26歳ニートでも正社員になれる?今すぐすべきことや就職成功のポイントを紹介!

Happy cheerful business people posing in office hallway. Three multiethnic workers in formal suits standing for camera indoors and smiling. International cooperation concept
仕事の悩み・相談

26歳でニートという状況に絶望しているかもしれませんが、26歳はまだまだ若い年齢です。

職歴が無くても「成長を見込んで採用したい」と考える企業も少なくありません。

ただし、年齢が上がるにつれて就職の難易度は上がるので、スムーズに正社員就職するには「今」行動を起こすことが大切です。

この記事では、26歳ニートが就職を成功させるポイントについて詳しく解説します。

いま行動しないと後悔するかも…

フリーター・ニートの就職実績が豊富な『DYM就職』は未経験OK。

優良求人が2,000件以上で、早い者勝ちです。登録はお早めに!

未経験歓迎!就職成功率は96%

1.26歳ニートでも就職は可能!

26歳という若さなら、ニートでもまだ十分就職は可能です。

以下のtwitterのように、26歳ニートが就職した例は少なくありません。

「26歳ニートの今なら、まだ正社員に就職しやすい」と断言できるのには、以下のような理由があります。

それでは、順に確認していきましょう。

理由1.26歳は「ポテンシャル採用」が期待できる

26歳は、「ポテンシャル採用」されるギリギリの年齢です。

ポテンシャル採用とは、採用時にはスキルが足りなくても、今後の伸びしろを期待して若い人材を採用すること。

26歳は若手採用枠に入る最後の年齢とされています。

さらに今の就活市場は、求職者よりも求人数が多い「売り手市場」となっているため、「ニートでも働いてほしい」と考えている企業は少なくありません。

つまり、26歳ニートにとって、就職のチャンスが到来しているのです。

この機を逃して年を重ねてしまうと、就職が不利になってしまうため、出来る限り早く動き出すことをおすすめします。

  • スポンサーリンク

  • 理由2.20代や未経験者は採用コストが低い

    26歳のニートが採用されやすいもう一つの理由として、「若い人の方が安い給料で採用できる」ことが挙げられます。

    30代で転職する人は、経験者が多いため、採用時に役職が付くケースも多いです。

    役職者として採用すると、会社の規則によって「役職手当」を付けなくてはならず、高い給料を払う必要が生じます。

    一方、26歳であればまだまだ若手なので、支払う給料を抑えることが可能です。

    企業としては、「教育コストはかかるものの、30代を雇うよりも採用コストがかからない」というメリットがあるのです。

    2.26歳ニートの末路とは?

    26歳 ニート

    では、早めに就職活動を始めないとどうなってしまうのでしょうか?

