26歳フリーターからの脱出マニュアル!就活成功のコツを徹底解説!

Two businessman discussing their chart in coffee shop
仕事の悩み・相談

26歳でフリーターだと、将来が不安で仕方ないですよね。

正社員になりたいけど、「もう26歳だし、就職するのは難しいかも…」と諦めかけている人もいることでしょう。

断言しますが、26歳フリーターならまだ就職は可能です。

しかし、正社員を目指すのであれば、一刻も早く動き出すことをおすすめします。

この記事では、26歳フリーターから脱出して、就職を成功させるための秘訣をご紹介します。

最後まで記事をチェックして、安定した将来を手に入れるための第一歩を踏み出しましょう。

いま行動しないと後悔するかも…

フリーター・ニートの就職実績が豊富な『DYM就職』は未経験OK。

優良求人が2,000件以上で、早い者勝ちです。登録はお早めに!

未経験歓迎!就職成功率は96%

1.26歳フリーターが正社員を目指すべき5つの理由

26歳フリーターなら、まだ正社員になれるチャンスはあります。

「就活めんどうだし、あと1年くらいフリーターでいいかな…」なんて考えていたら、就職できるチャンスを逃してしまうかもしれません。

この章では、26歳フリーターの今こそ正社員を目指すべき理由について解説します。

それでは、順に確認していきましょう。

①26歳は「ポテンシャル採用」がギリギリ期待できるから

ポテンシャル採用とは、潜在能力を重視した選考のこと。

企業側は、採用時点でスキル不足であっても、今後の成長を見込んで若い人材を採用します。

ポテンシャル採用の対象となるのは、おもに第二新卒などの若年層で、26歳ならギリギリ対象となるといったところです。

27歳や28歳になると、採用してくれる企業は激減するというデータもあります。

リクナビNEXTが行った「フリーターを正社員として採用する場合、何歳くらいまでが対象となるのか?」という問いに対するアンケート結果をご覧ください。

【フリーターを正社員として採用するなら、何歳までが対象?】

年齢 回答割合(%)
25歳 30%
27歳 5%
28歳 10%

(参考:「リクナビNEXT フリーター、派遣社員を正社員採用する理由」)

上記の表を見ると、25歳なら採用しても良いと考えるのが30%であるのに対し、27歳では5%と大きく減ってしまっています。

26歳は多くの企業がポテンシャル採用してくれる、ボーダーラインの年齢。

そのため26歳は「フリーターから正社員になりやすい」最後の一年間と言えるのです。

  • スポンサーリンク

  • ②収入が途絶えるリスクが減るから

    フリーターの給料は、時給や日給で支払われることがほとんどです。

    すなわち働いた分だけ収入を得ることができますが、病気やケガなどで働けなくなってしまうと収入がゼロになってしまいます。

    しかし、正社員であれば有給休暇が取得できるため、病気やケガで休んでいる間の給料をもらえます。

    フリーターは有休制度がないことが多く、休んだら給料は一銭も出ないケースがほとんどです。

    一生のうちで怪我や病気をしない人はいませんので、この先の将来を考えれば、今正社員を目指すのが得策と言えるでしょう。

    ③生涯収入が1億円以上アップするから

    日本の会社の多くは、年齢が上がり勤続年数が長くなると、給料も同時に上がる「年功序列」の制度を採用しています。

    しかし、これは正社員の話です。

    フリーターの場合、どんなに長く勤めたとしても、大幅な給料アップは望めません。

    そのため、年齢が上がるほど、正社員との給料格差は大きくなる一方です。

    実際にどれくらいの年収格差があるか確認してみましょう。

    【正社員とフリーターの平均生涯年収】

      正社員 フリーター
    平均生涯年収 2億円~3億円 6,000万円~9,000万円

    正社員とフリーターでは生涯年収の総額に1億円以上の差が生じます。

    生涯で手に入れることができるお金を比較してみても、やはり正社員を目指した方が良いことが分かりますね。

  • スポンサーリンク

  • ④福利厚生や社会保険が使えるから

    フリーターは、正社員に比べ、利用できる福利厚生制度が少ない場合があります。

    福利厚生とは、企業が従業員に対し提供する給与・賃金以外の非金銭的報酬のことです。

    例えば、住宅手当や育児休暇、厚生年金などがあります。

    手当が出ないのは非正規だから仕方ないかもしれませんが、フリーターの場合、健康保険や年金などの社会保険関係で割を食ってしまうのです。

    【正社員とフリーターの保険・年金の違い】

    正社員の場合
    • 会社の社会保険制度を利用できる
    • 健康保険料や年金の保険料は会社が半分負担してくれる
    フリーターの場合
    • 条件を満たさないと会社の社会保険制度を利用できないことが多い
    • 国民年金や国民健康保険を自己負担で利用せざるを得ないケースが多い

