「ご高配」の意味と使い方!「ご配慮」との違いや例文も解説

ご高配の意味とは ビジネス用語

メールの定型文によく登場する 「ご高配」

読み方は 「ごこうはい」で、 意味は「いつもありがとうございます〜」です。

例えばいつもありがとうございます。感謝しています」と言いたいときに平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます」という使い方をします。

今回はこの「ご高配」の意味と使い方、例文。「ご配慮」との違い方まで詳しく解説します。

1.「ご高配」は「お心配り」「お心遣い」を意味する

「高配」は相手からの 「心配り」や「心遣い」を意味する言葉です。

これに丁寧語の「ご」をつけて「ご高配」。

冒頭の平素は格別のご高配を賜り、〜」の文章で意味を考えてみましょう。

・平素:普段

・ご高配:お心配り、お心遣い

・格別:特別に

・賜り(たまわり):いただく(もらうの謙譲語(自分がへり下る時に使う言葉))

これをまとめると、「普段から特別なお心配りをいただきまして、〜」という意味になります。

ただし、やや堅苦しい表現なので 口頭ではあまり使われません。

では次は「ご高配」の使い方と注意点を詳しく見ていきましょう。

2.「ご高配」の使い方と注意点

ここでは「ご高配」は文章のなかでどんな意味でどんなシーンで使われるのか、注意点とともに見ていきます。

  • スポンサーリンク

  • 2-1.「ご高配」の使い方

    「ご高配」はビジネス文書(見積書、添え状、年賀状など)やメールの挨拶文に 「いつもお世話になっております」と同じような意味で使われます。

    主に前文か末文に使うことが多いです。

    前文

    「ご高配」を前文に使う場合は、「拝啓(はいけい)」「謹啓(きんけい)」などの頭語(とうご)→時候のあいさつ→「ご高配」の並びです。

    例:拝啓(頭語)時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます(時候の挨拶)。また、平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。〜(本文)

    末文

    末文では以下のように使います。

    例:(本文)〜。ここに謹んでご報告申し上げますとともに、これまでの皆さまのご支援ご高配に心より感謝申し上げます

    2-2.使うシーン

    ビジネスで「ご高配」が使われるのは主に以下の2つのシーンです。

    1. ビジネス文書(メール)の挨拶
    2. ビジネス上のお願いをしたい時

    1を使うときは特に問題ありませんが、2の意味で使うとやや厚かましい表現になってしまうので注意が必要です。

    ①ビジネス文書(メール)の挨拶

    最も一般的なのはビジネス相手への挨拶で「いつもお世話になっております」という意味で使う1です。

    普段づかいのビジネスメールに「ご高配を賜りありがとうございました」のように書くこともありますが、畏まりすぎなので一般的ではありません。

    普段使いのビジネスメールであれば、「ご配慮いただきありがとうございました」の方が自然です。

    ②ビジネス上のお願いをしたい時

    「ご高配を賜りたく存じます」と書くと、「心配りをして欲しい」というお願いの表現になります。

    よく使われる表現ではありますが、相手に心配りを要求しているので厚かましい感じがするので、あまり使わない方がいいでしょう。

    相手にお願いをするときは お取り計らい(ものごとが上手く運ぶように考え、処理すること)」を使う方が適切です。

    例:お取り計らいの程、よろしくお願い申し上げます

  • スポンサーリンク

  • 2-3.自分のことに使うのは失礼にあたる

    「ご高配」は尊敬語なので、自分に対して使うのは間違いです。

    高配と似た意味のへり下る謙譲表現なら、以下のような言葉を使うといいでしょう。

    • 寸志(すんし)
    • 薄謝(はくしゃ)

    これらの言葉を使った例は、以下の通りです。

    • お金を渡すときに白封筒に「寸志(薄謝)」と書く
    • 品物を渡すときに熨斗(のし)に「寸志(薄謝)」と書く
    • 金品を渡すときに「寸志(薄謝)ですがお受け取りください」と言葉を添え

    3.「ご高配」と「ご配慮」の違い

    目上の人からの心配りに感謝する際、「ご高配」も「ご配慮」もどちらも使えます。

    「配慮」の方が「高配」よりも広く使える表現です。

  • スポンサーリンク

  • 3-1.「ご高配」と「ご配慮」の意味

      意味 使うシーン 注意点
    高配(こうはい) 他人への心配りや配慮

    相手の心遣いへの感謝を伝えたいとき

    自分のことに対しては使わない

    配慮(はいりょ) 他人に対して心を配ること

    相手の心遣いへの感謝を伝えたいとき

    自分が気を配るときに使うこと

    「ご高配」は他人の配慮の尊敬語です。他人への心配りを意味するので、自分のことに対しては使いません。

    それに対して、ご配慮は相手への心遣いへの感謝だけではなく、自分が気を配るときにも使うことができます。

    「配慮」を使った例文は以下の通りです。

    • におかれましては、ご配慮いただきありがとうございます。(相手)
    • このたびはお客様への配慮がたらずご迷惑をおかけしまして申し訳ございませんでした。(自分)

