33歳ニートから正社員へ!就職のコツやおすすめの職種を解説

Caucasian Construction Worker in His 30s and the Plywood Background. Hard Hat and Construction Safety Equipment.
仕事の悩み・相談

33歳ニートで、正社員就職は不可能だと考えている人は多いです。

しかし、実際には30代のニートから正社員に就職した人達は大勢います。

この記事では実際に33歳ニートから脱却して正社員に就職した人の実例や、33歳から始める就活のコツを徹底紹介しています。

ぜひ最後まで読み、正社員への道を切り開いてくださいね。

スポンサーリンク

1.33歳ニートが今すぐに就職活動を始めるべき3つの理由

33歳で現在ニートだという人にまずお伝えしたいのが、もし正社員になりたいのなら今すぐに就職活動を始めるべきということです。

早めの就職活動をおすすめするのは、以下のような理由があるためです。

それぞれの理由について、もう少し詳しく見ていきましょう。

年齢を重ねるほど正社員の就職率が低くなるから

33歳ニートが今すぐ就職活動を始めるべき1つめの理由は、年齢を重ねるごとに正社員の就職率が低くなっていくからです。
 
以下は、労働政策研究・研修機構の調査による年齢毎のフリーター就職率をまとめた表です。
 
フリーターの年齢別就職率
15歳~19歳 16.4%
20歳~24歳 21.9%
25歳~30歳 18.3%
30歳~34歳 13.0%
35歳~39歳 10.0%
40歳~44歳 10.2%

参考:労働政策研究・研修機構(JILPT)┃若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状②

ご覧のように、33歳の時点で25~30歳の頃と比べると5%も就職率が下がり、その後も下がり続ける傾向が見られます。

つまり、現在33歳のあなたは今すぐ就職活動を始めなければ、今後もさらに就職できる確率が低くなっていってしまうのです。

なので、33歳ニートから正社員を目指す人は、今すぐにでも就職活動を始めることが大切ですよ。

  • スポンサーリンク

  • 正社員との差がどんどん広がるから

    33歳ニートが今すぐ就職活動を始めるべき2つめの理由は、正社員との差がどんどん広がるからです。

    もし「正社員にはなれなくても、フリーターで働けばいいや」と考えている人がいるなら、残念ながらそれは甘い考えと言わざるをえません。

    以下は、国税庁の「平成29年分民間給与実態統計調査」を参考に作成した男女別・雇用形態別の年収一覧表です。

    性別 正規雇用 非正規雇用
    男性 547万5,000円 229万4,000円
    女性 376万6,000円 150万8,000円
    全体 493万7,000円 175万1,000円