    社会保険制度が利用できないフリーターは、国民年金や健康保険をすべて自分で支払う必要があります。

    「国民年金や健康保険の支払いがつらい」と感じているフリーターも少なくありません。

    twitterにも、以下のようなつぶやきが見られました。

    フリーターはもらった給料から保険・年金・税金関係を支払わなければいけないケースもあり、「働いているのに生活が苦しい」という状態に陥る人も多いようです。

    ⑤精神的な不安が解消されるから

    26歳は、正社員であれば「部下を抱える」「昇進」「結婚」など、人として「大きな変化」を迎える年齢です。

    あなたの友達が「大きな変化」の中で頑張っている姿を見て、素直に喜べれば良いですが、自分との違いを感じて落ち込む可能性もあります。

    「自分はダメだ」という思い込みから、うつ病などの精神疾患を発症する人も少なくありません。

    twitterにも、以下のようなつぶやきが見られました。

    心を健やかに保つためにも、早めの就職・生活の安定をおすすめします。

  • スポンサーリンク

  • 2.26歳で就職成功した人の体験談

    26歳 フリーターここでは、26歳でフリーターから正社員に就職できた人の声を紹介します。

    このように、26歳フリーターから就職できた方はたくさんいらっしゃいます。

    20代後半にもなると、「もうこの歳では遅いのでは…」と躊躇してしまうのは当然です。

    しかし、勇気を出して一歩前に踏みだせば、フリーターから正社員になれる可能性は十分あります。

    より良い未来を手に入れるために、ぜひ就職活動を始めてみましょう。

    3.フリーターが就職活動をするときの注意点

    26歳 フリーター

    就職活動を始める前に、まずは注意点を確認しておきましょう。

    フリーターの就職活動には、「なかなか正社員になれない…」「就職できたけどすぐに辞めてしまった…」というような悩みが付きものです。

    26歳のフリーターが就職活動を失敗しないためのポイントは、以下の通りです。

    それでは、順に確認していきましょう。

  • スポンサーリンク

  • ①競争率の高い会社ばかりを狙わない

    26歳フリーターで「就職活動をしてもぜんぜん受からない」という人にありがちなのが、「競争率の高い会社ばかりを狙っている」ケースです。

    大手企業や収入が高い企業は、新卒者や高いスキルを持つ有能な人材がたくさん応募するため、残念ながらフリーターに勝ち目はありません。

    26歳フリーターが狙うべきは、評判や業績が良い中小企業です。

    中小企業のホームページを見て業績を調べたり、企業の口コミサイトを利用して情報を収集しましょう。

    転職会議」や「キャリコネ」などの企業口コミサイトは、元社員や現社員の質の高い口コミが閲覧できます。

    企業の実情を知ることができますので、登録して活用してみましょう。

    ②ブラック企業に引っかからない

    26歳フリーターの人が就職活動で陥りやすいのが、「ブラック求人しかない」「ブラック企業しか受からない」という問題です。

    フリーターは新卒者に比べると足元を見られてしまい、誰でも採用する「ブラック企業」に入社するケースが多いのです。

    ブラック企業を避けて就職するためには、以下のポイントを押さえておきましょう。

    【ブラック企業に就職しないためのポイント】

    1. 「未経験OK」「和気あいあいとした職場」というフレーズを極端に強調しすぎる職場はブラックな可能性が高い
    2. ハローワークにはブラック企業のチェック機能がないため、ブラック企業を紹介される傾向が強い
    3. 就職支援サービスはブラック企業を排除しているケースが多いため、ブラック企業を紹介される可能性が低い

    ③の「就職支援サービス」とは、求職者が無料で利用できる人材紹介会社です。

    保有している求人案件にブラック企業の求人が多いと、すぐにネットで悪い評判が拡がってしまうため、「ブラック企業はお断り」としている会社は少なくありません。

    26歳フリーターがブラック企業を避けて就職するなら、就職支援サービスの利用をおすすめします。

    この記事の後半で、5.26歳フリーターの就活におすすめのエージェントを紹介しますので、ぜひチェックしてください。

  • スポンサーリンク

  • ③最低限のマナーは身につけておく

    就職活動には、応募書類の書き方や面接の受け方など、さまざまなマナーがあります。

    こうしたマナーが備わっていないと、採用担当者に「常識が無い」と認識されてしまうでしょう。

    採用担当者は、26歳のフリーターに対して高いスキルは求めていません。

    しかし、社会人に必要な最低限のマナーは身につけておいてほしいと思うものです。

    「面接での入退室の仕方」や「面接での言葉づかい」などの最低限のマナーは、本やネットを利用すれば自分で学べます。

    自信がない人はきちんと調べてから就活に臨みましょう。

    ④一度失敗しても諦めない

    26歳フリーターから就職するには、一度や二度失敗してもポジティブな気持ちを持ち続けることが大切です。

    企業がフリーターを採用する際に重視すること、それは「やる気があるかどうか」です。

    諦め半分の気持ちで面接を受けていれば、採用官にも気持ちは伝わってしまいます。

    ポジティブな気持ちを捨てずに「絶対その企業に入りたいんだ」という強い想いを伝えれば、採用される確率はグッと上がるはずですよ。

    4.26歳フリーターが就職を成功させるための5つのポイント

    26歳 フリーター

    フリーターから正社員を目指すためには、どのようなことを意識すれば良いのでしょうか?