    結論からお伝えしますが、このままニートを続けると、将来のリスクがどんどん大きくなってしまう可能性が高いです。

    ここでは、26歳ニートの末路を紹介します。

    それでは、順に確認していきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 周りとの差が開いていく

    26歳というと、正社員として働いていれば、仕事も覚え一人前になる年齢です。

    さらに、部下を抱えたり結婚したりと、環境に変化が生じる年齢でもあります。

    成長していく友人の姿を目の当たりにすると、ニートの自分と違い過ぎて劣等感を抱く人も多いです。

    また、劣等感から自信を失い、何事にも消極的になってしまう人も少なくありません。

    生計が成り立たなくなる可能性が高い

    親が元気で実家で暮らせる間は、収入が無くても引きこもりでも生活していけるかもしれません。

    しかし、この先親が亡くなって生活費が捻出できなくなれば、生活保護に頼らざるを得なくなるでしょう。

    とは言え、生活保護の審査に通るとは限りませんし、落ちた場合は生活費を賄えずホームレスになってしまうリスクもあります。

    これが、落ちるところまで落ちたときの、26歳ニートの末路です。

    明るい将来を手に入れるためには、26歳の今、勇気を出して一歩を踏み出すべきなのです。

  • スポンサーリンク

  • 3.就職成功のために26歳ニートがまずすべきこと

    26歳 ニート

    ニートからいきなり就職活動を始めるとなると、ハードルが高いように感じてしまいますよね。

    ここでは、就職活動前に準備運動としてすべきことを、4つご紹介します。

    それでは、順に確認していきましょう。

    ①規則正しい生活を送る

    まずは、生活リズムを整えましょう。

    正社員として働くためには、朝決まった時間に起きて通勤する必要がありますよね。

    ニートの方は、深夜までゲームをやったりスマホをいじったりして、昼夜逆転生活になってしまっているケースが多いです。

    生活サイクルを昼型に戻すためには、日が変わる前に寝るように心がけましょう。

  • スポンサーリンク

  • ②身だしなみを整える

    生活リズムが整ったら、次は身だしなみを整えましょう。

    身だしなみは社会人として基本的なマナーです。

    身だしなみを整える際に気を付けたいポイントは、以下の通りです。

    【身だしなみを整えるポイント】

    • 髪の毛はぼさぼさではないか
    • 髪の毛にフケはついていないか
    • 爪はきちんと切っているか
    • 鼻毛は出ていないか
    • ヒゲはきちんと剃っているか
    • 歯磨きはきちんとしているか
    • よれよれの服を着ていないか

    上記のポイントを押さるだけで、身だしなみに清潔感が生まれるでしょう。

    ③外出して人と話す

    人と会って話す機会をたくさん作ることで、コミュニケーション能力を高めることができます

    「人と話すことくらい出来る!」と思うかもしれませんが、人との会話を長期間していないと、顔の表情がこわばったり、言葉が出にくくなることがあります。

    社会復帰するためのリハビリだと考え、昔の友人や知人に連絡を取るなどして、会話をする機会を増やしてみましょう。

    人と話すことで、気持ちが前向きになることも多いですよ。

  • スポンサーリンク

  • ④ネガティブ思考を改善する

    「どうせ俺なんて何をやっても無理だ…」「眠いから就職活動をするのは明日からにしよう…」などと、ネガティブ思考になっていませんか?

    ニートの人は、さぼり癖を持っていたり、ネガティブ思考に陥っているケースが多いです。

    思考の癖を改善するためには、まず自分を褒めてあげることが大切。

    昨日の自分と比べて、出来たことやうまくいったことがあれば、些細なことでいいので「よくやった!」と心の中で褒めてあげましょう。

    普段からポジティブ思考を身につけることができれば、就職に対するモチベーションもアップするはずです。

    4.26歳ニートが就職を成功させるポイント

    26歳 ニート

    生活を整え、人と会話することにも抵抗が無くなったら、いよいよ就職活動に移りましょう。

    26歳ニートが就職を成功させるためのポイントは、以下の通りです。

    それでは、順に確認していきましょう。

    ①26歳までニートだった理由を明確にする

    26歳までニートだったという事実は、就職で不利に働く可能性が高いと言えます。

    しかし、その理由を面接官が納得できるように説明できれば、選考を通過できることも多いです。

    好ましい理由としては、「留学」や「資格勉強」「家族の介護」などがあります。

    特に理由も無くニートだった人は…

    理由も無くニートだった場合でも、その事実を正直に話したほうがいいです。

    なぜならば、ウソをつくと途中でつじつまが合わなくなり、ウソを見破られる事態も考えられるからです。

    「特にやりたいことが見つからなかった」「働きたくなかった」といった理由でも構いませんので、正直に理由を伝え、これから変わる意思があることを必ず伝えましょう。

    ②明るくハキハキと話す

    面接では、答える内容も大事ですが、それよりも明るくハキハキ受け答えすることが大切です。

    小さな声でぼそぼそ話す人より、大きな声で快活に話す人の方が、採用担当者に良い印象を与えられるのは明らかですよね。

    リクナビNEXTの記事によると、人の印象が決まる要素のうち「言葉が占める割合」はたった7%だといいます。

    【人の印象が決まる要素】

    • 7%  ⇒ 言葉 (話の内容)
    • 38% ⇒ 声の使い方 (声のテンポ、トーン、大きさ、口調など)
    • 55% ⇒ ボディランゲージ (視線、ジェスチャーなど)

