「仕事が辛い」は甘えではない!辛いと感じる7つの原因と対策!

Portrait of a man grabbing his head in despair at the desk near the laptop, education, business concept photo. Lifestyle
仕事の悩み・相談

仕事が辛い…でも親に言ったら甘えと言われる…辛い…

仕事が辛いと本当に、しんどいですよね。

ですが、世間ではそういった弱音を吐くと「甘い」「これだから若い人は…」と言われてしまいます。

結論から言うと、仕事が辛くて体や心身に影響の出ている人は決して甘えなんかではありません。

本記事では、「仕事が辛い」と感じる原因や注意すべき心と身体のサイン、悩みに対する対策などを解説します。

無理せず、休むことも考えてくださいね。

スポンサーリンク

1.「仕事が辛い」と感じるのは甘えではない

最初にお伝えするのは「仕事が辛い」と感じる人は、あなただけではないということです。

「仕事が辛い」と思い、感じている人々の意見を紹介します。

このように、「辛くて辞めたい」「仕事が辛い、死にたい」などと、追い詰められる人も多くいるのです。

「仕事が辛い」と感じているのはあなただけではなく、 状況によっては、誰にでも起こりえることなのです。

1-1.「仕事が辛い」と「仕事がキツイ」は全く意味が違う

「仕事が辛い」を「仕事がきつい」と混同して、周囲から「我慢しろ」と言われることもありますが、それは違います。

「仕事がキツイ」だけなら、乗り切ることもできるのです。

ですが 「仕事が辛い」だと、その仕事を乗り切ることもできず、気力もわかず、ただただ辛いだけ。

「キツイ」と「辛い」を間違えてしまうと、我慢ばかり続いて、気づかぬうちに体調を崩してしまいます。

「仕事が辛い」こことと「キツイ」は意味が違うので、自分の気持ちをごまかさないようにしましょう。

  • スポンサーリンク

  • 2.「仕事が辛い」と感じる7個の原因

    ではまず、仕事が辛いと思う原因を考えていきましょう。

    ここでは以下の7つの原因を紹介します。

    1. 早急に結果を求められすぎる
    2. 人間関係についていけない
    3. 社風が合わない
    4. サービス残業当たり前の長時間労働
    5. 最低賃金スレスレの給与
    6. 就業内容がブラック
    7. 自己実現や自己表現が苦手

    もし原因がわかれば、少しでも仕事が辛い気持ちから脱却できる可能性がありますよ。

    それぞれみていきましょう。

    原因1.早急に結果を求められすぎる

    「仕事は辛い」と感じる要因のひとつに「早急に結果を求められすぎる」点があります。

    「ビジネスは時間との勝負」「ビジネスは速さを求められる」といわれてから久しいですが、それは現在も全く変わらないままにそのままプレッシャーとなり「仕事は辛い」に繋がるのです。

