「助かります」は上司への敬語として失礼!正しい言い換え表現を紹介

助かりますの敬語表現 ビジネス用語

助かりますは上司に対する敬語として失礼です。

正しい言い換え表現としては、お礼なら「ありがとうございました」「御礼申し上げます」「心より感謝申し上げます」。

依頼なら「幸いです」「お願いできますでしょうか」「していただけないでしょうか」「幸甚に存じます」などが正解です。

今回は、「助かります」の使い方がよくわからないという人のために、「助かります」の言い換え表現や類語、また言われた時の返事について詳しくご紹介します。

1.「助かります」は目上の人には失礼

仕事を助けてもらった時によく使う「助かります」という言葉を、相手の年齢に関係なく使っていないでしょうか。

一見失礼ではないようにも感じられますが、どういった場合に使うべき言葉なのか、詳しく見ていきましょう。

1-1.「助かります」は丁寧語なので目上の人には失礼

「助かります」は「助かる」の丁寧語です。

丁寧語は聞き手に対して丁寧に述べる敬語で、相手に対して敬意を表して話すときに使われます。

そのため、「助かります」を普通に会話で丁寧に話すときに使うのは問題ありませんが、 自分より立場の高い目上の方や上司に対して使うことは失礼です

「助かります」は自分と同位である人、もしくは目下の人と会話をする際に使うようにしましょう。

  • スポンサーリンク

  • 1-2.「ありがたいです」も目上の人には失礼

    「助かります」と同じ意味で使われることの多い言葉に「ありがたいです」があります。

    「ありがたいです」は、「滅多にない幸運や、期待していなかったような助けが得られたとき」に使う「ありがたい」の丁寧語です。

    ただし断る場合のクッションとしても使われるため、「ありがたいです」と言われると、相手は見下されているような印象を受けてしまいます。

    目上の方や上司に対しては、「ありがたいです」は失礼になってしまいます。

    参考に例文をご紹介します。

    <例文>

    ○○課長が加わってくれたので、プロジェクトは大成功です!ありがたいです

    では、失礼にならない「助かります」の言い換え表現を、お礼と依頼をする場合に分けて紹介します。

    2.「助かります」の言い換え表現:お礼

    「助かります」を使いたいけれど、目上の方や上司に使うのは失礼になってしまう、そんな場合には別の言い換え表現を使いましょう。

    ここでは、 「助かります」とお礼をいうときの、3つの言い換え表現をご紹介します

    1. ありがとうございました
    2. 御礼(おれい/おんれい)申し上げます
    3. 心より感謝申し上げます
  • スポンサーリンク

  • 2-1.「ありがとうございました」

    「ありがとうございました」は、感謝の気持ちを伝える「ありがとう」の丁寧語です。

    感謝の気持ちを強調し、相手に丁寧に伝えるための言葉です。

    「ありがとうございます」もよく使われますが、過去にしてもらったことへの感謝の意味としては「ありがとうございました」を使います。

    ただし過去にしてもらったことの感謝を、今も引き続き持ち続けていますという気持ちを表すために「ありがとうございます」ということもあります。

    どちらを使うかは決まっていません。

    状況や自分の気持ちに合う方を、柔軟に使い分けるか、無難な「ありがとうございました」を使いましょう。

    例文をご紹介します。

    <例文>

    お忙しい中、手助けしていただきありがとうございました

    2-2.「御礼(おれい/おんれい)申し上げます」

    「助かりました」という感謝をメールや文書で表現するときには、「御礼申し上げます」を使います。

    「おれい」が一般的な読み方ですが、硬い表現で「おんれい」と読むこともあります。

    「ありがとう」の硬い表現が「御礼」です。

    読み方は「おれい」「おんれい」どちらでも正しいのですが、硬い表現としては「おんれい」です。

    「申し上げます(させていただきます)」で自分が下の立場から、相手を敬う表現となります

    例文をご紹介します。

    <例文>

    先日は発表会でお力添えいただき、御礼申し上げます

  • スポンサーリンク

  • 2-3.「心より感謝申し上げます」

    「感謝申し上げます」は、相手に対する感謝の気持ちを、自分の立場を低めて、相手の立場を高めて感謝を伝える表現です。

    「心より」を頭につけることで、より強い感謝の気持ちを伝える表現となります。

    例文をご紹介します。

    <例文>

    このたびはお時間を割いていただきありがとうございました。心より感謝申し上げます

    3.「助かります」の言い換え表現:依頼

    「助かります」は、相手に依頼する場合にも使います。

    この場合、 目上の方や上司に対しては、どう言い換えをすればいいのか、4つの表現をご紹介します

    1. 幸いです
    2. お願いできますでしょうか
    3. していただけないでしょうか
    4. 幸甚(こうじん)に存じます
  • スポンサーリンク

