30歳フリーターから脱出する方法!職歴がなくても正社員になれる?

仕事の悩み・相談

フリーターや無職で30歳という節目を迎え「このままでいいのかな」と不安になっていませんか?

正社員として働く30歳は「部下ができる」「昇進できる」など、徐々にキャリアアップする年代。

ずっとポジションが変わらないフリーターと正社員の差は、年齢が上がるにつれてどんどん広がっていきます。

そのままフリーターとして生きていくのは、地位的にも給与面でも不安材料が増えていくばかり。

また、求人も少なくなってしまうため、正社員になりたいなら30歳の今がラストチャンスです。

そこで今回は、30歳フリーターから正社員になるための方法をご紹介します。

未経験転職のサポートから対応!

フリーターで未経験でも転職実績豊富な『リクルートエージェント』

キャリアの相談から対応できる最大手エージェントなので、安心して転職相談できますよ!

先月の登録者数723人!

1.30歳でフリーターを続ける4つのリスク

フリーターとは、義務教育を終えた15歳から34歳の人の中で、正社員ではなくアルバイトやパートといった非正規雇用で生計を立てている人を指す和製英語です。

厚生労働省が調査のために、平成3年に定義して広く使われるようになりました。

【フリーターの定義】

  • 現在就業しており、勤め先における呼称が「パート」「アルバイト」である雇用者
  • 現在は無職だが、「パート」「アルバイト」への就業を希望している者

(ただし、中学校卒業後の年齢15歳から34歳(以下若年者)で、在学していない者が対象)

参考:Wikipedia・フリーター

「フリーターでもそこそこ収入はあるし、正社員のように責任が問われることもない」「自由な生活が送れているなら今のままでもいいのではないか」と考えている人は少なくありません。

しかし、長い間フリーターを続けるリスクはたくさんあります。

詳しくチェックしていきましょう。

20代のときより体力が落ちる

30歳になると、20代のときより確実に体力が落ち、思うように働けなくなってしまいます。

30代になると徐々に自律神経機能が衰え、内臓機能や血液の流れ、睡眠などに影響を及ぼすのです。

その結果、若いころより体を動かせなくなってしまいます。

「20代の頃は掛け持ちをしてバリバリ稼いでいたけど、30代は体が疲れやすくなって長時間働けなくなった」という人も少なくありません。

30歳は、無理がきかなくなる年齢であることを覚えておきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 人生のライフイベントの計画が立てられない

    フリーターのままだと、経済的な安定がないため、人生設計をしっかり立てられません。

    30歳から先の人生で、必要となるお金は節目でどんなものがあるのか見ていきましょう。

    【人生でお金が必要となる時期】

    • 結婚をするとき(結婚式や新婚旅行の費用、新居にかかる費用)
    • 子供ができたとき(出産、育児にかかる費用、教育費)
    • 車を購入したとき(購入費用、車検や維持費用、保険)
    • 家を購入したとき(頭金、ローン、保険、修繕費)
    • 家族に何かあったとき(入院費用、介護費用)

    いつまでも元気で働き続ければいいのですが、自分が病気になる可能性もありますよね。

    また、いつまでも収入が不安定だと、友達との付き合いも上手くいかなくなりがちです。

    会って話をしても、正社員同士の会話に入れなかったりお金が出せなかったりといったことが続くと、友達の方も誘うのを遠慮するようになって、疎遠になってしまうこともあります。

    収入が途絶えてしまう可能性がある

    フリーターは、不安定な立場にあるため、突然収入がなくなる可能性があります。

    もちろん正社員であっても、リストラ・失業することはあるので「それほど差がないのでは?」と思うかもしれません。

    しかし、正社員、フリーターには以下のように大きな違いがあります。

      正社員の場合 フリーターの場合
    会社との契約 基本的に終身雇用であり、勝手に解雇はされない 会社都合によって雇い止めされることもある(契約が更新されない)
    失業保険 支給される 支給される(ただし給与が基準となるので少ない)

    フリーターも勤務している時間が週20時間以上であれば、雇用保険への加入義務があり、保険料を支払っていれば失業保険をもらえます。

    ただ、失業給付をもらうためには、加入した実績が12ヶ月以上あることが前提。

    すぐアルバイトを辞めてしまったり、短期で働くことを繰り返している場合は、対象とならないこともあります。

    自由に働ける立場である一方で、突然収入が途絶えてしまう可能性も大きいのが、フリーターという立ち位置です。

  • スポンサーリンク

  • 年齢が上がるとフリーターを採用する企業が減る

    年齢が上がると、フリーターを採用する企業自体が減ってしまいます。

    リクナビNEXTのアンケートによると、フリーターを正社員として採用する際、年齢別に「対象とする」と答えた人事は以下のような数字になりました。(人事46名に対するアンケート結果)