    「早急に結果を出すように」という圧力も加わり「作業が遅く、皆さんに迷惑をかけてしまう」「自己の営業成績が悪く社に貢献できない」と自分自身を追い込んでしまいます。

    特に営業職や、慣れない職場や職種に転職直後の人の多くがこのようなプレッシャーに苛まれる可能性も否定できません。

    以上のように、周囲から「早急に結果を求められすぎる」が「仕事は辛い」と感じる人の要因のひとつとされるのです。

  • スポンサーリンク

  • 原因2.人間関係についていけない

    職場の人間関係に合わなければ仕事が辛いと感じるようになります。

    週に5日、1日平均8時間一緒に仕事をするのですから、その人たちと合わなないと…とても楽しいとはいえません。

    もちろん仕事なので、楽しい人間関係を作るのが目的ではないことは確かです。

    ですが、仕事を円滑に進めようにも、人間関係が合わない/うまくいかない、となればそれすらも難しいのです。

    人間関係についていけない場合、割とすぐに仕事が辛くなります。

    原因3.社風が合わない

    社風が合わないと感じてしまうと、仕事が辛いと思う人もいます。

    社風とはいわゆる「会社の性格」であり、性格が合わないなら、続けていても自分とは合わないのです。人間と同じですね。

    例えば「あいさつは大声で」「休みの日はみんなでバーベキュー」などといった、他にも下記のような様々な社風があります。

    • 忘新年会や慰安旅行強要
    • 毎朝の朝礼必須
    • 10:00、15:00のお茶出し必須
    • バレンタイン、ホワイトデーイベント開催必須

    社風が合わなければ、会社に合わせることができずだんだんと辛くなっていくのです。

  • スポンサーリンク

  • 原因4.サービス残業当たり前の長時間労働

    「サービス残業」や「不当な長時間労働」も仕事が辛いと思う原因になります。

    仕事の時間しかとれず、プライベートの時間もなくなり、それがストレスとなってしまうからです。

    暗黙のルールで「定時で帰れない」「サービス残業は当たり前」「平日終わらない仕事は休日に」…といった環境に身をおいていませんか?

    「空気読めの社風」といわんばかりに、「サービス残業」や「不当な長時間労働」を強いるような就業環境では「仕事が辛い」と思うのも当たり前なのです。

    原因5.給与が低い

    せっかく働いているのに、給与が低いとかなり辛くなってしまいます。

    働いただけ、その対価が給与として現れれば、まだ耐えられることもあるかもしれません。

    しかし、給与も低い、仕事もしんどい…となると何のために働いているかわからなくなり、目標を見失い、辛くなっていくのです。

    給料の問題は生活に直結することもあり、給与が低いと仕事が辛いと感じる大きな要因となります。

  • スポンサーリンク

  • 原因6.就業内容がブラック

    「ブラック」な就業内容で「仕事が辛い」ストレスを感じている場合もあります。

    下記の「ブラック」な就業内容は、ほんの一例です。

    • 研修期間をすでに終了したにも拘らず、見習い期間と称し雑用ばかりでなかなか本来の作業をさせてもらえない。
    • または見習い期間と称し、単純作業ばかり指示される。
    • 長期に渡る先輩や上司の必要な干渉が酷く、なかなか作業が進まない。
    • 昼休みはともかくトイレ休憩まで管理されている。

    考え方によっては 「パワハラ」紛いのことをされているともいえ、その件が理由で「仕事が辛い」と追い込まれているケースも少なからずあります。

    殆どの場合、理不尽な「就業内容」であることが多く、その「ブラック」な就業内容で「仕事が辛い」を感じているのです。

    原因7.自己実現や自己表現が苦手

    「自己実現や自己表現」が苦手な場合も「仕事が辛い」と感じる要因になります。

    社内で問題発生した時でも、「自己表現」が苦手な人は上手く説明できずに不満を抱え込んでしまうのです。

    自分自身ではなく外的要因でトラブルに巻き込まれた場合は、殆どの人の場合は「トラブルの原因は外部要因ではないでしょうか?」と意見します。

    しかし、「自己表現」が苦手な人は上手く言い返せないのです。

    仮に理不尽な言いがかりだったとしても同様であり、不満を抱えたまま結果的に耐えてしまいます。

    よって「自己実現や自己表現」が苦手な場合も「仕事が辛い」と感じる要因となるのです。

    「仕事が辛い」と感じる7個の原因を紹介しました。

    これに一つでも当てはまった人は仕事が辛いことは甘えではないので、仕事をどうするか考えてください。

  • スポンサーリンク

  • 3.「仕事が辛い」時のサインを見逃さない!こんな症状には要注意

    また、仕事が辛いと感じていると、知らぬうちに精神的・身体的の両面から何かの不調が出てしまいます。

    もし、今あなたが以下の7つの症状のどれかに当てはまるなら、 それは「逃げて」という体のサインの可能性があるのです。

    1. 睡眠障害が起こる
    2. 遅刻が増える
    3. 異常な肩こりや、だるさ・疲れが解消できない
    4. 偏頭痛や眩暈など原因不明の体調不良が多くなる
    5. 涙が止まらない
    6. 食欲不振(拒食・過食)
    7. 何かを楽しいと思う気持ちがなくなってしまった