  • 3-1.「幸いです」

    「幸いです」は「相手にしてもらうとうれしく思う」と依頼するときに使われる言葉です。

    ただし相手によっては敬意が足りない、と受け止められてしまうこともあるため、注意が必要です。

    より丁寧な言い方としては、「幸いに存じます」、もしくは「いただけますと幸いです」があります。

    例文をご紹介します。

    <例文>

    お忙しいとは存じますが、下記日程内でご参加いただけますと幸いです

    3-2.「お願いできますでしょうか」

    「お願いできますでしょうか」は、相手に依頼をするときに多く使われる表現です。

    相手への配慮や、申し訳なさを表現した言葉です。

    ただし、「お願いできます」の「ます」と「でしょうか」の「です」という二つの丁寧語が入っている二重敬語であるため、文法的には誤りです。

    そのため、一般的には広く受け入れられている敬語ですが、相手によっては不快と受け取られる可能性もあります。

    その場合には「お願い致します」「お願いできますか」と言い換えましょう。

    例文をご紹介します。

    <例文>

    お手数ですが、食事後にこちらのアンケートに回答をお願いできますでしょうか

  • スポンサーリンク

  • 3-3.「していただけないでしょうか」

    「していただけないでしょうか」は、相手を気遣いながら依頼をする、丁寧な言い方です。

    相手にお願いする「していただけますか」を、自分の立場を低めて、相手を敬う場合に使います。

    目上の方や上司に対して、依頼をする場合には、「していただけないでしょうか」が最も丁寧な表現です。

    例文をご紹介します。

    <例文>

    今回は○○さんに幹事をお願いしたいのですが、引き受けていただけますか

    3-4.「幸甚(こうじん)に存じます」

    幸甚に存じます」は、「何よりも幸せ」「大変ありがたく思う」の「幸甚」に、思うの謙譲語である「存じます」が組み合わさった表現です。

    「引き受けていただければとても幸せです」という意味で使われます。

    表現としては硬いのですが、メールや文書だけでなく、ビジネスの会話でもよく使われます。

    例文をご紹介します。

    <例文>

    お分かりになる範囲でお教えいただきましたら、幸甚に存じます

    4.「助かります」への返事のしかた

    「助かります」と相手に言われたときに、とっさにどう返事をすればいいのか分からないといったことが少なくありません。

    相手に対して失礼にならないよう、返事のしかたをお礼の場合と依頼の場合に分けてご紹介します

    1. 感謝の「助かります」には「とんでもございません」
    2. 依頼の「助かります」には「かしこまりました」

    4-1.感謝に対して:「とんでもございません」

    「とんでもございません」は、相手の言ったことを打ち消す謙譲語です。

    相手がこちらに申し訳ない気持ちでお礼を言っていることに対し、「そんなことはありません」と答える意味があります。

    例文をご紹介します。

    <例文>

    とんでもございませんこちらこそお手伝いできて光栄です

    4-2.依頼に対して:「かしこまりました」

    かしこまりました」は「分かりました」の丁寧語です。

    「助かります」と依頼をされた場合に使われます。

    ビジネス敬語では目上の方や上司に対しては、「かしこまりました」と返すのが丁寧です。

    同じような表現には「承知いたしました」があります。

    <例文>

    かしこまりました、それではできあがり次第お持ちいたします。

    5.「助かります」の英語表現

    英語の「助かります」の表現でよく使うのは、「thank you」と「appreciate」の2つです。

    1. thank you:人に対して感謝する
    2. appreciate:行為に対して感謝する(thank youより丁寧)。依頼にも使える

    感謝の「助かります」には「thank you」と「appreciat」のどちらも使うことが可能です。

    依頼の「助かります」に使えるのは「appreciate」だけです。

    では順に見ていきましょう。

    5-1.感謝:thank you、appreciate

    thankは人に感謝する表現なので、必ずyou(あなた)やhe(彼)などの人をつけて「thank+人」の形で使います。

    また、感謝の内容を表現したいときは「thank+人 for+内容」と人のあとに「for+内容」をつけます。

    <例文>

    Thank you for your help.
    (手伝っていただき、ありがとうございます。)

    「thankはちょっとカジュアルすぎるのでは?」と不安な時は、よりフォーマルな「appreciate」を使いましょう。

    「appreciate」は「thank you」と違い、行為に対して感謝する表現です。

    そのため、「appreciate+行為」の形で使います。「appreciate+人」は間違いなので注意しましょう。

    例えば以下のように使います。

    <例文>

    I appreciate your concern.
    お気遣いに感謝します。)

    また、以下の例文のように、 動名詞(動詞+ingの形で名詞化)を後ろにつけて行為(あなたのアドバイス)に感謝するという形で使うこともできます。

    <例文>

    I appreciate your giving me the advice.
    (あなたのアドバイスに感謝しています。) 

    5-2.依頼:appreciate

    「appreciate」は何かをしてもらったことに対する感謝にも、 これからしてもらう感謝(依頼)に対しても使うことができます。

    「thank you」よりフォーマルな表現なので、ビジネスシーンでもよく使われます。

    依頼するときは、「I would(I’d)appreciate it if you could 〜(〜していただけるとありがたいです)」という表現を使えば「助かります」の依頼の敬語表現として使えます。

    <例文>

    依頼:I’d appreciate it if you could give me some advice about that.
    (アドバイスしていただけると助かります。)

    まとめ

    ついビジネスの場で使ってしまいがちな「助かります」は、丁寧語ですが目上の方や上司に対しては失礼になります。

    お礼を言う場合には、「ありがとうございました」「御礼申し上げます」「心より感謝申し上げます」を使います。

    相手に対して依頼する場合には、「幸いです」「お願いできますでしょうか」「していただけないでしょうか」「幸甚に存じます」を使いましょう。

    また上司に「助かったよ!」と言われたときに、どう返事をすればいいのか思い浮かばず、笑って済ませたりしてしまいがちです。

    この場合には、御礼の場合は「とんでもございません」、依頼された場合は「かしこまりました」が正しい返事です。

    相手のことを敬う場合には、「助かります」は安易に使わないように注意しましょう。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事