    (引用:コミュニケーションが上手い人は「何を変えて」いるのか

    人の印象は、発言内容よりも声のトーンや表情などによって決められてしまうのです。

    そのため、大きな声ではきはきと笑顔で明るく受け答えするように心がけましょう。

    ③働きやすい環境の企業を見つける

    ニートから正社員になる場合は、なるべく働きやすい環境の会社に入りましょう。

    なぜ労働環境を重視すべきなのかというと、ニートがいきなりハードな職場に入ってしまうと離職の可能性が高くなるためです。

    給与ややりがいなど、仕事に求めるものは色々あると思います。

    しかし、長く働き続けるためには、「残業が無い」「休日が取りやすい」といったような「働きやすさ」を最優先して、就職活動を進めることをおすすめします。

    ④自分の強みや適性をきちんと把握する

    自分の強みや適性をきちんと把握し、自分に合った企業への就職を目指しましょう。

    「自分がどのようなことを得意としているか」「仕事に求める条件は何か」といったことを明確にするためには、自己分析をしっかりすることが大切です。

    ニートだからと弱気になってハードルを下げてしまうと、ブラック企業に就職してしまう可能性もあります。

    くれぐれも「どこでもいいから正社員になりたい」というスタンスで就活をしないよう気を付けてくださいね。

    自己分析に使える無料ツール「グッドポイント診断」

    リクナビNEXTには、「グッドポイント診断」という無料で自己分析を行えるツールが用意されており、自分の強みや弱点を発見するのに役立ちます

    リクナビnextは「グッドポイント診断」が優秀

    「サイト内の診断ツールなんて役に立たなそう…」と思うかもしれませんが、全くそんなことはありません。

    グッドポイント診断では30分間・293問の本格的な診断を行うので、「言われてみればそうかも!」と思うような”言語化できていない強み”を明確にすることができるのです。

    リクナビnextのグッドポイント診断の様子

    診断ツールが用意されている転職サイトは他にもありますが、リクナビNEXTほど充実した診断を受けられるものはありません。

    この診断を受けるためだけにリクナビNEXTに登録する人もいるほど、グッドポイント診断は転職に役立つ診断ツールなのです。

    ⑤就活エージェントを利用する

    26歳ニートが就職活動をする際の強い味方となるのが、就活エージェントです。

    就活エージェントとは、応募書類添削や面接対策など、様々な就職サポートが受けられるサービスのこと。

    就職エージェントの仕組み

    登録は3分程度、しかも無料で利用できるため、金銭面の心配をする必要もありません。

    履歴書対策や面接対応などは、就職のプロであるキャリアアドバイザーから指導を受けた方が、断然成功率がアップします。

    「この歳までニートだった理由を責められるのでは?」と不安かもしれませんが、就活エージェントは求職者の味方なので安心して利用してくださいね。

    5.26歳ニートにおすすめの就活エージェント

    ここからは、26歳ニートの就活を手厚くサポートしてくれるエージェントを紹介します。

    26歳ニートの就活におすすめのエージェントは、以下の3社です。

    それでは、各エージェントの特徴を順に解説します。

    書類選考なしの求人を探すなら「DYM就職」

    DYM就職

    DYM就職は、書類選考なしで面接までセッティングをしてくれる就職支援サービスです。

    26歳のニートで職歴がないことを悩んでいるなら、書類選考がないDYM就職がおすすめです。

    履歴書の書き方や面接対策なども、しっかりサポートしてもらえます。

    「就職活動が不安…」と考えているなら、DYM就職に登録して手厚いサポートを受けましょう。

    「DYM就職」の基本情報

    公開求人数
    2,000件以上
    対象地域 全国
    利用料金 完全無料
    面談可能なオフィス 全国18拠点で面談可能
    詳しくは「DYM就職の解説記事」をご確認ください

