってこない
  2. 雑用しかやらせてもらえない
  3. 何をしたらよいか分からない
  4. 短時間で仕事を終わらせ、その後は暇を持て余している
  5. 仕事をしなくても、会社にいるだけでお給料をもらえる

会社に行っても仕事が無い社内ニートは、就業時間中、ネットサーフィンや雑談などを行います。

仕事をしなくて良いという環境は一見、楽そうに思えますよね。

しかし、毎日やる事が無く就業時間を過ごすのは思っている以上に過酷です。

就業時間中は、暇つぶしをしなければいけませんし、周囲からの冷たい目線にも耐えなければなりません。

社内ニートは楽そうに見えても、意外に辛い立場なのです。

  • スポンサーリンク

  • 社内ニートになる原因

    社内ニートになるのには、2つの原因があります。

    個人の能力や素行が原因の「個人の問題」と人員配置や教育体制などが原因の「組織の問題」です。

    それぞれの特徴を見ていきましょう。

    個人の問題

    社内ニートになる原因の1つが個人の能力や素行です。

    極端に仕事が出来ない人物やコミュニケーション能力が低い人物が社内ニートとなります。

    指導を受けても、同じミスを繰り返したり、周囲とトラブルを起こしたりして信頼を失い、結果的に仕事が与えられなくなります。

    個人に問題があるケースの場合は、社内ニートになるべくしてなっているのです。

    組織の問題

    個人の問題ではなく、組織の問題で社内ニートになるケースもあります。

    個人の能力は問題ないのにも関わらず、 人員配置や教育体制が原因で社内ニートになってしまうのは、不運なケースです。

    人員配置、教育体制それぞれの特徴を見ていきましょう。

    <人員配置が原因の場合>

    • 人手不足により、まともに先輩社員や上司から教育を受けることができずに社内ニートになってしまう。
      特に専門性の高い職場では、先輩社員や上司による教育・指導が無ければ、専門知識を身につけることができないため、仕事をしたくてもできない。
    • 人手超過により、与えられる仕事が無い。

    <教育体制が原因の場合>

    • 先輩社員や上司の教育がうまく行われないことで、「仕事ができない社員」が生まれてしまう。

    人員配置が原因の場合は、人数を調節してもらうことで問題を解消できるでしょう。

    一方、 教育体制が原因の場合は教育制度の仕組みに問題があるため、人手不足で社内ニートが生まれる状況よりも、問題が根深いです。

    このように、「個人の問題」だけでなく、人員配置や教育体制などの「組織の問題」も社内ニートが生まれてしまうことに大きく影響しています。

    2.社内ニートの暇つぶしの仕方

    社内ニートは、出社しても仕事が無いので終業時間までの間、次のような暇つぶしをしています。

    <社内ニートが行う暇つぶし>

    • ネットサーフィンをする
    • 雑談をする
    • 居眠りをする
    • トイレにこもる
    • Excelを開いたり閉じたりする
    • オフィス内を歩き回る

    このようにダラダラと暇をつぶしながら毎日を過ごすのは辛いうえに、時間がもったいないです。

    そのため、 生産性のある暇つぶしをすることをオススメします。

  • スポンサーリンク

  • 資格の勉強やネットで副業をする

    オンライン上での学習サービスで資格の勉強をしたり、クラウドソーシングや転売などの副業をしたりすることは、自分のスキルアップになるでしょう。

    <オンライン上の学習サービス>

    • Livoo! : 資格講座を全カリキュラムを実質無料で利用することができる

    <クラウドソーシングサイト>

    クラウドソーシングにはライティング、バナー作成案件などがあります。

    3.社内ニートは辛すぎる!転職を決意する前にすべき事

    社内ニートになってしまうと毎日、暇つぶしをして過ごす辛い日々を過ごさなければなりません。

    辛い日々を過ごさない為にも、自分自身が社内ニートにならない為に出来る事をやって行きましょう。

    ここでは、社内ニートにならない為にすべき事を紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 今の仕事を120%の力でこなす