    参考:国税局┃平成29年分民間給与実態統計調査

    ご覧のように、非正規雇用者に対し正社員の給与は年齢を重ねるにつれてどんどん上がっていき、全体で見ても3倍弱の差になります。

    33歳の今はまだ実感が湧かないかもしれませんが、さらに年齢を重ねていくとその違いはよりハッキリとしてくるでしょう。

    そのときになって後悔しないためにも、今すぐにでも就職活動を開始することをおすすめします。

    行動することで新たな道が開けることもあるから

    33歳ニートが今すぐ就職活動を始めるべき理由の3つめは、行動することが予想もしなかった結果や未来を引き起こすこともあるということです。

    残酷なことを言うようですが、実際に今から就職活動を始めても、すぐに正社員への就職が決まるとは限りません。

    しかし、たとえすぐに結果に結びつかなくても、あなたが起こした行動が人生を好転させるきっかけになる可能性は充分にあります。

    たとえば、就職活動を通じ、今まで出会うことのなかったような良き友人や師に巡り会えることもあるでしょう。

    そして、そういった出会いが、あなたに新たなチャンスをもたらしてくれる可能性もあります。

    なので、まずは失敗を恐れずに、最初の小さな一歩として、就職活動を開始することを目標にしてみてください。

  • スポンサーリンク

  • 2.33歳ニートが正社員に就職する5つのコツ

    この第2章では、実際に就職活動を始めたあなたに向けて、正社員に就職するための5つのコツを紹介していきたいと思います。

    この記事で紹介するコツは次の5つです。

    それぞれ詳しく見ていきましょう。

    身だしなみをきちんと整える

    これから就職活動を始めるのであれば、まず身だしなみを整えましょう。

    服装や身だしなみを整えるということは、社会人としてまず最初におぼえるべきことと言っても過言ではありません。

    と言っても、高級なスーツを買ったりだとか、オシャレなネクタイを探したりする必要はありません。

    さっぱりとした髪型で、ホコリやフケの付着していないスーツを身につけて、きちんと磨いた靴で面接に向かいましょう。

    服装や身だしなみに気を遣うだけで面接官のあなたへ印象がガラリと変わってくるはずですよ。

  • スポンサーリンク

  • 履歴書や経歴書は詳細に書く

    内定の確率を大きく左右するのが、履歴書や経歴書の書き方。

    履歴書や経歴書は、できるだけ詳細に書くことが大切です。

    というのは、たとえアルバイトでも、実際に働いた経験があるのとないのとでは採用側の印象がまったく違ってくるからです。

    ニートの就活によくある失敗として「バイトは職歴にならないと思って、経歴に書かない」ということが挙げられます。

    大切なのは、恥ずかしがらずに、自分にできることはすべてアピールするという熱意と勇気です。

    アルバイトの職歴も含め、しっかりと履歴書や職務経歴書の内容を書き込むようにすれば、それだけで企業にあなたのやる気が伝わるようになりますよ。

    空白期間の理由を説明できるようにしておく

    ニートからの就職では、空白期間の理由をしっかり説明することも大切です。

    なぜなら、就職せずにニートやフリーターをしていた人は一般に「忍耐力がなく、採用してもすぐに辞めてしまうのではないか」と思われがちだからです。

    空白期間の理由を上手に説明するコツの1つとして、たとえネガティブな理由であっても前向きに言い換えるといったことがあげられます。

    たとえば、「やりたい仕事が見つからなかったから」ではなく「やりたい仕事を見つけるためにニートやフリーターをしていた」とポジティブに表現するのです。

    くれぐれも嘘はつかないように、偽りのない範囲で前向きに言い換えをすることで、空白期間に対する否定的な印象をやわらげましょう。
  • スポンサーリンク

  • 人気のない業界を狙う

    就職の確率を高めたいのであれば、人気のない業界を狙うことも手段です。

    なぜなら、大企業や有名企業はライバルが多く、より若くて経験のある求職者が同時に応募している場合は採用が難しくなるからです。

    対して、営業や介護といった業界は常に人手不足に陥っている傾向があり、若い応募者も少ない傾向があります。

    そういった人手不足の業界では、ニートやフリーターであっても積極的に採用している可能性が高いです。

    人手不足だからといって、必ずしもブラックな業界だというわけではありません。

    なので、事前に入念な下調べをしたうえで、そういった不人気な業界を狙うことも考えてみてくださいね。

    公的な就労支援や民間の就職エージェントを活用する

    就職を成功させるためには、ハローワークなどの公的な就労サポートや、就職エージェントなどの民間の就職支援を上手に利用しましょう。

    就職エージェントとは、履歴書の書き方から面接対策指導まで、就職のための様々なサポートを行ってくれる民間の支援機関のことです。

    就職エージェントは基本的に無料で利用できますし、複数のエージェントに同時に登録することもできます。

    就職活動を少しでも有利に進めるためにも、これらのサービスを積極的に活用していくことをおすすめしますよ。

  • スポンサーリンク

  • 3.33歳ニートにおすすめの就職エージェント3選

    この第3章からは、実際に就職活動を進めるにあたって、ぜひ利用をおすすめしたい3つの就職エージェントを紹介していきます。

    今回ご紹介する33歳ニートにおすすめの就職エージェントは次の3つです。

    それでは、それぞれをもう少し詳しく見ていきましょう。

    実績で選ぶなら内定率80%以上の「ハタラクティブ」

    ハタラクティブは、主に20代のフリーター・既卒・第二新卒向けの転職支援に特化した転職エージェントです。

    求人の80%以上が「完全に未経験でも正社員として就職できる求人」であり、学歴・経歴に関係なく、誰でも気軽に転職支援を受けることが出来ます。

    実際に、ハタラクティブの40%以上の利用者は社会人経験が無く、また、50%以上の利用の最終学歴が大卒以下という調査結果も出ています。

    ハタラクティブの強みは、「短期間で自分に合った仕事に就けること」です。

    一人ひとりに合った職種や企業を紹介してくれますし、内定率80.4%と業界最高レベルを誇り、最短2週間で内定を獲得することも出来ます。

    ハタラクティブのサービスの流れは、以下の通りです。

    ご利用の流れ

    登録完了後には、アドバイザーとの面談をする日程を決めるために、0120-979-185から電話がかかってきます。

    番号を登録しておいたり、知らない番号を拒否しないように着信設定を確認し、必ず対応しましょう。

    また、登録後には面談があり、アドバイザーがあなたのこれまでの経験や希望を聞いた上で、求人の紹介をしてくれます。

    面談時には、履歴書や職務経歴書を一緒に作成することも出来ますし、あなたの作成した書類を添削してもらうことも可能です。

    聞かれた質問にどうやって答えたらいいのか不安な方もいらっしゃるかもしれませんが、事前に回答を準備しておくことなどは不要なため、安心して面談に臨んでくださいね。

    短期間で内定を決めたい人には「DYM就職」

     