    ここでは、26歳フリーターが就職を成功させるポイントを紹介します

    それでは、順に確認していきましょう。

    ①自分の強みや適性をきちんと把握する

    自分の強みや適性をきちんと把握し、自分に合った企業に就職できるようにしましょう。

    これができれば、すぐに辞めてしまう可能性がグッと減ります。

    自分の強みや適性を把握するために必要なのは、しっかりとした自己分析をすることです。

    「自分がどのようなことを得意としているか」「仕事に求める条件は何か」など詳細な自己分析を心がけましょう。

    自己分析に使える無料ツール「グッドポイント診断」

    リクナビNEXTには、「グッドポイント診断」という無料で自己分析を行えるツールが用意されており、自分の強みや弱点を発見するのに役立ちます

    リクナビnextは「グッドポイント診断」が優秀

    「サイト内の診断ツールなんて役に立たなそう…」と思うかもしれませんが、全くそんなことはありません。

    グッドポイント診断では30分間・293問の本格的な診断を行うので、「言われてみればそうかも!」と思うような”言語化できていない強み”を明確にすることができるのです。

    リクナビnextのグッドポイント診断の様子

    診断ツールが用意されている転職サイトは他にもありますが、リクナビNEXTほど充実した診断を受けられるものはありません。

    この診断を受けるためだけにリクナビNEXTに登録する人もいるほど、グッドポイント診断は転職に役立つ診断ツールなのです。

    ②アルバイトしていた業種と同じ業界を目指す

    フリーターから正社員になるパターンで多いのが、アルバイトしていた業種と同じ業界で働くケースです。

    アルバイトとはいえ、長く続けていれば一定の業務への知識は備わっていると思ってもらえるため、採用に有利に働きます。

    また、下記のtwitterのように、現在のアルバイト先にそのまま正社員として就職するケースも多いです。

    アルバイト先への就職であれば、企業側もあなたの人となりが分かっているので、正社員採用してくれる確率が高いです。

    現在のアルバイト先が「性に合っている」と感じるなら、正社員になることを考えてみてはいかがでしょうか。

    ③未経験からでも採用されやすい業界や業種を選ぶ

    未経験可と謳っている求人は多数あるため、フリーターならそういった求人が狙い目と言えます。

    未経験可の仕事で多いのは、営業や建設業の仕事です。

    営業は特別な資格を必要としていませんし、建設業は人手不足に陥っていますから、フリーターでも採用されやすいのです。

    逆に、プログラマーやシステムエンジニアなどIT関連の仕事は、専門的なスキルが求められるため、全くの未経験からでは難しいと言われています。

    スキルなしで就職を目指す場合は、「未経験可」と記載されている求人を優先的にチェックしましょう。

    ④面接では明るくはきはきと受け答えする

    面接では、答える内容も大事ですが、それよりも明るくハキハキ受け答えすることが大切です。

    小さな声でぼそぼそ話す人より、大きな声で快活に話す人の方が、採用担当者に良い印象を与えられるのは明らかですよね。

    リクナビNEXTの記事によると、人の印象が決まる要素のうち「言葉が占める割合」はたった7%だといいます。

    【人の印象が決まる要素】

    • 7%  ⇒ 言葉 : 話の内容
    • 38% ⇒ 声の使い方 : 声のテンポ、トーン、大きさ、口調など
    • 55% ⇒ ボディランゲージ : 視線、ジェスチャーなど