    短い時間でできる仕事であれば、いつもより更に短い時間で仕事をできるように工夫しましょう。

    職場内で変化に気づく人が入れば反応は変わりますし、誰も気づかない環境であれば、自分のスキルを上げる副業や資格の勉強などに時間を使うことができます。

    上司や同僚の仕事を手伝う

    自分が担当している業務が終われば、周囲の人の仕事を手伝ってあげましょう。

    giveの精神が社内ニートから変わる一歩になります。

    「なにか仕事はありますか」「その仕事やらせてもらえませんか」と声をかけてみましょう。

  • スポンサーリンク

  • 周囲との関係を上手くする

    周囲との関係を上手くする事も、社内ニートにならない為には大切です。

    最低限、「報告・連絡・相談」をしたり、手の気持ちや状況を考えてコミュニケーションを取れるようにしましょう。

    周囲とコミュニケーションがうまく取れない人物と仕事をすると、仕事の進みが悪くなりますし、ミスやトラブルも生まれやすくなります。

    また、周囲と頻繁にトラブルを起こすような人物は、トラブル対応などかえって仕事を増やすので、管理をするのが大変です。

    極度にコミニュケーション能力が低く、協調性に欠ける人物は、要注意人物となり、社内ニートになる可能性が高まります。

    社内ニートにならない為にも、周囲との日々の関係を円滑に行うように心がけましょう。

    4.社内ニート脱出!異動か転職を考えよう

    ここでは、 社内ニートになってしまった場合の抜け出し方の2つの例を紹介します。

    社内ニートになってしまった場合、どのような行動を取るべきかを押さえておきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 社内の部署を移る

    上司や人事に部署の異動を相談してみるのがよいでしょう。

    社内ニートの状態になってしまったことは、職場の状況を管理できていなかった上司の責任でもあるので、責められたり怒られたりしたとしても、嫌な気持ちになる必要はありません。

    なぜ部署を移りたいのか」「 部署を移ったらどのように活躍したいのか」を明確に伝えれば、聞き入れてもらえるはずです。

    もしも、自分の責任だと責め立ててくる場合は組織の制度が悪いので、社外への転職を考えましょう。

    社外へ転職する

    社内ニートを抜け出すもう1つの方法は「転職」です。

    組織の問題で社内ニートになってしまった人の場合、どれだけ、やる気があり、仕事が出来ても社内ニートから簡単には抜け出せません。

    ストレスを感じながら、社内ニートをやっているのであれば、早急に環境を変えるのが賢明です。

    転職をして環境を変える事も、一つの選択肢としてあると言う事を頭に入れておきましょう。

    おすすめの転職エージェント

    初めての転職の場合、どのように転職活動を進めれば良いか、どのような基準で会社を選べば良いか分かりませんよね。

    そんな方には、転職エージェントがおすすめです。

    無料で登録する事ができ、転職エージェントの方が相談に乗ってくれおすすめの案件を紹介してくれます。

    もし、相談するより転職求人を見たいという方は、dodaに登録すると求人案件を確認する事ができます。

    転職すると決断していない人も事前に求人を見る事は可能なので、検討段階の人も登録する事をおすすめします。

    リクルートエージェント:転職支援実績数・求人数、共に業界トップクラスの転職エージェント

    doda:求人数の多さ、サービスの質ともに高い転職エージェント

    求人数が多く、フォロー体制がしっかりしている上記の2社がおすすめです。

    おすすめの退職代行サービス

    「そもそも転職する前に退職の手続きが辛い・・・」というあなたの役に立つのが、退職代行サービスの「EXIT(イグジット)」です。

    相談と支払いさえ済ませれば、職場に行かなくても退職することができます。

    正社員と派遣社員は5万円、パート・アルバイトは3万円です。追加料金は一切かかりません。

    面倒な手続きは全てEXITが代行してくれるので、あなたは職場から解放されるのを待つだけです。

    「社内ニートから卒業したい」というあなたは、EXITで出口を見つけてくださいね。

    まとめ

    社内ニートとは、会社で仕事がなく暇を持て余している人のことです。

    個人の問題だけでなく、組織の問題にも影響を受けて社内ニートが生まれています。

    社内ニートは仕事をしなくて良いので、一見楽そうに思えますが、実状は過酷です。

    もしも自分が社内ニートになってしまった場合は、早急に部署異動の相談をしたり、転職活動をしたりして自ら環境を変えていきましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件




  • スポンサーリンク