    それぞれの症状を解説します。

    症状1.睡眠障害が起こる

    睡眠障害を感じている、 睡眠障害が起きている人は要注意です。

    例えば、今まではすぐに眠りに入っていたのに最近はなかなか眠れない人や、寝入ったとしてもすぐに目が覚めた上にそこから寝付けない人が当てはまります。

    また夜中に何度も目が覚めてしまい深い眠りが得られない…明らかに睡眠障害です。

    さらに仕事している夢も見ることもあり、ストレス等の負荷がかかっているサインでもあります。

    症状2.遅刻が増える

    「仕事が辛い」と感じている時、特に 通勤が辛いと感じているなら遅刻が増えることもあります。

    それでも頑張って通勤しようとするにもかかわらず、遅刻してしまう場合は要注意です。

    無意識にでも心身が通勤を拒否してしまっています。

    一見自己不注意のようにもみえる「遅刻」ですが、自己不注意だけが要因ではない可能性があるのです。

    「仕事が辛い」原因で拒否反応の可能性があるので、注意してください。

    症状3.異常な肩こりや、だるさ・疲れが解消できない

    肩こりや疲れが解消されずに長い間続くようなら、それは「仕事は辛い」ストレスが原因の症状のひとつです。

    肩こりや疲れは、ストレスなどの精神的な原因で発症することもあるからです。

    ストレスなどの精神的な原因による肩こりや疲れは、マッサージや整体で対処しても一時的あり、すぐに再発症します。

    重症の場合は肩だけではなく背中にもこりが発生し、強い痛みを伴う場合も。

    「仕事が辛い」と感じる人は、そのストレスが原因で慢性的な疲れや肩こりが発症してしまうのです。

    症状4.偏頭痛や眩暈など原因不明の体調不良が多くなる

    突然の偏頭痛や眩暈、呼吸困難、高血圧、胃潰瘍…、「仕事が辛い」ストレス過多による体調不良症状は実に多岐に渡ります。

    身体に様々な不調を示すサインが現れているにも拘らず、その原因が不明の場合はストレスや、 症状によっては「ストレス」が原因の「自律神経の失調」の可能性があるのです。

    このストレスは「仕事が辛い」から来ている可能性も充分に考えられます。

    偏頭痛や眩暈など原因不明の体調不良が頻繁に多いなら、仕事が辛いからストレスであることを疑いましょう。

    症状5.涙が止まらない

    この「涙が止まらない」も「ストレス」から来るものであり、「仕事が辛い」感情を浄化しようとして無意識に反応した行為の可能性があるのです。

    ただ「訳もなく突然涙が出て止まらない」は、冷静に考えるとかなり異常行動であり「仕事が辛い」ストレスをかなり溜めこんでいるともいえます。

    例えば、移動中に涙が出てしまったり、就寝前に勝手に涙が出たり、訳もなく突然涙が出て止まらないといった症状はかなり危険です。

    涙が止まらないというのは明らかに切迫した強いSOSであり、かなり危ない状況でもあるのです。

    症状6.食欲不振(拒食・過食)

    食欲不振といったことも「仕事が辛い」の症状のひとつです。

    食欲不振でも症状として下記のように大きく別れます。

    1. 食べる気力もない、食べるという行為に興味がない(拒食)
    2. 憑りつかれたかのように、暴飲暴食を繰り返す(過食)

    一見「仕事が辛い」とは別件の症状にも感じますが、 無意識に現実逃避している可能性も否定できません。

    症状7.何かを楽しいと思う気持ちがなくなってしまった

    何かを楽しいと思う気持ちがなくなってしまった」のであれば、かなり危ない状態です。

    仕事が辛い気持ちのせいで何も楽しめず、ただただ仕事のことを考えてしまう…

    前までは好きだと思っていたのに、趣味をしたいとも思えない…

    こうなってくると、「鬱状態」に近い症状が出ています。

    以前楽しめていたことが楽しめなくなったら、かなり要注意です。

    症状が出ればすぐ病院へ!