    DYM就職は、既卒・第二新卒でも、2000社超の優良企業の中から安心して就職先を探せる就職エージェントです。

    相談からの就職率も96%と非常に高いほか、就職活動が非常に進められると定評のあるエージェントでもあります。

    利用者の多くは20代ですが、未経験の33歳でもきちんと対応してくれる信頼のおけるエージェントです。

    DYM就職は、スピーディーに就職を決めたい人には、非常におすすめの就職エージェントですよ。

    就活を一から学びたいなら「就活エクスプレス」

    就活エクスプレスは、30歳~44歳までの正社員就職希望者を対象とした東京の就職エージェントです。

    その他の就職エージェントと比べて、対象の年齢層が高く、正社員就職に特化したサービスを行っているのも大きな特徴といえます。

    東京にのみ拠点があるため、関東以外に在住している人は利用しづらいのが難点ですが、30代以上の就職希望者にとっては非常に頼りになるエージェントです。

    33歳ニートからでも、一から正社員就職の方法を学び直したいという熱意がある人には、ぜひともおすすめのエージェントになっていますよ。

    4.33歳ニートでも就職は可能!実際に成功した人の実例を紹介

    では、この第4章では、実際に33歳ニートから正社員への就職に成功した人の事例をSNSでチェックしていきましょう。

    ご覧のように、最初は不安だったけれど、業種を考えたり資格を取ったりしたことで意外と上手くいったというケースはよくあります。

    33歳ニートが正社員に就職できるかどうか、不安なのは皆同じです。

    大切なのは「不安を乗り越え、行動を起こせるどうか」ということ。

    心配ごとや不安はあると思いますが、まずは勇気を出して就活の第一歩を踏み出しましょう。

    5.33歳ニートからの就職におすすめの職種3選

    ニートから就職する場合は、「未経験でも就職しやすい仕事」を選ぶことが大切です。

    この第5章では、33歳ニートの就職に特におすすめの職種を3つ紹介していきたいと思います。

    では、それぞれについて、詳しく説明していきますね。

    大工・ライン工などの住み込み系の職種

    大工やライン工などの住み込みで働くタイプの職種は、あまりなり手がいないために就職しやすい職種といえます。

    一人暮らしであったり、結婚をしていない場合は、住み込みというデメリットを気にせずに働くことができるので、おすすめの職種といえます。

    工場勤務は人とのコミュニケーションも少ないため、人付きあいが苦手な人でも挑戦しやすいことも大きな魅力といえるでしょう。

    個人向けの営業

    営業には、企業に向けた営業(BtoB)と個人に向けた営業(BtoC)の二種類があり、個人向けの営業も33歳ニートにおすすめ業種といえます。

    なぜなら、営業職は専門的な技術よりもコミュニケーション能力が重要視されるため、未経験可の求人も多いからです。

    人付き合いが苦手な人には苦痛も大きいかもしれませんが、成績次第で高収入を目指せるのも営業職の魅力です。

    企業に向けた営業はビジネス経験を求められるケースが多いですが、個人向け営業であれば未経験からでもスキルを身につけることが可能。

    なので、人と話すことが苦にならないタイプの人は、個人向けの営業職もおすすめの職種といえますね。

    介護職など人材不足が叫ばれる仕事

    人手不足の仕事を狙ってみることもひとつの手段。

    介護業界は慢性的な人手不足の状態にあるため、「未経験可」の求人も多いです

    「資格がないと働けないのでは?」と疑問に思う方も多いかもしれませんが、介護助手・介護補助であれば資格がなくても働くことができます。

    経歴や学歴を問わずに採用してくれるところもあるので、ぜひ求人をチェックしてみてくださいね。

    【補足】病気・介護などで通勤が困難なら在宅ワークも

    上記のほかに、補足として付け加えておきたいのが「在宅ワークという選択肢もある」ということです。

    正社員就職という目的からは少し外れますが、自宅でも仕事ができるというのは、様々な事情を抱える33歳ニートの人にとって大きなメリットといえます。

    もちろん、ニートからの脱却を目的とするなら正社員就職が一番良い方法です。

    ですが、正社員にこだわり過ぎて最初の一歩を踏み出せずにいるよりは、何らかの行動を起こしたほうが良いでしょう。

