26歳ニートでも正社員になれる?今すぐすべきことや就職成功のポイントを紹介!

Happy cheerful business people posing in office hallway. Three multiethnic workers in formal suits standing for camera indoors and smiling. International cooperation concept
仕事の悩み・相談

26歳ニートだともう正社員就職は厳しいですかね。


確かに26歳だと周りはバリバリ働いている年齢です。しかし、26歳ならまだ十分就職可能ですよ!

ニートという状況に絶望しているかもしれませんが、26歳はまだまだ若い年齢。

「成長を見込んで採用したい」と考える企業も少なくありません。

正社員を目指すためには、ニートだからといって卑屈にならず行動を起こすことが大切です。

この記事では、26歳ニートがまずすべきことや就職を成功させるポイントについて解説します。

スポンサーリンク

未経験転職のサポートから対応!

フリーターで未経験でも転職実績豊富な『リクルートエージェント』

キャリアの相談から対応できる最大手エージェントなので、安心して転職相談できますよ!

先月の登録者数782人!

1.26歳ニートでも就職は可能!

26歳という若さなら、ニートでもまだ十分就職は可能ですよ。

実際に、26歳ニートの方で就職を成功させた例はいくつもあります。

先ほど26歳の若さなら大丈夫と言いましたが、それは、26歳が若手採用枠に入る最後の年齢とされているからです。

現時点ではニートで能力も経験も無くても、将来の成長を見込んで採用してくれることは、決して珍しい話ではないのです。

しかも、今はどの業界も人材が不足していて、売り手市場となっているため、、ニートでも働いてほしいと考えている企業は少なくありません。

26歳ニートにとっては、就職のチャンスが到来しているのです。

この機を逃すと、年を重ね就職が不利になってしまうので、出来る限り早く動き出すようにしてください。

2.26歳ニートの末路

「行動するなら今でしょ!」と述べましたが、早く行動しないとどうなってしまうのでしょうか?

結論からお伝えしますが、このままニートを続けると、将来のリスクがどんどん大きくなってしまう可能性が高いです。

この章では、26歳ニートの末路を紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 周りとの差が開いていく

    26歳というと、正社員として働いていれば、仕事も覚え一人前になる人も多くいる年齢です。

    さらに、部下を抱えたり結婚したりと、環境に変化が生じる年齢でもあります。

    そのような環境で自分を成長させていく昔の友人の姿をみると、自分との差を感じて少なからず劣等感を抱くことでしょう。

    この劣等感から自分に自信が無くなり、何事にも消極的になってしまうと黄信号です。

    見た目や態度にも自身の無さが滲み出し、就職活動も失敗しやすくなってしまいます。

    生計が成り立たなくなる可能性が高い

    ニートから脱することができないと、下記ツイートのように、30代や40代になって引きこもりになってしまうパターンが多いです。

    親が元気で実家で暮らせる間は、収入がなくても引きこもりでも生活していけるかもしれません。

    しかし、こうした環境はいつまでもあるわけではないです。

    親が亡くなった場合、収入がなければ生活保護に頼らざるを得なくなるでしょう。

    とは言え、生活保護の審査に通るとは限りませんし、落ちた場合は生活費を賄えずホームレスになってしまうリスクもあります。

    これが、落ちるところまで落ちたときの、26歳ニートの末路です。

    明るい将来を手に入れるためには、26歳の今、動き出しましょう。

  • スポンサーリンク

  • 3.26歳ニートが今すぐすべきこと

    ニートからいきなり就職活動を始めるのは「キツい」「つらい」と感じてしまいますよね。

    実際、何の準備もなしに就職活動をしても、就職が成功する確率は低いです。

    まずは、就職活動前に準備運動としてすべきことを紹介します。

    STEP1:規則正しい生活を送る

    まずは、生活リズムを整えましょう。

    ニートの方は、深夜までゲームをやったりスマホをいじったりして、昼夜逆転生活になってしまっているケースが多いです。

    その夜行型の生活サイクルを昼型に戻す必要があります。

    生活サイクルを昼型に戻すためには、日が変わる前に寝るように心がけましょう。

  • スポンサーリンク

  • STEP2:身だしなみを整える

    生活リズムが整ったら、次は身だしなみを整えましょう。

    身だしなみは社会人として基本的なマナーです。

    身だしなみを整えるポイントとしては、以下のようなところです。

    〈身だしなみのポイント〉

    • 髪の毛はぼさぼさではないか
    • 髪の毛にフケはついていないか
    • 爪はきちんと切っているか
    • 鼻毛は出ていないか
    • ヒゲはきちんと剃っているか
    • 歯磨きはきちんとしているか
    • 服はよれよれのものを着ていないか

