商社の年収を総合・専門商社別に解説!大手・中小商社ランキングも

the many Glass windows on building centre business
平均年収

総合商社に勤める人の 平均年収は700~1,300万円です。

しかし、商社と言っても会社の規模によって年収には差がありますし、商社マンならではの「海外駐在」の有無も、年収に大きな差を生み出します。

ここでは商社の平均年収を徹底的に解説します。

商社への就職を考えている人は、ぜひ参考材料にしてください。

スポンサーリンク

1.商社業界全体の平均年収は約700~1,300万円

商社は総合商社・専門商社の2つに分けることができます。

ここでは、総合商社・専門商社それぞれの平均年収について解説します。

総合商社の平均年収は1,300万円以上

東洋経済オンラインの2019年平均年収ランキングによると、 総合商社の平均年収は1,300万円以上です。

総合商社は以下の、いわゆる「七大商社」のことを指します。

  • 三菱商事
  • 伊藤忠商事
  • 三井物産
  • 丸紅
  • 住友商事
  • 双日
  • 豊田通商

これに加え、「兼松商事」が総合商社に分類されることもあります。

総合商社は世界中に拠点を置きつつ、輸出入貿易や事業投資をメインに幅広くビジネスを展開しています。

総合職の平均年収は約1,500万円

総合商社の総合職の平均年収は約1,500万円を超えると言われています。

この年収にプラスして、各社手厚い複利厚生を用意しています。

深夜残業代や海外駐在手当、退職金などを含めると更に年収は跳ね上がります。

一般職の平均年収は約250〜350万円

一般職は営業事務などデスク作業がメインで、駐在どころか出張もありません。

平均年収は約250~350万円です。

入社の時点で女性が一般職の8割を占め、残業がほとんどなくワークライフバランスを重んじることができる働き方が人気の職種です。

一般職でもキャリアを重視することは可能で、中には年収500万円以上の人も多数います。

スポンサーリンク

専門商社の平均年収は約700~800万円

専門商社の上位10社の平均年収は約800万円で、専門商社全体では約700万円となっています。

この数字は一般職も含まれているので、伊藤忠エネクスやミツウロコグループHDなど上位の総合職なら年収が1,000万円を超えることもめずらしくありません。

総合商社が幅広くビジネスを展開するのに対し、専門商社は食品・鉄鋼・建設など1つの分野で貿易事業や事業投資を行っています。

また、総合商社は7つだけですが、専門商社は多数存在します。

成長が見込まれる医療機器の専門商社や、リターンが大きい資源開発系の専門商社は年収が高くなる傾向にあります。

専門商社に就職したいなら、その専門分野の強みを事前によくリサーチしておきましょう。

2.総合商社の総合職年齢別平均年収

総合商社は年収の高さから就活生にも大人気です。

総合商社に新卒として入社した場合、年代とともにどのように年収が推移していくのかを見てみましょう。

  役職 年収
20代 なし 約600〜800万円
30代 主任・課長 約800〜1,200万円
40代 課長・部長 約1,500万円〜1,700万円
50代 部長以上 約2,000万円以上

以上が、ボーナスを含めた総合職の年代別の平均年収となっています。

20代の平均年収600〜800万円

総合商社の初任給は各社公式HPによると 学部卒で平均24万円です。

基本給に住宅補助などが付くので、新卒の給料としては悪くありません。

20代のうちは、1年で100~150万円ずつ年収が上昇していきます。

スポンサーリンク

30代の平均年収800〜1,200万円

30代では、年収1,000万円に到達可能です。

「30歳の平均年収はいくら?30歳時点での業種ごとの年収や年収の高い会社も紹介」で説明していますが、同世代の他のサラリーマンと比べてもとても高い水準の年収をもらうことができます。

