SE(システムエンジニア)の平均年収は?1,000万を目指す年収UPの方法まで解説

システムエンジニア(SE)の平均年収
Programmers and developer teams are coding and developing software.
平均年収

SE(システムエンジニア)の平均年収は、500万~600万円程度です。

とはいえ、すべての人がこの金額をもらえるわけではなく、企業規模や年齢、性別、能力などによって大きく異なります。

逆に言えば、頑張り次第では、高額の年収を狙える職業だと言えるでしょう。

そこでこの記事では、企業規模、年齢、男女別の収入の差から、年収アップのコツ、SEを目指すためのステップなどを解説します。 

本ページを読んでいただければ、SEの給与に関して把握できるだけではなく、SEとしてのキャリアアップの仕方を理解できるでしょう。

後半では「自分の推定年収を測定できるサービス」も紹介しているので、自分の市場価値とSEの年収比較にぜひお役立てください。

スポンサーリンク

1.SE(システムエンジニア)の平均年収は500~600万円程度

システムエンジニア(※以下SEで統一)の年収は、平均500万~600万円程度です。

日本全体の平均年収が「423万円」のため、SEの年収は高めだと言えるでしょう。

もちろん、SEとしての経験やスキルで収入に差があり、多い人では年収1,000万円以上稼ぐ人もいます。

この章では、そんなSEの年収の概要について詳しく紹介します。

SEのここ数年の年収推移

SEのここ最近の年収は、600万円台をキープしています。

それは「賃金構造基本統計調査」による、1,000人以上の規模の企業の「きまって支給する現金給与額」と「年間賞与その他特別給与額」からわかります。

SEの平均年収推移
期間 年収 決まって支給する現金給与額 年間賞与その他特別給与額
2014年 約594万円 約39万円 約126万円
2015年 約690万円 約45万円 約150万円
2016年 約603万円 約39万円 約135万円
2017年 約597万円 約39万円 約129万円
2018年 約606万円 約39万円 約138万円

(参考:賃金構造基本統計調査|職種DB第1表用

2018年であれば、「約39万円×12ヶ月+約138万円=約606万円」の年収となっています。

どの期間も大きな推移はなく、安定した年収を得ていることがわかりますね。

  • スポンサーリンク

  • SEの初任給はいくら?

    SEの初任給は20万~25万円程度の会社が多く、ボーナスなしとして計算すると、平均年収は240~300万円程度です。

    入社1年目のため、平均年収を大きく下回りますが、初年度から賞与を支給する会社で働けば、もっと高年収を期待できるでしょう。

    また初任給は高くないものの、実力・能力を高めていけば、着実に年収を上げられる職種でもあります。

    さらに他の職種のように、高卒・専門卒よりも、大卒・大学院卒のほうが高年収を望めそうです。

    SEは年収1,000万円が可能な職種

    SEの平均年収は500~600万円ほどですが、 1,000万円の年収を得ることが可能な職業です。

    IT社会が進む現在、SEの業界はいつでも人手不足で、技術さえあれば、高い給与を出してでも人材を確保したいという企業も多いからです。

    さらには昨今では、フリーで活躍できる場も多くなり、自分で給与を設定できるチャンスも少なくありません。

    1,000万円を目指す具体的な方法は、「4.SEで1,000万円を目指す!年収をUPさせるには」をご覧ください。

  • スポンサーリンク

  • 2.SEの年収に差をつけるのはどんなこと?

    SEの年収は、企業の大小だけではなく、年齢や性別、業種などによっても差が出ます。

    そこでこの章では、よりSEの年収を理解するためには、SEの年収に差をつける要素とその実態を紹介します。

    企業ごとの大小で100万円程度の差がある

    SEの年収は、企業の規模によって大きく差が出ます。

    企業規模別の給与の違いは、次の通りです。

    SEの企業規模別年収
    企業規模(社員数) 年収 きまって支給する現金給与額 年間賞与その他特別給与額
    10~99人 約488万円 約36万円 約56万円
    100~999人 約532万円 約36万円 約100万円
    1,000人以上 約606万円 約39万円 約138万円