    上記のポイントを押さえれば、身だしなみに清潔感が生まれますよ。

    STEP3:外出して人と話す

    ここまでできたら、外出して人と話しましょう。

    人と話すことくらい出来るに決まっているだろと思うかもしれませんが、当たり前のように思えることでも、長いことやっていないと人は出来なくなってしまうものです。

    リハビリだと考え、昔の友人や知人に連絡を取り、食事にでも誘うなどして会話しましょう。

    人と話すことで、気持ちが前向きになることも多いですよ。

  • スポンサーリンク

  • STEP4:思考の癖を改善する

    多くのニートが、さぼり癖やネガティブシンキングの思考が身についているので、そうした思考の癖を改善しましょう。

    こうした癖がこびりつくと「どうせ俺なんて何をやっても無理だ…」「眠いから就職活動をするのは明日からにしよう…」など、聞いてて気が滅入るような発言しかしなくなります。

    さらに、ネガティブだったり先延ばしにしたりしていると、不思議と物事もうまくいかなくなってしまいます。

    ポジティブな思考を手に入れるためには、自分を褒めてあげるのが効果的です。

    昨日の自分と比べて、出来たことやうまくいったことがあれば、些細なことでいいので心の中で「よくやった!」と褒めてあげるようにしましょう。

    ポジティブ思考を身につけることができれば、就職に対するモチベーションもアップするはずです。

    4.26歳ニートが就職を成功させるポイント

    人と会話することに抵抗が無くなったら、いよいよ就職活動に移りましょう。

    26歳ニートが就職を成功させるには、いくつかのポイントがあるので解説します。

  • スポンサーリンク

  • 26歳までニートだった理由を明確に説明する

    26歳までニートだったという事実は、就職にあたって不利に働く事柄には違いありません。

    しかし、その理由を面接官が納得できるように説明できれば、不利にならず選考を通過できることも多いです。

    好ましい理由としては、「留学」や「資格勉強」、「家族の介護」などがあります。

    特に理由も無くニートだった人は…

    その場合でも、ウソをつかず正直に話したほうがいいです。

    ウソをうくと途中でつじつまがつかなくなり、ウソが見破られる可能性が高いためです。

    「特にやりたいことがみつからなかった」「働きたくなかった」などでもいいので正直に理由を伝え、これからは変わる意思があることも合わせて話してみてください。

    若いからこその「伸びしろ」をアピールする

    年齢が若いということは、これから伸びしろがあると言い換えることもできます。

    若いというだけで大きな強みになるので、選考では「若さ」を全面に押し出しましょう。

    そのためにしたほうがいいのは、フレッシュさをアピールするために面接では明るくハキハキと話すことです。

    話し方を変えるだけで人が受ける印象は全然変わりますので、大きく口を開け、大きな声で話すよう心がけてください。

    働きやすい環境の企業を見つける

    いきなりハードワークの会社に入ると辞めてしまう確率が高いです。

    残業が無い、休日が取りやすいなど働きやすい環境の会社に入りましょう。

    給与ややりがいなど、仕事に求めたいものは色々あるでしょうが、できれば「働きやすさ」を最も優先して、就職活動を進めたほうが賢明です。

    ニートだからと弱気にならない

    ニートだからと弱気になって「どこでもいいから正社員になりたい」というスタンスで就活するとブラック企業に入る確率が高くなってしまいます。

    ニートにだって選ぶ権利はあります。

    もし納得いく企業が見つからなければ一度見送ってもいいので、いいところが見つかるまで根気強く企業探しを続けましょう。

    いい企業を見つけるには、まずしっかりした自己分析が大切です。

    自分がどういった強みをもち、どのような業務に興味を持っているか明らかにしてください。

    就活エージェントを利用する

    実際に就職活動をする際は、就活エージェントを利用しましょう。