    参考:フリーター、派遣社員を正社員採用する理由

    このアンケート結果を見ると、「正社員としてフリーターが採用される」チャンスは、25歳がリミットです。

    29歳、30歳と年齢を重ねれば、それだけ正社員になれるチャンスは減ってしまうのが現実。

    会社としても、年齢の高さはリスクだと考えているのです。

    【会社が考える年齢のリスク】

    • 年下の上司と合わずトラブルになる可能性がある
    • 育成のための投資を回収できない可能性がある
    • 価値観が固まっているため柔軟に対応できない

    会社としては、なるべく若い年代に入社してもらったほうが即戦力になると考えています。

    年齢が上がれば、周りから「扱いづらい」「接しにくい」と思われやすくなる、ということは頭に置いておきましょう。

    2.30歳フリーターになってしまう理由

    20代~30代のフリーターは、増加の傾向にあります。

    「不安定だと分かっていたけど、他に選択肢がなかった」という理由から、やむを得ずフリーターとして働いている人も少なくありません。

    なぜ若い世代にフリーターが多いのか、その理由について見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 就職活動に失敗した

    フリーターになる若者の多くは、最初の就職活動で失敗してしまったためフリーターしか道がなかった人です。

    不景気が長く続き、就職難の時期に就職活動が重なってしまった人や、希望する会社に内定が出ず、「とりあえずはフリーターをしながらチャンスを狙おう」と考えている人もいます。

    「働きたくない会社に就職するよりも、自分が納得できる会社で働きたい」と考えてフリーターになったものの、そこから抜け出せずにフリーターのまま、というケースも少なくありません。

    就職はしたが退職した

    一度就職したものの、退職してフリーターになったという人もいます。

    昔のように「嫌でも3年は働くのが当たり前」という時代ではなくなり、「嫌なら辞める」という選択をする若者は増えてきています。

    ただ、入社して短期間で辞めてしまうと再就職の選考の際に「入社してもすぐ辞めるのでは?」「即戦力にならないのでは?」と思われ、内定を得るのが難しくなってしまうことが多いです。

    短期間で退職し、再就職できずにフリーターになってしまう人は決して少なくありません。

  • スポンサーリンク

  • フリーターの方が気楽だと思ったから

    「会社に縛られない働き方がしたい」「自由に休みたい」といった考え方から、フリーターを選ぶ若者もいます。

    残業が多く、休みも少ないブラック企業に就職し、苦労している人を見て、「自分はあんな風にはなりたくない」と思うのは仕方がないかもしれません。

    体力や気力のある20代30代なら、フリーターで気ままに生きるほうが楽しく思えるかもしれませんね。

    ただ、収入や保証を考えると、やはりフリーターは不利です。

    また「フリーターから安定した仕事に就きたい」と考えても、年齢を重ねればそれだけ就職は難しくなります。

    「フリーターから抜け出したい」と考えながら、フリーターを続けるしかないという悪循環に陥ってしまう人も多いです。

    3.30歳正社員とフリーターの3つの差

    フリーターを続けるリスクなどについて解説してきましたが、「今さら正社員になっても状況は大きく変化しないのでは?」と思っている方もいらっしゃるでしょう。

    しかし、フリーターと正社員には大きな差があります

    ここでは、フリーターと正社員の3つの差について説明します。

    <フリーターと正社員の3つの差>

  • スポンサーリンク

  • 年収の差

    正社員とフリーターでは、年収に大きな差があります。

    比較してみましょう。

    正社員の場合 年収452万円 ボーナスは約2ヶ月分平均40万円
    フリーターの場合 年収192万円 ボーナスは出ないケースが多い

    参考:doda「平均年収ランキング・年齢別」

    フリーターは時給1,000円で1日8時間、月20日(週休2日)勤務して、月収16万円として計算しています。

    30代で、正社員とフリーターでは年収に2倍もの差があります。

    さらに、正社員の場合は30代から役職につくなどして年収が上がっていくため、フリーターとの年収の差は縮まりません。

    何より、給与査定や昇給のある正社員と違い「時給がアップしても1円や10円」というフリーターは、給与がアップするチャンスがなく、差が開いていくばかりなのが現実です。