    7つの症状を紹介しましたが、 このような違和感を感じたらかならず病院へ行ってください。

    そのまま放っておくとかなり危険な可能性があります。

    本格的に体を壊したり、精神的に参ってもう何もできなくなったり…と怖いことばかりです。

    違和感を感じたら、「仕事が…」などと言わず、病院へいきましょう。

    4.「仕事が辛い」時の8個の対処法

    心身の体調に及ぼしかねない「仕事が辛い」悩み、放置すればするほど手詰まりになることは目に見えています。

    逆をいえば、悩み解決に動けば動く程その糸口は見えてくるのです。

    その「仕事が辛い」悩みに対する以下の8つの対処法を紹介します。

    1. なぜ「仕事が辛い」のかをまとめてみる
    2. 住環境を変える
    3. キャリアチェンジを試みる
    4. 人間関係の改善を試す
    5. 休職を検討する
    6. 在宅勤務や時短勤務などの変則勤務を希望する
    7. 週3〜4日の働き方を考える(正社員ではなくバイトなど)
    8. いっそ転職を考える

    それぞれみていきましょう。

    方法1.なぜ「仕事が辛い」のかをまとめてみる

    なぜ仕事が辛いのかを、なんでもいいのでまとめて見る方法はオススメです。

    客観的に仕事が辛い理由を見ることができ、その後の行動にうつれるきっかけになるからです。

    例えばノートやメモ帳、何にでもいいのです。

    適当にざっと思っていることや辛いこと、感じていることを書いてみましょう。

    それだけでも、気持ちに整理がつき、次の行動へ移ることもできますよ。

    方法2.住環境を変える

    「仕事が辛い人」は、一旦住環境を変えることもおすすめします。

    いわゆる「引っ越し」です。

    住環境を変えることで「心機一転」となり、心身ともに楽になることもあります。

    1人暮らしの人は、実家に帰ってみることもありでしょう。

    実家にて家族と何気ない話をするだけでも、気持ちは軽くなります。

    プライベートな時間、特に「生活空間」を変えるだけで精神衛生面がクリアになり、結果的に「仕事は辛い」感情が抑えられる可能性もあるのです。

    方法3.キャリアチェンジを試みる

    仕事の幅を広げるだけで、「仕事が辛い」感情や悩みが解消される可能性もあります。

    多くの人は「自分はこれしかできない!」や「あの仕事は考えられない!」などと、思い込みに囚われている傾向が高いのです。

    • 「一般事務」であれば「経理事務」や「営業事務」などに視野を広げてみる。
    • 「データ入力」が得意であれば、思い切って「プログラミング(コーディング)」の勉強をしてみる。
    • 「ルート営業専門」だったが、トークスキルをさらに生かすために「飛び込み営業」にもチャレンジする。

    以上のように、少しだけ視点を変えることでできる仕事の幅を広げる可能性もあるのです。

    方法4.人間関係の改善を試す

     信用する同僚や上司等を間にして当事者と話し合いするなど、社内人間関係の改善を図ってみてはいかがでしょう。

    会社の人間関係が「仕事が辛い」原因のひとつにありましたよね?

    例えば「セクハラ」「パワハラ」「いじめ」などの一連の社内トラブルも「仕事が辛い」の一因になっている場合もあるのです。

    職場の人間関係が「仕事が辛い」の要因のひとつであるなら、人間関係を改善するだけでも社内の居心地が向上する可能性があります。

    社内人間関係の改善目的で、 信用する同僚や上司等を間にして当事者と話し合いすることでも「仕事が辛い」が解消される可能性があるのです。

    方法5.休職を検討する

    実際に体調を崩しているなら「治療」という名目で休職を会社に申請してはいかがでしょう。

    まずは会社との交渉ありきですが、話をする意味は充分にあるのです。

    体調不良の症状によっては、 医者に診てもらった結果ドクターストップがかかる場合もあります。

    その理由を持って「休職」になる場合もあるので休職検討も視野に入れてみましょう。

    方法6.在宅勤務や時短勤務などの変則勤務を希望する

    「在宅勤務や時短勤務」などの変則勤務を、会社に申し出る方法もあります。

    これまでの働き方を、「在宅勤務や時短勤務」に変えるだけで、心身ともに楽になる場合もあるのです。

    もちろん「在宅勤務や時短勤務」が不可能な場合は、転職もあります。

    ですが、たまたまその「在宅勤務や時短勤務」制度が無かっただけで、話を持って行けば制度ができる可能性もあるのです。

    休職が必要レベルではないものの、静観する必要があると診断されたのなら変則勤務も視野に入れてはいかがでしょうか。

    方法7.週3〜4日の働き方を考える(正社員ではなくバイトなど)

