SE(システムエンジニア)の平均年収は?1,000万を目指す年収UPの方法まで解説

システムエンジニア(SE)の平均年収
Programmers and developer teams are coding and developing software.
平均年収

SE(システムエンジニア)の平均年収は約550万円です。

しかし、同じSEでも、勤めている企業の規模、年齢、性別、また能力などによても開きがあります。

逆に言えば、頑張り次第で高額の年収を狙えるとも言える職業です。

本記事では、企業規模、年齢、男女別の収入の差から、実際のSEの仕事内容、求められる能力、年収アップのコツ、SEを目指すためのステップなどを解説します。

SEという仕事、SEとしてのキャリアアップの仕方を知る事ができます。

一緒に確認していきましょう。

スポンサーリンク

1.SE(システムエンジニア)の平均年収は550万円!

システムエンジニア(※以下SEで統一)の年収は平均550万円です。

日本人の平均年収が430万円ですから、それから比べるとSEの年収は高めであると言えるでしょう。

もちろん、SEとしての経験やスキルで収入に差があり、多い人では年収1,000万円以上稼ぐ人もいます。

SEの年収推移

政府が行なっている「賃金構造基本統計調査」のデータベースから、システムエンジニアの平均年収を算出しました。

1,000人規模の企業におけるSEの年収推移は下記です。

年度 平均年収
平成26年 596万円
平成27年 695万円
平成28年 605万円
平成29年 607万円
平成30年 608万円

大きな推移はなく、安定した年収を得ていることがわかりますね。

  • スポンサーリンク

  • SEは1,000万円が可能な職種

    SEの平均年収は550万円ほどですが、 1,000万円の年収を得ることが可能な職業です。

    IT社会になりつつある今、SEの業界はいつでも人手不足。

    そのため、技術さえあれば、高い給与を出してでも人材を確保したいという企業も多いからです。

    さらには、フリーで活躍できる場も多くなり、自分で給与を設定できるというのもあります。

    SEは1,000万円も可能な職種なので、平均年収はあくまで目安ということを知っておきましょう。

    1,000万円を目指す方法を具体的に「4.SEで1,000万円を目指す!年収をUPさせるには」にて書いているので、気になる人は先にそちらをどうぞ!

    2.企業規模・年齢別・男女別の年収一覧

    SEの具体的な業務を理解した所で、今度は実際の年収を、以下5つの角度から比較してみます。

    それぞれ見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 企業規模の大小で200万円の差

    SEの年収は、企業の規模によって200万円近くの差があります。

    企業規模別の年収を表で比べてみましょう。

    企業規模(社員数) 年収
    100人未満 570.7万円
    100~1,000人未満 629.8万円
    1,000人以上 761.0万円

    この表を見ると、同じSEでも企業規模が大きくなるに従って、年収が高くなっている事が分かります。

    年齢別では60才手前がピークの780万円

    年齢別にSEの年収を比べてみると、60才手前が780万円と一番高くなっています。

    年齢別の年収を以下の表で比較してみましょう。

    年齢 年収
    20~24歳 373.9万円
    25~29歳 465.8万円
    30~34歳 511.7万円
    35~39歳 583.8万円
    40~44歳 656.0万円
    45~49歳 734.7万円
    50~54歳 787.2万円
    55~59歳 780.6万円
    60~65歳 531.4万円

    これを見ると、20代は経験が浅く、年収は低めですが、年齢と共に経験年数やスキルが上がってくるため、年収も徐々に高くなっていくのが理解できるでしょう。

    60歳手前になると、SEの中でも管理職を任される人の割合が高くなり、約780万円と年収もピークに達します。

  • スポンサーリンク

  • 男女比では男性が約100万円高い

    SEの男性と女性の収入差を比べてみると、男性の方が約100万円高い傾向があります。

    性別 年収
    男性 610.6万円
    女性 494.4万円

    この収入差は、SEに限らず、どの職種にも発生するものです。

    男性は年齢に応じて昇給していく割合が高い傾向にあります。

    それに比べて、女性は結婚、家事、育児などの理由で、昇進する割合が、低いために、このような結果になってしまうのです。

    業種別では金融・保険業がトップの1664万円

    SEと一口にいっても、様々な業種と関わりがあります。

    業種別の年収TOP5を見てみましょう。

    業種 年収
    金融・保険業 1664.3万円
    情報通信業 1182.9万円
    教育・学習支援業 1057.2万円
    学術研究・専門・技術サービス業 990.4万円
    医療・福祉業 878.2万円