総合商社では昇進がほぼ年功序列で、30代になると主任や係長などの役職に就くことになるので年収がどんどん上がっていきます。

40代の平均年収1,500~1,700万円

40代になると 平均年収は1,200万円以上になります。

課長や部長などの重要な役職に就く機会もあり、また、単なる海外駐在員として派遣されるのではなく、駐在先の事業所のマネジメントを任されるようになります。

収入が増える分、背負う責任も更に大きなものとなっていきます。

50代の平均年収2,000万円以上

50代になると平均年収は2,000万円以上になります。

トップの総合商社では部長以上になると年収が2,500万円を超えることもあります。

しかし、総合商社は50代で早期退職する人が多く、また転籍になって収入が減る人もいます。

若いうちにたくさん稼いで、早めのリタイア、というキャリアプランを望む人にとってはぴったりです。

スポンサーリンク

男性の方が昇進しやすい現状

三菱商事の人事データによると、 総合職の男女比は8:2で、他の総合商社もだいたい同じ数字となっています。

三菱商事では男性総合職社員の約8割近くが管理職に就いており、管理職全体の90%以上が男性です。

女性社員の3割は管理職に就いているため、女性だからと言って昇進できないということはありません。

女性も男性と同じように年次や役職に応じて昇給していきます。

しかし、 商社はやはり男性社会であり、男性の方が昇進しやすいという事実は否めません。

3.大手総合商社の平均年収ランキング

続いて、大手総合商社の平均年収トップ3を紹介します。

この3社は日本企業の中でも最高峰レベルの年収の高さです。

1位:三菱商事1,540万円

三菱商事の平均年収は1,540万円で、総合商社の中でも最も高い年収を誇っています。

新卒入社すると、5〜7年目で年収が1,000万円になります。

一般職を含んで平均年収が1,500万円以上で、総合職だけの平均年収は1,700万円以上になると予想されています。

就活でも日本トップクラスの人気企業で、「社員でも全体像を把握できない」と言われるほど巨大なビジネスを世界中で展開しています。


20代 男性
正社員
(現社員)
企画職

完全年功序列です。誰でも入社5年目で年収1000万円可能です。入社1年目の平社員で年収は800万超えます。22歳→年収800万25→1000万30→1300万40→1500万50→2000万60→2100万70→2200万こんな感じです。

引用:カイシャの評判

スポンサーリンク

2位:伊藤忠商事1,460万円

総合商社で 平均年収が2番目に高いのは伊藤忠商事で、1,460万円です。

伊藤忠商事は売上に対して利益の割合が大きく、その分従業員に還元していると言うことができます。

伊藤忠商事は繊維部門に強みがあり、資源の金額に経営を左右されることが少なく比較的安定しています。


30代 男性
正社員
(現社員)
営業職

上場している日本企業の中では最高レベルの給与を頂けること。毎年会社の業績に応じて多少の増減はあるものの、近年は安定的に利益を出しているので、収入は安定している。

引用:カイシャの評判

3位:三井物産1,420万円

平均年収が3番目に高い総合商社は三井物産で、1,420万円です。

三井物産も、残業代次第では30歳になる前に年収1,000万円を到達することが可能だと言われています。

資源に投資するビジネスによる利益が大きいため、資源の価格により業績が左右される可能性があります。

ボーナスの額が左右されることは十分考えられるので、頭に入れておきましょう。


20代 男性
正社員
(現社員)
営業職

【給与制度の特徴】ミドル層までは典型的な年功序列。1年毎に職群が上がっていく仕組み。賞与が、業績によってかなり上下する。本部毎に差が出るのも特徴。

引用:カイシャの評判

4.中小総合商社の平均年収ランキング

以下で紹介するのは総合商社の中では中小総合商社と言われる企業ですが、他業界と比べると売上規模は決して小さくありません。

年収は他のサラリーマンの平均に比べて高い水準にあります。

スポンサーリンク

1位:双日1,103万円

中小総合商社1位の双日の平均年収は1,103万円です。

総合商社の中では一番新しく、また中小総合商社と言っても公式HPによると売上利益は2300億円以上あります。

航空産業が強みの企業で、民間・軍事ともに力を入れており、民間航空機代理店として1位のシェアを誇っています。

また、IoT事業などのテクノロジー関連にも注力しており、新しい総合商社らしく柔軟にビジネスを成長させています。


20代 女性
正社員
(元社員)
企画系

給与水準は良い。辞めてから良かったことに改めて気付き、後悔した。
同業他社と比較すると少ないが、総合商社という業態自体が、一般的にかなりトップクラスの給与水準であるため。
ボーナスは、業績が悪いので、同業他社に比べると少なく、当時4ヶ月ほどだった。