    経歴に不安があるなら「就職shop」

    就職shop

    就職shopは、人材紹介大手のリクルート系列のエージェント。

    学歴不問・人物重視の求人を多数保有しているため、経歴に不安があるニートの方におすすめです。

    「就職成功者の4人に3人が正社員未経験から内定を獲得している」というデータもあるため、安心感も抜群です。

    就職shopは、社会人経験の無い20代の方にとって利用する価値のあるエージェントと言えるでしょう。

    「就職shop」の基本情報

    運営会社 株式会社リクルートキャリア
    対象地域 首都圏・関西
    求人数 非公表
    面談可能なオフィス 首都圏7カ所、関西3カ所
    詳しくは「就職shopの解説記事」をご覧ください

    未経験可の仕事を探すなら「ハタラクティブ」

    ハタラクティブ

    ハタラクティブは、主に20代のフリーター・既卒・第二新卒向けの転職支援に特化した転職エージェントです。

    求人の80%以上が「完全に未経験でも正社員として就職できる求人」であり、学歴・経歴に関係なく、誰でも気軽に転職支援を受けることが出来ます。

    面談時には、履歴書や職務経歴書を一緒に作成することも出来ますし、あなたの作成した書類を添削してもらうことも可能です。

    未経験可の求人を多く保有するハタラクティブは、20代のニートの方が安心して利用できる就職エージェントと言えるでしょう。

    「ハタラクティブ」の基本情報

    公開求人数 非公開
    非公開求人数 常時2,300件以上
    対象地域 関東・関西・中部・九州
    面談可能なオフィス 全国9か所
    詳しくは「ハタラクティブの解説記事」をご確認ください

    6.26歳ニートの就活Q&A

    26歳 ニート

    26歳ニートが就職で疑問に感じやすいポイントを、Q&Aにしてみました。

    興味がある方は、参考にしてくださいね。

    Q1.26歳ニートからでも就職しやすい仕事は?

    26歳ニートから就職しやすい仕事で、代表的なものは以下の5つです。

    【26歳ニートから就職しやすい仕事】

    1. 介護職員
      ⇒ 介護は業界全体として人材難。特別なスキルも必要ない。
    2. 現場作業員
      ⇒ 建設業界も人手不足。体力があればOK。
    3. ドライバー
      人と話す必要が無いので楽。運転免許は必須。
    4. 販売職
      ⇒ アルバイトから正社員に採用されるケースも多い。
    5. エンジニア
      IT業界は人手不足。未経験OKの企業が多い。

    気になる仕事があった方は、以下の記事もあわせてご覧なってみてくださいね。

    Q2.26歳女性ニートでは就職に不利?

    女性だからといって、就職に不利に働くことはありません。

    現在は「女性も男性と同様の水準で働くべきだ」という考え方が広まっているので、女性を原因に差別を受けることはまずないでしょう。

    性別に関係なく、ニートの期間が長くなるほど、正社員への就職率はどんどん落ちていく傾向にあります。

    ニートから抜け出したいならば、なるべく早めに就職活動を始めることをおすすめします。

    Q3.26歳ニートは就職の前にアルバイトした方がいい?

    いきなり就職するのが怖いなら、アルバイトから始めるのも1つの手段です。

    アルバイト経験を考慮する企業もあるため、アルバイトする選択は悪くありません。

    ただ、アルバイトをすると、その分正社員への就職を目指す時期が遅くなるので、より就職が難しくなるというリスクもあります。

    そういったリスクを避けるためには、アルバイト先を決める際に正社員登用制度のある企業を選ぶと良いでしょう。

    まとめ

    26歳は、まだまだ正社員就職を目指せる年齢です。

    ニートから脱出して正社員になるためには、以下のポイントを意識して就職活動を始めましょう。

    <26歳ニートが効率良く就職するコツ>

    • 生活習慣を改善し、今すぐ就職活動をスタートする
    • 自分の強みや適性を理解する
    • 労働環境が良い企業を見つける
    • 就職をサポートしてくれるエージェントを活用する

    ニートの就職活動では、様々なサポートをしてくれる就活エージェントが強い味方となってくれます。

    この記事で紹介した「DYM就職」「就職Shop」「ハタラクティブ」などを活用して、就職を成功させてくださいね。

  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年齢は?

    3. 現在の年収は?

    4. 希望の転職サービスは?

    5. こだわりたい条件は?