    福利厚生の差

    正社員は、厚生年金や健康保険など、働くための福利厚生が整っていて、会社も保険料を負担してくれています。

    対して、フリーターは、自分で国民年金や健康保険に入る必要があり、自分で保険に入らないと病気や怪我のときにカバーしてもらえません。

    年齢と共に無理ができない体になると、保証がない生活は大変です。

    社会的な信用の差

    正社員は安定した収入があり、身元もはっきりしていることから社会的な信用が得られやすい立場にあります。

    社会的な信用があると、車のローンを組んだり、クレジットカードを作るのも難しくありません。

    一方フリーターは、今収入があっても、来月、再来月も同じ収入が得られるかどうかの保証がありませんよね。

    収入の保証がない人は、車のローンが組めなかったり、クレジットカードの審査に落ちる可能性も高くなります。

    さらに、フリーターの不安定な収入では、結婚や子育てを考えていても、実現が難しいことに加え、お互いの両親に反対される可能性があります。

    4.30歳フリーターから正社員になる方法

    年齢的にもタイムリミットの30歳で、正社員になりたいと考えている人の多くは、まずハローワークで仕事探しをします。

    ただ、ハローワークではやはり若い世代の求人が多く、年齢が高くなると求人は少なくなってしまいます。

    30歳で正社員を目指すなら、「正社員につながる働き方」を選びましょう。

    その方法として、以下の3つをご紹介します。

    アルバイトからチャレンジする

    正社員になりたい、と考えている会社でアルバイトを始めましょう。

    新卒でない場合、即戦力になる人材として、アルバイトの実績は大きなアピールポイントになります。

    アルバイトの正社員登用制度がある会社であれば、正社員になれる可能性も高くなりますよ。

    紹介予定派遣で働く

    紹介予定派遣で、働きたい業種の企業に紹介してもらう方法もあります。

    紹介予定派遣とは、一定期間派遣社員として働き、本人と派遣先の企業双方の合意が得られた場合に正社員として採用してもらえる働き方のことです。

    人材が欲しいけれどなかなか希望者が集まらない、といった悩みを持つ企業からのニーズが高まっています。

    また、「正社員として入社したいけれど、仕事内容や職場の雰囲気をちゃんと知ってからにしたい」という求職者からも注目されています。

    人材派遣会社への登録が必要ですが、ぜひ検討してみましょう。

    未経験可の正社員に応募する

    未経験可の正社員を募集している企業に応募するのもおすすめです。

    30歳を過ぎると、多くの企業は同じ業界の経験者を求めることが多いため、未経験者のフリーターの就職は難しくなります。

    もちろん「未経験でも入社してから仕事を覚えてもらえればいい」という企業も多くあります。

    ただ、未経験可の会社は「仕事がきつい」「給与が安い」といった傾向が多いです。

    「できるだけ自分の条件に合う求人を探したい」「後悔のない就職がしたい」という場合は、就職支援サービスを利用することをおすすめします。

    6.30歳フリーターから正社員を目指すなら就職支援サービスを活用しよう」で詳しくご紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

    5.30歳フリーターにおすすめの業種や職種

    30歳フリーターが正社員を目指す場合、専門のスキルがなくても就職可能な業種や職種にチャレンジするのがおすすめです。

    過去の学歴やフリーターとしての経験をアピールできる業種や職種なら、30歳フリーターでも十分チャンスはあります。

    そこで今回は、フリーターから就職しやすい職種について詳しくご紹介します。

    営業職

    未経験でも広く募集をしているのが、営業職です。

    営業というと「ノルマが大変そうだな」「体力的にキツそう」といったイメージを持っている人も多いかもしれませんが、仕事が大変なのはどの仕事でも同じ。

    さらに、営業を経験することには、以下のようなメリットもあります。

    【営業職を経験するメリット】

    • 社会人に必要なマナーやスキルを身につけられる
    • 営業職以外の職種について基礎的な知識を得られる
    • 高収入を得られる可能性がある

    商品知識やお客様とのやり取りは、入社して働きながら学べば問題ありません。

    営業の対象が法人や個人といった違いはありますが、どの会社でも求められるのは「お客様に信頼してもらえるかどうか」なので、接客などの経験があればアピールポイントになりますよ。