    冒頭に紹介した、SEの平均年収550万円から比べると、どの業種も年収が高い事が分かります。

    その業種の中でも、一番年収が高いのが金融・保険業です。

    なぜなら、金融・保険業の年収が群を抜いているのは、金融・保険業のシステム開発には、特に正確さが求められる業種だからです。

    ATMやネットバンク、積立式の保険などお金を扱うシステムの開発なので、万が一不具合が起きると大変なダメージに繋がります。

    そのため責任が重く、その分収入も高くなっているのです。

  • スポンサーリンク

  • 派遣と正社員どちらが年収が高いとは言い切れない

    派遣と正社員の年収は、どちらが高いという風に一概に言う事はできません。

    SEは、個人の能力によって差が出てくるからです。

    正社員は会社に雇われている「正規雇用」、そして派遣社員は「非正規雇用」に分類されます。

    正社員の場合、収入が安定しており、経験年数が増える事で昇給などがあります。

    派遣社員は時給が決まっていて、経験年数やスキルによってその時給には1,200円~5,000円と幅があるのが現状です。

    スキルが低い派遣社員の場合は、よほど頑張らないと昇給も無く、正社員の年収には及びません。

    しかし、スキルの高い派遣社員はその技術を買われて高い時給で雇ってもらえるので、正社員よりも年収が高くなる場合があります。

    技術や経験によって年収が変わるため、派遣と正社員どちらが年収が高いとは言い切れないのです。

    3.SEの年収はなぜ高め?

    前述した様に、SEは日本人の平均年収を上回る年収を得ています。

    ではなぜ、SEの年収が高いでしょうか?

    その理由として考えられるのが以下の3つです。

    それぞれ見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 人材不足だから

    SEの収入が高い理由として、一番大きな原因は「慢性的な人材不足」です。

    今では、どの業種もIT化が進み、それによって、業務の効率化、人件費の削減が行われています。

    「その急成長のスピードに、IT企業の人材が追いついていない」というのが現状で、SEは常に人材不足の状態です。

    いわば奪い合いの状態で、「貴重な人材であるSEは、他より高い報酬を払っても手元に置いておきたい」という企業側の思いも、SEの年収を引き上げている原因の1つとなっています。

    専門技術だから

    SEは、IT化のための、システム構築全体を管理する専門家です。

    そのため、プログラミングやシステムの設計などの専門的な技術が必要となります。

    従って、そのスキルを身に着けるには努力と経験が必要なため、希望したからといって、すぐににSEとして働けるわけではありません。

    特に資格などが必要な仕事ではありませんが、専門知識を学び、経験を重ねてスキルを磨かなければ成り立たない「専門職」なので、収入が高いのです。

    残業が多い職種だから

    SEは、残業が多い職種なので、そのために年収が多くなるというのも高収入の理由の一つです。

    1つのシステムを作り上げるに当たり、いつまでにそれを仕上げなくてはいけないという「納期」が発生します。

    スケジュール管理が上手くいかなかったり、トラブルが発生したりしても、「納期」は基本的には変わりません。

    そうした「納期」に間に合わせるためには、残業もせざるおえません。

    SEの仕事は、このような場合で残業するケースが多く、それが年収に反映されて高くなっているのです。

    4.SEで1,000万円を目指す!年収をUPさせるには

    SEは、自分次第で年収があげられることがわかりましたよね。

    そこでここからは、SEで1,000万円を目指すには何をすれば良いのかを具体的に以下4つ紹介します。

    それぞれ見ていきましょう。

    経営の知識を身に付ける

    SEとしてスキルアップするためには、システム開発の専門技術に加えて、経営の知識を身に付ける事が大切です

    クライアントの希望に沿ったシステム開発をするためには、経営者の視点で「どの様に作業を進めたらスムーズに、かつ効率的に仕事が行えるのか」を考え提案する事も必要になってくるからです。