    在宅ワークを考えてみたいという人は、以下の記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

    6.33歳ニートの就活でよくある悩み・疑問

    この第6章では、33歳ニートの就職活動においてよくある悩みと、その対策について解説していきます。

    今回解説するよくある悩みは次の3つです。

    <33歳ニートの就職活動でよくある3つの悩み>

    33歳ニートからでも正社員を目指せることはわかったけれど、まだ不安の方が大きいという人はぜひ参考にしてみてくださいね。

    履歴書に書くことがない

    33歳ニートの就職活動によくある悩みの1つめが、履歴書に書くことが何もないというものです。

    実際、33歳ニートの場合、書くべき職歴や特技、資格がなかったりする人はたくさんいます。

    ですが、空白期間の理由であったり、志望理由であったり、職歴や特技以外でも書くべきことはたくさんあるはずです。

    また、今は働いてなくても、アルバイトの経験があればそれも絶対に職歴として書いておくべきです。

    大切なのは、恥ずかしがらずに、応募した企業で働きたいという熱意をしっかりとアピールすること。

    面接の練習だと思って、アピールできる事柄は全て履歴書・経歴書に盛り込んでおくようにしましょう。

    面接が怖い

    33歳ニートの就職活動によくある悩みの2つめが、面接が怖いというもの。

    ニートをしていると、家族以外の誰かと会うことすらほとんどないこともあり、そうした状況で面接に挑むのが怖いと思うのはある意味で当然です。

    面接が怖い場合、就職エージェントなどに模擬面接などの対策を行ってもらうのがもっとも効果的な対策といえます。

    アドバイザーと会って話すだけでも、会話のリハビリになりますよ。

    まずは無理なく周りの人と話せるレベルを目指しましょう。

    きちんと働けるかどうか不安

    33歳ニートの就職活動におけるよくある悩みの3つめが、就職できてもきちんと働けるかどうか不安というものです。

    ニートであった期間が長期間に及ぶと、自分が社会に必要とされている自覚が持てなくなり、働くこと自体に不安を感じてしまう人もたくさんいます。

    ですが、「ニートだったから、きちんと働けない」なんてことはありません。

    実際に働いてみると、自分で思っていたよりきちんと仕事ができたという人もたくさんいます。

    以下は、ヤフー知恵袋に投稿された、人と話すことが不安だという35歳のニートの人への回答です。

    新聞配達は職場の人とは話すけど、お客さんと話さなくて済むって、あなたのような方がよく働いています。

    (中略)

    あと、私は毒親仕込みの地味なコミュ症目指せ工場勤務な高専中退人生の落伍者当時20歳でしたが、ショップ店員など究極にコミュ力の要る自分と真逆を演じる仕事をするという荒治療でコミュ症直しました

    演じてる間に板につきました。

    そのあとも色んな職場で揉めまくり、色々最悪でしたが、今は良い職場にたどり着きました。

    (後略)

    回答:とろけるプリンさん

    引用:yahoo知恵袋

     

    このように、人と話すことに自信がなくても、それを乗り越えて就職に漕ぎつけた人はたくさんいます。

    また実際に仕事をしていくなかで、少しずつ自信をつけていった人も多いです。

    なので、働くことに対して必要以上に怖がったりせず、働きながら少しずつ自信を取り戻していくことも大事ですよ。

    まとめ

    33歳ニートから正社員に就職することは決して不可能ではありません。

    正社員への就職を成功させるために、次の5つのコツを意識しながら就職活動を進めていくとよいでしょう。

    <33歳ニートから正社員に就職するための5つのコツ>

    • 身だしなみをきちんと整える
    • 履歴書や経歴書は詳細に書く
    • 空白期間の理由を説明できるようにしておく
    • 人気のない業界を狙う
    • 公的な就労支援や民間の就職支援を利用する

    民間の就職支援サービスは、以下の3つがおすすめです。

    これらのサービスを上手に活用して、今すぐに正社員への就職活動を開始し、採用を掴み取ってくださいね。