    (参考:賃金構造基本統計調査|職種DB第1表用 |2018年

    10~99人規模と1,000人以上の規模では、年収で100万円程度の差があります。

    そのため、大きな会社に入社することで、年収を上げられる可能性があります。

  • スポンサーリンク

  • 年齢別では50代が年収のピークになる

    年齢別にSEの年収を比べてみると、50代がもっとも高くなります。

    年齢別の給与を、男性のSEでまとめると、次の通りです。

    SEの年齢別年収
    年齢 年収 所定内給与額 年間賞与その他特別給与額
    20〜24歳 約327万円 約24万円  約39万円
    25~29歳 約433万円
    約28万円
    約97万円
    30~34歳 約534万円
    約33万円
    約138万円
    35~39歳
    約604万円 約37万円 約160万円
    40~44歳
    約655万円 約41万円 約163万円
    45~49歳
    約632万円 約38万円 約176万円
    50~54歳
    約677万円 約41万円 約185万円
    55~59歳 約695万円 約42万円 約191万円
    60~64歳 約433万円 約25万円 約133万円

    (参考:賃金構造基本統計調査|職種第3表DB |1,000人以上|2018年

    20代は経験が浅く年収が低めですが、年齢とともに経験年数・スキルが上がってくるため、年収も徐々に高くなっていくのが理解できるでしょう。

    55~59歳の場合、単純計算で「約42万円×12ヶ月+約191万円=約695万円」と高年収を期待できます。

    男性の方が100万円程度年収が高い

    男性と女性の収入差を比べてみると、男性の方が高い傾向にあります。

    SEの男女別年収
    性別 年収 所定内給与額 年間賞与その他特別給与額
    男性 約566万円 約35万円 約146万円
    女性 約440万円 約28万円 約104万円

    (参考:賃金構造基本統計調査|職種第3表DB |1,000人以上|2018年

    男女の差は、年収で換算すると100万円程度です。

    男性は年齢に応じて、昇給していく割合が高い傾向にあります。

    女性の場合、結婚や家事、育児などの理由で、昇進する割合が低い傾向にあり、男性よりも年収が低いのです。

  • スポンサーリンク

  • 業種別ランキングでは金融・保険業がトップ

    SEと一口にいっても、さまざまな業種と関わります。

    業種別の年収で年収が高い業界TOP5は、次の通りです。

    SEの業種別年収
    業種 平均年収
    金融・保険業 744万円
    外資系SIer/NIer、コンサルティングファーム 689万円
    総合電機メーカー 660万円
    専門コンサル系 656万円
    大手SIer/NIer、コンサルティングファーム、ベンダー 650万円

    (引用:リクナビNEXT Tech総研

    数ある業種の中でも、一番年収が高いのは金融・保険業です。

    金融・保険業の年収が群を抜いているのは、金融・保険業のシステム開発には、特に正確さが求められるからです。

    ATMやネットバンク、積立式の保険などお金を扱うシステムの開発なので、万が一不具合が起きると大変なダメージに繋がります。

    そのため責任が重く、その分収入も高くなっているのです。

    会社別年収ランキング

    補足として、SEの会社別年収ランキングも紹介します。

    企業名 平均年収
    野村総合研究所 1,221万円
    富士通 790万円
    NEC 789万円

    (参考:有価証券報告書)

    口コミによると、最も年収が高い「野村総合研究所」のIT系エンジニアの年収は818万円と高めです。
    (参考:カイシャの評判

    それぞれの企業の年収について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

    ▼あなたにおすすめ▼

    派遣と正社員どちらが年収が高いとは言い切れない

    派遣社員は時給が決まっていて、経験年数・スキルによって時給に1,200円~5,000円と幅があります。

    派遣SEと正社員SEの年収は、どちらが高いのか断言できません。

    なぜならSEは、個人の能力によって差が出てくるからです。

    正社員は会社に雇われている「正規雇用」、そして派遣社員は「非正規雇用」に分類されます。

    正社員の場合、収入が安定しており、経験年数が増えることで昇給などがあります。

    スキルが低い派遣社員の場合は、よほど頑張らないと昇給もなく、正社員の年収には及びません。

    しかし、スキルの高い派遣社員はその技術を買われて高い時給で雇ってもらえるので、正社員よりも年収が高くなる場合があります。

    このように、技術や経験によって年収が変わるため、派遣と正社員どちらが年収が高いとは言い切れないのです。

  • スポンサーリンク

  • 3.SEの年収は低いわけではない!なぜ高めなのか?