引用:カイシャの評判

2位:豊田通商1,051万円

中小総合商社の中で2位の年収を誇るのは豊田通商で、平均年収が1,051万円です。

豊田通商はトヨタグループの総合商社なので、トヨタ自動車の売上が業績に大きく関係します。

また、アフリカでの事業投資や貿易業を90年以上も前から行っているので、アフリカの発展に関わりたいと考える学生たちから人気のある企業です。


40代 男性
正社員
(現社員)
販売系

満足出来るぐらいありますので問題ないかなと思います。頑張る気持ちがある会社です。みんな。

引用:カイシャの評判

3位:兼松947万円

中小総合商社3位の兼松商事の平均年収は947万円です。

兼松商事はかつては総合商社でしたが、事業編成により「電子・デバイス」「食品」「鉄鋼・プラント・素材」「車両・航空」の大きく4部門にまとめられました。

資源分野からの収益に依存しないため現在の経営は安定しています。

規模は7大商社に比べ小さく、総合商社に数えられない場合も多々あります。


30代 男性
正社員
(現社員)
営業系

他の総合商社から比べれば大きく下回っているが、一般平均よりは多いという認識。ただ、「働きやすい環境づくり」が進められているため、残業代で稼ぐことは難しくなりそう。

引用:カイシャの評判

スポンサーリンク

5.総合商社の年収が高い理由

総合商社ではなぜこれほど高い年収をもらうことができるのでしょうか?

激務で有名な総合商社ですが、その高い年収の秘密は「労働の対価」というだけではありません。

高い年収の理由に上記のようなことが挙げられます。

1.売上規模が大きい

総合商社は売上規模が大きいという特徴があります。

三菱商事は、yahooファイナンスによると2018年では売上が約7.5兆円、営業利益が約4,700億円もあります。

例えば、2018年の日本の総広告費が6.5兆円であることに比べると商社業界の売上がどれほど大きいかが実感できます。

売上規模が大きい分利益も大きく、その分を社員に還元することができるのが総合商社です。

2.海外駐在がある

商社を志望する動機としても人気である、海外駐在。

海外駐在は経験の面だけでなく、年収の面でもとても大きなプラスをもたらします。

詳しくは後ほど解説しますが、駐在によって年収が倍になることもめずらしくありません。

スポンサーリンク

3.ボーナス支給額が大きい

総合商社はボーナスの支給額がとても大きいのが特徴です。

場合によっては9ヶ月分など、多額のボーナスが年収を引き上げています

東洋経済オンラインによると、住友商事のボーナス支給額は年468万円で日本一に輝いています。

4.年功序列で一律に上がっていく

総合商社は年功序列で一律に年収が上がっていきます。

評価の分もプラスされると言ってもそれほどの差は生まれず、総合職の社員はほぼ一律に高い年収をもらうことができます。

50代になってから減給する可能性もありますが、それまで上がり続けるのが高い年収の理由です。

6.駐在した時の商社の年収

総合商社ならではの「海外駐在」ですが、駐在を経験すると一気に年収が上がるとよく耳にします。

海外駐在時に年収が上がる理由や駐在手当について説明します。

スポンサーリンク

各種手当で年収は2倍に

海外駐在では各種手当を含め、年収が約2倍になります。

現地で働いた分の給料だけでなく、日本の口座にも給料が振り込まれるので、二重の給料をもらうことになるからです。

アジアやアフリカに駐在になると「危険手当」というものが付くのに加え、日本より物価が安いことがほとんどです。

そのため、「海外駐在すると貯金ができる」とよく言われます。

税金は会社負担

総合商社では 現地の所得税は会社が負担するという場合が多い傾向にあります。

また、現地で年金を納めなければならないこともあるのですが、任期が終了すると払い戻しを申請することができます。

日本のように、給料から大きく保険料が差し引かれる、ということがないのはメリットですね。

家賃補助やドライバー手配など福利厚生も充実

海外駐在では会社が身の回りの世話を手厚くしてくれます。

家賃補助がほぼ満額出るのはもちろん、公共機関が発達していない国では社用車とドライバーが手配されます。

また、家族のビザも発給してもらえるだけでなく、子どもの学費を会社が負担してくれることもあります。

年収の高さに加え、出ていく出費を抑えることができるのも海外駐在の魅力です。

スポンサーリンク

まとめ

商社の平均年収は700〜1,300万円です。

総合商社と専門商社ではビジネスの規模や売上が異なるため、年収にも差が出てきます。

年次とともに昇給していき、また海外駐在などを経験すると手当が更に手厚くなるのが商社の特徴です。

総合職は「たくさん働いてたくさん稼ぎたい」という人にはぴったりなので、ぜひ就活で商社業界にチャレンジしてみてください。

▼あなたへのおすすめ▼

  • スポンサーリンク