    経営戦略や、マーケティングの知識を身に着ける事で、クライアントにも喜ばれ、SEとしての評価が上がると同時に収入も高くなるでしょう。

    条件の良い所に就職する

    SEとしての経験とスキルを磨いて「今よりも条件の良い企業に転職する」というのも年収アップに繋がります。

    前述した通り、現在、IT企業は人材不足の状態です。

    スキルの高い優秀はSEは、例え高待遇でも確保し、戦力として使いたいと考えるからです。

    「SEとしてこうなりたい」という目標を持って、徐々にステップアップし、条件の良い企業に転職し、年収1,000万円を目指しましょう。

    資格を取る

    収入をアップさせるには、資格を取るのも有効な手段です。

    SEの仕事は、必ずしも資格が必要な職種ではありません。

    しかし、資格を取る事で自分のスキルを可視化することができ、それに見合った収入を得やすくなります。

    おすすめの資格をいくつかご紹介しましょう。

    資格 内容
    基本情報技術者試験・応用情報技術者試験(国家資格)

    基本情報技術者試験:高度なIT人材となるために必要な基本的知識・技能が問われる資格試験。

    応用情報技術者試験:応用的な知識・技能が問われる資格試験。

    多くのSEが取得している国家試験。

    ITコーディネータ ITと企業経営の知識を兼ね備えるための資格試験。
    マイクロソフト認定プロフェッショナル (MCP) マイクロソフト社が実施する、マイクロソフト製品に対する知識と技能を「MTA」、「MCSA」、「MCSE」等のレベル別に認定する試験。

    このような資格を取得する事で、自分の現在のスキルをアピールする事が出来ます。

    ▼あなたにおすすめ▼

    転職する

    もし、あなた今の給与に不満を持っているなら、転職して収入アップを目指すこともひとつの手段です。

    とはいえ、転職をするのは勇気がいること。

    特に、自分ひとりでの転職は不安が大きいですよね。

    SEとして転職するのなら、「JACリクルートメント」の利用をおすすめします。

    JACリクルートメントは、年収1,000万円を超える求人を多数保有している「ハイキャリア向け」の転職エージェント

    エンジニア向けの専用ページもあり、高収入案件を効率良く探すことができます。

    JACリクルートメント

    質の高いコンサルタントが、あなたのスキルや経験に応じてキャリアプランを考えてくれるので、安心感も抜群。

    今後のキャリアを見据えながら、転職活動を行うことが可能です。

    「エンジニアとしてキャリアアップしたい」「高収入を狙いたい」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

    5.SEに転職するための必要な能力

    SEに求められる能力にはどのようなものがあるのかを知り、それを磨く事で転職を有利に進める事ができます。

    それは以下の3点です。

    一つ一つ詳しく解説していきます。

    能力1:コミュニケーション能力

    SEには、システム開発のための専門的な技術に加えて、コミュニケーション能力も必要とされます。

    なぜなら、クライアントがどんなシステムを望んでいるか、というのはコミュニケーションによって引き出す必要があるからです。

    クライアントは、SEほどシステムに詳しくありません。

    そのため、要望が形になっていないものもたくさんです。

    それを、形にするためには話をたくさん聞かねばならない。

    そのため、コミュニケーションが必須なのです。

    能力2:システム設計技術

    システムを設計する技術は、SEとしての仕事の大きな根幹です。

    クライアントとのヒアリングをした上で、実際にどの様なシステムにすると良いのかを提案する技術が必要です。

    また、プログラミング技術を身につける事で、実際にシステム作りを行うプログラマの立場に立った設計を行う事ができます。

    このシステム設計技術を高める事により、システム開発をスムーズに行う事ができます。

    能力3:マネジメント技術

    SEには、高いマネジメント技術も必要です。

    開発するシステムの納期に合わせて、どのようなスケジュールで仕事を進めて行くのかを管理する事が必要とされます。

    また、システム開発中の急な仕様変更にも、柔軟に対応できる、総合的なマネジメント技術も必要です。

    マネジメント技術の高いSEは「優秀な人材」と評価され、その分収入も高くなります。

    SEを目指したい人は、SEの求人が満載の専門サイト「社内SE転職ナビ」をぜひ利用してみてください。

    社内SEの業界トップクラスの求人案件数を誇り、徹底的なサポートをしてくれます。

    無料相談が出来るカウンセリングコースがあるので、転職に悩んでいる人は相談だけでもしてみるといいでしょう。

    6.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、SEの平均年収「550万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    アプリ版もあります!
    AppStoreダウンロードボタンGooglePlayダウンロードボタン

    まとめ

    SEの平均年収は、550万円です。

    中には、1,000万円を超える人もいます。

    スキルや、経験に応じて収入が上がっていく仕事なので、とてもやりがいのある仕事です。

    SEとして必要な能力を磨き、優秀なSEへと成長し、ぜひ1,000万円を目指しましょう。

  • スポンサーリンク