    SEの平均年収は、日本人の平均年収を上回っているため、低いわけではありません。

    ではなぜ、SEの年収は高めに設定されているのでしょうか。

    この章では、高年収になっている3つの理由を取り上げます。

    理由1.人材不足だから

    SEの収入が高い理由として、一番大きな原因は「慢性的な人材不足」です。

    昨今ではどの業種もIT化が進み、それによって業務の効率化や人件費の削減が行われています。

    「急成長のスピードに、IT企業の人材が追いついていない」ということが現状で、SEは常に人材不足の状態だと言えるでしょう。

    極端に説明すると、人材の奪い合いの状態で、「貴重な人材であるSEは、他より高い報酬を払っても手元に置いておきたい」という企業側の思いも、SEの年収を引き上げている原因の1つとなっています。

    理由2.専門技術だから

    SEは、IT化のためのシステム構築全体を管理する専門家です。

    そのため、プログラミングやシステムの設計などの専門的な技術が必要となります。

    そのスキルを身につけるには努力と経験が必要なため、希望したからといって、すぐにSEとして働けるわけではありません。

    特に資格などが必要な仕事ではありませんが、専門知識を学び、経験を重ねてスキルを磨かなければ成り立たない「専門職」なので、収入が高いのです。

    理由3.残業が多い職種だから

    SEは残業が多い職種なので、その分年収が多くなるというのも、高収入の理由の一つです。

    1つのシステムを作り上げるに当たり、いつまでにそれを仕上げなくてはいけないという「納期」が発生します。

    スケジュール管理が上手くいかなかったり、トラブルが発生したりしても、「納期」は基本的には変わりません。

    そうした「納期」に間に合わせるためには、残業も必要です。

    SEの仕事は、このような場合で残業するケースが多く、それが年収に反映されて高くなっています。

    4.SEで1,000万円を目指す!年収をUPさせる4つの方法

    SEは、自分次第で年収があげられることがわかりましたよね。

    そこでこの章では、SEで1,000万円を目指すには何をすれば良いのか、4つの方法を紹介します。

    「SEとして、高年収を望んでいる」という人は、参考にしてください。

    方法1.経営の知識を身に付ける

    SEとしてスキルアップするためには、システム開発の専門技術に加えて、経営の知識を身に付けることが大切です

    クライアントの希望に沿ったシステム開発をするためには、経営者の視点で「どの様に作業を進めたらスムーズに、かつ効率的に仕事が行えるのか」を考え提案することも必要になってくるからです。

    経営戦略やマーケティングの知識を身につけることでクライアントにも喜ばれ、SEとしての評価が上がると同時に、収入も高くなるでしょう。

    方法2.資格を取る

    収入をアップさせるには、資格を取るのも有効な手段です。

    SEの仕事は、必ずしも資格が必要な職種ではありません。

    しかし、資格を取ることでキャリアアップにつながり、それに見合った収入を得やすくなります。

    おすすめの資格は、次の通りです。

    資格 内容
    基本情報技術者試験・応用情報技術者試験(国家資格)
    • 基本情報技術者試験高度なIT人材となるために必要な基本的知識・技能が問われる資格試験
    • 応用情報技術者試験応用的な知識・技能が問われる資格試験

    ※多くのSEが取得している国家試験

    ITコーディネータ ITと企業経営の知識を兼ね備えるための資格試験
    マイクロソフト認定プロフェッショナル (MCP) マイクロソフト社が実施する、マイクロソフト製品に対する知識と技能を「MTA」、「MCSA」、「MCSE」等のレベル別に認定する試験