    介護職

    高齢化が進む日本で、今人材が求められているのが介護職です。

    介護職は他の職種に比べ、3K(キツい、汚い、危険)といったイメージが強くあります。

    しかし、他の職種と違い、働きながら資格を取得できるのでスキル面で給与アップが目指せます。

    未経験や年齢不問の職場が多く、特に男性は介護のサポートとして歓迎される傾向にありますよ。

    長く働くことでトップに上り詰めることが可能なのも、大きな魅力です。

    未経験で不安な場合は、アルバイトも多く募集しているので経験してみるのもおすすめです。

    販売職

    商品やサービスを販売する販売職は、アルバイトから積極的に正社員採用を行っていて、おすすめの職種です。

    また、ショップによって客層や接客の仕方は違いがあるため、入社してから研修や指導をして人材を育てるといった考え方が一般的。

    そのため未経験者でも積極的に採用しています。

    お客様とコミュニケーションを取りながら、要望を聞き出すのが接客の基本なので、どんな相手でも同じように接することができるコミュニケーションスキルが求められます。

    スキルを身につければIT業界がおすすめ

    資格やスキルを身につけているなら、IT企業への就職も考えてみましょう。

    IT企業では、即戦力となる人材を求めています。

    そのため、未経験であっても資格やスキルのある人の方が就職に有利です。

    IT資格はインターネットでの講座も多くあり、独学で学べるものもありますよ。

    6.30歳フリーターから正社員を目指すなら就職支援サービスを活用しよう

    30歳フリーターが正社員を目指す場合、自力で求人を探し、面接までこぎつけるのは大変です。

    せっかくスキルや資格を持っていても、書類選考で落ちることもあります。

    「やる気はあるのに、内定につながらない」、そんな悩みを解決する方法として、就職支援サービスについて詳しくご紹介します。

    職歴がないなら就職支援サービスを活用するのがおすすめ

    正社員としての職歴がない30歳フリーターは、ハローワークより就職支援サービスを利用するのがおすすめです。

    就職支援サービスとは、求人の紹介から就職活動のサポートまで一貫して行ってくれる民間のサービスのこと。

    ハローワークは、求人紹介や就職相談などに対応していますが、企業を意識した面接対策など実践的なサポートは受けられません。

    一方、就職支援サービスでは、面接対策や提出書類の添削・企業情報の提供といった細やかなサポートが受けられます。

    職歴がなくても正社員になりたい30歳フリーターには、ハローワークより就職支援サービスを活用しましょう。

    就職支援サービスを利用するメリットとデメリット

    就職支援サービスは、基本的には誰でも利用可能ですが、サービスによってメリットやデメリットがあります。

    それを理解した上で活用することが必要です。

    どんなメリットやデメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

    メリット
    • 求人を多数取り扱っている
    • 専任のアドバイザーにサポートしてもらえる
    • 面談の練習や提出書類のチェックやアドバイスがもらえる
    • 非公開の優良案件を紹介してもらえることもある
    デメリット
    • 就職支援サービスの規模によっては希望する求人がないこともある
    • 地域によっては求人を取り扱っていないことがある

    また、同じサービスを利用している人は皆ライバルになります。

    そのため人気の求人には応募が殺到し、職歴やスキルがないと競争に負けることもあるので、そのことを常に頭に置いて就職活動をすることが必要です。

    おすすめの就職支援サービス

    30歳職歴なしでも、正社員になるためには、自分に合った就職支援サービスを利用することが必要です。

    口コミで人気があるから、色んな人が利用しているから、といった理由で登録するのではなく「自分がどういった就職をしたいのか」「どんなことをサポートしてもらいたいか」という点から選びましょう。