    就活エージェントとは、3分ほどで登録でき、応募書類添削や面接対策など、様々な就職サポートが受けられるサービスです。

    利用は無料ですので、安心してご利用できます。

    就職活動は孤独になりがちですが、就職のプロからのアドバイスを受けたほうが成功率が高まります。

    この歳までニートだった理由を責められるのでは?と不安になるかもしれませんが、キャリアアドバイザーは求職者の味方なので安心して利用してください。

    5.26歳ニートにおすすめの就活エージェント

    26歳ニートにおすすめの就活エージェントを3つ紹介します。

    経歴に不安があるなら「就職Shop」

    就職Shopは、株式会社リクルートキャリアが運営する就職エージェントです。

    20代の利用者が9割を占めているので、26歳からの就職を成功させた例も多数あります。

    書類選考がありませんので、ニートやフリーターなど経歴に不安がある方におすすめです。

    未経験可の仕事を探すなら「ハタラクティブ」

    ハタラクティブは、レバレジーズが運営する、第二新卒や既卒などの若年層をターゲットにした就活エージェント。

    未経験歓迎可の求人を多数揃えているので、経験の無いニートでも就職先が見つかりやすいです。

    個人に合わせて受かりやすい求人を紹介してくれるので、就職成功率が高いのも特徴です。

    長く勤められる会社を探すなら「ウズキャリ」

    ウズキャリは、第二新卒の就職や転職に特化したエージェント。

    カウンセリングに力を入れていて、過去の経歴だけでなく、将来なりたい姿までしっかりヒアリングして案件を紹介してくれます。

    離職率が高い企業は紹介しないよう努めているので、長く勤められる会社を探している方におすすめです。

    6.26歳ニートの就活Q&A

    26歳ニートが就職で疑問に感じやすいポイントを、Q&Aにしてみました。

    興味がある方は、参考にして下さい。

    26歳ニートからでも就職しやすい仕事は?

    26歳ニートから就職しやすい仕事で、代表的なものは以下の3つです。

    〈26歳ニートから就職しやすい仕事〉

    1. 介護職員:介護は業界全体として人材難。特別なスキルも必要ない
    2. 現場作業員:建設業界も人手不足。体力があればOK
    3. ドライバー:人と話す必要が無いので楽。運転免許は必須

    26歳女性ニートでは就職に不利?

    女性だからといって、就職に不利に働くことはありません。

    現在は「女性も男性と同様の水準で働くべきだ」という考え方が広まっているので、女性を原因に差別を受けることはまずありません。

    ちなみに、大学卒業してから3年以上経っている女性のフリーターから正社員への就職では、就職率が38%という結果が出ています。

    これはフリーターの調査なので、女性ニートからの就職はもっと大変になることを覚悟しておきましょう。

    26歳ニートは就職の前にアルバイトしたほうがいい?

    いきなり就職が怖いならアルバイトからはじめるのも1つの手段。

    アルバイト経験を考慮する企業もあるので、アルバイトする選択は悪くありません。

    ただ、アルバイトをすると、その分正社員に就職できるのは遅くなるので、リスクをはらんでいます。

    もしアルバイトをするのであれば、正社員登用制度のある企業を選ぶことをおすすめします。

    まとめ

    この記事のポイントは、以下の通りです。

    〈まとめ〉

    • 26歳ニートでも就職は可能
    • 26歳ニートの末路はホームレス
    • ニートから脱するためにはまず生活習慣を整えることから
    • 就職活動では、ニートだからといって弱気になってはいけない
    • 就活エージェントを利用しよう

    26歳ニートでも就職は可能です。

    就職活動の際は、就活エージェントの利用が効果的です。

    この記事で紹介した「就職Shop」「ハタラクティブ」「ウズキャリ」を使って、就職を成功させましょう。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事