    先の「変則勤務」のひとつですが、「週3〜4日の働き方」を申請する方法もあります。

    毎日働くことで「仕事が辛い」と負担に感じているなら、この対処法も考えられます。

    また、勤務日数を減らせるかどうか会社に相談しましょう。

    雇用形態が変わるかもしれませんが、「週3〜4日の働き方」をする事で案外楽になることもあるのです。

    仮に会社に相談しても「週3〜4日の働き方」が不可能な場合は、退職や転職も視野に入れた方が良いでしょう。

    方法8.いっそ転職を考える

    「転職」を考えてみるのも方法のひとつです。

    ただ、単に「転職する」だけでは様々な意味で失敗する可能性が非常に高く、転職するなら前述した 様々な方法を考慮した「転職」が重要でしょう。

    いずれも目的や目標を持っての転職活動することをおすすめします。

    1. 住環境を変えた流れで転職する
    2. 既に持っている資格やスキルを深める意味で専門学校に通学後、転職
    3. キャリアチェンジ後に専門学校などに通い転職する
    4. 資格やスキルを持っていない場合も、専門学校通学後に転職は有効

    専門学校と記載しましたが、業種や職種によってはハローワーク等で受け付けている職業訓練校に通う方法もあります。

    すでにある程度のスキルや資格を所持しているなら、そのスキルや資格に対し柔軟な考えを持つことで転職先の幅も広がるのです。

    転職に前向きな人は「将来性のある仕事の条件を解説!安定した仕事に就職・転職しよう転職」も参考にしてみてください。

    5.本当に「仕事が辛い」時は自分を逃すことを許してあげよう!

    対処法にも紹介しましたが、本当に「仕事が辛い」なら、その場から逃げることを自分自身が許してあげることが一番です。

    最後に最もシンプルで最も重要な事を伝えます。

    5-1.まずは自分を褒める

    体調不良になるまで違和感を覚えながら今まで悩んでいたのなら、「仕事が辛い」気持ちを抱えたまま仕事を続けてきた自分自身を褒めてあげてください。

    「自分自身を「仕事が辛い」は甘えや、修行や我慢が足らないかも?」と自分自身を攻めるのではなく 「心身のバランスが壊れるまで頑張った自分自身」を受け入れるのです。

    頑張ったのだから「凄いね!」「お疲れ様!」と褒めてあげてください。

    5-2.逃げることは悪くない!何もしないことが逆に辛くなることもある

    失敗を恐れる傾向が強い上に「現状維持が一番楽」という考え方がまかり通っている現代、まずは動かなければ何も変わりません。

    「逃げる」そのものも「しんどい、疲れる」と感じる可能性もあります。

    「時間」が流れている以上 「現状維持=ジリ貧」になるケースが非常に多く、極論ではあるものの「現状維持が一番楽」は有り得ないのです。

    何もしないことが逆に辛さを悪化させることもあります。

    5-3.体調に影響を及ぼす「仕事が辛い」なら逃げた方が良い

    体調に影響を及ぼす「仕事が辛い」なら、まずはその環境から逃げましょう。

    逃げることは悪いことではありません。

    体調に影響を及ぼすレベルで「仕事が辛い」なら、それは明らかにそこから逃げるべき「ストレス源」であり「精神的な毒」です。

    体調に影響を及ぼす「仕事が辛い」状態のままだと何もする気にはならないでしょう。

    その「ストレス源」から離れることで、次の一歩を踏み出せばいいのです。

    まとめ

    心と身体に変調を来すレベルで「仕事は辛い」は、他に原因があるはずで決して甘えではありません。

    今回の記事で「仕事が辛い」時の様々な対処法を紹介しましたが、一番重要なのは「仕事は辛い」状況から1mmでも動くことです。

    心と身体を崩してまで頑張ったのに「仕事が辛い」のだから、思い切って逃げましょう。

    逃げた後で、心と身体を癒しつつゆっくりと今後のことを考えてはいかがでしょうか?

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事