    登録するだけでなく、活用しなければ求人を紹介してもらえても内定にはつながりません。

    今回おすすめの就職支援サービスは、内定実績もあり信頼できますので、ぜひ特色を確認して検討してみてくださいね。

    未経験可の求人を豊富に取り扱うハタラクティブ

    ハタラクティブは、主に20代のフリーター・既卒・第二新卒向けの転職支援に特化した転職エージェントです。

    求人の80%以上が「完全に未経験でも正社員として就職できる求人」であり、学歴・経歴に関係なく、誰でも気軽に転職支援を受けることが出来ます。

    実際に、ハタラクティブの40%以上の利用者は社会人経験が無く、また、50%以上の利用の最終学歴が大卒以下という調査結果も出ています。

    ハタラクティブの強みは、「短期間で自分に合った仕事に就けること」です。

    一人ひとりに合った職種や企業を紹介してくれますし、内定率80.4%と業界最高レベルを誇り、最短2週間で内定を獲得することも出来ます。

    ハタラクティブのサービスの流れは、以下の通りです。

    ご利用の流れ

    登録完了後には、アドバイザーとの面談をする日程を決めるために、0120-979-185から電話がかかってきます。

    番号を登録しておいたり、知らない番号を拒否しないように着信設定を確認し、必ず対応しましょう。

    また、登録後には面談があり、アドバイザーがあなたのこれまでの経験や希望を聞いた上で、求人の紹介をしてくれます。

    面談時には、履歴書や職務経歴書を一緒に作成することも出来ますし、あなたの作成した書類を添削してもらうことも可能です。

    聞かれた質問にどうやって答えたらいいのか不安な方もいらっしゃるかもしれませんが、事前に回答を準備しておくことなどは不要なため、安心して面談に臨んでくださいね。

    正社員の就職率が高いDYM就職

    DYM就職

    DYM就職は、18歳〜30代半ばの人を対象としたエージェント。

    正社員の就職率が96%の実績を誇っています。

    DYM就職ではキャリアアドバイザーが、求職者ひとりひとりに対して親身なサポートを行っているため「選考に自信がない」という方でも安心。

    的確なアドバイスをもらえるので、内定率を高めることができますよ。

    7.30歳フリーターからの就職を成功させるコツ

    上記のように、30歳で就職した人は数多くいます。

    「30歳で職歴がないからアピールできない」「求人がない」と嘆く前に、まずやるべきポイントについて、詳しくご紹介します。

    考えるより行動する

    30歳でフリーターから正社員になりたい、という強い思いを持っていても、「この年齢では難しいかな」と考えて不安になってしまいますよね。

    失敗はできないと思うからこそ、そう考えるのは仕方ありません。

    しかし、行動しなければ何も変わりません。

    迷ったり考え込む前に、まずは行動しましょう。

    広い視野で就職先を探す

    30歳になると、色々な情報を目や耳にして、何もしないうちから「自分には向いていない」「自分にはできない」と決めつけてしまうことも少なくありません。

    自分で思い込んでいるだけで、実はたくさんの可能性があることに気がついていないだけかもしれませんよ。

    どんな仕事でも、最初は皆未経験からのスタートです。

    決めつけることなく、柔軟に仕事探しをすれば、思いもよらない好条件の求人が舞い込む可能性もあります。

    自分の就活を客観的にみてくれる人からアドバイスをもらう

    自分の就職活動を、客観的に見てアドバイスしてもらいましょう。

    自分一人での就職活動は、どうしても独りよがりになりがちです。

    また年齢を重ねると、思い込みも強くなってしまい、なかなか自分の悪い点に気がつきません。

    面接の練習などは、家族や友達に協力してもらい、アドバイスしてもらうのがおすすめです。

    また、一人だと焦ってしまい、数社落ちただけでも「もうだめだ」と思いがち。

    自分の就活を応援し、アドバイスしてくれる存在は必要ですよ。

    履歴書や職務経歴書はしっかり書き込む

    30歳で職歴のないフリーターにとって、履歴書や職務経歴書は、相手に自分のことを知ってもらうために重要なアイテムです。

    嘘は書いてはいけませんが、端的にまとめるのではなく「こういう経験をして、こう感じたからそれを仕事に活かしたい」とふくらませることが大切。

    そうはいっても「うまくまとめられない」と悩むこともありますよね。

    そういった場合には、就職支援サービスを利用し、アドバイザーに相談してみましょう。

    多数のサポート実績を持っているアドバイザーなら、的確なアドバイスをくれるはずですよ。

    まとめ

    30歳フリーターで、職歴がなくても、正社員になることは可能です。

    ただ、正攻法では20代の求職者と比べるとどうしても不利になりがち。

    まずは正社員につながる働き方を考えてみましょう。

    【正社員につながる働き方】

    • アルバイトからチャレンジする
    • 紹介予定派遣で働く
    • 未経験可の正社員に応募する

    その上で、就職を成功させるためには、以下のことを意識することが必要です。

    【30歳フリーターの就職を成功させるためのポイント】

    • 考えるより行動する
    • 広い視野で就職先を探す
    • 自分の就活を客観的にみてくれる人からアドバイスをもらう
    • 履歴書や職務経歴書はしっかり書き込む

    ただ、30歳フリーターでの就職では、友達などはすでに就職していてなかなかアドバイスがもらえなかったりしますよね。

    その場合、就職支援サービスを利用するのがおすすめです。

    就職支援サービスは、派遣や求人紹介などをしている企業のサービスの一つで、フリーターから正社員を目指す若者を支援しています。

    面接や提出書類のアドバイスなど、一人では不安も多い就職活動を、求人紹介から内定までサポートしてもらえます。

    求人の多さと内定実績の多さで信頼度の高い「ハタラクティブ」や、親身なサポートを受けられる「DYM就職」にまずは登録してみましょう。

    ぜひ就職支援サービスを活用し、正社員への道を切り開いてください。

  • \3分で分かる/自分にあった転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年齢は?

    3. 現在の年収は?

    4. 希望の転職サービスは?

    5. こだわりたい条件は?