    (引用:コミュニケーションが上手い人は「何を変えて」いるのか

    人の印象は、発言内容よりも声のトーンや表情などによって決められてしまうのです。

    そのため、面接では答える内容より、むしろ大きな声ではきはきと笑顔で明るく受け答えするように心がけましょう。

    ⑤就職エージェントを利用する

    就職エージェントとは、応募書類添削や面接対策など就職に関する様々なサポートが受けられるサービスです。

    就職エージェントの仕組み

    登録は3分程度、しかも無料で利用できるため、金銭面の心配をする必要もありません。

    就職エージェントを使えば、就職のプロであるキャリアアドバイザーから様々なアドバイスが受けられます。

    フリーターの人に手厚くサポートしてくれる会社もあるので、ぜひ利用してみてくださいね。

    5.26歳フリーターの就活におすすめのエージェント

    26歳フリーターの就活におすすめのエージェントは、以下の3社です。

    それでは、各エージェントの特徴を順に解説します。

    ホワイト企業を狙うなら「DYM就職」

    DYM就職

    DYM就職は、就職成功者数5,000人を超える実績豊富な就職エージェントです。

    ブラック企業の求人を排除することに注力しているため、紹介される求人に対して心配する必要がありません。

    また、就職サポートが丁寧なことでも知られており、利用者に寄り添った対応をしてくれます。

    26歳フリーターで「就職活動をするのが不安」という人でも安心して利用できますよ。

    「DYM就職」の基本情報

    公開求人数
    2,000件以上
    対象地域 全国
    利用料金 完全無料
    面談可能な
    オフィス
    全国18拠点で面談可能
    詳しくは「DYM就職の解説記事」をご確認ください

    未経験OKの求人を探すなら「ハタラクティブ」

    ハタラクティブ

    ハタラクティブは、主に20代のフリーター・既卒・第二新卒向けの転職支援に特化した転職エージェントです。

    求人の80%以上が「完全に未経験でも正社員として就職できる求人」であり、学歴・経歴に関係なく、誰でも気軽に転職支援を受けることが出来ます。

    面談時には、履歴書や職務経歴書を一緒に作成することも出来ますし、あなたの作成した書類を添削してもらうことも可能です。

    26歳フリーターで「未経験から就職したい」という人にとって、安心して転職サポートを任せられるエージェントと言えるでしょう。

    「ハタラクティブ」の基本情報

    公開求人数 非公開
    非公開求人数 常時2,300件以上
    対象地域 関東・関西・中部・九州
    面談可能な
    オフィス
    全国9か所
    詳しくは「ハタラクティブの解説記事」をご確認ください

    就職率を重視するなら「ジェイック」

    ジェイック

    ジェイックは就職支援だけでなく、社員教育を行っている就職エージェント。

    ジェイックの就職支援では、履歴書や面接対策などの就活ノウハウだけでなく、ビジネスマナーや仕事への考え方など、就職してからも困らない社会人の基礎について学べます。

    「社会人としての基本を学んでから就職したい」という26歳フリーターの人に、特におすすめのサービスです。

    「ジェイック」の基本情報

    公開求人数 非公開
    非公開求人数 非公開
    対象地域 全国
    面談可能な
    オフィス
    全国8か所(不定期開催の出張所11か所もあり)

    6.26歳フリーターの就活Q&A

    26歳 フリーター26歳フリーターによくある就活Q&Aをまとめました。

    ぜひ参考にしてくださいね。

    Q1.高卒は大卒フリーターより就職に不利なの?

    高卒だから不利となるわけではありませんが、企業によっては大卒を優遇している企業もあります。

    しかし、高卒を大卒と同じように採用している企業も多いため、安心してください。

    Q2.ニートに比べたらフリーターは就職に有利?

    アルバイト経験を考慮する企業もあるため、フリーターはニートよりも、少しは有利だといえます。

    ニートの場合は、引きこもりになっていることも多く、まともに人と話せなくなっている場合もあります。

    そのようなケースでは、面接でも上手く話せず就職活動に支障をきたす恐れがあります。

    ニートからの就職方法が知りたい方は「26歳ニートでも正社員になれる?今すぐすべきことや就職成功のポイントを紹介!」を参考にしてください。

    Q3.フリーターが正社員になるために有利な資格は?

    フリーターが正社員になるために有利となる資格は、以下のようなものがあります。

    • 普通自動車免許
    • TOEIC
    • 日商簿記
    • 宅地建物取引士
    • 秘書検定

    資格は就活で有利に働くかもしれませんが、資格があるからといって即採用となる訳ではありません。

    あくまで資格は一つのツール程度だと捉え、自己分析や企業研究などにしっかりと取り組みましょう。

    まとめ

    26歳フリーターは正社員就職のラストチャンスと言えます。

    一生フリーターで終えたくないという方は、すぐにでも就職活動を始めましょう。

    26歳フリーターが就職を成功させるポイントは、以下の通りです。

    【26歳フリーターが就職を成功させるポイント】

    1. 自分の強みや適性をきちんと把握する
    2. アルバイトしていた業種と同じ業界を目指す
    3. 未経験からでも採用されやすい業界や業種を選ぶ
    4. 面接では明るくはきはきと受け答えする
    5. 就職エージェントを利用する

    26歳フリーターから正社員を目指す場合は、就職エージェントを利用することをおすすめします。

    この記事で紹介した「DYM就職」「ハタラクティブ」「ジェイック」などを活用して、就職を成功させてくださいね。

  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年齢は?

    3. 現在の年収は?

    4. 希望の転職サービスは?

    5. こだわりたい条件は?