    3-2.「ご高配」は必ず目上の人に使う

    「ご高配」は相手の心配りや配慮を敬う尊敬語なので、目上の人に対して使います。

    自分より立場が下の人には使いません。

  • スポンサーリンク

  • 3-3.「ご配慮」は目上の人に使うとは限らない

    「ご配慮」は目上の人だけではなく、同等の相手にも使うことができます。

    「ご配慮」の方が広く使える表現なので、便利な言葉として覚えておきましょう。

    4.「ご高配」を使った例文

    ご高配の使い方

    「ご高配」を使うときは、後ろに賜る(たまわる)かいただくを使うのが一般的です。

    どちらも「お心配りを受ける」という意味の丁寧なフレーズになります。

    ただし賜るといただくでは 賜るの方がよく使われます。こちらの方がより改まった表現です。

    4-1.平素は格別なご高配を賜り、〜

    ビジネス文書の前文などで使う場合は、時候の挨拶→「ご高配」の文章→本文という並びです。

    例:謹啓 初春の候、皆様におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。旧年中は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

    4-2.平素は格別なご高配をいただき、~

    こちらは賜りの部分をいただきに変えただけです。

    • 平素は格別なご高配をいただき、誠にありがとうございます。
    • 平素は格別なご高配をいただき、厚く御礼申し上げます。

    一般的なのは賜りなので、迷ったら賜りを使うといいでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 4-3.「ご高配」を使った英語表現

    「ご高配」は英語では「your consideration」「your kindness」「your support」が近い表現にあたります。

    「ご高配を賜り厚く御礼申し上げます。」を英語で表現するなら、近いものとしては以下のように書けば丁寧です。

    例:I really appreciate your consideration (or kindness、support).

    親しい相手に使うなら、以下のように書けばもっとくだけたニュアンスになります。

    例:Thank you for your consideration (or kindness、support).

    もしくは受動態<助動詞+be+過去分詞>を使って以下のように表現してもOKです。

    例:Your consideration (or kindness、support) would be  really appreciated.

    5.注意したい「ご高配」を使った表現

    ここで紹介する表現「ご高配を賜りたく〜」「ご高配を賜りますよう〜」は相手に心配りを要求するやや厚かましい表現です。

    表現として間違いではありませんが、 「お取り計らい」を使って言い換えた方が無難です。

    知らずに使っていると相手に不快な思いをさせてしまう恐れがあるので、使いどころをわきまえておきましょう。

    5-1.ご高配を賜りたく(頂きたく存じます)

    「ご高配を賜りたく存じます」という文章は お願いのビジネスメールでよく出てくるフレーズです。

    「存じる」は「思う」の謙譲語で、「相手のお心配りをもらいたいと思います」という意味になります。

    賜りたく(いただきたく)はお願いの中でも 自分の勝手な都合をどうにかしてくれという気持ちが入っているので、それを一言詫びる文章を入れて使った方がいいでしょう。

    例:誠に勝手を申し上げますが、何卒ご高配賜りたく存じます。

    受け手によってはこれでもなんとも思わない場合もありますが、前述したように 相手に要求するときは「お取り計らい」を使うのがおすすめです。

    お取り計らいだと「物事をうまく進める」という意味なので、相手への心配りを強要しない表現になるからです。

    例:誠に勝手を申し上げますが、お取り計らいのほど、何卒よろしくお願いいたします。

    5-2.ご高配を賜りますよう(頂きますよう)お願い申し上げます

    「ご高配を賜りますよう(頂きますよう)お願い申し上げます」は、「お心配りをしてもらえますよう、お願いします」という意味です。

    例:内容をご検討いただき、ご高配を賜りますよう、何卒お願い申し上げます。

    こちらも先ほどの賜りたく〜と同じく、こちらも「お取り計らい」を使った方が無難です。

    例:内容をご検討の上、ご便宜お取り計らいくださいますよう、お願い申し上げます。

    では最後に「ご高配」と同じニュアンスで使える類語を見てきます。

    6.「ご高配」の類語

    ご高配の類語

    ここでは「ご高配」とほぼ同じ意味で使うことができる言葉を4つ紹介します。

    1. お心遣い
    2. ご厚情
    3. ご配意
    4. お引き立て

    では、順番に見ていきましょう。

    6-1.お心遣い

    お心遣い」の意味は「配慮、祝儀(お金)」という意味で、以下のようなシーンで使います。

    • 金品(お土産、見舞金、暑中見舞いなど)をもらった時
    • ご祝儀(お金。結婚祝い、出産祝いなど)をもらった時
    • 普通のお礼(相手が心配してくれた時、仕事を頼まれてくれた時など)

    例えば、以下の例文のような使われ方をします。

    • お心遣いありがとうございます。
    • お心遣いを頂きまして〜

    6-2.ご厚情

    「ご厚情」は「暑い情け、心からの深い思いやり」という意味です。

    「ご高配」とほぼ同じ言葉として使えます。

    例:ご厚情を賜り、心よりお礼申し上げます。

    6-3.ご配意

    「ご配意」の意味は「ご配慮」です。お礼のビジネスシーンで以下のように使います。

    例:ご配意を頂き、誠にありがとうございました。

    6-4.お引き立て

    「お引き立て」の意味は「お世話になること」です。

    ビジネス文書の挨拶で「ご高配」と同じように使われます。

    例:平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

    まとめ

    「ご高配」は相手からの心配り、配慮を意味する言葉です。

    また、「ご高配を賜りたく〜」という表現は相手への心配りを要求する表現なので、失礼な印象を与えたくないなら「お取り計らい」などを使うようにしてください。

    挨拶の定型文で登場するので、意味を理解して使い方をマスターしておきましょう。