    このような資格を取得することで、自分の現在のスキルをアピールすることが可能です。

    キャリアアップにつながるIT資格をもっと知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

    ▼あなたにおすすめ▼

    方法3.フリーランスとして働く

    フリーランスのSEとして働けば、年収1,000万円も夢ではありません。

    会社に入って仕事する場合、固定給と残業代、諸手当以外もらえませんが、フリーランスは、働いた報酬がそのまま収入となります。

    案件次第では、高い収入を目指せるのは、フリーランスの特徴です。

    フリーランスについてもっと理解を深めたい人は、「自営業とサラリーマンの年収の違いは?フリーランスで働きたい人へ」をご覧ください。

    方法4.転職する

    もし、今の給与に不満を持っているなら、転職して収入アップを目指すこともひとつの手段です。

    とはいえ、転職をするのは勇気がいること。

    特に、自分ひとりでの転職は不安が大きいですよね。

    SEとして転職するのなら、「マイナビエージェントIT」の利用をおすすめします。

    マイナビエージェントIT

    「マイナビエージェントIT」は、転職サイトとしておなじみの「マイナビ転職」が運営している転職エージェントです。

    IT業界出身者のキャリアアドバイザーが多く、企業ニーズと転職者のスキルをマッチングさせることを得意としています。

    また、紹介する会社は大手で、「キャリアアップしたい」「年収アップを目指している」という人におすすめです。

    ほかにも、ベンチャー企業や地方の優良企業も多数取り扱っているため、地方に住んでいる人も使えますよ。

    マイナビエージェントITでしか紹介していない案件もあるので、ぜひ登録してみてくださいね。

    5.SEに転職するための必要な能力

    SEに求められる能力にはどのようなものがあるのかを知り、それを磨くことで転職を有利に進められます。

    この章では、SEに転職するための必要な能力を詳しく解説します。

    能力1.コミュニケーション能力

    SEには、システム開発のための専門的な技術に加えて、コミュニケーション能力も必要とされます。

    なぜなら、クライアントがどんなシステムを望んでいるか、というのはコミュニケーションによって引き出す必要があるからです。

    クライアントは、SEほどシステムに詳しくなく、要望が形になっていないものもたくさんあります。

    それを形にするためには、話をたくさん聞く必要があり、コミュニケーション能力が必須なのです。

    能力2.システム設計技術

    システムを設計する技術は、SEとして必須の力です。

    クライアントとのヒアリングをした上で、実際にどのようなシステムにすると良いのかを提案する技術が必要です。

    また、プログラミング技術を身につけることで、実際にシステム作りを行うプログラマの立場に立った設計を行うことができます。

    このシステム設計技術を高めることにより、システム開発をスムーズに行えるでしょう。

    能力3.マネジメント技術

    SEには、高いマネジメント技術も必要です。

    開発するシステムの納期に合わせて、どのようなスケジュールで仕事を進めて行くのかを管理することが必要とされます。

    また、システム開発中の急な仕様変更にも、柔軟に対応できる、総合的なマネジメント技術も必要です。

    マネジメント技術の高いSEは「優秀な人材」と評価され、その分収入も高くなります。

    能力4.英語力

    外資系企業以外でも、ビジネス英語が必要となるシーンは増加傾向にあります。

    社内SEの場合、会社に海外部門があれば、英語でコミュニケーションしなければなりません。

    どれぐらいのレベルを求められるのか、会社によって異なりますが、仕事のフィールドを広げるためにも、英語力を身に付けておきましょう。

    英語力を高めたい人は、「就職・転職におすすめの英語資格は?難易度ランキングも紹介!」をご覧ください。

    6.ちなみに、あなたの”推定年収”はいくら?

    少しだけ話がそれますが、自分自身の「推定年収」がいくらなのかも気になりませんか?

    ミイダス」というサービスを使うと、200万人の年収データと転職実績データを元に、あなたの推定年収を計測することができます。

    約20の質問に答えていくだけで、「◯◯万円」という形であなたが本来貰うべき年収を打ち出してくれるので、試してみると面白いですよ。

    推定年収の計測は無料ですし、測定は3分ほどでサクッと終わります。

    また、推定年収の測定が終わった後、簡単な会員登録を済ませておけば「年収に見合った企業からのオファー」も確認可能です。

    ▼会員登録で企業からのオファーを確認できる

    登録だけ済ませておくと、随時あなたの年収やスキルに見合った企業からオファーが届くので、自分の市場価値を把握するのにも役立ちますよ。

    せっかくなので、SEの平均年収「500~600万円」に自分の推定年収が達しているか、確認してみてくださいね。

    まとめ

    SEの平均年収は、500万~600万円程度です。

    ここ最近の平均年収は、600万円台をキープし、日本全体の平均年収「423万円」よりも高い傾向にあります。

    そんなSEの給与の特徴は、次の通りです。

    • SEの初任給の年収は単純計算で240~300万円程度
    • 頑張り次第では1,000万円の年収を得られる
    • 企業の規模によって100万円程度の差がある
    • 50代になれば700万円程度の年収を目指せる
    • 業種別ランキングでは金融・保険業がトップ

    高年収を目指して転職するのなら、転職エージェント「マイナビエージェントIT」の利用がおすすめです。

    コミュニケーション能力やシステム設計技術、マネジメント技術、英語力も高めると、より転職を有利に進められるでしょう。

  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    転職エージェント・サイト一覧【2020年最新版】 50社の中から、あなたにピッタリの転職サイトを見つけよう!

    1. 現在の年収は?

    2. 現在の年齢は?

    3. こだわりたい条件は?

    4. 希望の勤務地は?

    5. 希望の転職サービスは?