ご厚誼(ごこうぎ)とは?ご交誼などの類語と合わせて意味を解説

ご厚誼の意味とは ビジネス用語

「ご厚誼」は、目上の方に対する敬意、親しみを表現する際に用いられます。

一方で、 「ご厚誼」と「ご交誼」では意味合いが異なるため、冠婚葬祭やビジネスシーンなどでは間違わずに使用したい所です。

そこで今回は、「ご厚誼」の正しい意味や使い方を、「ご交誼」などの類義語と比較しながら例文とともに紹介していきます。

敬語を用いた応用例も載せてありますので、ぜひ最後までご覧になってください。

1.「ご厚誼」の意味と正しい使い方

「ご厚誼」は「厚くお付き合いしていただく」という意味

ご厚誼

読み方:ごこうぎ

意味:厚くお付き合いしていただく

「厚誼」に使われている「誼」は、訓読みで「よしみ」と呼ぶため、「親しい間柄」、「お世話になっていること」を表現することが出来ます。

また、厚誼」の頭に「ご」を付けることによって、より丁寧な表現として用いられるのが一般的です。

したがって、冠婚葬祭やビジネスシーンなど、これまでのお付き合いしてきた相手に対して敬意を表明する際に使われることになります。

それでは、どのような使い方をするのか、具体的に例文で確認していきましょう!

  • スポンサーリンク

  • 「ご厚誼」の具体的な使用例【例文あり】

    これから紹介するのは、「冒頭の挨拶」、「締めの挨拶」、「訃報、喪中のケース」になりますが、どのケースも「親しい間柄」を意味することには変わりがありません。

    ただし、「訃報、喪中のケース」では、より配慮のある言い回しが必要になるため、例文で詳しく確認していきましょう。

    主に、「挨拶状、年中の挨拶、ビジネスシーン」のスピーチの冒頭などで、使用することが出来ます。

    「ご厚誼」の後には、「賜り」が一番オーソドックスな形式ですが、その他にも「謝し」等の表現を用いることもできます。

    「謝し」等のややくだけた表現を用いるケースは、日常的に顔を合わせている方の場合に使用するといいでしょう。

    一方で、日常的に顔を合わせていない遠方の相手の場合は、素直に「賜り」を用いるのが無難と言えます。

    締めの挨拶で用いるケース

    • どうか今後とも変わらぬご指導ご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。
    • 来年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます。
    • 今後とも倍旧のご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。

    主に、「異動、委任、就任」の際、締めの挨拶で使用することが出来ます。

    締めの挨拶の「ご厚誼」では、 「今度ともよろしくお願いします。」という意味があり、「倍旧」には「前よりもいっそうの」という意味があります。

    スピーチもしくはメールの末尾に定型文として挿入されることが多く、働き盛りの方は覚えておいて損はないでしょう。

    訃報、喪中で用いるケース

    • ここに生前のご厚誼を深謝し、謹んでご報告申し上げます。
    • ここに生前のご厚誼を深謝し、謹んでご冥福をお祈りいたします。
    • 生前中は、一方ならぬご厚誼を頂戴し、衷心より厚く御礼申し上げます。

    主に、「葬儀、追悼のスピーチ」もしくは「喪中はがき」の際、使用することが出来ます。

    文中で用いられる「深謝」には、「深く感謝する」、「ひたすら詫びる」という意味があり、へりくだった印象を与えることが出来ます。

    また、 「喪中はがき」のマナーでは文章中に句読点を使用しないので、差し出す前に注意が必要になるでしょう。

    2.「ご厚誼」の類語

    「ご厚誼」の類義語には、 「ご交誼」、「ご好誼」、「ご高誼」、「ご厚情」、「ご高配」などがありますが、少しずつ敬意の在り方が異なります。

    特に、「ご交誼」「ご好誼」「ご高誼」の読み方は「ごこうぎ」ですが、よく間違いを指摘されるポイントになるので、意識して使い分ける必要があります。

    以下からは、敬意の表現方法を比較的にご説明しましょう。

  • スポンサーリンク

  • 2-1.ご交誼、ご好誼とは?

    「ご交誼」、「ご好誼」はともに、友人としての親しい付き合い、心の通い合う親しい関係を意味します。

    「ご厚誼」と比較すると「ご交誼」「ご好誼」は、対等な関係を結ぶための意思表明として用いられます。

    したがって、「ご好誼」「ご好誼」は、 目上の相手に使用するのは失礼に当たるので注意が必要です。

    • 昨年中はひとかたならぬご交誼にあずかり、誠にありがとうございます。
    • 来年も変わらぬご好誼のほどお願い申し上げます。

    2-2.ご高誼とは?

    「ご高誼」は、並々ならぬ親しい交わり、目上の人から受ける行為を意味します。

    「ご高誼」では、相手の自分に対する思いやりを敬う表現になるため、「ご厚誼」と比較すると、敬意の方向が逆転しています。

    つまり、目上の人に対してではなく、目上の相手からいただく言葉になるので、勘違いして用いることのないようにしましょう。

  • スポンサーリンク

  • 2-3.ご厚情、ご高配とは?

    「ご厚情」、「ご高配」は、相手に親切にしてもらった、情けをかけてもらった場合に使用されます。

    「ご厚情」、「ご高配」は、式典の挨拶や御礼に使うことが多く、「ご厚誼」よりくだけた敬意の表現になります。

    したがって、 訃報・喪中の際には用いられない表現のため、誤って使用しないようにしましょう。

    • 今後とも変わらぬご贔屓ご厚情を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
    • ご高配にあずかり、誠にありがたく感謝しております。

    3.「ご厚誼」を使った敬語表現の知識

    「ご厚誼」を代表とする敬意表現では、語尾に「~のほど」とつけることによって、よりフォーマルな印象を与えることが出来ます。

    「~のほど」は、断定的な表現を柔らかくすることによって、 一方的に敬意を押し付けずに伝えることが出来るからです。

    また、「ご厚誼」の後には、「賜る」、「いただく」、「くださる」、「与る」といった表現を組み合わせることが出来ます。

    敬語表現では、 同じ表現を何度も用いることは堅苦しいとされるため、多様な言い回しを覚えておくと、よりフォーマルな形式に近づきます。

    ただし、「くださる」の場合は、「くれる」の受動的な表現に、「り」という敬意表現を用いているので、スマートな表現ではありません。

    「与る」の場合も、「与える+り」という敬意表現になっています。

    「受動態+り」を使用するよりも、素直に謙譲語を用いるのが一般的なため、文章構成の際には、意識してチェックしてみるとよいでしょう。

  • スポンサーリンク

  • まとめ

     

    いかかでしたでしょうか。

    「ご厚誼」は、冠婚葬祭やビジネスシーンなどにおいて、広く用いられる表現になります。

    しかし、同音語としての 「ご交誼」、「ご好誼」、「ご高誼」は異なる敬語表現のため、文章として構成する際には、細心の注意が必要になります。

    また、断定的な言い回し、繰り返しの敬語表現は、押しつけがましい印象を相手に与えてしまうため、多様な言い回しを心がけるといいでしょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事