【メール・書中の例文あり】「略儀ながら」の意味や使い方は?

ビジネス用語

「略儀ながら」は、 「正式な方法を省略したやり方ですが・踏むべき手段を省略していますが」という意味です。

「よく見かけるけど、自分が使う時に間違った使い方・失礼な使い方にならないだろうか」と不安に思っている人はいないでしょうか?

「略儀ながら」は、ビジネスメールや書中(手紙)といった文章で、相手に連絡をする際に非常に便利な言葉です。

今回は、社会人として覚えておきたい「略儀ながら」の意味や使い方、使えるシーンや類語を合わせて詳しく紹介していきます。

1.「略儀ながら」の意味とは

意味は「正式な方法を省略したやり方ですが」

略儀ながら

読み:りゃくぎながら

  • 正式な方法を省略したやり方ですが
  • 踏むべき手段を省略していますが

「略儀ながら」は、 「略儀」に「~なのですが・ですが」という意味の「ながら」が付いた言葉です。

では、「略儀」の意味を以下で確認しましょう。

【略儀】⇒本来踏むべきの手続きを省略したやり方・略式

従って、「略儀ながら」は「略式ではありますが」という意味です。

  • スポンサーリンク

  • 2.「略儀ながら」の使い方

    「略儀ながら」は、「本来は直接お会いしてお伝えするべきなのですが、とりあえずお手紙(メール)にて失礼します」という意味で使います。

    「略儀ながら」は、直接会えない相手に対して使う礼儀文句のようなものです。

    そのため「とりあえず今は文書にて連絡します」という意味だからと言って、 後から実際に会いに行かなければならないわけではありません

    2-1.「略儀ながら」は結び言葉

    「略儀ながら」は、手紙やメールに使う結び言葉です。

    「結び言葉」は、 文章を締めくくる最後の部分の言葉を指します。

    そのため、最初の挨拶を書き、本題を書いた後、「ではそろそろ…」という部分で「略儀ながら」と添えます。

    始めの挨拶で「略儀ながら、ご挨拶を」と間違って使わないように注意しましょう。

  • スポンサーリンク

  • 2-2.「略儀ながら」は書き言葉

    「略儀ながら」はメールや手紙、はがきといった文章で相手に連絡する際に使う書き言葉です。

    そのため、実際に目の前の相手に使う場合には使いません。

    例えば、お祝いの席などで 話し言葉としてスピーチを結ぶ時などは「簡単ではございますが」を用い、以下のように使います。

    簡単ではございますが、お祝いの言葉にさせていただきます

    2-3.「略儀ながらメールにて」「略儀ながら書中にて」の例文

    「略儀ながらメール(または書中)にて」の意味は、「本来なら直接お会いしてお伝えすべきですが、まずはメール(または文書)でお伝えします」になります。

    では、まずは「略儀ながら」の基本形を覚えておきましょう。

    また、「略儀ながら」の他にも、 「略儀ではございますが」「甚だ略儀ではありますが」などに変えると、さらに丁寧な表現になります。

    「略儀ながら」+「メールにて」(「メールをもって」「メールをもちまして」)+「◯◯申し上げます」

    ○○に入れる言葉は、その場に合わせたシーンに置き換えると簡単に使えます。

    実際に使うシーンは以下のようなものがあります。

    1. 挨拶
    2. お礼
    3. お祝い
    4. お詫び
    5. お悔み・お見舞い

    それでは、シーンごとの例文を以下で確認していきましょう。

    ①挨拶

    挨拶のフレーズは、年賀状や暑中見舞いなどで使います。

    • 略儀ながらメールにてご挨拶申し上げます。
    • 略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます。
    • 略儀ながらメールをもちましてご挨拶申し上げます。

    ②お礼

    何か厚意をいただいてお礼を言うべきシーンでは、「本来はお会いして直接お礼を言うべきなのですが」というニュアンスで以下のように使いましょう。

    • 略儀ながらメールにて、お礼申し上げます。
    • 略儀ではございますが、まずは書面にてお礼を申し上げます。

    ③お祝い

    お祝いは、本当ならば相手に会ってお祝いの言葉を送りたいですね。

    しかし、距離が遠かったり都合がつかず会えない時には、以下の様にお祝いを伝えます。

    • 略儀ながら書面にて、お祝い申し上げます。
    • 略儀ではございますが、メールにてお祝いと不参のお詫びを申し上げます。(結婚式などに参加できない場合)

    ④お詫び

    お詫びの際は、相手に迷惑がかかっており誠意をしっかり見せたい場合が多いので 「甚だ略儀ではございますが」などのより丁寧なフレーズを選ぶようにしましょう。

    • 甚だ略儀ながら、書中をもってお詫び申し上げます
    • 略儀ではございますが、書中をもってお詫び申し上げます。
    • 甚だ略儀ではございますが、書中をもってお詫び申し上げます。

    ⑤お悔み・お見舞い

    「略儀ながら」のフレーズは、お悔みやお見舞いといった場面でも以下のように使うことができます。

    • 略儀ながらメールにて、お見舞い申し上げます。
    • 略儀ではございますが書中をもって、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
    • 本来であればすぐにでも弔問にお伺いすべきところ、遠路ままならず、略儀ながら書中をもちましてお悔やみを申し上げます。
  • スポンサーリンク

  • 3.「略儀ながら」と「略式ながら」の違いは?

    「略儀」の意味に「略式」とあることより、「略儀ながら」を「略式ながら」に置き換えて使うこともあります。

    「略式ながら」の「略式」には、正式には以下のような意味があります。

    【略式】⇒正式な手順を省いて簡単にしたやり方

    では、以下の表で「略儀ながら」と「略式ながら」の違いを見ていきましょう。

      略儀ながら 略式ながら
    意味

    本来の正式な方法を省略したやり方だけれども

    簡単なやり方だけれども
    ニュアンス 重々しい・正式なニュアンス 軽いニュアンス

    このように、「略儀ながら」に比べると、「略式ながら」では、ややフランクな軽い印象が受け取れます。

    同じ意味ではありますが、ビジネスシーンや目上の方に使う場合には「略儀ながら」の方が適切です。

    では、以下で「略式ながら」の例文を見てみましょう。

    略式ながら、手紙にてお礼を伝えさせていただきます。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事